スーパー バリュー アーリー。 【家族で?】ANAスーパーバリューアーリー子供の予約ができない!高いけどキャンセル料いらずで安心。

【家族で?】ANAスーパーバリューアーリー子供の予約ができない!高いけどキャンセル料いらずで安心。

スーパー バリュー アーリー

ANAのチケットを安く手に入れたいなら「スーパーバリュー SUPER VALUE 」がオススメ。 スーパーバリューチケットなら東京から札幌へ6千円台、那覇へ8千円台で行けます。 とにかく航空券を安く購入出来るのが大きなメリットですが、もちろん注意しておきたいデメリットもあります。 この記事ではメリットとともに気を付けておくべきデメリットを紹介しています。 また、繁忙期のスーパーバリューはすぐに売れ切れてしまうため発売開始後出来るだけ早く買いたい。 そんなときに気になる発売日や先行予約、そして出来るだけ安いチケットを購入するコツを紹介しているので、是非参考にしてみてください。 「スーパーバリュー SUPER VALUE 」とは ANAの早割運賃「スーパーバリュー(旧旅割)」は、格安価格でANAのチケットが購入出来る大変お得な割引サービス。 スーパーバリューは、スーパーバリュー75、スーパーバリュー55、スーパーバリュー45、スーパーバリュー28、スーパーバリュー21の5つのプランがあり、それぞれ搭乗日75日前、55日前、45日前、28日前、21日前まで予約出来るチケットです。 繁忙期にはすぐに売れ切れてしまうチケット。 ANAのバリューチケットは、搭乗日3日前、1日前の直前まで予約出来る「バリュー(旧特割)」、スーパーバリューよりも早く(搭乗日355日前)予約出来る「スーパーバリューアーリー」とありますが、その中で最も割引率が高いのがスーパーバリューです。 他にも割引率が高いチケットは不定期に期間限定販売される「スーパーバリューセール(旧旅割X)」がありますが、定期的に買えるチケットで一番安いのがスーパーバリューです。 ANAの割引チケットと言えば、搭乗日直前まで安い「バリュー VALUE 」、1年前から予約出来る「スーパーバリューアーリー SUPER VALUE EARLY 」がありますが、その中でもスーパーバリューの割引率の高さは群を抜いています。 スーパーバリューは75日前までに予約出来る「スーパーバリュー75」が最も安く、21日前まで予約出来る「スーパーバリュー21」が最も高くなる仕組みです。 大手航空会社「ANA」の上質なサービスを、LCCに匹敵する低価格で受けることが出来るのがスーパーバリューの魅力です。 普通運賃のフレックスや小児運賃、ビジネスきっぷはチケット購入後も出発日当日まで何度でも予約変更可能です。 出発時刻を早めたり、遅くしたりと変更できます。 一方、スーパーバリューはバリュー、スーパーバリューセール、スーパーバリューアーリーといった割引運賃同様に購入後の予約変更は一切不可となっています。 予約の段階では変更出来ますが、チケット代をクレジットカードやコンビニ払い、ATM払い等で支払った後は予約変更出来ません。 もし、便を変更したい場合はチケットをキャンセルしてキャンセル料を支払った上で改めて新しいチケットを予約する形になります。 出発後のキャンセルの場合はほぼ全額がキャンセル料となります。 搭乗日までに便の変更やキャンセルが考えられる場合は、スーパーバリューの予約は控えた方がいいかもしれません。 フライトで貯められるマイルは「区間基本マイレージxマイル積算率」で決まります。 区間基本マイレージは搭乗区間によって決まっているので、マイル積算率が高いほどマイルが貯まりやすいです。 例えば東京・札幌便に搭乗する場合、区間基本マイレージは510。 1回のフライトで獲得できるプレミアムポイントは「区間基本マイレージxマイル積算率+搭乗ポイント」で決まります。 フレックスやビジネスきっぷ、バリューの場合はボーナスポイントとして1回の搭乗で400Pが貰えますが、スーパーバリューは搭乗ポイントはゼロ。 ANAの上級会員を目指して飛行機に乗っている人にとっては、搭乗ポイントが貰えないのは大きなデメリットです。 スーパーバリューのメリットは1年以上前(搭乗日355日前)から予約出来ること。 また、チケットを払い戻しする際払戻手数料はかからず、取消手数料も搭乗日55日前まではかからない。 そのため、より割引率が高いスーパーバリューが発売開始される前に、取りあえずスーパーバリューアーリーで希望便の座席を確保する人も多い。 一方、バリューのメリットは直前まで予約・購入出来ること。 「スーパーバリュー」は搭乗日28日前までしか予約出来ないが、バリューなら搭乗日1日前でも予約出来る。 そのため、スーパーバリューを予約出来なかったときや急な予定が入って直前に飛行機に乗ることになった場合等にバリューが存在感を発揮する。 スーパーバリューは「夏ダイヤ(4月~10月搭乗分)」は1月下旬頃、「冬ダイヤ(11月~3月搭乗分)」は8月下旬頃と運航ダイヤごとに年2回一斉発売されます。 ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始といったまとまった休みの時期のスーパーバリューチケットは発売開始後すぐに売れ切れてしまう可能性が高いので、発売日をしっかり確認しておくことが大切です。 発売日直前になるとANAのホームページで予約開始日のお知らせが公開されるので、随時ホームページをチェックしておきましょう。 また、スーパーバリューの販売座席数は数に限りがあるので、予約期限日前でのなくなってしまっていることが多いです。 特に割引率の高い「スーパーバリュー75」や「スーパーバリュー55」は人気路線だとすぐに売り切れてしまうので、予約期限日より早い段階で予約しておくのがオススメです。 チケットの支払期限日は基本的に「予約日含め2日以内」。 2月1日に予約した場合は2月2日が支払期限日となります。 また、スーパーバリュー55を予約期限日当日に予約した場合は予約日当日が支払期限日となります。 もし、支払期限日までにお金を支払うことが出来ないと予約したチケットは無効となり、再度チケットを取り直す必要があります。 同じスーパーバリューでもNが最も空席数が多く安く、Aが最も空席数が少なく高くなります。 例え、一番割引率の高いプラン「スーパーバリュー75」でも、その時の空席数に応じて運賃は大きく変わります。 発売開始直後は当然空席が多いので「スーパーバリュー75」は最安値価格に近い状態、一方予約期限日の75日前に近づくと空席が少なくなっているので同じ「スーパーバリュー75」でも価格は上がっている状態。 そのため、少しでも安いチケットを買うなら、発売開始直後に買うのがオススメです。 先行予約有り!ANAマイレージクラブ会員なら早くチケットを買える ランク 予約可能日 ダイヤモンドサービスメンバー 前々日9:00~ プラチナ・ブロンズサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズ会員 前々日11:00~ ANAカード会員・ANAマイレージクラブモバイルプラス会員 前々日14:00~ ANAマイレージクラブ会員 前日11:00~ 一般 当日9:30~ ANAの「スーパーバリュー75」を予約するために、先行予約を利用したい。 スーパーバリューの発売日は「1月下旬」と「8月下旬」。 一般向けに運航ダイヤごとのスーパーバリューチケットが一斉販売されますが、それよりも前に予約出来る「先行予約」というシステムがあります。 先行予約は「ANAマイレージクラブ会員」のみに与えられる特権で、ランクによって一般予約開始日の1日、2日前から予約可能です。 プレミアムメンバー(上級会員)のトップであるダイヤモンドサービスメンバーは、前々日の朝9時から、その他のプレミアムメンバー(プラチナ・ブロンズサービスメンバー、ANAスーパーフライヤー会員)は前々日の昼11時から、ANAカード会員・ANAマイレージクラブモバイルプラス会員は前々日夕方14時から、ANAマイレージクラブ会員は前日昼11時から先行予約可能です。 プレミアムメンバーになるためには、1年間で3万ポイント以上のプレミアムポイントを貯める必要があるため敷居が高いですが、ANAカード会員やANAマイレージクラブ会員ならすぐに申し込むことが出来ます。 出発空港にて空席がある場合、東京・札幌間は15,000円、東京・大阪間は11,000円を支払うことでプレミアムクラスを体験することが出来ます。 普通にプレミアムチケットを購入するよりも、かなり安くプレミアムクラスに搭乗出来るので、一度試してみると良いでしょう。 スーパーバリューは出発55日前までであれば取消手数料は無料で、払戻手数料の430円のみで済みます。 一方、搭乗日54日前からは取消手数料が発生するので注意しておきましょう。 取消手数料は「45日前・28日前・14日前・出発前・出発後」のタイミングで大きく変化します。 当然、早いタイミングでキャンセルすれば取消手数料は安く済み、払い戻しで戻ってくる金額は多くなります。 一方、キャンセルが遅くなればなるほど取消手数料は高くなり、戻ってくる金額は少なくなります。 一つの目安として、「14日前」までにはキャンセルしておきたい。 14日前であれば支払った金額の半分程度は戻ってきます。 また、最低でも「出発前」にキャンセルすることが大切です。 予約便が飛び立った後では支払った金額の全額がキャンセル料となりお金は戻ってきません。 スーパーバリューのキャンセルを検討している人は、キャンセル料が跳ね上がるタイミングに注意しながら、出来るだけ早めにキャンセルするのがオススメです。 最後に ANAのスーパーバリューは割引率が高く非常にお得なチケット。 出張利用の場合は急遽予定変更に対応できないなど困ることも多いですが、家族旅行では移動費用を安く抑えることが出来るので、是非活用したい。 スーパーバリューは空席状況に応じて運賃が変化し、また予約時期によって割引率が大きく変わってくるので、「発売開始直後」に割引率が一番大きい「スーパーバリュー75」を予約するのがオススメです。 繁忙期でもお得なスーパーバリューチケットを予約出来るよう、予約日(発売日)を逃さないようにしましょう。

