みがわり 貫通 特性。 【DQMJ3】みがわりパーティー!対戦でよく見るおすすめパーティー考察①!~ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3攻略ブログ50~

バクオング

みがわり 貫通 特性

ただし、エルフーンが有利なポケモン サザンドラなど には、ムーンフォースなどで倒しに行くことも可能。 自主退場技や交代技で追い風ターンを節約 中には、エルフーンのおいかぜターンを枯らしにくる相手もいる。 おきみやげの死に出しから後続のエースに繋いだり、対面のポケモンに対して後続で受けができるなら、とんぼがえりで繋げられる。 Sが足りない攻撃役のサポート役として! エルフーンのサポート性能はかなり高いため、すばやさが足りないアタッカーのサポートとして使える。 少しすばやさが足りないなどのポケモンであれば、追い風で多くのポケモンを抜けるようになる。 やどりぎのHP吸収+たべのこしの回復でみがわり分のHPを確保しながら、相手のポケモンを削っていこう。 初手やどりぎ・次ターンは身代わり 初手にやどりぎを使い、次のターンで身代わりを使う。 2ターン目で交代してきてもみがわりを残せるため、やどりぎのタネを入れる隙ができる。 おくびょうの調整はサザンドラ意識 S116は最速サザンドラより1早い調整。 Hは極振りにして、余った努力値は防御に全振りしている。 コットンガードを積むなら特防を厚めにしておいても良いだろう。 害悪やどみが型エルフーンの対策 やどみが型の対策方法• 「そうしょく」のヌメルゴンを使う 特性の「そうしょく」は草タイプの技を完封することが可能。 エルフーンのやどりぎのタネを無効にできるため、対策として使っても良い。 持ち物はとつげきチョッキ推奨 特性でやどりぎを無効にしても、ムーンフォースで弱点を突かれてしまう。 基の耐久の高さ+とつげきチョッキでムーンフォースのダメージを軽減しつつ、返しのどく技で倒してしまおう。 草タイプのポケモンを使う 草タイプのポケモン使えば、やどりぎのタネを無効にできる。 やどりぎのタネを封じたとしてもムーンフォースがあるため、草タイプ持ちでフェアリー技を半減できるポケモンがおすすめ。 害悪型の対策おすすめポケモン ポケモン 立ち回り ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・ジャイロボールで弱点を突ける ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・毒技で4倍弱点を突ける ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・毒技で4倍弱点を突ける すりぬけでみがわりを貫通する エルフーンのみがわりを貫通できる特性「すりぬけ」を使って倒し切るのもオススメ。 特に、 シャンデラであれば高い火力+すりぬけでみがわりを貫通して相手のエルフーンを倒せる。 マジックミラーでやどりぎ対策 特性「マジックミラー」であれば、やどりぎのタネを跳ね返せるので対策が可能。 やどりぎを入れないと、やどみが型のエルフーンが機能するのは難しいためオススメの対策だ。

次の

ポケモンサンムーンでみがわりを貫通する技を教えてください。それ...

みがわり 貫通 特性

2倍になる。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 変化技を使えなくする Lv. 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 ダブルバトル用。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 [Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 [Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍にする。 後攻になった場合や、相手の技が変化技や第7世代のZワザの場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。

