水晶 玉子 コロナ。 水晶玉子が占う運勢「2020年下半期、あなたに舞い込むチャンス」【無料占い】

占い的にどう見る?コロナウィルスはいつまでか。コロナウィルス中にやるべきこと!

水晶 玉子 コロナ

もくじ• 水晶玉子のSMAP占い「2020年に再結成のチャンス」 SMAP解散で揺れた2016年に、水晶玉子さんは「新・SMAPが生まれる」「2020年に再結成のチャンス」といった内容の予言をしていました。 水晶玉子さんの「新・SMAPが生まれる」という予言は、2017年に「新しい地図」が活動を開始した際に注目を集めました。 それは単純に「元SMAP」のメンバーが活動を開始したということだけではなく「新しい地図(=新マップ)」であったことも、大きなポイントだったのです。 その後の2020年、平和だった日常から大きな波乱が到来し、一気に暗いムードとなってしまった日本。 そんな中で、一つの希望が「SMAP再結成」です。 国民的アイドルグループの2020年について、水晶玉子さんは「2017年から2018年に向けてSMAPの第2章がはじまり、再び5人が集結する日がくる」と予言しており、そのチャンスが到来しているように感じるです。 2020年4月13日「CDTV」リクエスト首位 音楽番組「CDTVライブ!ライブ」で、視聴者からのリクエスト首位の楽曲が2003年のシングル「世界に一つだけの花」のノーカット映像。 多くの人が映像を見ながら涙ぐみました。 一方、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送リクエストには、2011年の「SMAP完全版」放送希望の声が多く寄せら、ツイッタートレンドも1位に。 香取慎吾がパラスポーツを応援 水晶玉子さんの「2020年の開会式」という予言は少し外れてしまったのかなと思いますが、占いを分解してみるとまだ完全に外れたとも思えないです。 パラサポのスペシャルサポーターとして元SMAPの香取慎吾さんが就任しており、新しい地図の3人が、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がイベントに参加。 現在の状況で「5人が集結」した場合、サプライズの可能性はまさに「0%ではない」と思うのが自然です。 一方で、新型コロナウイルス感染症の影響から見れば、大会は延期されるため 「2020年」「開会式」と分解して見た時、日本人に大きいな何かの開会式だとすれば「NHK紅白歌合戦」も可能性があるのかもしれないですね。 ファンとしては懐疑的な見方 2020年に再結成を期待する一方で「そんなことあるの?」「そんなはずない」という意見もネット上では多く見られます。 ただそれは、期待しすぎると、そうならなかった時のショックが大きくなるため、期待しすぎないという心理が働いているのが一つの要因です。 2020年というのは「年内あるいは2021年の春頃まで」という意味となり、また「開会式」というのは「オープン記念」「開業」「開く」と行ったニュアンスもあります。 新しいSMAPというのは、5人で歌って踊るのではなく、プロデュースやフォトブックなどの「新しい活動スタイル」かもしれません。 再結成という形にこだわらなくても良いので、楽しい5人の笑顔や姿、活動を見られることを期待しています。 関連記事:.