次の

【2019SFC修行】発売即瞬殺ANAスーパーバリュープレミアムと今後の対策

スーパー バリュー アーリー

01 ANAは「ANA SUPER VALUE」、JALは「先得」 ANAが販売する国内線航空券で最も安い運賃は「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)」(旧名:旅割)と「ANA VALUE(ANAバリュー)」(旧名:特割)です。 ANA SUPER VALUEとANA VALUEは、搭乗日75日前、55日前、45日前などで予約できる運賃です。 空席予測によって運賃が大きく変動する一方、「早いほどお得」なのはほぼ間違いないでしょう。 東京=札幌、沖縄などの人気路線は早々に席が埋まるので、とにかく早く予約するに越したことはありません。 ANAが販売するお得な運賃の運賃について(ANA公式ホームページより) 一方、JALの早期割引運賃は「先得」です。 75日、55日、45日、28日前でそれぞれ運賃プランがあり、最も安い運賃が設定されているのが75日前までの予約「ウルトラ先得」、55日前までの予約「スーパー先得」。 ANAと同様、空席予測に応じて運賃が変動します。 これらのお得な運賃は、ANAとJALで大差なく、ほぼ同額と考えてよいでしょう。 事前座席指定も可能です。 【運賃例】JAL「先得」の場合(普通席、片道) 東京(羽田)=札幌(新千歳) 8,500円~(ウルトラ先得)/9,500円~(スーパー先得) 東京(羽田)=福岡 9,100円~(ウルトラ先得)/9,600円~(スーパー先得) 東京(羽田)=沖縄(那覇) 8,600円~ウルトラ先得)/8,700円~(スーパー先得) (2018年10月分)• ANAカード、JALカードを持っていると、一般よりも早い先行発売でお得な運賃が予約できます 人気路線は、先行発売とほぼ同時に予約が次々と入ります。 座席をいち早く確保するために、少なくとも入会費年会費無料のマイレージ会員に入るか、ANAやJALそれぞれのクレジットカード会員に入ったほうが長い目で見るとお得です。 「ANA SUPER VALUE」の2018年冬ダイヤ分の発売時期(ANA公式ホームページより)• 04 搭乗日355日前から予約できる「ANA SUPER VALUE EARLY」が新登場 ANAの最安運賃はこれまで年2回が発売のタイミングでしたが、2018年9月3日から「ANA SUPER VALUE EARLY(ANAスーパーバリューアーリー)」が新たに登場します。 この運賃は、搭乗日355日前の朝9時30分から予約可能。 年末年始だけでなく、さらに先のゴールデンウィークや夏休みの予約もできます。 購入できるのは、ANAマイレージクラブ会員のみ(同行者も含めて全員) 「ANA SUPER VALUE EARLY」と他の運賃との発売時期の違い(ANA公式ホームページより) 「ANA SUPER VALUE EARLY」も、空席予測によって運賃が変動します。 予約期限は、運航ダイヤ確定前まで、支払期限は予約日当日です。 購入後の予約変更は不可。 ただ、「ANA SUPER VALUE」と比べると運賃が高めに設定されています。

