ナインズ・オウン・ゴール。 オーバーロード (小説)

アインズ・ウール・ゴウン (あいんずうーるごうん)とは【ピクシブ百科事典】

ナインズ・オウン・ゴール

最初に思った事は「何故」だった。 その感情は「裏切られた」だった。 まだ彼の集団の名前が「ナインズ・オウン・ゴール」だった頃、初心者で異形種のアバターを使用していた為にPKにあっていたところを助けられた。 その後、PKKギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のギルド拠点ナザリック地下大墳墓へ1500人で攻め込んだ時に、その中の一人にもなった。 別に本気で拠点を落としたかった訳でも、助けられた後に他のギルドから嫌がらせを受けた事に逆恨みをして、という訳でもない。 ただ単純に、彼らのギルドを見てみたかったのだ。 本当は彼らのギルドに入りたかった。 しかし、自分は度重なる異形種狩りに嫌気がさして、アバターの種族を人間種に変えていた為に、加入することはできなかった。 誰だって、嫌なことがあれば、それを回避しようとするだろう。 たかがゲームだ。 アバターの種族を変更すれば、そんな理不尽(異形種狩り)にあわなくて済むのなら、そちらの方が楽だろう。 そんな風(自分のよう)に、安易に自分の在り方を変えない彼らを「すごい」と思っていた。 感心して尊敬して、憧れた。 人に言えば面倒な事になるため、言葉にした事はなかったが。 だから、難攻不落と名高いギルド拠点(ナザリック地下大墳墓)の内部を見ようと思えば、敵として攻め込む以外にない。 そして、1500人もいれば、それなりに奥まで見ることができるかもしれないと考えたのだ。 碌に戦闘には参加せず、後から着いていくような参加だったが、作りこみの凄まじさに圧倒された。 よくここまで作ったものだと、改めて感心した。 自分は六階層で植物に捕まり、魔獣に止めをさされる形で終了となった。 そこより先の階層は、別に攻め込んだ者のあげたムービーを見て知った。 作りこみもすごかったが、1500人を撃退できるギルド拠点の防衛力にも驚き感心した。 やはり彼らはすごい集団なのだと、思いを新たにしたものだ。 ギルドメンバーもその数を減らしていると知った。 それでも、ギルド拠点が存在しているということは、誰かが維持しているはずだ。 何人残っているのか調べたことは無いが、あの規模のギルド拠点を維持できる程度には残っているのだろう。 そこまでこの「ユグドラシル」というゲームが好きなのだと思うと、また「すごいなあ」と思えた。 自分はすでに退会して、流行り物のゲームに移っていたから。 楽な方へと流され、「好き」を維持していく気力に乏しい自分とは違うと思ったものだ。 選んだのは異形種のアバターだ。 ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」が気になって戻るのに、それ以外の種族のアバターを選ぶ気にはなれなかった。 そして最終日。 レベルは50近くまでしか上がっていない。 単純にグレンデラ沼地を踏破するのに必要な最低レベルというだけだ。 それも戦闘の為では無く、沼地の状態異常を避ける為のアイテム装備の為だ。 最終日という事で、いろいろなアイテムが格安で手に入ったのがありがたかった。 おかげでイベントリーが充実した。 本当にいろいろな物が売っていて、「本当に最終日なんだなぁ」とより一層実感してしまい、寂しさも強く感じたが。 それにしても「ユグドラシル」というゲームの、お金もレベルもばんばん入る仕様は、こういう時に助かる。 なにしろここ(グレンデラ沼地)は「紫毒の沼地」にあるのだから。 フィールド自体が危険な罠地帯であるのだ。 最終日には全てのアクティブモンスターが、ノンアクティブ化している。 だから、レベルが80前後のグレンデラ沼地のモンスターと戦闘の必要も心配も無い。 あえて心配するなら、最終日にまでPKをしているプレイヤーの存在だろう。 なにしろ、運営自体がPKを推奨しているようなものだ。 PKをしなければ取れない職業。 PKをしなければ取れない魔法。 PKをしなければ取れないスキル。 PKをしなければなれない種族。 特別な、あるいは強力な「何か」を得るにはPKを前提としている事が多い。 この「ユグドラシル」というゲームで、PKをした事がないプレイヤーがどれほどいるのだろうか。 「あった」 記憶の通りに、目的地のギルド拠点「ナザリック地下大墳墓」のある島が遠目に見えた。 種族特性やアイテムのおかげで視界は良好の為、迷うことはない。 