アイスボーン 導きの地 上限。 【アイスボーン】『導きの地』地帯レベル上限上昇の法則(イガグリ氏調査)

【MHWアイスボーン】導きの地のレベル上げ方法

アイスボーン 導きの地 上限

導きの地の専用素材はマカ錬金で交換可能 まず初めに知っておいて欲しいのは、導きの地の専用素材は一度入手したものなら、 ほとんどがマカ錬金を利用して交換可能となっています。 その為自分の地帯レベルが低くても、マルチプレイで一度でも素材を入手しておけば履歴がつくので、マルチプレイとマカ錬金を活用するのもおすすめです。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。 最優先は歴戦イヴェルカーナ 歴戦イヴェルカーナから取得できる『 歴戦の冠角』は、ほぼ全ての素材へと交換可能な万能素材となっています。 もちろん歴戦古龍などのLv7で出現する歴戦素材には交換できませんが、それ以外は交換可能です。 その為、最優先として 歴戦イヴェルカーナが登場する地帯はどこでもいいのでLv7にしておきたいです。 おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 以前までは森林と荒地をレベル1にする『11777』がおすすめでしたが、現在は必要となる素材が多い 溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定しておくと便利です。 その他の地帯は自分の欲しい素材と相談して上げましょう。 溶岩地帯の歴戦ラージャン素材は、カスタム強化の上限解放やラージャン武器の強化に要求される数が多いので優先してLv7で固定したい地帯です。 氷雪地帯はマカ錬金で交換素材の多い、歴戦イヴェルカーナが出現し、キャンプから遠くレベルが上げにくい地帯なので、Lv7で固定しておきたいです。 マカ錬金での交換ができない歴戦素材の出現地帯 森林:カーナ・クシャ 荒地:カーナ・ナナ・テオ・金レイア 珊瑚:カーナ・キリン・ネロミェール・銀レウス 瘴気:カーナ・ハザク・ティガ亜種 溶岩:クシャ・テオ・ナナ・ラージャン・バゼル 氷雪:カーナ・ジンオウガ亜種・ネルギガンテ 溶岩・氷雪地帯をLv7にしておけば、マカ錬金で交換不可能な8種類の歴戦モンスターを狩猟することが可能です。 全地帯をバランスよく上げるのは非推奨 全地帯をバランスよく上げると、レベル7の地帯が少なくなるor無くなってしまうので、登場するモンスターが少なくなってしまいます。 導きの地の素材はマカ錬金で交換可能な点や、歴戦古龍がレベル7から登場する事を考えると、『 レベルを上げるなら上げきる』事を推奨します。 レベルを上げきる前に素材の履歴を埋めておこう 地帯レベルを上げるのは大切ですが、 必ず素材を入手しながらLv7にしましょう。 マカ錬金で交換可能な素材なら、一度入手するだけでOKです。 バフバロのようなどこでも出現するモンスターならいいのですが、歴戦では無いトビカガチやクルルヤックなどは地帯レベルがあがると登場しなくなるので要注意です。 レベルの微調整は痕跡集めがおすすめ! 導きの地では地帯レベルを上げていると、レベルMAXの地帯レベルが下がってしまうこともあります。 その場合。 わざわざモンスターを倒すよりも簡単で、時間もかからないので、痕跡を集めて地帯レベルを微調整していきましょう。 逆にLvを上げたい地帯以外の痕跡を入手してしまうと、レベルが下がる原因になるので、しっかりと痕跡を見て入手するようにしましょう。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザクといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの痕跡の方がゲージ上昇率が高いです。 ちなみにLv7の地帯は通常では地帯ゲージが表示されませんが、 ギルドカードならLv7の地帯でもゲージが表示されます。 ギルドカードで確認しながらLv7地帯を調整することをおすすめします。 効率良く地帯レベルを上げるなら、罠と痕跡を活用しよう 地帯レベルが上昇する要因は、モンスターの狩猟だけでなく、罠・痕跡採取・部位破壊といった調査ポイントが入手できるものでも上昇します。 その為、普通に狩猟するよりも、痕跡集めをして罠を何度も使って狩猟する方が地帯レベルは上昇します。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザク、氷雪ならベリオロスといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの方がゲージ上昇率が高いです。 といった方法で地帯レベルを上げる事も可能です。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。 この方法は罠の補充が必要なので、キャンプから遠い氷雪地帯ではやりにくいです。 マルチプレイでの地帯レベル上げがおすすめ 2019. 12月のアップデートで、『他のプレイヤーが特殊痕跡を入手した場合、自分も特殊痕跡が入手可能になる』という変更がありました。 その為4人でのマルチプレイだと、特殊痕跡の入手量が4倍になるので効率がかなり上がります。 モンスターの強さによってゲージの上昇量は変わらないので、森林地帯ならドスジャグラス、荒地地帯ならクルルヤックを呼び出してマルチプレイでタコ殴りにすれば特殊痕跡を回収しながら簡単にレベル上げ可能です。 痕跡集めと罠も利用すればさらに効率がいいです。 しかしあくまで導きの地は探索なので、自分の狩猟したいモンスターと別のモンスターを狩りに行くプレイヤーや、狩りに参加せずに採取を行うプレイヤーも参加する事もあります。 その為、絶対にマルチプレイが最高率という訳ではありません。 まとめ ・導きの地は全ての地帯をレベルMAXにできないので、レベルを上げる地帯を選ぶ必要がある ・溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定するのがおすすめ ・歴戦イヴェルカーナの素材で、ほとんどの素材がマカ錬金で交換可能。 リオレイア希少種などの素材は交換できないので集める必要あり ・地帯レベルを7にするまでに、マカ錬金で交換可能な素材を入手して履歴をつけておく アップデートの度に仕様が変わる導きの地ですが、2019年12月5日現在ではこの方法がおすすめだと思います。

