バイク ニンジャ。 速報:ニンジャZX

ニンジャ400/カワサキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

バイク ニンジャ

シャープなスタイリングにライトウェイト、ハイパフォーマンスを兼ね備えたNinja 250。 質感の高いボディワークや力強いエンジン、軽く扱い易いハンドリング、スポーティ且つ快適なライディングポジションをより高い次元で実現しています。 また、アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなどを標準装備しライダーをサポート。 Ninja 250 KRT EDITION車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うカワキレーシングチームのNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。 よりアグレッシブな雰囲気を演出しています。 Ninja 250の奥深い魅力は、多様なシーンで幅広いライダーにモーターサイクルの楽しさを提供します。 Ninja 250・Ninja 250 KRT EDITION 車名(通称名) Ninja 250 Ninja 250 KRT EDITION 一次減速比/二次減速比 3. 5m 2速 1. ・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。 ・メーカー希望小売価格は参考価格です。 詳しくはカワサキ正規取扱店(カワサキプラザを含む)までお問合せください。 ・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。 ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。 ・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。 ・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。 ・当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場 Kawasaki Motors Enterprise Thailand Co. ,Ltd. において生産されたものです。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

次の

ニンジャ250 スペシャルエディション(カワサキ)のバイクカタログ[19109]

バイク ニンジャ

購入動機 VTR-F買い替えとして、また前モデル所有経験から進化した性能、装備に魅力を感じて購入。 普通二輪免許取得したばかりの娘と共用のバイクとして利用。 長所・満足している点 乗りやすく250ccクラスとして性能も十分なところ、燃費もよく、装備、質感も現代風になり満足している。 初心者でも乗りやすい。 短所・不満な点 ハザードスイッチが無いところ、メーカー系販売店で出している別売品を納車時に装着してもらった。 安全上でも必要な装備かと思う。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス かっこ良くて、性能も満足いく、バランスの取れたモデル。 フルカウル250ccの先駆者としていまだ魅力の高いバイク。 すべて 353• 有り 285 保有状態• 昔乗っていたバイク 78• 今乗っているバイク 275 カスタム情報• すべて 353• 有り 224 Myバイク登録年• 2020年 5• 2019年 24• 2018年 35• 2017年 36• 2016年 30• 2015年 58• 2014年 93• 2013年 63• 2012年 5• 2011年 2• 2010年以前 2 車種の年式• ~ 都道府県別• 全て 333• 北海道 3• 東北 12• 青森県 0• 岩手県 1• 宮城県 5• 秋田県 2• 山形県 0• 福島県 4• 関東 137• 茨城県 2• 栃木県 5• 群馬県 3• 埼玉県 28• 千葉県 16• 東京都 41• 神奈川県 42• 北陸・甲信越 17• 新潟県 6• 長野県 5• 山梨県 1• 富山県 2• 石川県 2• 福井県 1• 東海 49• 静岡県 12• 岐阜県 6• 愛知県 23• 三重県 8• 関西 59• 大阪府 29• 京都府 6• 滋賀県 3• 兵庫県 11• 奈良県 4• 和歌山県 6• 中国 12• 鳥取県 1• 島根県 1• 岡山県 6• 広島県 2• 山口県 2• 四国 5• 香川県 1• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 4• 九州・沖縄 39• 福岡県 17• 佐賀県 1• 長崎県 5• 大分県 0• 熊本県 3• 宮崎県 3• 鹿児島県 4• 沖縄県 6.

次の

Ninja 250(カワサキ)のバイクを探すなら【グーバイク】

バイク ニンジャ

バイクの名前は数字やアルファベット表記が当たり前。 となると、どうしても欧米系の言語をルーツとする車名が多くなる。 英語はもちろんだが、ほぼローマ字読みできてしまうイタリア語やスペイン語も少なくない。 しかし日本人が読みやすいということなら、日本語に勝るものはないはずだ。 そもそもメーカー名は日本語なのだし、日本語の響きや漢字表記は海外で好まれるという事実もある。 というわけで、日本語由来の車名を持つオートバイを探してみよう!• オートバイの車名はアルファベットと数字の組み合わせが多く、クルマに比べてペットネームが極端に少ない。 ただでさえそういった状況なのに、そのなかで日本語に由来のある車名を持つモデルはいったいどれだけあるのだろうか? 最初にお断りしておくと、戦前から1960年代にかけて、日本には雨後の筍のように数多のオートバイメーカーが生まれては消えていったという歴史がある。 その数は100とも200とも言われている。 それらをすべて把握するのは難しいし、当時の車名はメーカー名とモデル名の区別が曖昧で、日本語のメーカー名に排気量などを示す数字を付けるなどして、そのまま車名としているものも少なくなかった。 というわけで、ここでは現代まで生き残ったホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4大メーカーに絞って探していくことにする。 ホンダ・ベンリィ ベンリィCB125(1969) ベンリィSL90(1969) ベンリィSL125S(1970) ベンリィCD125T(1993) ベンリィCL50(1997) ベンリィ50S(2003) ベンリィ110(2017) 語源は「便利」。 源流は1953年に登場したベンリイJ型(当初は末尾の「イ」が大きかった)まで遡る。 もともと単一モデルに付けられた車名だったが、次第に一連のシリーズ全体を指すブランド名のような意味を持つようになった。 ロードスポーツ、ビジネスモデル、オフロードモデルなどコンセプトは多岐に渡っていたが、現行モデルはスーパーカブと並ぶビジネスモデルという位置付けに落ち着いている。 ホンダ・カレン カレンNX50(1979) 「可憐」を語源としており、後のトヨタ・カレンと同名だが、あちらがCURRENなのに対して、本家のこちらはCARENとなる。 スクーターの源流とも言える50ccのファミリーバイクだ。 ホンダ・ラクーン ラクーン(1980) 「ラクラク乗れる」という意味を込めてネーミングされたレジャーバイクで1980年に登場した。 ホンダ・イーハトーブ イーハトーブTL125S(1981) 「イーハトーブ」とはまるでヨーロッパ系言語のような響きだが、宮沢賢治が生み出した造語で、「理想郷」を意味する。 当然ながら日本語と見なせる。 デビューは1981年で、トレッキング走行はもちろん、ツーリングやトライアル的な走行にも応えられる用途の広いスポーツバイクとして開発された。 エンジンは4サイクルの単気筒125ccの単気筒で、最高出力8. 5psを発生した。 ホンダ・ズーク ズーク(1990) スニーカーのように気軽に駆け回れる存在として、靴を意味する「ズック」を転訛させた造語。 もともとズックは麻でできた布を意味するオランダ語を由来とするが、ランドセルやカステラと同様に、本来の意味から少し変化した形で定着した言葉という点においては日本語と見なすことができるだろう。 デビューは1990年で、所ジョージをCMに起用したことでも知られる。 非常にシンプルなつくりで、販売価格は8万9000円(!)だった。

次の