次の

【ポケモン剣盾】エルフーンの育成論と対策ポケモン

みがわり 貫通 特性

種族値は控えめでバランスも少々悪いものの、数少ない一致ばくおんぱ使いとして知られる。 C特化ばくおんぱの火力は同条件のだいもんじと同程度。 それを命中安定・みがわり貫通、特性によりにも一貫して撃てる。 込みで、ばくおんぱ・きあいだま・炎技すべてを等倍以下に抑えるポケモンは限られており、種族値からは想像できないほどの高い攻撃性能を持つ。 ただし、自身が鈍足・中耐久かつ耐性に優れないため、実戦での撃ち合いには不安が残る。 特性きもったまでなどのゴーストタイプにばくおんぱを通すことができるものの、最速スカーフでもドラパルトを抜くことはできない。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ぼうおん ハイパーボイスやバークアウト、ほろびのうた等の音技を無効化できる。 これらの技が多いダブルで有用だが、トレースされると自身のばくおんぱが通らなくなる。 ストリンダーには強くなるがややピンポイント気味。 きもったま 隠れ特性。 メインウェポンのばくおんぱはもちろん、相性補完のきあいだまもゴーストに無効化されなくなる。 肝っ玉の無・闘・炎の複合範囲を等倍以下に抑えるポケモンは飛・岩複合、岩・虫複合、岩・妖複合、たいねつ、ぼうおん・のみ。 シングルではぼうおんが役立つ場面が少ないため基本的にこちらで確定。 ダブルでもばくおんぱを一貫性の高い全体攻撃として撃てるので有用。 ただし味方にも当たるのでや持ちと組ませたい。 技考察 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 ばくおんぱ 無 140 210 100 - タイプ一致技。 みがわり貫通。 ダブルでは周囲全体攻撃。 ハイパーボイス 無 90 135 100 - ダブルで味方を巻き込みたくない場合にのみ採用。 高威力・命中難。 命中重視。 C特化でH振りを確1。 撃ち逃げ向き。 サポート用。 ダブルでは相手全体攻撃。 サポート用。 変化技 タイプ 命中 備考 どくどく 毒 90 耐久型対策。 毒や鋼には無効。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 鈍足なので使いにくい。 ふきとばし 無 - タマゴ技。 積み技対策や、交代読みで。 ねごと 無 - 催眠対策。 他のサブウェポンを搭載するよりは有用であることが多い。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 なみのり 水 90 100 - 対岩にはきあいだまで良い。 地面や炎には等倍ばくおんぱの方が高ダメージ。 霰パで運用することもまずなく、採用例が皆無。 ぼうおんに有効だが個体数が少なすぎる。 じしん 地 100 100 - ピンポイント。 こだわりメガネと相性がよく、C特化メガネばくおんぱで等倍なら無振りまで高乱数1発。 半減でもH振りを高乱数3に捉えられるので、後出しは容易ではない。 サブウェポンは非常に豊富だが、大抵の鋼はメガネばくおんぱで確2~3圏内。 さらに炎技と格闘技があればノーマル半減の岩・鋼にも弱点が突けるので、他のサブウェポンを搭載する利点は薄く、技スペースは余りやすい。 H92振りで各種定数ダメージが最も小さくなる(実数値191)。 上記HP調整の場合さらにB84振りでA特化のせいなるつるぎを確定耐え、 素早さは70未満だがS70~80族周辺には先手を取れると優位に立ち回れる相手が多いため、CS振りも十分候補。 準速でS実数値120、C特化@メガネのばくおんぱでH252を中乱1。 AもCと同値なので、特殊メインの両刀型も候補。 無補正無振り@珠のけたぐりでH振りを高乱1。 特殊に薄めの相手なら先発で起用してガンガン削っていける(タスキには注意)。 中~終盤にかけては、きもったまによる一貫性を活かして高いフィニッシャー性能を期待できる。 補正なしC252のみでもばくおんぱはD4確2の威力があるので、スカーフで先手を取れれば大抵の相手は先制2発で倒せる。 準速スカーフなら最速112族(と同速になる。 対バクオング 注意すべき点 高威力かつみがわり貫通のばくおんぱをタイプ一致で撃て、きもったまによりゴーストでも無効化できない。 C特化@こだわりメガネのばくおんぱはH252@きせきを確2なので、低速ポケモンに対する崩し性能に長けている。 半減読みで岩・鋼を出してもDに薄いとかなり削られ、きあいだまやだいもんじで弱点を突かれる場合もある。 種族値は並程度で積み技にも乏しいが、それを感じさせないほどの攻撃性能を持つため、後出しで安定して受けるのは難しい。 対策方法 C特化メガネばくおんぱを確3以下に抑えるにはや、レベルの耐久が必要。 攻撃範囲も広いので基本はバクオングより遅いポケモンは選出を控え、素早いポケモンで先手を取って縛るのが定石。 素早さが低く耐久も並程度。 上を取るのは容易く、高速格闘タイプなら先制確1が取れる。 ぼうおんやじごくづき持ちならばくおんぱを無効化できる。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技50 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の