博士 と 彼女 の セオリー 名言。 博士と彼女のセオリー、サントラ、役者、解釈、名言、ハリーポッター、動画

ホーキング夫妻を支えた…常識を超える“三角関係”の秘密『博士と彼女のセオリー』

博士 と 彼女 の セオリー 名言

「」(原題: The Theory of Everything)は、2014年公開のイギリスの伝記映画です。 者の博士の元妻であるジェーン・ホーキングの手記「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」を基に、難病ALSと闘う車椅子の天才物理学博士と彼を長年支え続けた妻ジェーンの出逢いのエピソードと、試練に満ちた結婚生活に立ち向かう二人の愛の行方を描い描いています。 第87回で5部門にノミネートされ、が主演男優賞を受賞しています。 「」() で観る ビデオで観る 目次• スタッフ・キャスト 監督: 脚本:アン・マッカーテン 原作:ジェーン・ホーキング「 to Infinity: My Life with Stephen」 出演:() (ジェーン・ワイルド・ホーキング) マキシン・ピーク(エレイン・マッソン:スティーヴンの2番目の妻) チャーリー・コックス(ジョナサン・ンズ:ジェーンの2番目の夫) (ベリル・ワイルド:ジェーンの母親) ガイ・オリヴァー=ワッツ(ジ・ワイルド:ジェーンの父親) (フランク・ホーキング :スティーヴンの父親) ・クラッテンデン(イソベル・ホーキング:スティーヴンの母親) シャーロット・(フィリパ・ホーキング :スティーヴンの妹) ルーシー・チャペル(メアリー・ホーキング:スティーヴンの妹) (デニス・シャーマ) エンゾ・ティ(キップ・ソーン) ゲ・ニコロフ(・カラトニコフ) ハリー・ロイド(ブライアン ) ほか あらすじ 1963年、の大学院に在籍し、天才物理学者として将来を嘱望されていた()は、詩を学ぶジェーン・ワイルド()と出会い、二人は恋に落ちます。 直後にスティーヴンは難病ALS()を発症、余命2年の宣告を受けます。 将来を悲観し、ジェーンとの未来も諦めるスティーヴンでしたが、ジェーンはひるむことなく、周囲の反対を押し切ってスティーヴンと結婚する道を選びます。 結婚2年目には長男のロバートも誕生し、当初の余命を越えて生き続けるスティーヴンは、悪化するALSとの闘病生活の中、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれながらも、ジェーンの励ましに支えられ、持ち前のユーモアで乗り越え、「車椅子の科学者」として最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組んでいきますが・・・。 レビュー・解説 との好演が光ります。 は写真等で見た事がありますが、は彼の持つ雰囲気を良く再現しているだけでなく、目や不自由な顔の筋肉で表現する感情が見事で、まさにアカデミー主演男優賞に値する演技です。 彼は体重を6キロ落とし、4ヶ月間、ダンサーに体のコンの仕方を学びました。 40人のALS患者に会い、の筋力がどの順番で衰えていったか表を作成し、何時間も鏡の前に立って顔の表情をコンしました。 最後には、撮影の合間も前屈みのままじっと動かずにおり、整骨医が背骨の位置が変わってしまったと言う程でした。 また、撮影は必ずしも時代順に行われない為、彼はシーン毎に表を見て、の病状の進行の度合いを確認しました。 も、周囲の反対を押し切ってと結婚するジェーンのイギリス女性らしい知性と意思の強さをうまく演じています。 第87回の主演女優賞は「 STILL ALICE」のに行ってしまいましたが、も同賞にノミネートされており、彼女が受賞しても不思議ないほどの演技です。 端正で芯の強さを伺わせる美しさを持ち、また、幅広い年齢を自然に演じる力も持っており、今後のさらなる活躍に期待したいところです。 この映画への評価は高いのですが、「博士が驚くべきアを思いついたことに対する掘り下げが足りない。 博士がどのようにして従来の時空理論を覆したかということを描き出す代わりに、博士が神の存在に言及したかしないかという、些細なことが語られている。 」といった批判が一部に見られます。 しかしながら、この映画は元妻の手記を基に二人の関係を描いたものであり、彼の物理学を語るのは別の作品に譲った方が良いでしょう。 また、彼がを主張したのは事実で少なからず注目されましたが、映画では敬虔なクリスチャンである元妻との関係性で描かれています。 