女 性欲 ピーク。 40代男女の性欲の違い!女性の性欲が40代でピークを迎える理由とは

40代女性の性欲はピークらしい!本当に性欲が強いのか調査!

女 性欲 ピーク

【男性必見】女性の性欲が高まるピークは?性欲が強いとキレイになれる?• 「性欲」と聞くと、男性を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 ところが、女性にだって性欲はあります。 むしろ女性のほうが男性より性欲が強いかもしれません。 でも、女性はポーカーフェイスでその事実を隠しているのです。 性欲が強い女性の特徴とは?性欲が高くなる時期ってあるの?今回は女性の性欲について紐解いてみたいと思います。 女性の性欲 性欲と一口に言っても、男性と女性の性欲には明らかな違いがあります。 女性の性欲は、一般的にホルモンの分泌に強く影響を受けるといわれています。 また、女性に関しては性欲の強い弱いに、大きな個人差もあるようなのです。 性欲の強さは、年齢によって違うのでしょうか。 また、同じ人でも生理周期によって性欲が強い時期とそうでない時期があるのでしょうか。 女性の性欲について、女性の私が真相を解き明かします。 知っていますか?女性の性欲について 女性の性欲のしくみ 「セックスしたい」という性的興奮を作り出すのは、男性ホルモンの一種であるテストステロンです。 女性にもテストステロンはありますが、女性のテストステロンは男性の10分の1ほどしかありません。 なので、男性のように「即座にセックスしたい!」という思いを持っている女性は少ないかもしれません。 女性の身体と脳は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが作り出す生理周期に大きく影響されます。 女性の性欲も、この2つの女性ホルモンによって大幅に変化するのです。 エストロゲンが優位になる時期には心身の機能が高まり、また美意識も強くなります。 そして、男性を受け入れる準備が整い、性欲も高まるという仕組みです。 エストロゲンの分泌のピークは排卵前で、この時期は女性が最も妊娠しやすい時期でもあります。 妊娠しやすい時期に性欲が高まるとは、人間の身体は本当にうまくできていますね。 ちなみに、プロゲステロンが優位になる時期には体全体がむくみ、心身の働きが鈍くなります。 この時期、女性は性欲が落ちて あまり男性を受け入れようとしなくなります。 性欲と年齢の関係 性欲と年齢は、切っても切れない関係にあると言っても過言ではありません。 一般的に、女性は年齢を重ねるほど性欲が強くなると言われています。 これには生物学的な根拠がしっかりとあるのです。 性欲は「セックスしたい」という性的興奮を作り出す男性ホルモン、テストステロンの分泌に関係しています。 テストテロンの分泌について詳しく見ていきましょう。 男性においては10代後半でピークを迎え、その後はなだらかに下降していきます。 一方、女性は20歳から40歳まで血中濃度がほぼ一定のようです。 女性においては20歳から40歳までテストテロンの分泌が一定なのに、何故 加齢とともに性欲が上昇するのでしょう。 それは、若い頃には女性ホルモンの分泌の量が遥かにテストステロンより多いためです。 女性ホルモンの働きで、男性ホルモンの働きを弱めてしまうのですね。 しかし、歳をとると女性ホルモンの分泌が年々減っていきます。 すると、テストステロンによる支配が若い頃より大きくなって、男性以上に性欲が強くなっていくのです。 また、若い頃には育児リスクを避けるために、脳が性欲を抑えて妊娠リスクを軽減しようと働くという説もあります。 壮年期は育児をする準備が整っているため、性欲を向上させ妊娠の可能性も高め、子孫をより残そうとするようです。 性欲が強い女性の割合 かつて、週刊ポストが性交経験のある全国の成人女性1000人(平均年齢44. 3歳・既婚者は66. 7%、出産経験者は59. 0%)を対象に「SEXサーベイ(調査)」を実施したことがあります。 その中で着目すべき項目があります。 