次の

【大改悪?】ANA国内線運賃制度変更で予約が取れない!具体的影響まとめ

スーパー バリュー アーリー

ANAの航空券は予約時に安い運賃ほどキャンセル時のキャンセル料金が高くなります。 一方、キャンセル料金が発生しない運賃或いはキャンセル料金が安く済む運賃は予約時に高い運賃が必要です。 そのため、多くの人はキャンセル料が高くても安く購入出来る、割引率の高いチケットを購入しています。 そのため困るのが急な予定の変更によるキャンセル時。 そこで、この記事ではANAの航空券のキャンセル料金を出来るだけ安く抑え、少しでも多くの金額を払い戻せるように、払い戻す時のポイントを紹介しています。 キャンセル料金が発生するタイミング ANAの航空券を予約した後、予約をキャンセルしたいと思った場合、「購入前(支払い前)」にキャンセルするか、「購入後(支払い後)」にキャンセルするかでキャンセル料金が大きく違ってきます。 購入前 ANAのウェブサイトや予約受付センター(電話)、空港カウンターでチケットを予約した場合、航空券の運賃を支払う前であればキャンセル料金は発生しません。 もちろん通常運賃(ANA FLEXや小児運賃)だけではなく、早割運賃といったバーゲンセール価格の運賃も同様に購入前であればキャンセル料は無料です。 購入後 ANAの航空券でキャンセル料金が発生するのは、チケット代を支払った後からです。 クレジットカードやインターネットバンキング、銀行振込、コンビニ払い等で支払った後は基本的にキャンセル料金が発生します。 運賃支払い後のキャンセル料金の内訳 キャンセル料金=払戻手数料+取消手数料 全日空(ANA)の航空券を払い戻す場合、払い戻し時期や運賃タイプによって違いはありますが、基本的にキャンセル料金が必要です。 そして、キャンセル料金の内訳は「払戻手数料」と「取消手数料」の2つの手数料です。 払戻手数料 ANAのチケット払い戻し時に必要なキャンセル料の一つが「払戻手数料」です。 払戻手数料は変更可能運賃(ANAフレックス、小児運賃、プレミアム運賃等)を含む全ての運賃で発生するキャンセル料です。 1名につき1区間430円で往復チケットの場合は2区間で計860円の払戻手数料が発生します。 通常、普通運賃である「ANAフレックス」や「小児運賃」では出発前の払い戻し時に取消手数料は不要ですが、払戻手数料だけ必要です。 取消手数料 ANAチケットを払い戻しする際に一番高くつくのが「取消手数料」です。 キャンセル料を少しでも安く抑えるためには、この取消手数料を出来るだけ安く抑えることが大事です。 取消手数料(キャンセル料)が発生する航空券の種類 ANAの運賃タイプによって、チケット代金を支払った後に取消手数料(キャンセル料)が発生するものと発生しないものがあります。 取消手数料(キャンセル料)がかかる運賃 ANA SUPER VALUE PREMIUM 28、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPER VALUE 55、ANA SUPER VALUE 45、ANA SUPER VALUE 28、ANA SUPER VALUE21、ANA SUPER VALUE SALE、ANA SUPER VALUE EARLY、ANA VALUE PREMIUM 3、ANA VALUE 1、ANA VALUE 3、ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28、スマートシニア空割、スマートU25 「ANAスーパーバリュー(旧旅割)」と「ANAバリュー(旧特割)」、「ANAスーパーバリューセール(旧旅割X)」、「バリュートランジット」、「スーマートシニア空割」、「スマートU25」といった運賃は支払後から取消手数料がかかります。 プレミアム運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアムビジネスきっぷ、ANA FLEX、ビジネスきっぷ、身体障がい者運賃、株主優待割引運賃、アイきっぷ、介護割引、プレミアム小児運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃、小児運賃、小児株主優待割引運賃 多くの人が利用する早割や直前割引の運賃は支払い後から取消手数料が発生しますが、「ANAフレックス(旧片道運賃)」や「小児運賃」、「ビジネスきっぷ」、「プレミアム運賃」といったチケットは支払い後も取消手数料は発生しません。 