覚書 確認書。 覚書と契約書はどう違うの? 覚書について再確認-Manegyニュース

【例文・テンプレートあり】覚書とは?その役割と書き方の決まりについて解説

覚書 確認書

「誓約書」 有ることを相手に約束するために差し入れる書類です。 入社時に「就業規則に従うとか、会社に損害を与えた場合は責任をとる等」の事項を約束する場合にも書きます。 させるものです。 「確約書」 或る事柄を必ず実行すると約束する時に書きます。 「確認書」 或る事柄を双方で確認したことを、後日のために書類にして残す場合に作成します。 「同意書」 相手の意見・考え方などに、賛成したり、その行為をみとめることを意思表示する書類。 手術などの時に病院に提出します。 「契約書」 商取引きなどで約束した条項を記し、その取引の成立を証明する文書。 売買契約書 賃貸借契約書などがあります。 いずれも、公序良俗に反しない内容で、差し入れた者や双方が了承して、署名捺印が有れば効力が有ります。 たとえば法律違反になることを約束し、守らなくてもそれは一向に構いません。 逆に守らないと誰かに損害を与えるようなことであれば、その損害についての賠償責任を負います。 そうするとこれは民法上の契約として立派に成立していますので、賠償金を支払う、拒否すれば法的手段で強制されることもあります。 誓約書も「契約」です。 民法ではまっとうな契約であれば遵守を求めていますので、守らない場合はその内容により損害賠償などを求められることがあるということです。 なんにしてもその内容次第です。 契約が法律上不適当な契約であれば法的な請求などは出来ないので、意味がありませんが、法律上も適当な契約であれば有効ですから。 Q 私の母が所有している母の実家の土地を巡る同意書の法的効力についての質問になります。 前々から近所の土地所有者などが反対していた為に4m幅の道路を作る計画が進んでいなかったのですが、先日不動産会社が母を訪ねてきまして、母が所有している土地の一部を譲渡してもらうための同意書を持ってきたそうです。 母は以前から大きな道ができればみんなが生活しやすくなると考えていたらしいので、とくに何の考えもなくその同意書にサインしてしまったそうなのですが、最近になってその事をとても後悔するようになりました。 法律的な事がさっぱりわからないので、母が来週市の相談所に行って話を聞いてくる予定なのですが、私の方でもその話を聞いてきになっておりますので、こちらで質問させていただいた次第にございます。 ちなみに、二ヶ月ほどまえに同意書にサインをしたものの、それ以降話がされておらず、土地の権利書に判を押す段階には至っていないらしいのですが、この場合同意書にサインしてしまった内容について無効にすることは可能なのでしょうか? 詳しい内容は知らされていないために、補足することができないかもしれませんが、どなたかなにかアドバイスを頂ける様でしたらどうぞ宜しくお願いいたします。 私の母が所有している母の実家の土地を巡る同意書の法的効力についての質問になります。 前々から近所の土地所有者などが反対していた為に4m幅の道路を作る計画が進んでいなかったのですが、先日不動産会社が母を訪ねてきまして、母が所有している土地の一部を譲渡してもらうための同意書を持ってきたそうです。 母は以前から大きな道ができればみんなが生活しやすくなると考えていたらしいので、とくに何の考えもなくその同意書にサインしてしまったそうなのですが、最近になってその事をとても後悔するように... A ベストアンサー 同意書は原則としてその記載内容は有効と考えてください。 その上で、 1.母に錯誤があれば取り消すことができます。 また、同意の際脅迫があった場合は無効となります。 ですから、うまいこと説明されて勘違いしたと主張できるのなら 取り消すことは可能です。 2.同意書に記載されていないことは、範囲外ですから交渉をうまく すれば譲渡契約を回避することが可能かも知れません。 例えば、譲渡期限が記載されていなければ、準備が整っていない といって期日を延伸することができます。 内容の記載漏れを精査してみてください。 3.相手が不動産屋の場合、業法で不動産売買には所定の手続きが求め られます。 同意書は正式な売買契約ではありませんから契約を拒否 することはできます。 ただしこの場合は違約金を請求される可能性 があります。 取りあえず、白紙撤回する旨の通告は早めにしてください。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