次の

【MHWアイスボーン】導きの地レベル上げ・上限解放【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

アイスボーン 導きの地 上限

『導きの地』地帯ポイント上限上昇の条件:イガグリ氏調査 考察 (左からそーか氏、ぴぴぴ氏、イガグリ氏のギルドカード。 導きの地の地帯レベルの合計値についてメンバー内で差がでたことから調査が始まったようです) 考察1. 調査回数は影響しない 理由、イガグリの方がぴぴぴより回数が多い。 考察2. 調査時間も影響しない 理由、放置で稼いだ時間では上限は上がらない。 考察3. 最大数は全員同じでは無い 理由、3人は明らかに違う。 考察4. 解析回数ではなく狩猟数が関係していると考える 理由、そーかはMRカンストまでの間も導きをしていたため、狩猟数はかなり多い。 ぴぴぴは殆どをアプデ後 解析結果の分配 のマルチによって回数を稼いだため狩猟数は解析回数の4分の1以下。 イガグリはガンキンで解析回数を稼ぎ狩猟数がかなり少ない為、あまり最大値が上がっていない。 合計値は、順に31. 1、28. 8、27. 1 全てメンバーで調節したため7の余剰分等考えても間違いなし 狩猟数に比例していると考えていい。 最後に. 余計なトラブルを防ぐためにメンバー内のみでの例を挙げています。 他の方の名前を出したりするのは控えて下さい。 攻略本の前情報があったため思い込みの面が強いかもしれませんが、今後ぴぴぴのレベルの最大値が徐々に上がるようであれば更に信憑性が増すと思います。 調査内容 注・追記:地帯レベル7であればどのモンスターを倒しても上昇量は同じという検証結果も出ています。 珊瑚地帯を7ギリギリで固定し、環境を固定した状態で共に100頭狩猟しました。 瘴気地帯のドスギルオスに罠を置き珊瑚地帯が6に下がった瞬間までの検証です。 1枚目と2枚目の間にズレがありますが上昇量の検証には影響ないものです。 危険度2の結果は、この条件が同じで無い為省くことにしました。 モンスター毎によるポイントは、危険度で分類されている可能性はもちろんありますが、自分は取得出来るMRポイントに依存していると考えます。 すでにカンストしている方が多い中で確認する方法は狩猟時にもらえる友好度があります。 つまり、上限1レベルを上げるのに必要な友好度は約123500。 友好度カンストを優に超える数になります。 MR100時の初期値は27. 0だと考えているので、4地帯レベル7に必要な30. 0にするには友好度換算で約37万以上のモンスターを狩猟しなくてはいけないことになります。 全地帯レベル7の42. 0にするには約185万以上と現実的では無い気がします。 最後に 推論が多く明確な結論が得られる検証ではありませんでしたが、自分達が気になっていた「上限は上がる」という考察が実証できて良かったです。 あくまで自分達の結果なので意見や他の条件での検証は引用リツイートでしてくれると幸いです。 全地帯レベル7にするには、歴戦イヴェルカーナ換算で約5873頭必要です。 多いと捉えるか少ないと捉えるかはあなた次第です。 ・導きの地でモンスターを狩猟することで地帯レベルの合計上限値が上がる。 ・合計上限値の上昇量は取得出来るMRポイント 友好度を参照できる に依存していると思われる。 ・上限値の上昇はアップデート12. 03(氷雪エリアの追加)時点から始まった。 ・地帯レベルの合計30(4か所レベル7)にするために必要な狩猟回数は危険度3の歴戦個体で大体1059体。 (友好度370,500) ・地帯レベルの合計42(全地帯Lv7)にするために必要な狩猟回数は危険度3の歴戦個体で大体5295体(友好度1,852,500)。 危険度3の歴戦個体でも取得できるポイントに差がある点にご注意ください。 まとめ イガグリ氏と睡眠は甘えメンバーの皆様、非常に有意義な情報をありがとうございます。 調査お疲れさまでした。 追記 全地帯レベル7達成の報せ!おめでとうございます! お疲れさまでした! 再掲:こちらの記事は古い情報になります。 最新の情報は下記の記事をご覧ください。

