ジョジョブラキとは。 対ジョジョブラキ用不屈挑戦者装備【スラッシュアックス】 : プーギー亜種の天玉

モンハンワールド2chまとめ速報

ジョジョブラキとは

を追ってここまで来たけどよォ~ どうやら違ったみてーだからアンタらハンターに任せるよ。 うまくいけば、おれのスタンドを使えるようになるかもっスよ! だが気をつけな。 グレートですよこいつはァ…! 概要 狩猟環境安定の火山でブラキディオスを狩猟するという一見普通のクエストに見えるが……。 実はこのクエストに出てくる固体は電撃・ランディープの&JUMP・獄界の門番のを髣髴とさせる…いや、それらをも超える 超絶強化個体である。 体力、攻撃倍率、全体防御率、怯み倍率、サイズが 通常個体と比べて大幅に上昇している点では前例二つと同じなのだが、この固体はそれに加えて、(この個体の元ネタと推測できる の、を再現するかのように) 怒りやすさに異常な補正が加えられている。 具体的に言うなら、攻撃力98&ゲージ黄色のハンターナイフで斬りかかっただけで即座にプッツンする。 というか、 キック一発でもマジギレする。 その短気っぷりはもはややなどの比では無い。 火薬岩1つ砕いただけで逆上し、剣先がかすっただけで激怒し、 ウロコトルから邪魔を食らっただけで殺気立ち、ハンターが蹴っただけで怒髪天、 挙句の果てには自分でバラ撒いた粘菌の爆発に巻き込まれて逆ギレ激昂する始末。 モンスターハンター大辞典wikiの記述より抜粋。 ただでさえブラキは怒り状態が危険なのに、ほぼ常時キレっぱなし&金冠サイズ&超攻撃力という補正が加わったこの固体の強さは最早危険という言葉すら生ぬるい。 依頼人が 「グレートですよこいつはァ…!」と言ったのも頷けるだろう。 このとんでもない仕様ゆえに日本全国で心を粉々に砕かれたハンターが続出し、このクエストはMH3G最凶のクエストとして多くのハンターの心に刻まれる事となった。 一方で心を砕かれるどころかこのクエストを 上位武器や 下位武器、 防具無しで突破する超人ハンターも現れており、多くのハンターに希望を与えたのだとか(下記の動画も参照)。 というより、プロハンの間では 腕試しの最高峰のクエストのような捉え方もされており、本クエストのソロクリアを目標にしていた者も決して少なくはなかったようだ。 ただ、イベントクエストと腕試しクエストを抱き合わせにすることに関してはさすがにまずいと判断されたのか、以降のクエストではここまで極端な強化クエストは一切登場していない。 このクエストをクリアし、コラボアイテムの「不砕のダイヤ」を5つ集めることで、東方仗助の:を模した「クレイジー・D」を作成できる。 攻撃力は同作トップの値を誇るが斬れ味ゲージが匠発動でも白までとイマイチ。 ただ、このハンマーには特殊な効果が備わっており、他のプレイヤーを攻撃すると、 攻撃したプレイヤーの体力を微量回復させることができる。 恐らく、「触れた物体を直す」というクレイジー・ダイヤモンドの性能を意識したものなのだろう。 なお、海外版のMH3Uでは版権の都合からデザインと名称が差し替えられており、「Majestic Scepter」という王冠を象った金色の杖のような武器になっている。 」がある(元ネタはやはり4部における同名のエピソード)。 このカメユークーポンはクリアすることでも入手でき、と専用のお面「」を作成できる。 ちなみに、お面の熟練度が最大になると、落し物でやはりこのカメユークーポンを拾ってくることがある。 コラボ先のと名前の一部が同じなため、一部ではもじって『ブラキDIOス』などとも呼ばれている。 (もっとも、作品こそ同じだが、違う部のキャラである。

次の

黒曜石は砕けないとは (コクヨウセキハクダケナイとは) [単語記事]