【ビジネスマン必読】覚書の基本的な書き方と雛形の注意点について

覚書 確認書

覚書の効力(法的拘束力)について解説します。 覚書とは 覚書とは何であるかについて法律上の定義はありません。 実務で用いられる覚書はその内容や役割も様々です。 企業間取引において覚書が用いられる場面は例えば以下のとおりです。 既に締結済みの契約書の一部を修正する(変更合意書としての機能)。 例えば、取引条件の一部を変更したり、不足している内容を補充したりする場合です。 この目的で作成する覚書についてはこちらの記事( )をご参照ください。 契約の交渉において、暫定的に合意できた事項を記録に残す。 主として契約の大きな枠組みや基本的な条件について取り決めることが多いといえます。 何らかの事情で契約書という形式にすることを避けるため、内容的には契約書と見うるものであってもタイトルだけを覚書とする。 個別具体的な案件について事実や認識の記録として作成する。 上記のとおり、覚書は法律文書を作成することの前提として、あるいは補助するものとして、さらには法律文書そのものとして用いられます。 覚書というだけでどのような性質の文書であるかが定まるものではなく、その内容や締結の経緯から判断することになります。 覚書の形式 覚書を締結するのに定まった形式はありません。 「覚書」というタイトルの下、記録したい内容を記載したうえで、関係当事者が記名押印(署名も可。 以下同じ。 )することが多いといえます。 一方の当事者のみが記名押印し、他方当事者に差し入れることも可能です。 差入れ形式の場合、文書のタイトルは覚書ではなく「念書」とするのが一般的であると思います。 記名押印がないものもありえますが、そうなると文書単体では後述する法的な拘束力は認められません。 当事者間で交わされたメモ程度の位置づけとなります。 覚書の効力(法的拘束力) 覚書に法的拘束力はあるのかという問題がありますが、これはケースバイケースです。 法的拘束力がある場合もあれば、ない場合もあります。 覚書の記載内容や覚書が締結された経緯から見て、当事者に法的拘束力のある合意として扱う意思があったと認められれば法的拘束力を有します。 しかし、当事者間にそのような意思があったと認められない場合には法的拘束力を有しません。 上記のとおり、覚書が法的拘束力を有するか否かは事案によります。 相手方から覚書を提示されて締結を求められても、タイトルだけで判断せず、中身を精査して、法的な義務を生じさせるような内容・文言となっているかを確認する必要があります。 一つの覚書の中に拘束力のある条項と拘束力のない条項が混在していることもあります。 前者の例としては、正式契約の前に締結する覚書の中に含まれる一定期間の独占交渉権を定める条項や守秘義務条項などがあります。 覚書の内容が適切なものであるかを確認する 当然のことではありますが、覚書に記載された内容そのものが自社の意図に沿ったものであるか否かを確認する必要があります。 このことは法的拘束力がない覚書であっても変わりはありません。 覚書は単なる口約束ではなく、れっきとした文書です。 企業間取引において文書化された事項にはそれなりの重みがあります。 覚書を締結する前には内容面の精査は欠かせません。 仮に覚書の効力を軽視してその内容に違反するようなことがあれば当然相手方は黙っていません。 