近づいてみると、そこには円筒形の筒のような物が大量に島を埋め尽くすように並べてあったのだ。 わからないのは、何故こんなところに大量の花火が並べられているのか、である。 「トラップ、て訳でもない」 しばし考え、正解と思う考えを言葉にしてみる。 「『アインズ・ウール・ゴウン』が用意したのか?」 最終日に花火を打ち上げているのは、他のワールドなどでもよく見た光景だ。 この暗く霧の立ちこめたヘルヘイムでは、あまり見栄えがよくないかもしれないが、雰囲気としては悪くない。 「じゃあ、『アインズ・ウール・ゴウン』の誰かがここ(島)に来るのか?」 多分、この考えに間違いはないだろう。 ここで待っていれば、『アインズ・ウール・ゴウン』の誰かに会えるはずだ。 できれば「ナインズ・オウン・ゴール」の頃から居るメンバーが来てくれると嬉しい。 PKから助けられた時に言えなかったお礼を言いたいのだ。 なにしろ初めて会った時は、別のPK集団だと思い込んでしまい、自分はそのまま逃げてしまったのだから。 我ながら、もっと早くに言う機会がなかったのかと、自分の行動の優柔不断さに呆れるが、最期の機会と思って行動してよかった。 流石にあの「ナザリック地下大墳墓」に一人で乗り込むほど、無謀ではない。 最初は地下墳墓に入らず、侵入者としてではなく対応してもらえないかと思っていたのだが、ここに居た方が確実に会えるような気がした。 「まさか、急用が入った、とか?」 そういった事態は想定していなかった。 あるいは、この花火たちは、設置した事を忘れられているのかもしれない。 勝手に使えば怒られるかもしれないが、その時は花火の代金で勘弁してもらおう。 そもそも、今点けないと、花火を鑑賞するどころか、空中で花が開く時間すら無くなってしまうだろう。 このまま使われない花火も、もったいない。 この辺が貧乏性なのだろう。 まあ、裕福なわけでは無いので否定もしないが。 「よし」 一度にではなく、順番にゆっくりと花火に点火していく。 途中でナザリック地下大墳墓にいる「誰か」が気付いてくれる事を願って。 そして最後の花火と共に、自分も飛行(フライ)で飛び上がる。 ナザリック地下大墳墓から、誰か出てこないかを確認する為に。 「だめかぁ……」 残念ながら、誰も出てくる様子はない。 地表近くに居れば気付いてくれるかと思ったのだが。 不在なのか気付かないだけなのか。 どちらにせよ、自分の目的はこれでほぼ永久に達成不可能となったのだ。 「他のゲームで会ったって、名前変えてたらもうわかんないよな」 今の世の中、リアルの名前(本名)を教え合うなど、余程親しくなければ、同じギルドのメンバー相手であっても起こらないことだ。 「燃え上がる三眼」の例のように、悪意ある存在ではないと証明するのは、とても難しい事なのだから。 「アインズ・ウール・ゴウン」の名が世に広まった。 自分が憧れたギルドは「悪役」を演じて(ロールして)はいたが、基本は「弱者救済」だった。 敵を向かえ討ち、敵対ギルドの拠点へ乗り込み、攻め落としたり全滅させられたりしていた。 あくまで「やるか、やられるか」という対等な戦闘だった。 それが、ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」だった。 それが何故、この世界で「弱者」を殺すのか。 そんなのは「アインズ・ウール・ゴウン」らしくない。 そんなものを「アインズ・ウール・ゴウン」とは認めない。 そんな存在は「アインズ・ウール・ゴウン」では無い。 だから時間をかけて、準備する。 大丈夫だ。 200年待ったのだ。 もう数百年くらい、どうということはない。 以下、説明・言い訳・妄想と続く 僭称:身分不相応な名前を勝手に名乗ること 「アインズ・ウール・ゴウン」は身分ではありませんが、このプレイヤーにとって「特別」という意味で使用しています。 十三英雄のリーダーではない。 二百年後も生きている。 名前は無いのでモブ。 男か女か決めていない。 国などの中枢に近い立場にいない為、情報が少なく伝達も遅く精度も悪い。 ユグドラシルからのNPCはいない。 召喚やスキルによる作成は可能。 オリキャラにしない為名前は無い。 続きも存在しない。 下は結末の箇条書き。 100レベルのアインズがいたら、十三英雄の出番がなくなりそうな気もするが、いるならアインズが理想的なレベルアップの指導とサポートとか。 13巻で、さらっと憤怒の魔将のデータを諳んじるアインズなら、四十一人のレベルアップの手順とか覚えていそうな気がします。 とりあえず、特典が楽しみです。

