ボアデニムジャケット gu。 GUのボアデニムジャケットから、ビッグシルエットのGジャンまで。秋冬デニムジャケット

【メンズ】この冬おすすめのボアデニムジャケットの着こなし術

ボアデニムジャケット gu

「ボア」がトレンドとなっている現在、様々なブランドやショップでボア・アイテムが並んでいます。 ユニクロはもちろんトレンドに敏感なGUでも多く出ているボアアウター。 ただメンズにとってボアは少々難しいアイテムでもあります。 まず、モコモコとした生地に表情のあるボアはカジュアルなアイテム。 ただそんなメンズ・ファッションのアイテムとしてオススメなボアアウターが、GUのデニムボアジャケットWUです。 名前の通り、メンズにとって着慣れたデニムジャケットにボアの要素をプラスしたアイテムです。 定番ながらも現在のトレンドにマッチした、本アイテムを今回は紹介していきます。 こちら、表地がデニム、裏地がボア素材。 異なる素材を裏表で組み合わせる(張り合わせる)ボンディング加工がなされています。 デニム生地はしっかり綿のデニム生地、ボア部分などがポリエステル100%と。 ボア部は天然毛などではありません。 「ポリ? 化繊?」と思われる方もいるかもしれませんが、いま市場に出ているボアのほとんどはポリエステル素材。 もちろんモノによって出来不出来はありますが、このアイテムでは特に化繊感のない触り心地なので、化繊であることを気にする必要はないでしょう。 デニム生地は綿100%のため、ストレッチ性はありません。 このあたりは裏地にしっかりボアや中綿を使い、張り合わせている都合もあるのでしょう。 (ボタン:クラシックな金属製で文字の銘入りのため、いい味わいに) ボタンにはよく見ると『GU JEAN』と模様が。 ただ細かい字なのでほぼ見えません。 「GUバレ」はあまり気にすることはないですね。 防寒性とデザイン このデニムボアジャケット。 エリと袖先だけの見える部分にボアを、というわけではなく、身頃裏の部分にもしっかりボア素材が使われています。 また袖の部分の生地にはデニムだけではなく裏にはしっかりと中綿生地が。 単にトレンドに乗って『目立つ部分だけにボアをくっつけました』ということだけではなく、防寒性もバッチリあります。 また袖部分がボアではなく中綿となっているのは袖が通しやすく、脱ぎ着がしやすいのもうれしいところ。 またこちらのアイテムの流行っている他のボアアウターと違うのは、首元・手首など目立つ部分がボアでありながらも、視覚に入ってくる面積の大半はデニム生地。 そのためと、普通のデニムジャケットのようで、ボアアウターに対して「モコモコはちょっと……」「ボアはやぼったく見えない?」と思うような男性心理的にも手が出しやすく、着やすく・気安いのではないでしょうか。 また表に厚めの綿生地(つまりデニム生地)使われていることにより、シルエットも保たれ、着ぶくれしている印象がありません。 カラー展開とサイズ感 カラーはブルーとネイビーの2色展開。 クリーニングの扱いは、手洗い推奨となっています。 筆者はまだクリーニングをしていませんが、そう細かな手入れが必要なアウターではないため、日常的にそう頻繁にクリーニングをするものではないでしょう。 特に汚れが目立つ、ということがないならば、ワンシーズン着たらクリーニングに出す、という方が手軽でいいかと思います。 サイズは特にビックシルエットということはなく、通常のサイズ感です。 筆者は通常、ユニクロやGUではMサイズがジャストですがこちらもMがジャストでした。 ただ中にボアがあることから、ゆとりがない本当にジャストサイズ。 寒き季節、着込むことを考えるともう少しゆとりが欲しいな、と思い、ワンサイズアップのLサイズとしました。 ただタイトにスッキリ着たい方は通常のサイズ感でもいいと思います。 中にちょっと厚めのインナーを着込みたいと思っているならば、ワンサイズアップしておいた方が妥当でしょう。 トレンドのボアとメンズにとって定番のデニムを組み合わせたアイテム。 いまのトレンドにマッチしながらも、ベーシックな一枚として長く使えるのではないでしょうか。 またこういったボアデニムはユニクロには取り扱いがないという点もポイントかと。 価格も防寒性のあるアウターとしてはお手頃でオススメです。