それがまさに「性欲の強さ」です。 成人女性1000人のうち、自分のことを「性欲が強い」と感じる女性は全体の26. 0%でした。 いかがでしょう?意外と多い気がしませんか。 一見 清楚に見える女の子でも、じつは性欲がとても強いかもしれません。 性欲というのは表情にあらわれないので、男性の皆さんは見極めるのが困難で大変ですね。 性欲を抑えるには? 性欲が高まるのは決して悪いことではありません。 しかし、男性の皆さんにとっては、パートナーが年がら年中ムラムラしていては不安ですよね。 もし、あなたのパートナーが一般的な女性たちより性欲が強い傾向にあるなら、それを発散する方法を一緒に探してあげてはいかがでしょうか? 最も手っ取り早い方法をお教えしましょう。 それは、スポーツをすることです。 ジョギングやテニス、ジムトレーニングなど、なんでも構いません。 身体を動かして、思い切り汗をかいてみてください。 身体が疲れると、自然と性欲がなくなります。 それでも解消できないのであれば、こう疑って欲しいのです。 もしかすると、彼女はあなたとのセックスに満足していないのかもしれません。 あなたとのセックス自体に問題があれば、彼女はずっと性欲が増すばかりで、解消することが出来ないでしょう。 相手がどのようなセックスを求めているのか、聞いてみるのも良いかと思います。 また、たまには違った趣向を取り入れて、日常にはない刺激的なセックスをすることで、お相手女性の性欲を落ち着かせることが出来るかもしれません。 セックスをする時に しっかりと発散させてあげれば、パートナーの性欲も収まることでしょう。 妊娠中の性欲 女性が妊娠してしまうと、セックスがしづらくなりますよね。 仕方がないと分かっていながらも、男性はムラムラするでしょう。 しかし、性欲が強くなるのは女性も同じです。 妊娠してから、何故か以前よりも性欲が増したと感じる妊婦さんの声が、非常に多く聞かれます。 妊娠3ヶ月~6ヶ月の期間は、性器などへの血流が増えたり体内のホルモン分泌が増える時期なので、女性も性欲が増加する傾向にあると言われているのです。 女性が妊娠中に抱えるストレスはじつに大きいです。 ストレスを軽減させるためにも、性欲とうまく付き合う必要があります。 妊娠中に性欲が増すのは、ホルモンの関係上あたり前のように起こる現象です。 「妊娠中に性欲が増すなんてはしたない!」と、どうか非難しないでください。 母体をいたわりながら、無理のない範囲で楽しめると良いですね。 女性の性欲が高くなる時期って?押さるべきポイントは5つ! 1.生理終了から排卵日まで 女性の性欲は、生理周期により大きく変化します。 一般的に、生理周期には淑女期と悪女期があります。 淑女期とは、生理終了から排卵日の4、5日後くらいまでの時期です。 この時期には、女性は男性を寄せ付ける傾向にあります。 つまり、初めて夜を共にする女性をベッドに誘うならば、淑女期の中でもエストロゲンが高まる生理後から排卵日までの期間だと言えるでしょう。 気になる女性が今現在どのような生理周期にあるのか、見極めることが大事ですね。 普段の生活の中で「今日、生理になっちゃったの」「昨日から生理が来て、お腹痛いなぁ」など、彼女のさりげない一言を聞き漏らさないようにしましょう。 そこから生理周期を把握して、だいたいの目処がつくのですから。 ちなみに、悪女期とは淑女期が終わってから生理が終わるまでの時期を指します。 悪女期は女性が男性を寄せ付けない時期なので、この時期に強行突破するのだけは避けたいところです。 2.寂しくなった時 寂しい時に「人肌が恋しい」って思うことがありませんか?人間って、人と触れ合うことで安心できる生き物だと思うのです。 特に女性はその感情を抱く傾向が強いでしょう。 好きな人や信頼できる人がいれば、尚更そう感じます。 しかし、特定の相手を求めない場合もあります。 失恋したり、仕事や人間関係で傷ついて寂しさを覚えた時は、相手が誰であろうと関係ありません。 誰かに抱きしめられたいと思う気持ちが、女性の心の中に芽生えます。 そんな時に声をかけてくれる男性がいれば、ついつい心を許してしまうもの。 