次の

【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える

水晶 玉子 コロナ

科学の進化・発展はもはや魔法レベルに 水晶 最初に挙げた「古いものの蘇生」は、鏡さんがおっしゃっていた「伝統の確認」と全く同じですね。 2020年は山羊座が強くなるから、山羊座の特徴である堅実性とか伝統とか、そういったものが重視されるようになるでしょう。 鏡 2つ目の「SFから科学へ」とは? 水晶 これは「古いものの蘇生」ともつながっていて。 例えば、2019年の年末に上映された映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』などがいい例だと思うんです。 この作品、最新技術によって過去と今の映像を最新技術によって繋ぎ合わせてあることでも話題になりましたよね。 『寅さん』ってもはや日本の伝統芸能みたいなものだと思うんだけど、それが科学の力で蘇生したということ。 まさにSFが現実になっていくと思うんです。 鏡 アシモフは「十分に発達した科学は魔法と区別がつかない」と言ってますからね。 水晶 また西城秀樹さんの話になっちゃうけど(笑)、先日、西城秀樹さんがVRで蘇って、岩崎ひろみさんと一緒に歌っている映像を見たのですが、こちらも本当にリアルで。 これからは亡くなった方も、映像の世界で自由に蘇るんだろうなと思いました。 紅白歌合戦で美空ひばりさんの声もAIで蘇りましたしね。 それもこの時期らしい出来事な気がしました。 鏡 それでいうと以前、毎日の星占いを僕の声で読み上げてネットで配信する、というサービスをやらせていただいたんですね。 毎日違う内容をどうするのかなと思っていたら、録音の時にまったく内容の意味が分からない原稿を渡されて、3時間ぐらいひたすら読み続けたんです。 つまり、さまざまに発音した僕の声をAIが勝手に組み替えて流してくれる、というわけなんですよ。 口癖や声のトーンまで完璧で、自分で聞いても分からないほどでした。 水晶 すごい! 2020年以降、AIの技術がどれくらい進んでくるかも注目してほしいところですよね。 水がめ座ってすごくAIっぽい星座ですから。 鏡 わかります。 アンドロイドとか、ヒューマノイドのイメージですよね。 水晶 まさに、私が昔、好きだった映画『ブレードランナー』の世界がリアルになってくるかもしれない。 鏡 ただ、要するにAIって人間の脳のコピーを作ろうとしているわけですけど、現時点では脳のアルゴリズムの一番分かりやすいところしか再現できていなくて、その奥にはまだ全然届いていない。 だから非合理な判断ができないと言われていますよね。 水晶 人間は非合理なことばかりですもんね。 そして、それこそが人間でもある。 みずがめ座の時代は、そういうことを考える機会も多くなってくると思います。 「人間って、どういうもの?」「AIはどこまでできるの?」というふうに……。 ただ、こういった空気が世の中全体で盛り上がってくるのはもう少し先。 2021~23年年ぐらいでしょうね。

次の

水晶玉子のキングダム占い

水晶 玉子 コロナ

もくじ• 水晶玉子のSMAP占い「2020年に再結成のチャンス」 SMAP解散で揺れた2016年に、水晶玉子さんは「新・SMAPが生まれる」「2020年に再結成のチャンス」といった内容の予言をしていました。 水晶玉子さんの「新・SMAPが生まれる」という予言は、2017年に「新しい地図」が活動を開始した際に注目を集めました。 それは単純に「元SMAP」のメンバーが活動を開始したということだけではなく「新しい地図(=新マップ)」であったことも、大きなポイントだったのです。 その後の2020年、平和だった日常から大きな波乱が到来し、一気に暗いムードとなってしまった日本。 そんな中で、一つの希望が「SMAP再結成」です。 国民的アイドルグループの2020年について、水晶玉子さんは「2017年から2018年に向けてSMAPの第2章がはじまり、再び5人が集結する日がくる」と予言しており、そのチャンスが到来しているように感じるです。 2020年4月13日「CDTV」リクエスト首位 音楽番組「CDTVライブ!ライブ」で、視聴者からのリクエスト首位の楽曲が2003年のシングル「世界に一つだけの花」のノーカット映像。 多くの人が映像を見ながら涙ぐみました。 一方、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送リクエストには、2011年の「SMAP完全版」放送希望の声が多く寄せら、ツイッタートレンドも1位に。 香取慎吾がパラスポーツを応援 水晶玉子さんの「2020年の開会式」という予言は少し外れてしまったのかなと思いますが、占いを分解してみるとまだ完全に外れたとも思えないです。 パラサポのスペシャルサポーターとして元SMAPの香取慎吾さんが就任しており、新しい地図の3人が、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がイベントに参加。 現在の状況で「5人が集結」した場合、サプライズの可能性はまさに「0%ではない」と思うのが自然です。 一方で、新型コロナウイルス感染症の影響から見れば、大会は延期されるため 「2020年」「開会式」と分解して見た時、日本人に大きいな何かの開会式だとすれば「NHK紅白歌合戦」も可能性があるのかもしれないですね。 ファンとしては懐疑的な見方 2020年に再結成を期待する一方で「そんなことあるの?」「そんなはずない」という意見もネット上では多く見られます。 ただそれは、期待しすぎると、そうならなかった時のショックが大きくなるため、期待しすぎないという心理が働いているのが一つの要因です。 2020年というのは「年内あるいは2021年の春頃まで」という意味となり、また「開会式」というのは「オープン記念」「開業」「開く」と行ったニュアンスもあります。 新しいSMAPというのは、5人で歌って踊るのではなく、プロデュースやフォトブックなどの「新しい活動スタイル」かもしれません。 再結成という形にこだわらなくても良いので、楽しい5人の笑顔や姿、活動を見られることを期待しています。 関連記事:.

次の