腎盂 腎炎 予防。 腎盂腎炎

腎盂腎炎の治療期間と安静期間はどれくらい?どうやって過ごせばいいの?

腎盂 腎炎 予防

腎臓の中にある「腎盂」(じんう)という部位に細菌が繁殖し、炎症を起こす病気を「腎盂腎炎」といいます。 発熱、背中の痛み、排尿痛などがある場合は迷わず受診しましょう。 東京品川病院 泌尿器科部長 青木九里(あおき・くり)先生に、原因や治療法を教えていただきました。 基礎疾患がある場合は入院することも 腎盂腎炎は、腎臓の中にある「腎盂」という部位に細菌が繁殖し、炎症を起こした状態です。 腎盂は尿を集めるための器官で、尿管によって膀胱とつながっています。 膀胱と尿管の間に尿の逆流を防止する機構があるため、通常は膀胱から腎臓へ尿が逆流することはありません。 しかし膀胱炎によって尿の逆流防止機構が破壊されると、細菌を含んだ尿が腎盂に逆流し、腎盂腎炎を引き起こします。 腎盂腎炎は、単純性と複雑性の2種に分かれます。 単純性腎盂腎炎は、合併症(ある病気が原因となって、別の病気を引き起こすこと。 例えば、糖尿病の合併症として、動脈硬化症が引き起こされる... など)のない腎盂腎炎のこと。 いっぽう複雑性腎盂腎炎は、尿路結石や膀胱尿管逆流症などの尿路の基礎疾患や、糖尿病や膠原病などの全身性の基礎疾患、抗がん剤、ステロイド治療による免疫低下状態などによって発症する腎盂腎炎のことです。 閉経後に発症する腎盂腎炎は、ほとんどが複雑性。 悪化しやすく、腎盂腎炎そのものと並行して、基礎疾患の治療が必要なケースもあります。 また、男性は尿道が長く、炎症が腎盂にまで至ることは稀です。 ただし基礎疾患がある場合は、年齢を問わず腎盂腎炎になる可能性があります。 腎盂腎炎を引き起こす細菌は、腸や皮膚にいる大腸菌がほとんどです。 治療には、抗生剤を使用します。 軽症の場合は、通院と服薬のみで治療します。 ただし複雑性腎盂腎炎は急激に悪化することもあるので、軽症でも入院をすすめられるケースもあります。 腎盂腎炎が悪化すると、細菌が血液へ侵入して敗血症を招き、最悪の場合、多臓器不全で死に至ることもあります。 発熱、背中の痛み、排尿痛などの症状があれば迷わず泌尿器科を受診してください。 腎臓の役割 腎臓:血液をろ過し、尿を作る 膀胱:尿をため、一定量になったら排出する 尿道:尿を体外に排出する。 男性は約20cm、女性は約4cmほどの長さ 尿管:腎臓から膀胱へ尿を運ぶ。 】 腎臓は血流の豊富な器官で、血中の老廃物の排出や、体液のバランス、血圧の調整などさまざまな役割を担っている。 腎盂腎炎が悪化すると、腎臓で繁殖した細菌が血液に侵入し、やがて全身に炎症を引き起こして敗血症になるおそれがある。 排尿の量や回数が減ると膀胱に細菌が繁殖しやすくなるので、毎日きちんと水分を摂りましょう。 免疫力の低下も、細菌の繁殖と炎症を招きます。 食生活や運動、睡眠のバランスを整え、免疫力を高めることがいちばんの予防法です。 また、膀胱と尿管の逆流防止機構が生まれつき弱く、膀胱から尿管へ尿が逆流する疾患を持つ人もいます。 定期的に人間ドックなどの健診を受け、全身に関わる病気の早期発見・治療につなげてください。 取材・文/高橋星羽(デコ) イラスト/片岡圭子 東京品川病院 泌尿器科部長 青木九里(あおき・くり)先生 1995年、東京女子医科大学卒。 東邦大学大学院博士号取得。 東邦大学医療センター大森病院などを経て現職。 日本泌尿器科学会専門医・指導医。 日本性感染症学会認定医。

次の

腎盂腎炎の治療期間と安静期間はどれくらい?どうやって過ごせばいいの?

