参議院 埼玉 補選。 【参院埼玉補選】選挙公報をファクトチェックしてみた結果は…両候補とも不正確な記載(楊井人文)

【参院埼玉補選】無党派層が多い埼玉の場合は、無所属で出る知名度のある保守系候補者の方が有利かな

参議院 埼玉 補選

参院埼玉選挙区の補欠選挙(被選挙数1)が10日告示された。 午前9時現在で立候補を届け出たのは、NHKから国民を守る党党首で前職の立花孝志氏(52)と、無所属新顔で前知事の上田清司氏(71)の2人。 27日に投開票される。 補選は前参院議員の大野元裕・埼玉県知事が上田氏の事実上の後継として8月の知事選に出馬するため辞職したのに伴うもの。 国政選挙で、自民、立憲民主などの主要政党が擁立を見送る異例の選挙となる。 当選者の任期は2022年7月まで。 立花氏は上田・大野両氏が補選を利用して地位を入れ替えようとしていると批判。 それを容認する主要政党の既得権益も打破し、NHKのスクランブル放送を実現させると訴えている。 上田氏は4期16年の知事経験を背景に地方重視の政治や行財政改革の必要性を強調。 「完全無所属」を表明する一方、知事選で大野氏についた立憲民主や国民民主が「友情支援」する。 知事選で推薦候補が敗れた自民は擁立を見送り、自主投票を決定。 知事選では大野氏を支援した共産や社民も改憲に前向きな上田氏の憲法観などから自主投票を決めた。

次の

【速報選挙ライブ】2019 参議院 埼玉選挙区補選 開票速報

参議院 埼玉 補選

立花孝志N国党代表は埼玉補選で当選する? その立花孝志NB国党代表ですが、自身で「勝てる」と豪語するとおり、当選できるんでしょうか? 話題性がありますから、この埼玉補選が注目されるのはまちがいありません。 しかしそれと実際に当選するかどうかは別問題です。 立花孝志氏のように「目立つ」存在を嫌う人たちは一定数いるでしょうし、「勝てる選挙」発言がいったいどんなふうに結果に影響してくるのか? それでも立花孝志氏が当選すると予想する人は多く、この行動力を褒め称えるコメントも散見されます。 しかし、なぜせっかく本選で当選して参議院議員になったのに、わざわざ辞職してまた同じ参院選の補選に出たんでしょうか? それには意外な?理由があったんです。 立花孝志代表が参議院議員を辞職して埼玉補選に出馬した理由は? 立花孝志氏が参議院議員を辞職して、同じ参議院の埼玉補選に出馬したのにはわけがあります。 それは、立花孝志兌表が参議院議員を辞職すると、N国党の比例で立花孝志代表の次に得票の多かった 浜田聡氏が繰り上げ当選するんです。 そのうえで、自分が埼玉補選で当選すれば、N国党の国会議員が2人に増えることになります。 もし補選で勝てばうまくいきますが、普通は落選の可能性もあることですし、こんな大博打する人はいませんよね。 この点を評価している声が多いということです。 しかし、立花孝志氏の言動を見ていると、国会議員の地位に固執しているようには見えません。 落ちたら落ちたで構わないと思っているように感じます。 もともと、立花孝志氏=N国党の目的は、• NHKの不正撤廃• 直接民主主義の実現• 放送法の改正 ということで、それが実現できれば政党の体をなしていなくても構わないという考え方なんです。 しかし今、国民にN国党の存在が徐々に知られるようになり、チャンスが巡ってきているように思えますね。 これを立花孝志代表の積極的な行動でより発展させることができるのか、注目です。 ということで、今回はN国党代表出馬で話題の「補選で埼玉」こと参議院埼玉選挙区補選についてでした。 立候補者一覧、更新されるのを待ちましょう。 時々覗いてみてください。 ドラマの見逃し配信や映画、電子書籍等を月額料金で楽しめる動画配信サービスVODが注目されています。 月額料金は1,990円(税別)。 現在、初回登録時には 31日間の無料期間があります。 全てが見放題ではなく、PPVといって動画ごとに課金して見るものも含まれていますんで、まずは でどんな動画があるかチェックしてみると良いですね。 NHK朝ドラ 「まんぷく」の動画を見るには別途NHK見逃し見放題パック(月額税別900円)への登録が必要です。 電子書籍の「雑誌読み放題」が評判で、有名雑誌の最新号が追加料金無しで読めます。 月額は888円(税別)で、初回登録時には 1ヶ月無料トライアル(Amazonアカウントでの登録必須)が適用されるためお試しでの登録もおすすめです。 トライアル期間内に解約すれば料金発生しません。 現在、 14日間の無料期間があるのでお試し登録してみることをおすすめします。 日テレが運営していることから、日テレのテレビ動画が多く見れますね。 また、独占配信動画が多く、オリジナルコンテンツが豊富です。

次の

補欠選挙

参議院 埼玉 補選

参院埼玉選挙区の補欠選挙(被選挙数1)が10日告示された。 午前9時現在で立候補を届け出たのは、NHKから国民を守る党党首で前職の立花孝志氏(52)と、無所属新顔で前知事の上田清司氏(71)の2人。 27日に投開票される。 補選は前参院議員の大野元裕・埼玉県知事が上田氏の事実上の後継として8月の知事選に出馬するため辞職したのに伴うもの。 国政選挙で、自民、立憲民主などの主要政党が擁立を見送る異例の選挙となる。 当選者の任期は2022年7月まで。 立花氏は上田・大野両氏が補選を利用して地位を入れ替えようとしていると批判。 それを容認する主要政党の既得権益も打破し、NHKのスクランブル放送を実現させると訴えている。 上田氏は4期16年の知事経験を背景に地方重視の政治や行財政改革の必要性を強調。 「完全無所属」を表明する一方、知事選で大野氏についた立憲民主や国民民主が「友情支援」する。 知事選で推薦候補が敗れた自民は擁立を見送り、自主投票を決定。 知事選では大野氏を支援した共産や社民も改憲に前向きな上田氏の憲法観などから自主投票を決めた。

次の