次の

至高の四十一人 (ぎるどめんばー)とは【ピクシブ百科事典】

ナインズ・オウン・ゴール

2ch連合を始め複数のギルドが徒党を組み、『アインズ・ウール・ゴウン』に宣戦布告してきた事を受け、対策を練るためにモモンガが緊急召集を呼びかけたのだ。 中には貴重な有給を使ってまで召集に応じたメンバーもいる。 異形種ギルド『アインズ・ウール・ゴウン』はこれまでにも数度侵攻を受け、その悉くを撃退してきた。 だが今回は規模が違う。 ぷにっと萌えと死獣天朱雀の情報によれば、敵総数は2500名。 一つのギルド攻略に対して、過去類を見ない大連合だった。 『アインズ・ウール・ゴウン』結成のきっかけは、ただ人間種でないからと、それだけで差別を受けPKされてきた異形種プレイヤーを護りたかったから。 そして何より、不当な差別を強いる者達が許せなかったからだ。 しかし、そんな『アインズ・ウール・ゴウン』にPKされたことで逆に目の敵にする連中もいた。 今回はそんな連中の呼び掛けで、上位ギルドに一泡ふかせてやろうと思っていた連中が動きだし、徒党を組んで押し寄せてきたのだ。 人間種プレイヤー2000人を迎え撃つのは異形種プレイヤーたったの41人のギルド。 圧倒的な戦力差に、沈痛な空気が流れている。 無理もない。 単純に50倍の敵が押し寄せてくるのだ。 楽観などできようはずもない。 その空気を破ったのは彼だった。 「我々『アインズ・ウール・ゴウン』は!不当な数の暴力に絶対に屈しない!」 たっち・みーが吠えた。 普段そんな事を滅多に言わない彼の咆哮に皆驚いた。 ギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の前身、クラン『 9人の自殺点 ナインズ・オウンゴール 』。 そのリーダーを勤めていた彼は、誰よりも正義感が強かった。 しかし、 現実 リアル では 警察官 勝ち組 として働きながらも、立場に縛られ信念を貫き通せない、一つの歯車にすぎない自分の無力さに忸怩たる想いを抱えていた。 「困っている人を見たら助けるのは当たり前」 この誰もが分かっていながら、知っていながら行動に出来ない「当たり前」を本当に「当たり前」の世界にするために。 そんな彼に救われたメンバーは少なくない。 ギルド長モモンガもその一人だった。 「そうです。 地の利は守る此方にある。 烏合の衆に負ける気はしませんね」 「正義を騙る悪には更なる悪でもって叩き潰す!」 「燃えてきたー!」 「侍とは死ぬことと見つけたり、か」 ぷにっと萌えを皮切りに次々と戦意を滾らせるメンバー達。 (やっぱりたっちさんはすごいなぁ) モモンガは純銀の聖騎士への憧憬の念を心地よく自覚しながら、立ち上がって大仰に腕を振りローブを棚引かせる。 「みなさんやる気は充分ですね!俺達『アインズ・ウール・ゴウン』に喧嘩を売ったこと、とくと後悔させてやりましょう!」 「「「「「おおー!!!!」」」」」 リムルは円卓の間でこの光景を見ていた。 人の中にある差別意識の根深さを感じた。 そして彼らの高潔さを目の当たりにして、不思議と笑みがこぼれた。 多数派が少数派を押し退ける。 それはある意味正しい。 民主主義の正義だ。 だが、少数派が虐げられていいなんて誰が決めた?そんな決まりはない。 断じてないのだ。 たっち・みーに感化されたのか、少し暑苦しいやつになってしまったな。 俺も油断は出来ない。 拠点NPCは蘇生が可能らしいが、俺達の場合はどうなるかわからない。 データの一部が文字化けして不安定な状態のため、蘇生できたとしても、何らかの不都合が起きてもおかしくないのだ。 そもそも蘇生出来ないかもしれない。 この世界にとって俺たちは外部から入り込んだ異物なのだから。 だから気をつけていたつもりだった。 そう、そのつもりだったんだ。 「あああああああああああああああああ!!!!!!」 人間プレイヤー達が『ナザリック地下大墳墓』に雪崩れ込んでくる。 