それよりも私が素晴らしいと感じたのは、恐らく当事者や関係者が存命であることから様々なところで不調和を見え隠れさせながらも、イギリスらしい奥ゆかしさで予定調和的に見せているところです。 介護の大変さも描ききっていません。 この映画は脚本を書き始めてから映画公開されるまで、10年かかりました。 そのうち、3年をジェーン・ホーキングの合意を得る為に費やしています。 邦題の「」は、美しい青春ものを連想させますが、映画には「ホーキング家が歓迎しておらず、また第三子を夫以外の子と疑う」、「ケアの女性がに影響力を行使する」など、必ずしも一筋縄ではいかない部分が見え隠れしています。 以降は映画では必ずしも描かれていませんが、ホーキング家は家風になじまないとしてジェーンを嫌っており、堪え兼ねてジェーンが出て行ったらに引っ越しての面倒を見るつもりでいましたので、ほとんど支援らしい支援をしませんでした。 「二人の結婚生活には、ホーキング、ジェーン、物理学、ALSの四者がいた」という大変さに加え、これはジェーンにとって大きなストレスで、後にチャーリー・コックスに精神的な支えを求める一因となります。 但し、チャーリーとジェーンの関係はも認めるものであり、これでギクシャクすることはありませんでした。 むしろ、二人の離婚の原因となったのは、ケアの女性エレイン・マッソンの存在でした。 彼女らは夫妻の家に同居し、彼らの生活を非難し、夫妻にプライバシーが無くなりました。 「ひそひそ話をされ、私は傷つけられました」と、ジェーンの傷は未だ癒えていないようです。 は、1990年にジェーンの元を去り、1995年にエレインと結婚、ジェーンとジョナサンが結婚するのは1997年になってからのことです。 その後、エレインはの子供達とスタッフに暴力的虐待で訴えられ、2006年に離婚しています。 現在、はチャーリーとジェーンのすぐそばに住んでおり、彼らの良好な関係は続いていますが、ジェーンは「介護の負担は軽減されたが、時計の針を元に戻す事はできない」と語っています。 現実がどうであったにせよ、ジェーンが周囲の反対を押し切ってホーキングの博士と結婚したこと、ホーキング家の支えがない中、ジョナサンという理解者を得ながら博士の介護を独力でやり通し、三人の子供まで育て上げた事は賞賛に値します。 知的で意思の強い彼女にとっての人生の難しさは、介護の大変さもさることながら、が成功し、外部の人間が介護に出入りするようになって、それまで通りに行かなくなったことにあったのかもしれません。 () (ジェーン・ワイルド・ホーキング) 関連動画() 君は、これからどうなるのか知らない〜「」 STEPHEN: Leave me now. JANE: Are you going to about this or not? STEPHEN: Will you just go? JANE: Is that what you want? STEPHEN: Yes it is what I want. If you care about me at all, then please just go. JANE: I can't. STEPHEN: I've got two years to live. I need to work. JANE: I love you. STEPHEN: That's a false conclusion. JANE: I want us to for as long as we've go and if that's not very long, well, then that's just how it is. It will have to do. STEPHEN: You don't know what's coming. It'll affect everything. JANE: Your glasses are always dirty. That's better. Isn't it? STEPHEN: Yes. Yes, it is. ステファン:僕に構うな。 ジェーン:ちゃんと話して。 ステファン:出て行ってくれ。 ジェーン:本気なの? ステファン:本気だ。 僕を思うなら帰ってくれ。 ジェーン:嫌よ。 ステファン:余命二年だ。 研究したい。 ジェーン:愛しているの。 ステファン:それは誤った結論だ。 ジェーン:あなたと一緒にいたい。 たとえ長い間でなくても、私は構わない。 ステファン:この病気はすべてに影響を及ぼすんだ。 ジェーン:いつも眼鏡が汚れている。 ジェーン:ほら。 良くなった? ステファン:よく見えるよ。