ジョジョブラキとは

のイベをする前に言っておく おれは今配信のイベをほんのちょっぴりだが体験した い…いや…体験したというよりはまったく理解をえていたのだが…… ,. その圧倒的なから今作最のとされている。 概要 「」とのとして配信された。 名も「」のである。 対は今作の看の、「ープ」のや「・界の」のと同じく通常個体よりかなり強化されている。 上記の2つのに共通する、攻撃、の大幅増加の他に の一蹴り、の火炎液でキレるほど 非常に怒りやすくなっている。 ただでさえ怒り状態がなで疲労時以外ほぼ怒りっぱなしというのは かなり状況であり、自身も強化された攻撃を容赦く込んでくるので苦戦は免れない。 このようなことからの中で最難とされ、 の中でものとなっている。 攻略法 とにかく高なので生半可な立ち回りではあっという間に時間切れになってしまう。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

クエスト/黒曜石は砕けない

ジョジョブラキとは

回復アイテムは、いにしえの秘薬と回復薬グレートの調合分をフルで持ち込みました。 不屈を発動させるために死ぬと食事効果が消えるので、鬼人薬グレートでそれを補います。 他には時に仕掛ける落とし穴や、捕獲セットなどです。 秘薬や閃光玉も持っていきたいですが、ポーチが足りません;; 立ち回り 立ち回りと言ったな、あれは嘘だ。 というのも、これについてはまだ書けそうにないです;; 何が来ても対応できるように3突き目は控えるのが良いと偉い人が言っていました。 ランスだと比較的肉質が軟らかい胴体を狙うことになると思いますが、ほとんど足に吸われていたような気がします 粉骨砕竜で練習してはいましたが、ボコボコにやられました。 クト中のこと クト中はずっと攻撃できていないなぁと思っていました。 案の定残り5分の知らせが出てもブラキが足を引きずることはありませんでした。 最後は捕食されそうになったところを、なんとか阻止してラッシュをかけます。 が終わって、ダメもとで捕獲チャレンジしてみると、なんと捕獲できました! 47分捕獲。 ほんとにギリギリです。 実は一回目の挑戦だったのですが、それでも50分近く戦ったこともあり、捕獲できた時はかなり嬉しかったです 写真めっちゃとりました。 クリアできたのは時のブラキの動きがよかったのと、大砲をほとんど当ててくれたチャチャカヤのおかげだと思います。 正直、もう一回挑戦してクリアできる気はしませんし、当分はやりたくありません 笑。 でもタイムには満足していないので、また腕を磨いてから挑戦しようと思います。 まとめ 3Gではブラキを一つの目標にしていたので、クリアすることができてよかったです。 ひとまず満足することができたので、3Gやブログからは少し離れるかもしれません。 時間があればずっとやっていたいですが、そういうわけにもいかないので、また時間ができたときにガンガンやりたいと思います。 見てくださり、ありがとうございました。 クトは「粉骨砕竜!」、G級一頭の狩猟です。 最初は無乙でクリアすることさえできないほどだったので、かなりの成長したと思います^^ ブラキ撃破の目安が13分以内討伐だそうなので、まだまだのようですが 最初はチャチャカヤを連れていっていましたが、オトモ狙いの攻撃で被弾するのが嫌だったので、連れて行くのをやめました。 オトモなしで行ってみると、回復【大】のありがたみがしみじみと分かります;; まだ被弾が多いので、まずはそれを減らせるようにしたいですね。 考えたこと、立ち回りについてはブラキがクリアできればそのときに書きたいと思います。 今回は短めですが、それではこのあたりで! KaeruGura 一時期ハマっていたブラキと亜種の討伐数が多いですね。 ちなみに個人的にで戦っていて一番楽しいモンスターは、ガノトトスです。 G3のクトが開放されましたがまだほとんど行っておらず、その代わりに最近は闘技大会をやっていました。 全クト全武器クリアすると、剣聖のピアスと増弾のピアスを入手できました。 亜種VS、ラギアVSがかなり大変でした。 調べてみると、それらをSランククリアされている方もいらっしゃるようです。 恐ろしい世界を覗いてしまいました。 今は武器・防具を作ったり、やっていないクトを消化したりしています。 3Gを始めたからには、ブラキには挑戦しないといけませんね まだ遠い先の話かもしれませんが。 