次の

【導きの地】全地帯のモンスター出現条件と素材一覧【アイスボーン】

アイスボーン 導きの地 上限

どうも、えなおです! 絶賛配信中の 【モンスターハンターワールド アイスボーン】。 エンディングを迎え、エンドコンテンツをお楽しみの方もいらっしゃるかと思いますが、今回はクリア後に行ける 《導きの地》について解説をしていきます。 「導きの地って何?」「何をしたらいいの?」という方に向けてご紹介していきたいと思います。 導きの地の概要 導きの地とは? 《導きの地》とは、ストーリークリア後に行けるマップ エンドコンテンツ のことです。 ここは 【古代樹の森・大蟻塚の荒地・陸珊瑚の台地・瘴気の谷】の各エリアが1つのマップとして構成されており、この地で新大陸の各フィールドに登場したモンスターが集結し、導きの地限定の貴重な素材などを集めることが可能となっています。 導きの地の解放条件 導きの地の解放条件は以下の通りです。 任務クエスト【導きの歌】をクリア• エンディング後、セリエナに帰還• 悉くを滅ぼすネルギガンテを追うストーリーを進める• 導きの地が解放 上記のように、ストーリークリア後に発生するイベントをクリアすることで赴くことが出来るようになります。 更に、導きの地の調査を終え拠点に帰還することで 『MR49までの上限が解放』されます。 導きの地で出来ることは? 導きの地で出来ることを端的にまとめると以下のような感じです。 地帯レベルを上げることで、新たなモンスターと戦えるようになる• 鉱石・骨塚・モンスターの素材など、導きの地限定の特別な素材が入手出来る• MR マスターランク 上げに最適な場所 1. については下記の項目で解説します。 は、主にストーリークリア後に解放される 『マスターランク武具のカスタム強化』として使用出来ます。 また護石の更なる強化や、新モンスターから新たな武具を作成することも可能となります。 地帯レベルを上げることで歴戦含め、どんどん強力なモンスターが登場してきますが、そのどれもがこの地限定の素材を落とすので、ストーリーをクリアしたらまずは導きの地を探索できる状態にしておきましょう。 についてですが、 導きの地は制限時間が無く、モンスターは無限に沸き続けます。 延々とモンスターを狩り続けることが出来るため、MR上げに最も適した地となります。 ちなみに、導きの地は何度力尽きてもクエスト失敗とはならないため、【スキル:不屈】がおススメです。 これは力尽きる度に攻防がUPするもの 最大2回 で、 2回力尽きると攻撃力が約1. 2倍・防御力が約1. 3倍になるのでこの地の探索には非常に役に立ちます。 地帯レベルと解析度について 次に、地帯レベルと解析度について解説していきましょう。 導きの地の独自の仕様として、 『地帯レベル』『解析度』というものが存在します。 地帯レベルとは? この導きの地は、冒頭でもお伝えしたように4つのフィールドが組み合わさって1つのマップとして存在しています。 そして、各エリア毎にこの地帯レベルが設定されているのです。 この地帯レベルを上げることにより、出現するモンスターが変化したり、古龍や歴戦・新モンスターなどが登場するようになります。 