相手のことが好きな訳ではないのに、満たされたいという思いと性欲だけが高まって、ゆきずりの関係を持ってしまうことだってあるのです。 誰からも相手にされず、無関心でいられる状況というのが、現代の日本社会ではよく見られるのではないでしょうか?そのような愛に飢えている時、女性は男性の求めに対して、いともあっさりと応じてしまうことがあります。 そういった「寂しさ」「孤独」を感じる時にも、性欲は一時的に強くなるものです。 3.ストレスが溜まっている時 日常生活のストレスから性欲が増加してしまうこともあるようです。 そのような女性は、ストレスを発散しようとしてセックスにぶつけます。 いつしかセックスが「相手を愛する行為」ではなく「ストレスを発散するための行為」になっているのですね。 それでストレスが解消される女性もいれば、ストレスが解消できずにむしろ落ち込む女性も沢山いるのだとか。 解決法を考えても身体は何故か男性を欲してしまう。 セックスという行為を欲してしまう。 そうなると、ますます欲求は高まるばかりで、それがさらなるストレスを呼んでしまいます。 また、他の女性よりも少し性欲が強い人は、自分のことを性欲異常だと決めつけている人が多いです。 そういう女性は性欲が強すぎることで悩み、ストレスを抱え、さらに欲求不満になるという悪循環に陥りがちなのだとか。 スポーツで発散する、美味しいものを食べに行くなど、自分自身に合った解決法を探すしかないでしょう。 4.飲酒した時 お酒が進み、ムードが盛り上がれば、男性と同じように女性も欲求不満になります。 お酒が気持ちよくまわれば、女性も「セックスしたい」という性欲が増してくるのです。 また、一度そう思うと、その欲求はどんどん増して、とどまるところを知りません。 自己暗示のような形となって、さらにムラムラが高まり、あなたを潤んだ瞳で見つめている時にはもう「抱いて」と言わんばかりでしょう。 それは、まさしくGOサイン!女性があなたを欲している証拠です。 5.満月の日 「なんだか急にムラムラする」と思ったら、その日は満月だったということが、女性には数多くあるのでは?月の満ち欠けのサイクルと、生理周期は約28日と同じなのです。 もしかすると満月の日に女性の性欲が高まるのは、自然の摂理なのかもしれません。 女性と月は、じつに密接な関係性を持っています。 満月の日に生理が始まることも、何故か多いのです。 やる気がみなぎるなど、不思議な力を感じることができる満月の日。 女性の性欲が高まるのも、言葉で説明できない「月の神秘的な力」によるものかもしれません。 ちょっとロマンチックですね! 性欲とキレイの関係とは?セックスがもたらす3つの効果を紹介します 1.セックスは女性に美容効果をもたらす 「セックスは高価な高級美容液に勝るアンチエイジング効果がある」と言われていますが、真相はどうなのでしょう。 セックスをすると女性ホルモンの分泌が高まります。 肌は潤い、瞳はうるっと濡れ、バストもふくよかになります。 そのためセックスで女性が綺麗になるというのは、医学的にもあながち嘘ではないのです。 ただし、シカゴ大学の調査によると、セックスの満足度は第1位がオーストリアで71. 4%、第2位がスペインで69%。 日本は最下位で25. 7%という結果でした。 意外と満足していないカップルが多いということです。 しっかりと満足のいくセックスをするためには、互いに素性を明かすことから始めましょう。 男性の皆さんにとっても、パートナー女性が美しくなるほうが良いですよね!セックスがもたらす美容効果に期待するのであれば、まずは相手にとって満足のいくセックスとは何なのかを考えてみるとよいでしょう。 手っ取り早いのは、パートナーと腹を割って話し合うことですけどね! 2.性欲が満たされると精神面が安定する 愛で満たされるセックスには、オキシトンシンという成分を分泌させる効果があります。 この、オキシトンシンは別名「癒しホルモン」と言います。 このオキシトンシンには脳の疲れを癒やす役割があり、疲れや緊張を取り除く作用をもたらすのだとか。 