次の

GUのメンズボアデニムジャケットを購入した結果が評判通りだった理由

ボアデニムジャケット gu

メンズファッションまとめ 2019. 25 2019. 25 Dcollection メンズに流行りのボアジャケット。 おすすめ人気ブランドやコーデをご紹介 今季トレンドとして人気を集めているボア素材。 その中でもボアジャケットが特に注目を集めており、防寒・保温性にとても優れているのが魅力のアイテムです。 そんなボアジャケットですが、 「オススメなブランドを知りたい」 「ボアジャケットをどう着こなせばいいか分からない」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? このブログでは、ボアジャケットの人気ブランドを厳選してご紹介!選び方や着こなし方なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 ボアジャケットとは ボアジャケットとは、ボア素材を襟元や裏地、表面などに取り入れたアウターのこと。 ボアらしい温かみのある生地感と、高い防寒・保温性により、秋冬の人気アウターとして注目を集めています。 アウター自体にデザインはなくとも、ボア素材が主役級の存在感を発揮してくれるので、1着コーデに合わせるだけで季節感のある、オシャレなコーディネートに仕上げてくれます。 ボアジャケットのコーデ例 着用アイテム 4,990円 3,990円 2,990円 4,980円 6,990円 690円 そもそも「ボア」って何? ボアは英語で「boa」と言い、羊やプードルの毛並みを想像させるような、モコモコとした毛羽で覆われた編地のことを言います。 ボリュームがありながらも軽量で暖かいので、アウターに部分的に使われることが多い素材です。 製法はパイル編みで、ループ状になったパイルの上を切って、毛羽をプードルの毛のように毛羽立たせているのが特徴ですよ。 比較的落ち着いた色味の物が多いボアジャケットは、手持ちの洋服との色合わせに失敗しにくく、使いやすいアイテムです。 ですが、より着回しやすさをUPさせるために、購入する前は自分が持っている洋服と合うのか考えましょう! 暗い色のインナーを多くお持ちの方 インナーは黒やネイビー、グレーなど、暗めの色を多く持っているという方は、ボアジャケットを白やベージュといった明るい色にするのがオススメ! 特に暗く重たい印象になりがちな冬のコーデは、アウターで明るさをプラスすることで、軽快で柔らかい雰囲気を演出することができますよ。 柄物や有彩色のアイテムを多くお持ちの方 インナーやボトムは、柄物や鮮やかな有彩色の物を多く持っている方は、ボアジャケットを黒やダークグレー、ネイビーなど落ち着いた色を選ぶのがオススメ。 ボアジャケットの着こなし方 ボアブルゾンをカッコよくオシャレに着こなすためには、アイテム選びだけではありません。 ボリュームがあり、主役級の存在感があるボアジャケットは、着こなしのポイントをしっかりとおさえておきましょう。 ボアジャケットを着る際、意識してほしいシルエットはIラインシルエットです。 アルファベットの「I」のような形が特徴のIラインシルエットは、スッキリと見せることができるので、大人っぽい雰囲気を醸し出してくれます。 コーディネート例 こちらのコーデのように、細身のボトムを合わせるだけで簡単にIラインシルエットが完成します。 Iラインは汎用性が高く、ボアジャケットを初めて着る方でも挑戦しやすいのでぜひ試してみてください。 でも大丈夫です!オシャレに見せる色合わせには、3つのパターンが存在します。 【オシャレに見える色合わせ3パターン】• モノトーンのみ• モノトーンと有彩色1つ• モノトーンと有彩色2つ 洋服や靴、小物まで含めた色合わせを上記のパターン通りにするのがオシャレに見せるポイントです。 コーディネート例 こちらは、「モノトーンと有彩色1つ」のオシャレに見せる色合わせのパターンを意識したコーデ。 モノトーンでクールにカッコよくまとめたコーデに、ボアブルゾンのベージュを足すことで柔らかい雰囲気になり、親しみやすさを感じさせてくれます。 このように、モノトーンをベースに有彩色を足すだけで、オシャレに見える色合わせを作ることができます。 左のコーデはカジュアルなアイテムばかりで、野暮ったく子供っぽい印象に見えますよね。 