エクセレント スロー 三 回 投げる。 ポケモンGO エクセレントスローを3回連続で投げる攻略法! 報酬はヨーギラス

【ポケモンGO】エクセレントでもサークルの大きさでゲット確率が違う?!ゲッチャレ時のオカルト

エクセレント スロー 三 回 投げる

ポケモン捕獲時の円の意味 外側の白い円 まずは、外側の白い円について。 これは「捕獲サークル」です。 この円の中にポケモンボールを投げれば、捕獲できます。 ポケモンの種類によって大きさが違います。 大きければ捕まえやすく、小さければ捕まえにくいです。 内側の大きくなったり小さくなったりしている円 次に、内側の円について。 この円の中にポケモンボールを投げれば、ボーナスが付きます。 円が大きければ「ナイススロー」、 中くらいの大きさならば「グレートスロー」、 小さければ「エクセレントスロー」となります。 ナイススロー、グレートスロー、エクセレントスロー、カーブボールのやり方 ナイススロー 内側の円が大きくなった時に投げます。 円が大きいので、よほどのことがなければ、 「ナイススロー」のボーナスが付きます。 グレートスロー 内側の円が中くらいの大きさになった時に投げます。 ナイススローより円が小さく、難易度は高くなります。 失敗できないレイドバトルのゲットチャレンジでは、 この「グレートスロー」を狙っていくのが良いと思います。 エクセレントスロー 内側の円が小さくなった時に投げます。 グレートスローよりも、さらに難易度が高くなります。 正確に真ん中に投げる自信があれば、狙っていきましょう。 カーブボール ボールをカーブさせて投げるボール。 ポケモンに当てるのは非常に難易度が高いです。 ですが、カーブボールはポケモンの捕獲率を飛躍的に高めます。 レイドバトルにはぜひ覚えて欲しい技術です。 引用: そこでこの「オーバルスロー」がおすすめ。 楕円を描きながら、角度を調整して投げると、 今まで失敗していたのが不思議なほど、正確に投げることができます。

次の

エクセレントスロー40連発 & 投げ方講座【ポケモンGO】

エクセレント スロー 三 回 投げる

エクセレントスローの投げ方とコツ 目次• エクセレントスローの投げ方とコツ エクセレントスローとは? ポケモンGOにはボールを投げた際の評価で経験値が多く貰える 「ボールスローボーナス」というものが存在します。 その中でも最も多くの経験値を獲得できる投げ方が 「エクセレントスロー」です。 獲得経験値 カーブボール 10XP ナイススロー 10XP グレートスロー 50XP エクセレントスロー 100XP ワンショット 50XP エクセレントスローを投げるコツ Nice ナイス Great グレート Excellent エクセレント エクセレントスローを出すためには、 ボールを持った際に動く円が小さい時に、その枠の中にボールを当てる必要があります。 タイミングや円の判定が非常に難しいので何度も練習してコツを掴みましょう。 タイミングを覚えよう! ボールを投げる時に動く円は 約3秒で一周します。 5秒〜2. 8秒くらいのタイミングでボールを投げることでエクセレントスローを狙いやすくなります。 真ん中に投げる練習をしよう! タイミングを覚えても、投げたボールが円の中に当たらなければエクセレントスローにはなりません。 常にポケモンの中心を狙って投げられるように何度も練習しましょう。 エクセレントスローで捕獲率アップ エクセレントスローを投げた際は、経験値だけでなくその ポケモンの捕獲率もアップします。 レアポケモンを逃さない為にもエクセレントスローはマスターしておきましょう。 捕獲率 ナイススロー 1. 1倍 グレートスロー 1. 3倍 エクセレントスロー 1. 5倍 カーブボール — ワンショット — まとめ とにかく練習あるのみ! エクセレントスローをマスターする為にはとにかくポケモンをたくさん捕まえてタイミングを覚えるしかありません。 何も考えずにただボールを投げるのではなく、上記で紹介したコツを思い出して意識しながら投げることで確実に上達しますよ。 エクセレントスローをマスター出来れば、期間中に大量のXPを獲得出来ます。

次の

「カーブボールのエクセレントスローを1回投げる」コツ紹介【ポケモンGO】

エクセレント スロー 三 回 投げる

エクセレントスローの出し方 固定投法で投げるのが最も確実 固定投法でボールを投げる方法が最もエクセレントスローを出しやすいです。 固定投法とはポケモンのサークルを固定して、威嚇が終わる瞬間に投げる方法のことです。 レイドボスのゲットチャンスで非常に有効な投げ方なので、ぜひチャレンジしてください。 エクセレントスローの判定を把握する エクセレントスローはポケモンごとに範囲が違いますが、 サークル全体の30%未満で統一されています。 「グラードン」や「ルギア」などの 体が大きいポケモンはサークルが大きいため、相対的にエクセレントの範囲も広いです。 逆に「キャタピー」や「ケムッソ」のような サークルが小さいポケモンはエクセレントになる判定が狭いです。 慣れてくるとポケモンのサークルを見るだけでエクセレントスローになる範囲がわかるようになるので、始めたての方はたくさん投げて練習しましょう。 ナナのみを使うと動きを鈍くできる 道具 効果 ポケモンに与えると動きが遅くなるきのみ。 ナナのみを使うことでポケモンの動きを鈍くして捕まえやすくできます。 「動きが鈍くなる」とはポケモンが 上下左右に移動したり威嚇するなどの動きが少なくなることです。 動きが鈍くなるので、自分のタイミングで投げやすいのがポイントです。 固定投法の具体的な投げ方 エクセレントの範囲でサークルを止める 固定投法は最初にエクセレントスローの判定になる範囲でサークルを止めます。 エクセレントスローになる判定はサークル全体の30%未満なので、ポケモンごとで見極めましょう。 ポケモンの威嚇モーションを把握 固定投法はポケモンの威嚇が終わった瞬間に投げる方法なので、ポケモンごとの威嚇モーションを把握する必要があります。 「グラードン」や「レックウザ」は威嚇し終わった後に少しラグがあるので、投げるタイミングをずらさないといけません。 威嚇モーションを把握するのは固定投法を行うにあたって非常に重要なので、じっくり観察してからボールを投げましょう。 威嚇が終わる瞬間にボールを投げる ポケモンの威嚇モーションを把握し終わった後はいよいよボールをエクセレントの範囲内に投げるだけです。 ボールの投げ方は練習するのみですが、 ポケモンごとの遠近感を掴むのもエクセレントスローをを投げるコツと言えます。 エクセレントスローのメリット ポケモンの捕獲率が上昇する スローの種類 捕獲率 エクセレントスロー 1. 7倍〜2倍の間 グレートスロー 1. 3倍〜1. 7倍の間 ナイススロー 1倍〜1. 3倍の間 カーブスロー 1. 7倍 エクセレントスローを投げることでポケモンの捕獲率が飛躍的に上昇します。 伝説レイドのポケモンはエクセレントスローがほぼ必須になってきます。 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の