新陳代謝も活性化し、気分が明るくなるのも特徴です。 また、セックスの際に分泌が増える成分の中の1つに、エンドルフィンもあげられます。 エンドルフィンは別名「脳内麻薬」と呼ばれており、鎮痛剤として医療現場で用いられるモルヒネの約6. 5倍に及ぶ鎮痛作用があるとささやかれています。 このエンドルフィンには鎮痛の効果だけでなくストレス解消も期待でき、幸福感を増加させるなど、精神面の安定を促す作用もあるのです。 性欲が満たされると精神が安定すると言いますが、これには科学的根拠がしっかりとあるのですね! 3.女性が身体に磨きをかけるようになる 性欲があるというのは、相手に自分の身体を見せる欲求もあるということ。 それは、美しくあり続けるための、最強のモチベーションになるでしょう。 身体を見せる相手がいるというのは、必然的に相手に身体を見せるため、自分自身の身体を磨く必要があるのです。 いつ、どこで、何があっても受け入れられるように、むだ毛のお手入れは欠かせません。 肌をスベスベに保つため、ボディローションを使ってマッサージすることも日課の1つになります。 また、髪・ネイル・ペディキュアなど、細やかな部分まで熱を入れるようになるはずです。 女磨きのモチベーションとして、セックスに勝るものはないでしょう。 なんせ、ありのままの姿を見せるのは、入浴中とセックス中くらいしかないのですから!セックスを通じて男性に愛されていると実感すればする程、あなたのパートナーは自分磨きに専念するはずです。 欲求不満が女性にもたらす3つの効果とは? 1.女性ホルモンが活性化する 女性ホルモンはセックスだけではなく、欲求不満の時や妄想をした時でも活性化します。 セックス抜きの日常生活でも活性化することが、医学的にも立証されているのです。 こういう表現を耳にしたことはないでしょうか?「男性は視覚でセックスして、女性は脳でセックスする」女性は視覚だけではなく、嗅覚や触覚など全ての感覚を使って脳内でセックスすると考えられています。 遠距離恋愛のため彼氏に会えなかったり、または長い間パートナーがいない状態だったりと、あらゆる理由で長期間にわたりセックスができていないと、欲求不満になりますよね。 そんな時にも女性ホルモンは活性化します。 男性の皆さん、たまにはパートナーを欲求不満にさせて、女性ホルモンの分泌を促してみてはいかがでしょうか?今まで目にすることが出来なかった、彼女の新しい美しさを発見できるかもしれませんよ。 2.妄想心が膨らみ、その結果、色気となる もし、目の前の男性が私に突然キスしてきたらどうしよう。 もし、あの人が私の下着姿を想像してたら恥ずかしいな。 もし、あの男性から強引に押し倒されたら抵抗できないだろうな。 なんていう妄想をするだけで、女性はドキドキします。 そしてムラムラします。 いわゆる欲求不満状態です。 セックスという行為がなくとも、妄想するだけで女性は色気が増します。 妄想すると欲求不満状態になり、ムラムラすると更に妄想が膨らみます。 いやらしく聞こえてしまうかもしれませんが、これは男性にとっては喜ばしい連鎖反応ですよね。 あなたの周りに、最近妙に色っぽくなった女性はいませんか?もしかすると、その女性は欲求不満から妄想の世界に入り込んでいる人かもしれませんね。 3.外見維持に努力するようになる 性欲の強さと自己顕示欲の強さは比例の関係にあります。 性欲が強くなり欲求不満になると、相手に良く見られたい願望というのがとても強くなります。 男性から注目を浴びるために、女性は外見の手入れに余念がなくなります。 欲求不満の時には胸元が大きくあいた服やニーハイなど、男性の目を意識したファッションを身にまとう傾向も見られます。 そうすることで自分を意識してもらえば、欲求が解消されることを皆知っているからです。 外見維持に磨きをかけるのは、とても良いことだと思います。 たまにはパートナーのセックスの誘いをやんわりと制するのもありかもしれません。 女性は焦って欲求不満に陥り、何が悪かったのだろうと考えます。 そして、自分を見てもらいたいがために外見を美しくするはずです。 