マイジャグ ブドウ 逆算。 『マイジャグラー3』スペック解析攻略情報【ボーナス確率/機械割/PAYOUT/小役確率/設定判別/出玉率/確立】

ジャグラーの差枚数を計算する方法をご紹介!【差枚数からブドウ確率もわかる】

マイジャグ ブドウ 逆算

現役機種ではは、(ボーナスの入賞よりも小役の入賞を優先する)なので、今回紹介する手順を行う必要がありません。 まずは1枚掛けでリールを回し、中リールの上段or中段に7を狙う。 この時7を枠上に押してしまうと、この手順の法則が当てはまらないので注意して下さい。 中リール下段7停止の場合 小役未成立orリプレイ。 ボーナスを揃えに行き、リプレイが揃ったら手順の最初からやり直す。 中リール上段7停止の場合 ブドウの成立が濃厚(ごく稀にチェリーの可能性あり)。 左・右リールに ボーナス絵柄を避けてブドウを揃える(チェリーの可能性も考慮して左リールにチェリーを狙うと尚良い)。 中リール中段7停止の場合 目押しが正確ならブドウ濃厚(ごく稀にチェリーの可能性あり)なので、左・右リールにボーナス絵柄を避けてブドウを揃える(チェリーの可能性も考慮して左リールにチェリーを狙うと尚良い)。 注意ただし、中リールの7を枠上に押してしまっていた場合にはブドウ未成立でも停止してしまうので、目押しミスの可能性がある場合には次の手順を実行する。 左リール枠上~上段に7を狙う 上記のように左リール上段に7が停止した場合にはブドウが成立しているので、右リールにボーナス絵柄を避けてブドウを揃える。 左リール中段まで7が滑って来た場合には、ブドウは成立していないので、右リールにボーナス絵柄を狙って揃える。 中リールの目押しに自信がある場合はこの手順を行う必要はないが、行うことで損をするものでもないので念のために実行する事を推奨。 ブドウ抜きというゲーム性 以上の手順をボーナスが成立する度に実行する事で、長い目で見ると少なくない枚数の差が出てきます。 こういった細かな技術介入性がある事で、ジャグラーのゲーム性がより豊かなものとなっている事を実感します。 一度揃えば15枚のメダルを獲得できるので、これまで実行していなかった方も是非チャレンジしてみて下さい。 たまには準備目で高速揃えもアリ?.

次の

ジャグラーの差枚数を計算する方法をご紹介!【差枚数からブドウ確率もわかる】

マイジャグ ブドウ 逆算

マイジャグラー 設定3のスペック紹介 実際の確率がどのようにブレるのか、にも注目しながら表と画像をご覧くださいね。 5 95. 1 97. 7 99. 9 102. 1 105. 5 109. マイジャグラーの設定3は機械割99. 一応理論上はほぼ差枚数は0に近くなるはずですが、果たして10000回転ではプラス域になるのでしょうか? また、いわゆる中間設定と呼ばれる設定3でも「好調な波を掴めれば勝てる!」なども言われたりしますが、 本当に勝てる時もあるのでしょうか? マイジャグラー 設定3のスランプグラフ、ぶどう確率やチェリー確率最大ハマリゲーム数データ一覧! 3枚で1セットの画像です。 スランプグラフと差枚数• 全大当たり履歴から10000回転の中で、一番ハマった回転数を載せます。 設定判別の設定差ぶどうなどの確率 の順で掲載しています。 マイジャグ3 設定3の実力は如何に!? マイジャグラー3設定3の勝率や最大、最低差枚数の分析 意外に出ている時がありますね。 ただ勝てるかどうかが半々になりました。 機械割が99. 10台がマイナスに… 一方で出ている台の出玉は4000枚オーバー! 最高枚数は4339枚で、最低枚数は-4923枚でした。 また最大ハマリゲーム数は1110Gでした。 設定6、設定5、設定4とシミュレーションしていますが、 これは、狙って4000枚出すのは難しいですね。 また出ているからといって高設定でないという場合もある、ことがよく分かります。 マイジャグラーの設定判別はぶどうとREGどちらが使える? ぶどう確率にも大きな設定差があると言われているマイジャグラー。 しかし、それは設定1と設定6の比較で、です。 設定3と設定6を見分けるにはどうしたらいいでしょうか? 細かく設定差を計算して、その差がどのように現れるか、までキチンと計算しなければなりません。 Aメソッドでは浅い回転数からAタイプやマイジャグラーの設定6をつかむための方法を掲載しています。 攻めと守り。 設定差と設定判別のポイント 設定判別には設定差の強い要素である、• REG確率• ぶどう確率• 単独REGやチェリー重複REG• ホール情況 を複数カウントして、それを見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 カウントしながら、複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、 ぶどう逆算も出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使えば全て簡単にできます! ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 マイジャグラーその他の情報リンクまとめ 独自計算のAタイプやジャグラーの期待値については下記からどうぞ!• 他にもぜひメニューから色んなカテゴリを表示してみてくださいね! 【マイジャグラー全設定】設定1〜設定6へのリンク• Aメソッドはいつも設定6をツモれるようサポートしています。

次の

6/9の稼動【マイジャグ3】

マイジャグ ブドウ 逆算

現役機種ではは、(ボーナスの入賞よりも小役の入賞を優先する)なので、今回紹介する手順を行う必要がありません。 まずは1枚掛けでリールを回し、中リールの上段or中段に7を狙う。 この時7を枠上に押してしまうと、この手順の法則が当てはまらないので注意して下さい。 中リール下段7停止の場合 小役未成立orリプレイ。 ボーナスを揃えに行き、リプレイが揃ったら手順の最初からやり直す。 中リール上段7停止の場合 ブドウの成立が濃厚(ごく稀にチェリーの可能性あり)。 左・右リールに ボーナス絵柄を避けてブドウを揃える(チェリーの可能性も考慮して左リールにチェリーを狙うと尚良い)。 中リール中段7停止の場合 目押しが正確ならブドウ濃厚(ごく稀にチェリーの可能性あり)なので、左・右リールにボーナス絵柄を避けてブドウを揃える(チェリーの可能性も考慮して左リールにチェリーを狙うと尚良い)。 注意ただし、中リールの7を枠上に押してしまっていた場合にはブドウ未成立でも停止してしまうので、目押しミスの可能性がある場合には次の手順を実行する。 左リール枠上~上段に7を狙う 上記のように左リール上段に7が停止した場合にはブドウが成立しているので、右リールにボーナス絵柄を避けてブドウを揃える。 左リール中段まで7が滑って来た場合には、ブドウは成立していないので、右リールにボーナス絵柄を狙って揃える。 中リールの目押しに自信がある場合はこの手順を行う必要はないが、行うことで損をするものでもないので念のために実行する事を推奨。 ブドウ抜きというゲーム性 以上の手順をボーナスが成立する度に実行する事で、長い目で見ると少なくない枚数の差が出てきます。 こういった細かな技術介入性がある事で、ジャグラーのゲーム性がより豊かなものとなっている事を実感します。 一度揃えば15枚のメダルを獲得できるので、これまで実行していなかった方も是非チャレンジしてみて下さい。 たまには準備目で高速揃えもアリ?.

次の