この地帯レベルには一種の経験値のようなものが存在し、• 各エリアのモンスターを狩猟する• 各エリアのモンスターの痕跡を集める• 各エリアの骨塚や鉱脈などを採取・採掘する ことで地帯レベルが上昇していきます。 非常に便利なので活用していきましょう。 地帯レベルの注意点 注意点としては、 『地帯レベルは4つの地帯で合計値の上限が定められており、その上限を超過する場合は、他のエリアの地帯レベルが下がる』ということです。 全ての地帯レベルを同時に上げ続けるということは出来ず、どこかのフィールドの地帯レベルが上がれば、別のフィールドの地帯レベルは下がってしまいます。 ただしこれはデメリットという訳ではありません。 なぜなら、 地帯レベルが上がってしまうと出現しなくなるモンスターも存在するからです。 「〇〇の素材が欲しいから狩りたい!でも地帯レベルが高くて出現しない!」という時は、別のエリアの地帯レベルを上げて、狩りたいモンスターがいる地帯レベルを下げることで戦えるようになります。 新モンスターについて 導きの地のレベルを上げると登場する新モンスターは以下の通りです。 尚、地帯レベルの上限を上げる為には 『一定のMR到達後に発生する任務クエストをクリアする』ことでMRの上限が解放されていき、同時に地帯レベルも上げることが可能となります。 ちなみに、初期の上限は"4"です。 ちなみにこのMRにおいての注意点ですが、 『マルチプレイ時はMRが条件に満たない場合、参加不可』となります。 MRが低いプレイヤーがMRの高いプレイヤーの導きの地に参加することは出来ません。 ただし逆は可能です。 解析度とは? 次に解析度についてご紹介していきます。 導きの地のモンスターには "特殊痕跡"というものが存在します。 この痕跡を集めていくことで各モンスターの解析が出来、 解析度を高めることで解析したモンスターをおびき寄せられるようになるというものです。 "特殊痕跡"を集める方法は以下の2つ。 モンスターの縄張り争い後• モンスターの剥ぎ取りor捕獲 "解析"は上記に加え、導きの地の大型モンスターの部位破壊 1種につき1回 を行うことで進められます。 この導きの地は多くのモンスターが存在し、地帯レベルによっても出現するモンスターが変化していくため、狙ったモンスターと戦うためにはこの特殊痕跡が非常に重要となります。 ちなみにモンスターのおびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話し掛けることで行うことが出来ます。 解析の注意点 注意点として 『おびき出しを1度行うと、解析した特殊痕跡は無くなる』があります。 要するに、再度1から痕跡を集めて解析していかなくてはいけないということです。 そのため、おびき出しを利用するタイミングには注意していきましょう。 まとめ 今回は以上になります。 導きの地は出来ることが多すぎて、理解するまでに非常に時間がかかってしまいます。 一旦は上記の基本的な部分だけを確認して、実際にご自身で導きの地を探索してみるといいかと思います。 導きの地についてはもう少し色々と記載していきたいと思いますが、何か質問事項などありましたらコメント欄にご記入下さい。

次の