パートナーがそう動くようになれば、男性の皆さん、あなた方の勝ちですね! オトナの女性の性欲が強い4つの理由とは? 1.ホルモンの作用によるもの 女性の性欲は、40代がピークだと言われています。 卵巣の機能が衰えはじめるのが30代後半です。 女性ホルモンが著しく減るのは、40代半ばだという研究結果が出ています。 女性ホルモン分泌の減少と相対的に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増え、男性ホルモンが優位になります。 つまり40代を境目に、女性が男性を欲する気持ちが急上昇するのです。 あなたの周りには「40代から性欲が増して困った」「やたらと男性の身体が欲しくてたまらなかった」と、昔を懐かしむ女性はいませんか?異性間では、このような話題にはならないかもしれません。 女性同士では、結構話のネタになるのですがね。 2.経験を積んで貪欲になる 20代、30代、40代と、歳を重ねるごとに恥じらいよりも性欲の方が勝ります。 そして、女性の経験値も上がります。 経験を積むと「もっとこうしたい」「もっと深い快感がほしい」と貪欲になるのも否めません。 女性は、セックスを経験するごとに深い快感を得られるようになります。 つまり、40代を迎えた頃には、若い時とは比べものにならないくらい、それはそれは深い快感を得ることができるのです。 しまいには「夫では満足できない」と、不倫に走る女性もいます。 経験豊富な女性であればあるほど、この傾向は強いでしょう。 男性の皆さん、気をつけてください。 女性の性欲が増すのは40代からです。 出来る範囲で構いませんので、パートナーのお相手をしてください。 大事なパートナーが他の男性に奪われてしまわないよう、しっかりとつなぎ留めておいてくださいね。 3.女性の性欲が増す一方で、男性の性欲は減る 個人差はあるものの、男性の性欲のピークは10代後半から20歳前半と言われています。 そして、女性が性欲のピークを迎える40代頃には、男性の性欲はどうやら落ち着いてしまうのだとか。 夫婦間やカップル間のセックスレス問題が生じる原因の1つは、性欲のピーク年代の差かもしれません。 実際、既婚女性が不倫を経験する年代も、最も40代が多いと言われています。 「家庭は大事。 外での恋愛はセックスのため」と分けて考えている女性も少なくないのだとか。 20代〜30代の頃は男性の方がセックスに対して貪欲なのでしょうが、40代になると立場が逆転。 これも男性ホルモンが優位になった証なのでしょう。 4.生殖活動をしようとする本能が働く 女性は、40代になると生殖機能が衰えます。 そして、その事実を自分自身で本能的に感じています。 子孫を残そうとする動物的な本能が、最後の最後に働くのです。 現に、40歳を過ぎると妊娠が難しくなると言われています。 最後の力を振り絞って、可能な限り生殖活動をしようとする動物の本能。 それが、しっかりと人間にも備わっているのでしょう。 自然界に生きている動物として、理にかなっている本能だといえますね。 5.心も身体も解放される 妊娠や出産を経験した女性は、30代、40代と歳を重ねるごとに心も身体も強くなっていきます。 子供がある程度大きくなった時、すべてから解放されて心も身体もオープンになるのでしょう。 その時に初めて、ありのままの自分を解き放てるのかもしれません。 年齢を重ねるごとに感度も高まっていきますので、まさに30〜40代が、素直にセックスの醍醐味を感じられる時期なのではないでしょうか。 まとめ 女性はあまり性欲がないと思われていますが、決してそのようなことはありません。 女性だって性欲が強くなることもあるのです。 ただ、パートナーに知られると恥ずかしいから、表情に出さないだけです。 ムラムラしたからといって行動に移すという人が少数派なだけ。 男性の皆さん、小さな変化に気づいてください。 あなたのパートナーも、じつは今日が性欲の強い時期かも。 もしよかったら、今夜あたり空を見上げてください。 もしかすると、夜空に満月が浮かんでいるかもしれませんよ。 投稿ナビゲーション.