しかし、右のコーデはキレイめなアイテムをプラスしたことで、スッキリとした大人っぽい印象に! これはボアジャケットを使ったコーデでも同じで、キレイめとカジュアルを意識してコーデを組むことで、グッとオシャレに見せることができますよ。 コーディネート例 カジュアルなボアジャケットに、キレイめなシャツとテーパードパンツを合わせることで、キレイめとカジュアルのバランスが取れた着こなしに。 色味もカジュアルで男らしいカーキに、モノトーンで合わせることで、大人っぽさを感じさせてくれます。 ボアジャケットのメンズコーデ集 ボアジャケットの選び方や着こなし方が分かったところで、最後はコーディネートです。 2019年秋冬にオススメしたいボアジャケットのコーデを集めたので、ぜひ参考にしてみてください。 「黒」で締める。 トレンドカラーコーデ 上半身をトレンドカラーでもあるベージュでまとめるときは、黒ボトムでシルエットを引き締めるのがオススメ。 シルエットが引き締まることで、スッキリとしたスマートな印象を演出できます。 着用アイテム 4,990円 4,990円 4,990円 4,980円 6,990円 690円 カジュアル過ぎない!大人のボアジャケットコーデ カジュアルな印象が強いボアジャケットは、他のアイテムをキレイめにまとめることで大人っぽい雰囲気に。 ボリューム感のある厚底のシューズが、トレンド感をさりげなくプラスしてくれます。 着用アイテム 4,990円 4,990円 6,480円 7,990円 690円 ナチュラルな色味で親しみやすさを ベージュにカーキとナチュラルな色味でまとめることで、自然体で親しみやすい雰囲気を演出。 インナーにパーカーを合わせることで、顔周りにボリューム感をプラスし、小顔効果が期待できます。 着用アイテム 4,990円 4,990円 5,990円 690円 6,990円 ボアジャケットをアクセントとして 黒をメインにまとめたコーデは、暗く重たい印象を与えがち。 そんなときは、ベージュのボアジャケットをコーデのアクセントとして合わせることで明るさを出し、軽やかな印象に見せるのがポイントです。 着用アイテム 5,990円 4,990円 3,150円 4,980円 6,990円 690円 4,990円 冬の重ね着コーデで大人っぽく ボアジャケットにスウェットやデニムパンツといった、カジュアルなアイテムを合わせてしまうと野暮ったい印象に。 ですがインナーにシャツをプラスすることで、簡単に大人っぽさをプラスできるので、オシャレにキマります。 着用アイテム 4,990円 4,990円 3,990円 5,980円 6,990円 690円 ボアジャケットで大人のIラインコーデ ボアジャケットは、細身のボトムを合わせてIラインシルエットを作り、スッキリと大人っぽい服装を作るのがベスト! ニットの下にモックネックのインナーをプラスすることで、流行りな印象もプラスできます。 着用アイテム 4,990円 4,990円 2,990円 4,980円 7,990円 690円 1,580円 主役を引き立たせるブラックコーデ トップスやボトム、シューズを黒でまとめたクールでカッコいい印象のコーデ。 キャメルのボアジャケットを合わせることで、主役としての存在感を発揮することができます。 着用アイテム 5,990円 4,990円 2,990円 4,980円 6,990円 690円 5,990円 ゆったりだけど大人っぽい冬のコーデ テーパードパンツは、ゆったりとしたサイズ感なのに大人っぽさも感じさせるアイテム。 ボアジャケットと合わせてキレイめとカジュアルのバランスを取るのがポイントです。 着用アイテム 4,990円 3,990円 6,480円 7,990円 690円 5,990円 こなれ感のあるシャツで周りと差がつくコーデ ボアジャケットのインナーに開襟シャツを合わせることで、こなれ感のあるオシャレな着こなしに。 一般的なシャツとは違い、抜け感を出すことができるので、周りとは一味違ったコーデを作ることができますよ。 着用アイテム 5,990円 4,990円 3,150円 5,980円 6,990円 790円 トレンド感抜群のゆったりコーデ トレンド感のある着こなしがしたいなら、ワイドパンツを合わせてゆったり感を演出するのがオススメ。 全体をカジュアルにまとめることで、男らしい印象を演出することができますよ。 着用アイテム 5,990円 4,990円 5,990円 6,990円 790円.

