空腹 こそ 最高 の クスリ。 「『空腹』こそ最強のクスリ」青木厚著|日刊ゲンダイDIGITAL

「16時間の空腹」でカラダはどう変わる? 『「空腹」こそ最強のクスリ』

空腹 こそ 最高 の クスリ

が!今日もまだ160mmHgと下がっていませんが、今日は我慢して服用せず明朝状況みてからどうするか判断します。 空腹時間実施に期待します。 りんご1個・人参1本・ゴーヤー1本・キダチ生葉2枚・生ジュース 500mlを、自宅滞在時毎日作り、 シークァーサー酢大さじ3杯入れて 愛用しています。 水は一切入っていません。 だから!今後もず~と続けます 出張時は持参したシークァーサー酢を大さじ3杯に500mlミネラル ウォーター混ぜて、キダチ錠剤サプリ6錠を飲みます。 便秘ピタッと大効果発揮します。 お手軽に作れて本の通り冷凍庫保存で便利!たっぷりの具を入れて 楽しんでいます。 日本人はなんと言ってもみそ汁ですね。 「オードファ」とは、 「細胞内の古くなったタンパク質が新しく作り替えられる」というもので、 細胞が飢餓状態や低酸素状態になると活発化するそうです。 青木先生は、16時間推奨ですが、仕事の関係で午前10時の朝食は無理なため、 17時間にして、午後0時昼食で、1日2食生活して6日目ということです。 絶食!座禅!と聞いただけで、一般人には難しく感じますが、 この空腹18時間は普通の生活に簡単組み入れることができました。 睡眠時間と組み合わせると容易に実現しました6日目まだ苦痛を 感じた日はありません。 午前9時頃空腹感が襲いますが、さあ~~肝臓の糖がなくなる 時間だぞう~~と体内に言い聞かせてコンしております。 まだ血圧!便秘!不安定ですが、クスリは、一切していません。 そう云えば、パソコン長時間使う仕事のため、 寝るとき目クスリは利用しています。 id1942.

次の

「16時間の空腹」でカラダはどう変わる? 『「空腹」こそ最強のクスリ』

空腹 こそ 最高 の クスリ

が!今日もまだ160mmHgと下がっていませんが、今日は我慢して服用せず明朝状況みてからどうするか判断します。 空腹時間実施に期待します。 りんご1個・人参1本・ゴーヤー1本・キダチ生葉2枚・生ジュース 500mlを、自宅滞在時毎日作り、 シークァーサー酢大さじ3杯入れて 愛用しています。 水は一切入っていません。 だから!今後もず~と続けます 出張時は持参したシークァーサー酢を大さじ3杯に500mlミネラル ウォーター混ぜて、キダチ錠剤サプリ6錠を飲みます。 便秘ピタッと大効果発揮します。 お手軽に作れて本の通り冷凍庫保存で便利!たっぷりの具を入れて 楽しんでいます。 日本人はなんと言ってもみそ汁ですね。 「オードファ」とは、 「細胞内の古くなったタンパク質が新しく作り替えられる」というもので、 細胞が飢餓状態や低酸素状態になると活発化するそうです。 青木先生は、16時間推奨ですが、仕事の関係で午前10時の朝食は無理なため、 17時間にして、午後0時昼食で、1日2食生活して6日目ということです。 絶食!座禅!と聞いただけで、一般人には難しく感じますが、 この空腹18時間は普通の生活に簡単組み入れることができました。 睡眠時間と組み合わせると容易に実現しました6日目まだ苦痛を 感じた日はありません。 午前9時頃空腹感が襲いますが、さあ~~肝臓の糖がなくなる 時間だぞう~~と体内に言い聞かせてコンしております。 まだ血圧!便秘!不安定ですが、クスリは、一切していません。 そう云えば、パソコン長時間使う仕事のため、 寝るとき目クスリは利用しています。 id1942.

次の

「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚/著 本・コミック : オンライン書店e

空腹 こそ 最高 の クスリ

「ストレスなし」「間食あり」で体重マイナス2kg! 実践したのは、下記2パターンの空腹時間設定。 前日夕食を20時までに終える+7時間睡眠+朝食を抜いて昼12時に昼食• 前日夕食を19時までに終える+7時間睡眠+朝食を抜いて午前11時に昼食 こうしてみると「16時間って、意外とあっという間」という感じがしませんか? 昼食をとってから夕食までは、それまで通り。 間食もとっていました。 しかし、空腹時間を設ける前と比べて 体重マイナス2kgのダイエットに成功 していました! 以前悩まされていた胃もたれや胸やけの症状もありません。 これは個人的な感想ですが、前の食事から16時間空けていると、食事再開後にずっしりと食べ物がおさまっている、という感覚が強烈にあります。 「もう何も食べられない……」「昼にしっかり食べたし、夕食は控えめでいいかな……」 という気分になるのです。 毎日その繰り返しですので、知らず知らずのうちに夕食の量も減っている気がします。 睡眠を含める16時間の空腹プログラムは、 「ハードな糖質制限は面倒」「好きな食べ物を我慢するのは嫌。 でも美容や健康のために体重を落としたい」「無理せず健康を維持したい」という人にぴったり かもしれません。 「ラスト1時間」だけがしんどいかもしれない とはいえ、昼食をとるまでの 「ラスト1時間」に感じる空腹は、慣れないと結構しんどい もの。 お腹が空いて仕事に集中しにくかったり、何か口にしたくなったり、ということがあります。 本書では、空腹時間にとってもいい食べ物について• ナッツ類(できれば味付け無し、素焼きのもの)• 生野菜サラダ• チーズ• ヨーグルト を挙げています。 また、甘い炭酸飲料が飲みたい場合は、血糖値が上がらない人工甘味料を使用した ゼロカロリーの飲み物 をすすめています(私の場合、ただの炭酸水でお腹を膨らませて空腹をしのぎました)。 ナッツ類が良い理由には、 不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維が含まれている こと、 でご説明した 「オートファジー」を助ける不飽和脂肪酸も含まれている ことなどがあるそうです。 「長時間何も食べない」ということに慣れていない、口さびしくなってしまう、何か食べないと仕事に集中できない、という場合には、ナッツ類を上手く活用するのがいいかもしれません。 「ナッツ類が苦手」「アレルギーがある」という人は、 生野菜サラダやチーズ、ヨーグルト で空腹を抑えましょう。 定期的な運動も継続中 ライターの仕事はデスクワークがほとんどで、運動不足に陥りがちなのも個人的に悩みのひとつでした。 現在は、週2回のスポーツジムでのトレーニングも並行しておこなっています。 メニューは、下半身強化をメインにした筋トレ20分+トレッドミルによる有酸素運動30分。 「無理せず続けられるのはこのくらいかな」と思って設定したメニューなのですが、 空腹時間を設けて身体が少し軽くなったせいか、運動にもより力が入るように なりました。 結果が数字にあらわれると 「もう少し頑張って肉体改造してみよう」 という気持ちになるもの。 運動とあわせて「16時間空腹」をもう少し続けてみて、自分のコンディションにさらなる変化があるかどうか観察していきたいと思います。

次の