タモリ 倶楽部 相鉄 線。 鉄オタ伊藤壮吾が「タモリ倶楽部」初出演!タモリ電車クラブの相鉄線ツアー

「今夜のタモリ倶楽部は相鉄線」ばばっちのブログ | The Power of Dreams

タモリ 倶楽部 相鉄 線

放送開始は1982年10月。 さきごろ満37歳を迎えた長寿番組です。 地方局にも番組が販売されていて、だいぶタイムラグはありますが、視聴できる地域もあります。 タモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合います。 取り上げるテーマは毎回超マニアック。 取り上げ方もオタク目線で、ハンパじゃない掘り下げ方をします。 番組全編を通じて、使われているBGMも全曲ダジャレ。 意味のない曲は1曲もありません。 たとえば、先週放送の相鉄特集第1弾で、線路沿いを出演者が歩くシーンで使われた曲はバッハの「G線上のアリア」。 「せんろぞい」と「せんじょう」を引っかけています。 定番コーナー「空耳アワー」のお休みの告知の場面で使われたのは、ローリング・ストーンズの「アンジー」。 コーナー司会の安斎肇さんが、ロケ場所が特殊でたどりつけないからというわけで、これまた「あんじー」と「あんざい」を引っかけているのです。 引っかけ方がやや苦しいところはご愛敬です。 このように、その場面でその曲がなぜ使われているのか、番組を見ながら必死に考え続けるのも、この番組の楽しみ方の1つです。 意外とレアだった鉄道企画 鉄道特集はこの番組を代表する看板テーマの1つで、鉄道各社はこぞって全面協力します。 普段、乗客から感謝の言葉・労いの言葉を直接かけられる機会がほぼない、現場の裏方さんたちの仕事を、鉄道オタクの出演者たちが大興奮でホメてくれるなど、鉄道会社の地味な努力をしっかり取り上げてくれるからです。 その分、競争も激しいようです。 何しろ、しょっちゅうやっているように見えて、実は鉄道特集は限られた回数しかやっていません。 過去5年間の放送回数を集計してみたところ、この2年間は1年に3回しかやっていません。 その前はおおむね5~6回はやっていたので、半減したことになります。 その激戦をくぐり抜けて、今回晴れて取り上げられた相鉄。 並々ならぬ努力をしていました。

次の

「今夜のタモリ倶楽部は相鉄線」ばばっちのブログ | The Power of Dreams

タモリ 倶楽部 相鉄 線

放送開始は1982年10月。 さきごろ満37歳を迎えた長寿番組です。 地方局にも番組が販売されていて、だいぶタイムラグはありますが、視聴できる地域もあります。 タモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合います。 取り上げるテーマは毎回超マニアック。 取り上げ方もオタク目線で、ハンパじゃない掘り下げ方をします。 番組全編を通じて、使われているBGMも全曲ダジャレ。 意味のない曲は1曲もありません。 たとえば、先週放送の相鉄特集第1弾で、線路沿いを出演者が歩くシーンで使われた曲はバッハの「G線上のアリア」。 「せんろぞい」と「せんじょう」を引っかけています。 定番コーナー「空耳アワー」のお休みの告知の場面で使われたのは、ローリング・ストーンズの「アンジー」。 コーナー司会の安斎肇さんが、ロケ場所が特殊でたどりつけないからというわけで、これまた「あんじー」と「あんざい」を引っかけているのです。 引っかけ方がやや苦しいところはご愛敬です。 このように、その場面でその曲がなぜ使われているのか、番組を見ながら必死に考え続けるのも、この番組の楽しみ方の1つです。 意外とレアだった鉄道企画 鉄道特集はこの番組を代表する看板テーマの1つで、鉄道各社はこぞって全面協力します。 普段、乗客から感謝の言葉・労いの言葉を直接かけられる機会がほぼない、現場の裏方さんたちの仕事を、鉄道オタクの出演者たちが大興奮でホメてくれるなど、鉄道会社の地味な努力をしっかり取り上げてくれるからです。 その分、競争も激しいようです。 何しろ、しょっちゅうやっているように見えて、実は鉄道特集は限られた回数しかやっていません。 過去5年間の放送回数を集計してみたところ、この2年間は1年に3回しかやっていません。 その前はおおむね5~6回はやっていたので、半減したことになります。 その激戦をくぐり抜けて、今回晴れて取り上げられた相鉄。 並々ならぬ努力をしていました。

次の

相鉄・JR直通線開業前の「羽沢横浜国大駅」は期待感で溢れてた

タモリ 倶楽部 相鉄 線

放送開始は1982年10月。 さきごろ満37歳を迎えた長寿番組です。 地方局にも番組が販売されていて、だいぶタイムラグはありますが、視聴できる地域もあります。 タモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合います。 取り上げるテーマは毎回超マニアック。 取り上げ方もオタク目線で、ハンパじゃない掘り下げ方をします。 番組全編を通じて、使われているBGMも全曲ダジャレ。 意味のない曲は1曲もありません。 たとえば、先週放送の相鉄特集第1弾で、線路沿いを出演者が歩くシーンで使われた曲はバッハの「G線上のアリア」。 「せんろぞい」と「せんじょう」を引っかけています。 定番コーナー「空耳アワー」のお休みの告知の場面で使われたのは、ローリング・ストーンズの「アンジー」。 コーナー司会の安斎肇さんが、ロケ場所が特殊でたどりつけないからというわけで、これまた「あんじー」と「あんざい」を引っかけているのです。 引っかけ方がやや苦しいところはご愛敬です。 このように、その場面でその曲がなぜ使われているのか、番組を見ながら必死に考え続けるのも、この番組の楽しみ方の1つです。 意外とレアだった鉄道企画 鉄道特集はこの番組を代表する看板テーマの1つで、鉄道各社はこぞって全面協力します。 普段、乗客から感謝の言葉・労いの言葉を直接かけられる機会がほぼない、現場の裏方さんたちの仕事を、鉄道オタクの出演者たちが大興奮でホメてくれるなど、鉄道会社の地味な努力をしっかり取り上げてくれるからです。 その分、競争も激しいようです。 何しろ、しょっちゅうやっているように見えて、実は鉄道特集は限られた回数しかやっていません。 過去5年間の放送回数を集計してみたところ、この2年間は1年に3回しかやっていません。 その前はおおむね5~6回はやっていたので、半減したことになります。 その激戦をくぐり抜けて、今回晴れて取り上げられた相鉄。 並々ならぬ努力をしていました。

次の