次の

映画『博士と彼女のセオリー』ネタバレ感想・解説・考察!あの天才スティーヴン・ホーキング博士と妻の確かな愛

博士 と 彼女 の セオリー 名言

Contents• スティーブン・ホーキング博士 スティーブン・ホーキング博士は「車いすの物理学者」として知られるイギリスの学者です。 大英帝国勲章(CBE を受勲していて、イギリスでは現代の最も偉大な物理学者として尊敬されていました。 若くから難病のため車いす生活を余儀なくされていましたが、それにもかかわらず研究を続けました。 プロフィール 名前:スティーブン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking) 生年月日:1942年1月8日 死没:2017年3月14日 76歳没) 出身地:イギリス オックスフォード 病気になる前の若きホーキングの写真 Today is my birthday. これは全身の筋肉が徐々に動かなくなるという進行性の難病で治ることはありません。 病状の進行は早く、通常は発症してから数年で呼吸筋麻痺に陥り人工呼吸器の補助なしでは生存が不可能といわれています。 ホーキング博士は21歳の大学生という若さでこの病気を診断され、その時に余命数か月と宣告されました。 しかし、博士の場合は途中で進行が弱まり発症から50年以上、病気と闘いながらも研究活動を続けることができました。 ホーキング博士は70代まで活動を続けることができたとはいえ、その毎日は決して容易なものではなかったのです。 車椅子で移動し、手が使えないため筆記もできませんでした。 1985年に肺炎のため器官切開手術を受けてからは、話すこともできなくなりました。 その時危篤状態に陥ってしまった博士は生命維持装置につながれ、医者からはそのスイッチを切って安楽死を勧められたこともありました。 それを当時の妻、ジェーンが断固として断ったそうです。 博士は晩年、コミュニケーションエイドとして重度障害者用意思伝達装置を使い、スピーチや会話はコンピューターによる合成音声を使っていました。 ホーキング博士の死因 ホーキング博士の直接の死因が何であるのかはまだ発表されていませんが、筋萎縮性側索硬化症の結果だというのが自然でしょう。 ケンブリッジの自宅で未明に静かに息を引き取ったとご家族が伝えています。 博士は2013年にBBCのインタビューで安楽死について答え、 「末期の病気で大きな苦痛を持つ場合は、死を選ぶ権利が与えられるべき。 」と述べています。 博士自身も自ら「その時が来た。 」と決断したのかもしれません。 ホーキング博士の家族 初婚のジェーン・ワイルド ホーキング博士は23歳でジェーン・ワイルドと結婚しました。 その間に3人の子供(長男ロバート、長女ルーシー、次男ティモシー がいます。 この二人のなれそめや関係については映画「博士と彼女のセオリー」で詳しく描かれています。 若い大学生だった2人が恋に落ち、その後ホーキングの難病と闘いながら、家族を作り上げる姿。 ジェーンがホーキングを支える様子が印象的でした。 それなのに、この2人は26年間連れ添ったあと、1991年に離婚という結果になってしまいました。 難病にも関わらず研究を続けたホーキング博士を献身的に支え続けたジェーン。 やっとその成果が認められ、博士が世界的に有名になったあと2人が別れることになってしまうとは。 離婚の理由は何だったんでしょうか。 再婚相手のエレーヌ・メイソン ジェーンと離婚したあと、ホーキング博士は1995年、53歳の時にエレイン・メイソンと再婚しました。 エレインは1980年代にホーキング博士の看護を受け持った看護師です。 その夫であるディヴィッド・メイソンはホーキング博士の大ファンのエンジニアで、博士のスピーチ・シンセサイザーを制作したといわれています。 エレインはこの夫と離婚してホーキング博士と再婚しました。 2人の関係はホーキング博士とジェーンとの離婚の前に始まったということなので、これが離婚の原因だと思われます。 さて、この再婚についてはいろいろな問題が報道されています。 ホーキング博士の子供はエレインが父親になかなか会わせてくれなかったと言っています。 ジェーンも自宅には行かないものの、ホーキング博士のオフィスを訪問して子供や孫のことを話したりしていたのに、それがだんだんと難しくなっていたそうです。 また、エレインのホーキング博士の扱いについて警鐘を鳴らす看護師などがいました。 エレインがホーキング博士を虐待しているとして警察に報告した看護師もいましたが、ホーキング博士自身はこれを否定しています。 ホーキング博士は偉大な学者として有名なので一般人からは畏れ多い存在に見えてしまいます。 けれども実際に会った人によると、イギリス人らしくユーモアに富んでいて女性の話もよくするような人だったんだそうです。 「最近は何を考えているんですか」との質問に 「女性だ。 偉大な謎だからね。 」と答えていたのだとか。 難病をも、ものともしない天才博士も女性については問題が絶えなかったようです。 エレインとの離婚後 11年連れ添った後、2人は2006年に離婚するに至りました。 離婚の理由は明らかにされていません。 2人の間には子供はいませんでした。 ホーキングとエレインの離婚後、前妻のジェーンや子供たちはまた博士と会えるようになり事態が改善したと言っています。 ホーキング博士のドキュメンタリー映画「博士と彼女のセオリー」がロンドンで公開された時、ジェーンはホーキング博士と共にレッド・カーペットに登場しました。 下記は2人を演じたエディ・レッドメイン、フェリシティー・ジョーンズと共に映るホーキング博士とジェーンの画像です。 映画「博士と彼女のセオリー」(The Theory of Everything スティーブン・ホーキング博士と最初の妻であるジェーンを描いた伝記映画は2014年に発表されました。 ジェームズ・マーシュ監督の映画はアカデミー賞にも5部門でノミネート、 スティーブン・ホーキングもこの映画化には好意的で、音声データを提供したりして協力しました。 ホーキング博士は出来上がった映画を観て涙を流したそうです。 私も見ましたが、とても感動的な作品に仕上がっていました。 ホーキング博士の業績 スティーブン・ホーキング博士は物理学、宇宙論、数学など幅広い分野において科学に貢献しました。 特に、「ブラックホール理論」に代表される、その独創的な宇宙論は世界的に有名となりました。 スティーブン・ホーキングはオックスフォード大学とケンブリッジ大学で物理学や宇宙論を専攻。 1966年ケンブリッジ大学で宇宙論の学位を取得しました。 1974年に「ブラックホール蒸発理論」を発表し、最年少の32歳という若さで英王立協会会員になります。 1979年から2009年までは由緒あるケンブリッジ大学ルーカス記念教授をつとめました。 ホーキング博士は難解な学術書だけでなく、一般向けに宇宙の魅力などをわかりやすく解き明かすことにも取り組んでいました。 たとえば、1988年に出版した「A Brief History of Time」「ホーキング、宇宙を語る」は世界中に翻訳されて1千万部を売り上げる快挙となったのです。 現代の偉大な科学者の死 スティーブン・ホーキング博士は間違いなく現代の偉大な科学者でした。 その、ホーキング博士は「死後の世界はない。 」と断言していたのでも有名です。 「自由に宙に浮いたら、どんなにすてきだろう。 」語っていたホーキング博士、 今頃宇宙のどこかを浮遊しているかもしれませんね。 (敬称略) 関連記事.

