超fc岐阜。 岐阜の韓国人MFキム・ホが練習試合で負傷、ハムストリング肉離れで全治3カ月【超ワールドサッカー】

FC岐阜

超fc岐阜

2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 28 来季のWEBでの後援会会員募集は12月9日(月曜日)10:00より開始します• 2019. 2019. 14 来季2020年度の後援会の募集を11月16日ホーム最終戦にて後援会ブースにて開始します• 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019.

次の

FC岐阜オフィシャルサイト

超fc岐阜

FC岐阜は7日、北信越1部リーグのJAPANサッカーカレッジから、FW 23 が加入することを発表した。 町田は成立学園高校を卒業後、東京国際大学を経て、JAPANサッカーカレッジに進学。 身長173㎝、体重80㎏のフォワードだ。 クラブは「圧倒的なフィジカルを持つストライカー。 前線の起点になりながら、ゴールが奪える選手」と評している。 岐阜への加入が決まった町田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたびJAPANサッカーカレッジからFC岐阜に加入させていただくことになりました、町田ブライトです。 FC岐阜という素晴らしいクラブで、夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることに喜びを感じています。 両親をはじめ今まで私を支えてくれた方々に本当に感謝しています。 FC岐阜に恩返しができるように全身全霊をかけて戦います。 FC岐阜に関わるすべての皆様、よろしくお願いいたします」 カマタマーレ讃岐は10日、韓国人MFチョン・サネ 20 を獲得したことを発表した。 背番号は「29」を着用する。 2018年に韓国の中京高等学校からFC岐阜に入団したチョン・サネは昨シーズン、日本フットボールリーグ JFL に所属する鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍。 JFLで9試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で岐阜を退団していた。 讃岐でプレーすることが決まったチョン・サネはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐に加入することができたことを本当に嬉しく思います。 チームのために、一生懸命プレーをしたいと思います。 よろしくお願いします」 2020. 10 17:10 Tue.

次の

Jリーグ各チーム掲示板 超サッカー掲示板2

超fc岐阜

関連ニュース カマタマーレ讃岐は10日、韓国人MFチョン・サネ 20 を獲得したことを発表した。 背番号は「29」を着用する。 2018年に韓国の中京高等学校からFC岐阜に入団したチョン・サネは昨シーズン、日本フットボールリーグ JFL に所属する鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍。 JFLで9試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で岐阜を退団していた。 讃岐でプレーすることが決まったチョン・サネはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐に加入することができたことを本当に嬉しく思います。 チームのために、一生懸命プレーをしたいと思います。 よろしくお願いします」 2020. 10 17:10 Tue FC岐阜は27日、昨シーズンまで在籍していたDF阿部正紀 28 が現役を引退することを発表した。 東京国際大学から2014年に岐阜へ入団した阿部は、ルーキーイヤーからレギュラーに定着。 昨シーズンも明治安田生命J2リーグ33試合、天皇杯1試合に出場していたが、今年1月に岐阜を退団していた。 キャリア通算ではJ2リーグ209試合で7ゴール、天皇杯では6試合に出場していた。 6年間の現役生活にピリオドを打った阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度2019年のシーズンをもちましてプロサッカー選手を引退することを決めました。 6年間FC岐阜一筋でプレー出来たことは自分に関わってくれたすべての方々のおかげだと思っていますし、自分の夢であったプロサッカー選手にしてくれたことに感謝しかありません。 そしてこんな自分を毎年支えてくれたチームメイトにも感謝しかありません」 「ファン、サポーターのみなさんには、なに一つ恩返しが出来ず引退を決めてしまったことについて心から申し訳ない気持ちです。 この6年間サッカー選手として続けてこれたのは、みなさんの応援など支えがあったからです。 自分はFC岐阜で関わってくれた人たちが本当に大好きです。 引退してもこの気持ちは変わらないです」 「これからは社会人として新たなスタートをきっていこうと思いますので、あたたかく見守っていてください。 6年間本当にありがとうございました」 2020. 27 16:15 Thu アイルランド1部リーグのスライゴ・ローヴァーズは25日、元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース 28 を獲得したことを発表した。 国際移籍証明書と労働許可書を待っている状況とのことだ。 ライアン・デ・フリースは、ワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレーし、2018年にFC岐阜へ加入した。 1年目から背番号10を背負うと、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合4得点を記録。 しかし、チームはJ3へと降格し、2020年1月に契約満了により退団することが発表されていた。 Jリーグでは、2シーズンを過ごし、J2リーグで53試合8得点、天皇杯で1試合に出場していた。 リアム・バックリー監督は「彼は素早く、強く、良いフィジカルがあり、タッチも繊細で、ゴールを決めているのがわかる。 ニュージーランドの人とも話をしたが、彼らは我々のリーグにフィットし、上手くいくと考えているようだ」とコメント。 ライアン・デ・フリースを評価している。 スライゴ・ローヴァーズは、アイルランド・プレミアリーグに所属。 開幕したばかりの新シーズンは3試合で3連敗とスタートに失敗。 「労働許可を取得する必要がある。 少し時間はかかるが、できるだけ早く参加してもらいたい」とバックリー監督は期待を寄せているようだ。 2020. 27 11:11 Thu FC岐阜は5日、昨シーズン限りで退団していたDF横山知伸 34 が現役を引退したことを発表した。 2008年に川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた横山は、セレッソ大阪、大宮アルディージャ、北海道コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本でプレーした。 熊本からの退団が決まっていた2018年12月末には、体調不良で病院へ搬送され脳腫瘍と診断。 同月31日に摘出手術を受けた。 その後、母校の帝京高校などの協力を得てコンディションを整えると、2019年9月から岐阜へ加入。 だが公式戦の出場はなかった。 現役生活に幕を下ろす横山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズンをもって、現役生活を終えることにしました。 これまでの選手生活を振り返ると、子どもの頃から夢見ていたプロサッカー選手として12年間、楽しい時間を過ごす事ができました。 もちろん苦しい時もありましたが、スポンサー企業様・社長をはじめ、クラブスタッフ・監督・コーチ・チームメイト、そしてファン・サポーターの皆さんからの熱く温かいご声援が支えとなり、ここまで12年間やってくることができました。 その全ての方に感謝しかありません」 「2018年末に脳腫瘍が見つかった時は、まさに青天の霹靂でした。 しかしその時『もう無理だ』と思っていたプロサッカー選手に戻れた事は誇らしく思います。 これもひとえにお世話になった病院の先生、退院からリハビリに付き合ってくれた石神井マメックス、帝京高校サッカー部、励ましてくれた先輩、友人、家族などいろいろな人に支えられながら、病気を乗り越え再び選手としてスタジアムに戻ることが出来ました」 「FC岐阜では皆さんが温かく受け入れてくれました。 去年途中からの加入となりましたが、残留の力になれず申し訳なく思っています。 今シーズンでの昇格を陰ながら応援しています。 今後は、自分を成長させてくれ、素晴らしい方々に出会わせてくれたサッカー界に恩返しをしていけたらと考えております」 「今まで培ってきた経験を活かし、さらに知識を上積みしながら優秀な選手を輩出できる指導者になれるよう頑張っていきます。 最後に、ここに綴りきれないほどの感謝の想いを込めて、引退の挨拶と変えさせていただきます。 12年間、本当にありがとうございました」 2020. 05 19:25 Wed.

次の