これからもぼちぼちやっていこうと思います。 貪獄は「たんごく」と読むそうです。 匠で長い紫が出るので匠が欲しいですが、匠・覚醒となるとアーティアXを避けられないのでこのスキルになりました。 3スロお守りで結構スキルをつけられたので、満足しています。 まずは「火の海に棲む竜」、アグナコトルに行きました。 アグナコトルは意外なことに、水属性より龍属性が通るようです。 装備は先ほど作った装備で行きました。 一回目は失敗してしまいました。 火耐性が-24だったので、ダメージがとてつもなかったです。 二回目は食事で火耐性を上げて挑戦。 なんとか討伐です。 一回目で少しトラウマになっていたので、チキンプレイになりました。 何があったのかは分かりませんが、写真を撮るのが間に合わなかったようです 笑。 次はラギアクルスです。 装備はそのままです。 ガンスだと大放電はバックステップ連打で範囲外に抜けれます。 最後のキークトは、「2頭の海竜を狩猟せよ」です。 2頭の海竜というのは、ラギア亜種とチャナガブルのことのようです。 で見たときから、ラギア2頭の討伐だと勘違いしていました。 今回は爆破属性のズヴォルタを持って行っています。 ラギア亜種の大放電が避けられません。 どうやって避ければいいんでしょう。 2頭クトなので体力が少なく、どちらも10分ちょっとで討伐できました。 これで残りのキークトがすべて終わりました。 港に戻ると、受付嬢とギルドマスターからが...。 ついに最後の緊急クト、グランミの討伐が出現しました。 初めてのステージに、初めて戦う相手。 緊張しますが、楽しみです。 次回は「黒焔盛んにして災異未だ止まず」編です。 それでは、このあたりで。 はG級になって、ボディプレスの予備動作が短くなっていました。 この攻撃はかなり出が速いので、深追いしないように気を付けました。 2回目に剥ぎ取りで天玉が出ました。 この後数回行って、のを強化することができました。 このは匠で出る紫ゲージが短いので、業物で使おうと思います。 とりあえずズヴォルタで使っていた上の装備を使いまわしました。 早速試し切りへ。 相手は雷が弱点のイビルです。 合計2回行って、2回目の剥ぎ取りで天鱗が出ました。 ラッキーでした。 バンギスX装備が、匠に早食いと優秀な装備なのですが、イビル以外のレア素材もたくさん要求されるので作るのは後回しになりそうです。 次は亜種に行きました。 亜種はと相性が悪いそうなので、あんまり行きたくなかったのですが、優秀なが作れるので行くことにしました。 龍光まとい状態は隙が少なく、ファンネルを連発されるとほとんど攻撃できませんでした。 ボコボコにやられたのが嫌だったので、練習することにしました。 ネットで調べていると、で亜種を狩っている動画を見つけたので、それを参考にさせていただきました。 G級に入ってから、落ちる回数が格段に増えました。 G級の攻撃力はやはり下位や上位とは比べ物になりません。 途中で素材が集まったので武器を完成させました。 狼牙銃槍【貪獄】です。 匠で長い紫と、さらに覚醒で龍400が出るようです。 最初は20分近くかかったり、クト失敗していたものの、10分針が出るようになり、最終的には12分台を出せました。 龍光まとい状態のファンネルは、間に合うなら納刀して走って逃げるようにしています。 3Gには亜種の強化クトがあるので、それをやるときにまた練習しようと思います。 30頭くらい狩って、素材がたくさん余ってたので亜種の防具も作っておきました。 スキルは回避性能を1から2にして、砥石高速化をつけています。 作る前から分かってはいましたが、これは向けの装備ではないですね 笑。 G2のキークトも残すところあとわずかになりました。 楽しんでいきたいと思います。 それでは今回はこのあたりで終わります。 それではまた会いましょう! KaeruGura G級入りたてで武器も防具も整っていなかった頃より、今のほうが楽に感じます。 ディア原種で1回落ちているのは、乱入してきたハプル様にやられました 笑。 ベリオ亜種は、フィールドを徘徊する竜巻を習得していました。 合計2頭討伐しましたが、当たったのは1回。 それほど脅威ではなかったです。 それよりベリオ亜種のノーモーションのとびかかりに何度も当たりました。 これは、「来るかも... 」と思いながら立ち回るべきですね。

次の