次の

女性の性欲は40代がピーク?40代女性のリアルな性事情をぶっちゃけ!

女 性欲 ピーク

女性の性欲が高まるとき、減退するときはいつ? 年齢や時期によって、自分の性欲に差を感じたことはありませんか? ほかの女性と性欲について話す機会はなかなかないかもしれませんが、一般的に女性には、性欲が増す時期と減退する時期があることがわかっています。 今回は、性欲のピークや性欲が増減するメカニズムなど、「女性の性欲」をテーマにお話しします。 男性の性欲のピーク 私たちの体内で性欲を起こす働きを担っているのは、主に、男性ホルモンの一種である「テストステロン」だと考えられています。 男性の場合、10代後半から20代前半にかけて、その分泌量がピークを迎え、その後、次第に減少していきます。 したがって、10~20代が男性の性欲のピークだと言えるでしょう。 ただし、性欲には個人差も大きく、ホルモンの作用のほかに精神的な要因や脳の働きも関係しているため、一概には言えない部分もあります。 女性の性欲のピーク 女性の場合はさらに複雑です。 女性の体内にもテストステロンは存在していますが、20歳頃から40歳頃までは、テストステロン以上に、女性らしさを司 つかさど る女性ホルモンの「エストロゲン 卵胞ホルモン 」が性欲に関係していると考えられています。 女性の場合、テストステロンの分泌量は男性と同様に10~20代にかけてピークを迎え、それ以降は40歳頃まで一定の分泌が続きます。 一方、エストロゲンの分泌量は20代半ば~30代前半がピークで、それ以降は次第に減っていきます。 つまり、テストステロンの分泌が多い10~20代、エストロゲンが多い20代半ば~30代前半は、女性にとって性欲が高まる時期と言えるでしょう。 ただし、ホルモンの変動が大きい上に、恋愛やセックスにおいて男性以上に精神的な要因によって左右されやすいため、性欲のピークがいつかわかりにくい側面もあります。 一方、30代後半から40歳頃に女性の性欲のピークが訪れるという説もあります。 これは、エストロゲンの低下によって、テストステロンの影響が相対的に優位になるためではないかと考えられています。 また、人によっては、若い頃はセックスに抵抗があったのに、経験を重ねるにつれて開放的になり、性欲が高まってくるということもあるかもしれません。 性欲が高まるのは、生理前ではなく「排卵前」 「女性は生理前になると性欲が高まる」とよくいわれます。 女性ホルモンの変化で考えると、生理前はエストロゲンの分泌量が低下してくる時期なので、他の時期に比べて特別に性欲が高まるとは考えにくいです。 性欲が高まるとすれば、生理が始まってから約14日目に訪れる排卵日の頃。 その直前に、妊娠に備えてエストロゲンの分泌量が急増するので、この時期に性欲が急に高まるのは自然なことと言えるでしょう。 産後は授乳ホルモンの影響で性欲が激減 性欲が高まる時期があれば、減退する時期もあります。 ストレスや悩みを抱える時期にも性欲は減退しますが、ホルモンバランスの変化が原因で性欲が減退するのが、出産した後です。 産後は、妊娠中には最大限に高まっていたエストロゲンが急激に減少します。 加えて、「プロラクチン」というホルモンが分泌されるようになります。 プロラクチンには、排卵を抑制して母乳の分泌を促す作用があり、この影響で性欲も減退すると考えられています。 また、この時期の女性は、夜間の授乳や赤ちゃんのお世話で疲れがたまりがち。 産後は、ホルモンバランスの急激な変化のためにうつ気味になることも多く、精神的な要因が性欲の減退に関係している場合もあるでしょう。 上述のように、女性の性欲は、ホルモンのほか、心や体調、経験などさまざまな要因に左右されています。 性欲が高まるときもあれば、どうしてもその気になれないというときもあるでしょう。 男性とは異なる女性の性欲の感じ方について、パートナーにも理解してもらうことが必要かもしれません。

次の

女の性欲にまつわるウソホント!男女の性欲の違いや性欲のコントロール方法

女 性欲 ピーク

その理由として、女性は20代後半から30代にかけて性欲を抑制する女性ホルモンが減少し、結果性欲を増強する男性ホルモンの働きが高まるためという説がある。 しかし、男女の性や不倫に詳しいライター・亀山早苗さんは、このようなホルモンバランスの変化に加えて、心理面の変化が大きいのではないかと分析する。 「性欲を感じ、とりあえず性行為をすれば満たされる男性に対して、女性の性は複雑なもの。 20代の頃、女性はセックスをする動機が性欲そのものではなく『性への好奇心』だったり、男性に促されてなんとなく応じていた、というケースが多かったりしたのではないでしょうか」(亀山さん 以下同) なんとなく男性に合わせてセックスをしてきた女性が、年齢を重ねることで、精神的な落ち着きや余裕が生まれ「心と体の快感」が一致。 熟したセックスが楽しめるようになることで、自ら「したい」と思う衝動につながるのではないかという。 『恋愛を楽しみたい』というよりも『恋愛は面倒だから、とにかく性欲を発散させたい』と割りきって体だけの関係を求める女性も少なくありません」 しかも、既婚者で、子どもができてからセックスレスの状態になっているという女性に多い模様だ。 ママが40代になると、子どもが成長して四六時中世話をする必要がなくなって自分の時間を使えるため、性衝動を発散する時間もつくりやすい。 ハプニングバーなどを利用する女性も、ここ10年で増加傾向にあるという。 「最近、やたら性欲を感じるのだけど…私、おかしいのかな?」と心配している30代以上のママは、ホルモンバランス的にも心理的にも女性としては何もおかしなことではないので心配無用。 ただ、不倫や夫以外の男性との肉体関係は、家庭を崩壊させるリスクもあるので、くれぐれもご用心を。 (北東由宇+ノオト) お話をお聞きした人.

次の