次の

GUのメンズボアジャケットの評価が上がっている理由

ボアデニムジャケット gu

スポンサーリンク GUのデニムジャケットに文句はない・・・しかし!! uniqlo. jpg GU ビッグデニムジャケットJN GUの新作「ビッグデニムジャケットJN」。 2,990円と手頃な価格ですが素材も形もなかなか凝った作りです。 デニム素材は今更褒めるまでもないですが・・・肉感があり加工も丁寧。 安っぽさはありません。 ユニクロGUともにデニムの質感はここ数年でホント驚くくらい良くなっていますね。 シルエットはゆったりと着用できるビッグサイズながら着丈はそこまでユルくせず、袖周りもそこまでもたつかないようにスッキリさせています。 ビッグサイズは体型が隠せて便利ですが、その分ルーズな印象になってしまうもの。 ・・・なので袖先や着丈など視線が止まる先端部分「のみ」細めにスッキリさせることが肝心。 すると「体型は隠せるけど、決してだらしないルーズな印象にはならない」な「良いところどり」が出来ます。 定番的なデザインで長く使えてほぼ文句ナシの出来なのですが・・・ このGジャンをさらに「高級ブランドぽく」見せるように、「かんたんリメイク」してみました。 まず襟と袖をブッた切ります。 まず襟を切り取ります。 意識してない人の方が多いでしょうが「襟一つ」で洋服の印象はガラリと変わります。 肩幅よりも身幅よりも袖よりも「襟」による印象は大きいもの。 その証拠にシャツの襟の種類はボタンダウン、レギュラーカラー、ワイドカラー、セミワイドカラー、ノーカラー・・・など多種多様な名前がついています。 また首回りもクルーネック、タートルネック、ボートネック、ヘンリーネックと山ほど名前がありますね。 肩幅や身幅や袖周りなどはここまで分類されていません。 これほどバリエーション豊富に名前がつき分類されているのは「襟」くらい。 無論「名前で分類」されるからには「それだけ重要」だからです。 飯がまずい と言われる イギリス英語は味を表す単語数が少ないですが、微細な味付けが多い和食の文化である日本語は「甘い・しょっぱい」などだけでなく「まろやか」だとか単語数が爆発的に多いもの。 言語とは必要があるからこそ生まれるもの、つまり言語を見ると「その国の文化」が分かるものです。 味を表す単語が多いということはそれだけ食文化が発展している、味付けが複雑化していると言えるでしょう。 襟や首回りも同じです。 これだけ名前があるということは、他の部分よりも遥かに重要度が高いわけ。 襟があるかないかで印象は大きく変わります。 今回襟をとった理由は2つ。 1つは「脱ファストファッション」を目指しました。 今更「GU着てるぜ」「あれユニクロだよ」などの「ユニバレ ユニクロを着てるとバレること 」が恥ずかしいとは思いませんが・・・ただ当然どっちかといえば「ファストファッション」じゃなくて「ブランドモノを着てる」「高級品を着てる」とも思われたいもの。 そこでちょっとブランド品に見えるように 最も印象が変わる「襟」をカットオフし、「それっぽい印象」になるようにしてみました。 それともう1つはインナーに使いたいから。 私はGジャンをコートのインナーに入れるフレンチファッションが大好きです。 フランス人はトレンチコートの中などに古着のGジャンをinして、コートのカッチリとした印象を崩し「ドレスとカジュアルのバランス」を取ろうとします。 これから冬になりコートスタイルとなりますが、その際に私もフランス人の様にGジャンを中に入れたい!! ただ襟があると少し邪魔。 チェスターコートから襟が「ピョコン」とハミだしちゃったりするのもみっともないし・・・気になります。 そこでインナーとして収まりを良くするためノーカラーにしてみました。 ついでにデザインを合わせるため袖もカットします。 このアイテム袖がほんの少し長めになっているのでカットしてむしろちょうど良いくらい。 ちなみに化学繊維が入っているこの素材、家庭用ハサミで雑にざくざく切ってもあまり糸がひょろひょろ出て着ません。 一発勝負でしたが、一切失敗の予兆なくすんなりカットできました。 ボタンをヌリヌリすると更に高級感倍増 ・・・さて、袖と襟をカットして。 ここまでで私的に 「あれ?これGUじゃない!少なくとも東コレあたりに出してるブランドくらいには見えるじゃん!!」とテンション上がり気味でした・・・が、まじまじ見ているともう一箇所気になるところが・・・。 それは「ボタン」です。 uniqlo. jpg 「GU JEANS」と書かれたこのドーナツボタン。 ちょっと気になる。 