出発直前までキャンセル並びに予約便の変更が可能です。 こちらの運賃は航空券代は高いものの、直前まで予約変更やキャンセルが可能なので、会社の経費で飛行機を利用出来るサラリーマンの出張用として良く利用されているものです。 出張利用で多いのがこの運賃タイプ。 この運賃タイプならキャンセル時にキャンセル料金(取消手数料)はかかりません。 「ANAフレックス」や「少児運賃」、「プレミアム運賃」といった運賃は出発時刻前の払い戻しに際し取消手数料はかかりません。 早割の「ANAスーパーバリュー」と直前割の「ANAバリュー」はもちろんのこと、普通運賃の「ANAフレックス」とファーストクラスのチケット「プレミアム運賃」でも出発時刻を過ぎると取消手数料が発生します。 無駄なキャンセル料金を支払わないためにも、キャンセルはどの運賃タイプでも必ず「出発時刻前」までには最低でも済ませておくことが大切です。 また、出発後にキャンセル出来る期限は、「搭乗予定日翌日から30日目」までです。 キャンセル料を少しでも安く抑えるためには、「44日前ではなく45日前に!」、「27日前ではなく28日前に!」、「13日前ではなく14日前に!」取消手続き(キャンセル手続き)をすることが重要です。 「55日前」までであれば取消手数料は無料です。 購入済み航空券のキャンセル方法と返金の流れ キャンセル手続きの方法 ANA航空券をキャンセルする方法は主に3通り。 ウェブサイトでキャンセルする方法とコールセンターへ電話を入れてキャンセルする方法と直接空港カウンターへ行ってキャンセルする方法の3通りです。 返金の流れ クレジットカードか現金かANASKYコインか、それぞれによってキャンセル手続きをしてから返金を受けるまでに差があります。 また、これらの返金は、支払った全額の返金ではなく、支払った金額から「払戻手数料」と「取消手数料」が差し引かれた金額です。 ただし、返金には時間がかかり目安として1~2カ月程度かかります。 予約・案内センター(電話)の場合は払戻手続き後7日以内を目安に振り込まれます。 また、空港カウンターでの払い戻しの場合はその場で現金で返金されます。 キャンセル料金が発生しない特例ケース 「悪天候(台風や大雪等)」や「会社都合(機材故障等)」によって予約便が遅延・欠航した場合はキャンセル時に通常発生する払戻手数料と取消手数料無しにキャンセル(払い戻し)が可能です。 また、それらのケースを除く自己都合のキャンセルの場合は通常、払戻手数料と取消手数料がかかるのが基本です。 しかし、「自身の病気」や「身内の不幸」があった際には特例として払戻手数料と取消手数料無しにキャンセル(払い戻し)が可能です。 もちろん、その際は「医師の診断書等」、旅行に行けなくなった理由を示す証拠物が必要となるので、それらをとっておく必要があります。 これら以外でも特例として認められるケースもあるので、もし何らかのやむを得ない理由で旅行へ行くことが出来なくなった場合は「」へ相談してみると良いでしょう。 最後に ANAで予約した航空券をキャンセルする際、キャンセル料を出来るだけ安く抑え、出来るだけ多くの金額を払い戻すためには早いタイミングでキャンセルすることが大切です。 特に「55日前・45日前・28日前・14日前・出発時刻」のタイミングでキャンセル料が大きく変動するので、このタイミングが来る前にウェブサイトやコールセンター等でキャンセル手続き(払い戻し手続き)を済ませておくようにしましょう。 また、これからANAの航空券を予約しようと思っている人は、急な予定変更で無駄なキャンセル料がかからないためにも、「ANAフレックス」や「ビジネスきっぷ」、「小児運賃」といった購入後も出発時刻前までキャンセル料がかからないものを選ぶか、「ANAバリュー」といったキャンセル料が安いチケットを選ぶことも検討してみると良いです。

次の