無用のトラブルを防止するためにも、守れない約束はしない、約束したら守る、というのが原則です。 契約の交渉過程において基本事項を確認する覚書を締結するような場合、その後事情が変わらない限り、正式契約においても同じ内容とするのが通例です。 正式契約において覚書と異なる内容とするのは容易ではありません。 そのため、交渉過程の暫定的な覚書であっても、やはり内容を十分吟味する必要があります。 覚書の法的拘束力を認めた裁判例 覚書の法的拘束力を認めた裁判例として以下のものがあります(松江地判平27・12・14)。 【事案の概要】 自治体(原告)と養豚場を営む会社(被告)との間で締結された養豚場からの排水の環境基準等を定めた覚書の法的拘束力が争われた。 訴訟において会社は、覚書は有効でない、仮に有効であるとしても、努力目標ないし紳士協定に過ぎず、法的義務を定めたものではないと主張。 【裁判所の判断】 本件排水基準の合意について法的拘束力があるか否かについては、契約内容の一般的有効要件に加え、当事者の合理的意思を解釈して決すべきである。 本件の合意に契約内容について一般的有効要件に欠ける点はない。 また、合意の文言として、「生物化学的酸素要求量(BOD)20mg/L以下の排水をJ川に放流するものとする。 」との文言が用いられていることや、被告代表者が覚書を締結した際に原告からその遵守を求められていた経緯からして、被告代表者は法的拘束力があることを前提に覚書を締結したといえる。 (結論として裁判所は覚書の法的拘束力を認めた。 ) 覚書の法的拘束力を否定した裁判例 覚書の法的拘束力を否定した裁判例として以下のものがあります(東京地判平25・4・18)。 【事案の概要】 コンサルタント会社である原告が中古ソフト等の買取り・販売等を行う被告会社のグループ会社にコンサルティング業務を行ったと主張して、両社間で締結された覚書に従った成功報酬の支払等を求めた。 被告会社は問題となった覚書は会社間において何らかの法的効力を生じさせる趣旨の書面ではないとして争った。 【裁判所の判断】 本件の覚書は被告会社等の取締役会で諮られた形跡はない。 本件の覚書は被告会社の代表者の肩書なしの個人名での署名がされ、押印もされないままに作成されている。 本件の合意は今後進める予定の協議内容の方向性を確認したというべきものであって、被告会社等の会社組織としての最終的な合意事項を定めたものと認めることはできない。 さらに、本件の覚書の記載内容はいまだ一般的抽象的かつ宣言的なものにとどまっており、特定の相手方に対して具体的かつ特定した法的義務を負担させる内容となっていない。 これらの事情からすると本件の覚書に基づく報酬支払合意の成立は認められない。 まとめ 覚書は実務で頻繁に目にしますが、その法的な位置付けや効力については曖昧なままに締結されることがあると思われます。 それがある意味では使い勝手の良さでもありますが、場合によってはその効力を巡って紛争になることもあります。 自社として覚書に法的拘束力を持たせたい、あるいは持たせたくないことが明確である場合にはその旨規定しておくこともご検討ください。 【次にお読みいただきたい記事】 契約書に関して他にもお役に立つ記事を掲載しています。 【記事カテゴリー】 契約書や取引について弁護士に相談することができます。 【業務案内】 【業務案内】.