マルジェラとかアンヴァレリーアッシュとかならこのボタンを「白くペンキ加工」してアンティークっぽく見せたりするはずだ・・・。 何より「ボタン」って意外を目立つものです。 シャツでもコートでもボタンを変えただけで印象は激変します。 特にメンズデザインだと効果は絶大。 メンズのデザインは基本シンプルなものが多いです。 メンズのコートやジャケットは基本「デザインらしいデザイン」「装飾性」がほとんどありません。 レースやフリル、切り替えや刺繍など装飾性が強いレディースと異なりメンズは基本「シンプル」が主流。 それだけにデザイン上の凹凸や主張が少なく・・・唯一のデザインが「ボタン」になっている事が多いのです。 zozo. jpg トレンチなんてボタンが複数個出てる分、「印象はボタンで左右される」と言っても過言じゃありません。 トレンチはボタンが水牛なのかプラスチックなのか真鍮なのかで全く印象は違います。 賢いブランドだと素材はそこそこでもパーツにお金をかけて、さも高級面してしまうところも。 例えばZIPなどもそうです Gジャンは生地に色むらがあったり、ポケットなどのデザインが多かったりするため、ボタンだけが突出して目立つこともありませんが・・・それでもやはり重要要素であることは確かです。 そこで今回ボタンを白に塗り替えてハイブランドのような「アンティーク調」にしてみたいと思います。 いざ塗ろうと思って「ペンキ」を用意したら事務所がペンキくさくなりすぎて死にそうだったので、急遽「これでもいいかな・・・」とペンで代用。 これが思いの外良く、匂いもしないしぬるのも楽チン。 しかも洗ってもあまり落ちなかった。 素晴らしすぎる。 すごいぞ「ぺんてる」。 塗ったのがこちら・・・あんまりわかんないな。 比較しても白が光を反射して見にくいけどともかく良い感じです。 出来上がりはこんな感じ 着てみるとこんな感じ。 いやこれもうGUじゃないよ!高級ブランドだよ!! ボタンの白がなかなか良い感じなのが伝わるでしょうか。 うちのアシスタントは完成品を見て 「ええ!?これGUなんですか!?」とビックリしていました。 インナーに入れても良い感じです。 コーディネートの詳細や組み合わせるロジックなどは今週末のメルマガで解説しますが、ここではGジャンの完成度を見てください。 家庭用ハサミとぺんてるだけで15分で完成しました。 素晴らしい出来。 GUには見られません。 なんならタグを切って背中に4箇所糸をつければマルジェラになります。 たまにこんな「ちょっとリメイク」も楽しいものです。 是非試してみてください。 多分失敗しないと思います。 不器用な私が出来たくらいなので・・・。 月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。 想像してみてください。 周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。 洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。 普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。 それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。 ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。 試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。 タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。 全く構いません。 私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。 10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。 騙されたと思って読んでください。 おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、 「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは 人気第2位となりました。 日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位 登録は上部メニュー 「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。 スポンサーリンク.

次の