第一~第三階層 「墳墓」 数々のトラップが侵入者を阻み、アンデッド達が襲いかかる。 階層守護者は全階層守護者の中で単騎戦闘能力最強シャルティア。 真相の吸血鬼 トゥルーヴァンパイア であり、肉弾戦に長け、信仰系魔法を使う。 罠と自動 湧き ポップ するアンデッド達で、弱い者を篩にかけ、シャルティアが敵主戦力を少しでも削る作戦。 ここでできれば100人位削りたい。 第四階層 「地底湖」 巨大な湖に沈む巨大ゴーレムが行く手を阻む。 これと単騎でまともに戦える者は数えられるほどだろう。 それでも数を頼みにすれば撃破はそう難しくはないか。 それでも80人位は減らせるだろう。 第五階層 「氷河」 凍てつく冷気と吹雪が行く手を阻み、侵入者を氷付けにする。 武器攻撃力最強の階層守護者コキュートスが番を務める。 冷却対策がなければ体は凍り付き、容赦ない剣戟によって『人間かき氷』にされる運命だ。 ここで60人はいけるだろ。 第六階層 「森林」 広大な森には数多くの魔獣が跋扈し、闘技場には数々のゴーレムが犠牲者を待つ。 階層守護者はアウラとマーレ。 アウラはビーストマスター、マーレは高位のドルイドだ。 どちらも対多人数戦闘を得意とする。 ここも80人。 第七階層 「溶岩」 立っているだけで容赦なく体力を奪う灼熱の空間は、熱対策必須。 溶岩の河に架かる橋の下には、巨大なマグマのスライムが犠牲者を引きずり込む。 いくつもの罠でさらに致死性の高い罠へと誘導する悪辣な罠仕様だ。 三体の 魔将 イビルロード と階層守護者デミウルゴス。 直接的な戦闘能力は高くないが、悪魔の仕掛ける数多の罠が口を開けて待っている。 ここも頑張って80人。 第八階層 「荒野」 荒涼とした大地が広がる、ナザリック地下大墳墓の最終防衛ライン。 強力な足止めスキルを持つ階層守護者ヴィクティム。 そして傭兵として俺とディアブロが守護する。 予想じゃここへはおおよそ1600人が到達か。 骨が折れるな。 俺達の役割は時間を稼ぐ事だ。 可能な限り足止めし、侵攻軍ができるだけ多く入ってきたところでヴィクティムのスキルを発動し、ギルド総出で攻勢を仕掛けて一網打尽にする。 「さぁて、やるか……」 リムルとディアブロが待ち構える領域に、侵入者達は一気に雪崩れ込んできた。 およその見積り通り1500人強の大人数だ。 集中攻撃を浴びないように、素早い動きで相手を撹乱する。 隙をついて、一人、二人と確実に戦力を削っていく。 能力の制限がなければもっと有利に戦えたはずなのだが、如何せん肉体能力による武器戦闘が中心になってしまう。 それでも休むことなく動き続け、150人程倒したところで、そろそろ準備が整い、ギルドメンバーが合流する時間だ。 だがここで、想定外の事態が起こった。 世界級 ワールド アイテム「ダイダロス」 使用者自身も死ぬ代わりに、相手に必中の必殺ダメージを与える。 この攻撃は一度放たれれば、あらゆる防御も回避も不可能というものだった。 それが放たれた瞬間、二人同時に危険を察知した。 これは今までの何よりも危険なものであると。 ディアブロは両手を広げた。 そして目を閉じた。 閉じてしまった。 だが、衝撃は来なかった。 「ああ……そんな」 嘘だ。 嘘に違いない。 そんなはずがない。 「リムル……様」 目の前には、自らを盾にして「ダイダロス」に貫かれたリムルがいた。 ディアブロを振り返り、困ったような、安心したような顔をして目を閉じ、倒れる。 その全てがスローモーションのようで、まるで現実ではないようで。 人型を保っていられず、スライム形態に戻る。 人間達が歓声をあげているが、そんなものは聴こえない。 力なく、側にすがり付く。 それは生のない、ただの塊のように動かない。 「リムル様……」 返事はない。 「リム、ル……さ、ま……」 「あああああああああああああああああああっ!!!」 それは悪魔の慟哭。