次の

親しき仲こそ契約書を|契約書・覚書・念書の違い|

覚書 確認書

約束事は書面に残すのが一番です。 約束事は本来文書で残しておくべきですが、立場上相手方に文書交付の要求ができなかったり、馴れ合いなどで口約束で済ませてしまうことはよくあることです。 ご存じの方も多いでしょうが、民法上の契約である売買、贈与、請負、委任、賃貸借などはいずれも口頭での契約が有効です。 文書にして残すのは後々のトラブル防止のためです。 トラブルが発生してから悔しい思いをすることのないように、約束事はできるだけ文書にして残すことをお勧めします。 契約書を交わすタイミング 文書作成は当事者同士の話し合いが合意に至った直後が一番良い時です。 金銭の貸借であれば、現実に貸し渡すときです。 ですから、あらかじめ予定された話し合いや契約に臨むときは、その目的に合致した契約書等を事前に用意して応じると、後々の手間を省くことにもつながります。 事前に用意できないのであれば、覚書や念書のような形式でもよいですから、合意内容等をその場で文書にして残すべきでしょう。 文書の表題(タイトル)について 約束事を文書にする場合、タイトルで悩む方も多くいらっしゃるようです。 金銭貸借契約であれば、「借用書」でよいのか、それとも「金銭消費貸借契約書」とすべきなのか。 業務上の契約であれば、「請負契約書」とすべきか、それとも「委任契約書」とすべきか、といった問題です。 (最近は、委任契約と請負契約が混合したような「業務委託契約書」というタイトルも多くなりました。 ) また、文書の性質を表す表題には契約書のほか、覚書や念書などもあり、その選択にお困りになったという話も伺います。 そこで、文書のタイトルについて、契約書や覚書、念書などの意味も含め、以下で解説します。 表題(タイトル)の考え方 「表題(タイトル)」は、その文書がどんな内容なのかを一目でわかるようにするために便宜上記載されるもので、原則として契約書の効力に影響を及ぼすものではありません。 単に「契約書」とだけ記載されていても構わないのです。 しかし、タイトルを明確にしておくことで文書の管理はしやすくなります。 単に「契約書」や「覚書」となっている文書は、全文を読まなければその内容を判別しづらいからです。 また、約定事項に曖昧な部分がある契約書について、その作成当事者の一方が死亡した場合などに、他方当事者が自分に都合の良いように解釈・主張してきたとき、タイトルがハッキリしていれば、文書内容の判断材料として役立つものとも考えられます。 覚書とは 覚書とは、契約書を作成する前の段階で、当事者双方の合意事項を文書にしたものや、既にある契約書を補足・変更した文書のことを言います。 但し、文書の実態が、契約の基本を定めた内容になっているものは、タイトルが「覚書」となっていても契約書とみなされます。 また、契約関係にない者同士が、あることについて取り決めを行った場合に作成する文書のタイトルを「覚書」とすることもあります。 一般的に「契約書」という響きは、どちらかというと硬いイメージがあります。 署名を求められる側が身構える文書、とも言えるでしょう。 そこで、できるだけ波風を立てないように相手方と書面で約束を交わしやすくする方法として、「覚書」等のやわらかいタイトルを使用した契約書が作られることもあります。 なお、覚書の実態が契約書であれば、記載内容に従って印紙の貼付も必要になります。 契約書の内容 約束事を文書にする場合、何の契約なのか(何を約束したのか)をハッキリ記載することはとても重要です。 例えば、業務に関する契約には、委任契約や請負契約があります。 それぞれ民法に規定のある契約ですが、契約当事者それぞれの権利や義務、また責任に違いがあります。 目的にあった契約書にしなければ、勘違いから思いがけない不利益をこうむることもあります。 また、市販の定型契約書を利用されるのであれば、合意内容に合致した契約書であるかをしっかり確認する必要があります。 なお、「契約自由の原則」という言葉がありますが、何でもかんでも有効になるわけではありません。 公序良俗に反する内容は無効になります。 (民法90条) 【民法588条 準消費貸借】 消費貸借によらないで金銭その他の物を給付する義務を負うものがある場合において、当事者がその物を消費貸借の目的とすることを約したときは、消費貸借は、これによって成立したものとみなす。 準消費貸借契約に置き換えるメリットの一つとして、消滅時効期間の延長があります。 商取引上の売掛金の消滅時効は2年間と短く、うっかりしていると時効で取りはぐれる事態になることもあり得ますが、商取引の金銭準貸借消費貸借契約の場合は時効期間が5年になりますし、商取引以外であれば10年になります。 また、売掛金の支払期限を延ばす代わりに債務者に連帯保証をつけてもらい、その上で金銭準消費貸借契約書を作成して返済を確かなものにしていく方法もあります。 保証契約 連帯保証などの保証契約は、 書面(または電磁的記録)によらなければ無効となります。 (民法466条2項、3項) 単なる口約束では効力がありません。 印紙について 契約書には、印紙税法の区分により印紙を貼らなければなりません。 しかし、印紙が貼られていないからといって、契約書自体が無効になるわけではありません。 あくまでも税法上の問題で、印紙を貼付しなかったり額が不足している場合は、印紙税額の3倍に相当する額の過怠税がかかります。 1倍に軽減されます。 ) なお、覚書や念書もその内容によっては、契約の成立や変更などを証明するために作成される文書として印紙税法上の契約書に含まれますから、収入印紙を貼らなければならない場合があります。 印紙税の詳細については、以下の国税庁のウエブサイトをご覧ください。

次の