次の

博士と彼女のセオリー : 作品情報

博士 と 彼女 の セオリー 名言

スティーブン・ホーキング氏が死去、「車いすの天才宇宙物理学者」ホーキング博士とは 「車いすの天才宇宙物理学者」 ホーキング博士こと、 スティーブン・ホーキング 英ケンブリッジ大教授 が ケンブリッジの自宅で76歳で 死去されました。 現代宇宙論の進展に大きく貢献した。 出典:時事通信社 難しいことは、お伝えできないのですが、 ホーキング博士の伝記映画、 エディ・レッドメインが主演 「彼女と僕のセオリー」の映画を観て、 本当の天才というものを知りました。 天才の中の天才でしたが、 彼を天才に知らしめたのは、 学生のころ、突然発症した 筋萎縮性側索硬化症 (きんいしゅくせいそくさくこうかしょう 通称、 ALSを患い、 脳以外の、 身体のすべてほとんどが 動かなくなるという病気に犯されたのです。 通常、発症から5年程度で死に至る病気の患者でありながら途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上たっても健在であった。 (出典:wiki) スティーブン・ホーキング氏の名言 英語 そんな ホーキング博士の 英語と日本語に翻訳された名言を 一部ご紹介します。 We should seek the greatest value of our action. 期待値が「ゼロ」まで下がれば、自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く I try to lead as normal a life as possible, and not regret the things it prevents me from doing. 人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない We are just an advanced breed of monkeys on a minor planet of a very average star. But we can understand the Universe. That makes us something very special. 私達はどこにでもある恒星の、マイナーな惑星に住む、血統の良い猿にすぎない。 しかし私達は宇宙というものを理解できる。 ホーキング博士の伝記映画、 「彼女と僕のセオリー」は アカデミー賞で5部門にノミネート。 ホーキング博士役の エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞しました。 「彼女と僕のセオリー」の映画では ホーキング博士が 学生の頃に出会った彼女(のちに妻) とのみずみずしい淡い青春が 素晴らしい脚本と俳優陣、 美しい描写によって、描かれています。 次第に病に犯されていく ホーキング博士を エディ・レッドメインが若き日から 老いた日までを熱演、 身体が徐々に動かなくなる天才、という 難しい役を見事に演じています。 ホーキング博士の伝記映画、「彼女と僕のセオリー」の感想 そして何と言っても、 学生の頃に出会った彼女(のちに妻) ジェーン・ワイルドと恋に落ち、 その妻とホーキング博士の愛に感動し、 涙が止まりません。 ホーキング博士は、死後の世界はない、 と提唱されています。 しかし、私たちには その天才の残した偉業が残されています。 本当に感動した映画に入る、 とても素晴らしい人にオススメしたい 大好きな映画、 「彼女と僕のセオリー」 どうか、ホーキング博士と 映画を知って欲しいです。 観てください。 観てよかった、と必ずあなたの人生に刻まれるはずです。 スポンサーリンク.

次の