次の

オーバーロード プロローグ 感想 ネタバレ あらすじ

ナインズ・オウン・ゴール

Spoiler Alert: WARNING! This page happens to contain a lot of heavy spoilers that are all originated from the Overlord author, Kugane Maruyama and his collection of written works. Anime-only watchers and Manga-only readers, please take some time off to reflect it over for a bit before choosing to expose yourself on reading the information below recklessly. Nine's Own Goal Faction Information Contents [] Background Nine's Own Goal was founded originally when hunting heteromorphic beings was all the rage in the early days of YGGDRASIL. Heteromorphics were repeatedly hunted down by other in order to claim some strong job classes, which required PKing a certain number of heteromorphic beings for entry. Therefore, players of heteromorphic characters hid out in the three worlds which were advantageous to them — , , and — and refused to go to other worlds. While many of the heteromorphics were content to hide in these worlds, a few heteromorphics banded together to explore YGGDRASIL despite the persecution they faced. According to Ainz's description of the first nine clan members' job classes, they consisted of a , a swordmaster, a , an , a two-sword , a , a , and a. Not including Ainz among the aforementioned. One could say that clan meetings between members of Nine's Own Goal were arranged to be made as conferences for communication. It was done so to set up a weekly organized sharing of information and requests for help from member to member. Once, the discussion is over, they will come together and form a party before then trying to carry out such a request for the sake of their clansmen. That said, new information among members did not come easily as the only time they ever get to explore and play YGGDRASIL was during their free hours. Touch Me was the person who had gathered the "Original Nine" members of the clan into establishing a team together. He was gathering the original clan members of Nine's Own Goal before it grew in power as the Ainz Ooal Gown guild through every possible means, including PK. In the Web Novel, it can be said that Touch Me made this group which predated the guild in order to protect the weak from PKers. Chronology Overlord Prologue Former Part Main article: Nine's Own Goal is formally introduced during a clan meeting, several clan members, such as , , and meet in a , and take time to chat of their daily lives and exploits. The members of Nine's Own Goal gathered together as a whole clan to discuss the latest rumors concerning a in Helheim. Additionally, Touch Me formally announced his decision to retire as Clan Leader. Though there was some confusion and uproar initially, Touch Me calmed the clan members' worry, suggesting that he wished to make Nine's Own Goal into an official guild while disbanding their current clan. It was due to the efficient amount of clansmen they've have added to their clan thus far that causes Touch Me to make such a proposition. In order to break with the old and forge a new guild, the former clansmen had to think of a name that everyone can agree upon. Accepting their suggestion, and changed the named Nine's Own Goal to Ainz Ooal Gown. Soon afterward, Touch Me would then later make another proposal to his friends that they should nominate Momonga as their Guildmaster. It was something to which everybody present agreed to accept his suggestion officially and make Momonga the Guildmaster of their new guild,. The Dark Warrior Arc Main article: While two adventurer groups and were having a campfire, Momon recount a brief story about his eight clan members he met and the countless adventures they have done in the past. Through them, Ainz had learned the meaning of what friendship was to him. He once thought he would have been ignored in YGGDRASIL, like in the real world, but unlike reality, they ended up being the best of friends, who would extend a helping hand to each other at any time. Over the course of time, as the number of group members in Nine's Own Goal steadily increased, he noted how they tend to share their joys and their sorrows together. Strength Originally, the clan was composed of just nine players, over time, however, the clan began to grow in size, adding numerous players from various heteromorphic races. Not only that, but their clan's strength at its peak before disbanding for good was also closely estimated to be centered around level 90s among fellow clansmen. In addition to that, their clan have once possessed one of the 200 in YGGDRASIL which they first discovered and later obtained afterward. Formerly : It was the first World Item found by Nine's Own Goal, but was stolen away from them. Known Members of Nine's Own Goal First Nine• Possibly the unknown member who left the clan and quit YGGDRASIL. Later Members• Trivia• By the YGGDRASIL standard, it was the first clan to have been officially known in the Overlord series. Before the guild, Ainz Ooal Gown was even created, it was supposedly a clan that had never really put much focus on clearing and PKing. There's an unnamed clan member of the Nine's Own Goal who left the game, because of a disagreement between him and Touch Me before the formation of Ainz Ooal Gown. Prior to the creation of Ainz Ooal Gown as a guild, the clan called Nine's Own Goal consists mainly of 27 members who were around level 90 or so in it. There was a sub-group known as the that forgo the use of. Momonga was perhaps the first person to have been recruited by Touch Me as he later met four people through the and then later, the last three join in to establish Nine's Own Goal. References.

次の