腎盂 腎炎 予防

腎盂腎炎の場合、基本的に入院治療で安静と保温、水分補給などに努める 腎盂腎炎は高熱、痛み、倦怠感、食欲不振といった全身症状が強いのが特徴。 通常は菌血症を起こしているので、きちんと処置しないと敗血症になる恐れがあります。 そのため、治療は基本的に入院治療で行われます。 元気で食欲もあるという場合には通院治療も可能ですが、安全性を重視するため、腎盂腎炎と診断されたら入院治療を勧められることが多いです。 腎盂腎炎の治療の原則は点滴。 その主な理由は以下の2つです。 水分をたくさん取れば尿量が多くなるので、細菌を洗い流す効果も。 用いる抗生物質は「腎盂腎炎の症状・診断」の章の『細菌の培養検査』で説明した手順に基づいて原因菌に有効な種類が選ばれます。 治療の経過・治療にかかる期間 原則的に入院治療となるので安静と保温、水分補給、抗生物質摂取に努めれば、3~5日で発熱は治まります。 それから先は通院治療も可能です。 ただし、抗生物質の投与は通常2週間程度続けます。 たとえ熱が下がっても細菌がなくなったわけではありません。 一旦治ったように見えても腎臓へのダメージが残っていることが多いので、油断するとぶり返すことがあります。 このような理由で細菌を完全に叩くために、一定期間の抗生物質の投与が必要となるわけです。 入院中は点滴で、退院後は内服で行います。 基礎疾患がある場合の治療法 例えば、基礎疾患として、尿管や腎盂にいっぱい溜まっていた尿で腎臓が腫れる水腎症があって、腎盂腎炎を起こしていた場合、いくら抗生物質を投与しても効かない場合があります。 腎臓の腫れが尿の流れを妨げるので、まずはそれを改善するための治療が必要。 先天的に尿が逆流してしまう場合も、逆流自体の治療をしなくてはなりません。 腎盂腎炎の慢性化の可能性 腎盂腎炎の炎症は急激に起こりますが、抗生物質の投与などで適切に治療すれば完全に治るので、慢性腎盂腎炎になることはありません。 しかし、抗生物質が合わなかったり投与が不完全だったりすると、慢性化する恐れもあります。 一旦治っても体質的に膀胱から逆流しやすい人は、慢性化しやすいと言えます。 腎盂腎炎の予防法・再発防止法 腎盂腎炎が疑われる場合、泌尿器科では通常、逆流の有無を検査します。 具体的には患者の膀胱の中に造影剤を入れた上で排尿させて、膀胱の中の造影剤が尿管に上がっていくかどうかを調べます。 内科ではあまり行われません。 併せて、超音波検査やレントゲン撮影で腎臓の腫れをチェックします。 基礎疾患があればそれを治療し、基礎疾患がまったくなく、たまたま上がってきたということなら予防法をアドバイスします。 具体的な方法としては、基本的には尿道から膀胱に細菌が入らないように局所を清潔に保つよう心がけるのが第一。 この病気は圧倒的に女性に多いので、例えば排便後は後ろから前に拭くのではなく、前から後ろに拭くようにアドバイスします。 また、回数であれ相手の数であれ、性的にアクティブな女性は性行為によって細菌が逆流することがあるので、行為後の排尿を勧めます。 腎盂腎炎ではありませんが性行為をすると必ず膀胱炎になる人がいます。 外陰部から尿道にかけてたくさんいる細菌の一部が、尿道から膀胱の中に引き込まれるからです。 そういう人には行為後に抗生物質を飲むようにアドバイスします。 水分をたくさん摂ってなるべく膀胱を尿で洗い流し、寝るときは膀胱の中を空っぽにしておくことも一つの方法です。

次の

腎盂腎炎の看護|原因、予防、治療と発症患者に対する看護計画

腎盂 腎炎 予防

腎盂腎炎の場合、基本的に入院治療で安静と保温、水分補給などに努める 腎盂腎炎は高熱、痛み、倦怠感、食欲不振といった全身症状が強いのが特徴。 通常は菌血症を起こしているので、きちんと処置しないと敗血症になる恐れがあります。 そのため、治療は基本的に入院治療で行われます。 元気で食欲もあるという場合には通院治療も可能ですが、安全性を重視するため、腎盂腎炎と診断されたら入院治療を勧められることが多いです。 腎盂腎炎の治療の原則は点滴。 その主な理由は以下の2つです。 水分をたくさん取れば尿量が多くなるので、細菌を洗い流す効果も。 用いる抗生物質は「腎盂腎炎の症状・診断」の章の『細菌の培養検査』で説明した手順に基づいて原因菌に有効な種類が選ばれます。 治療の経過・治療にかかる期間 原則的に入院治療となるので安静と保温、水分補給、抗生物質摂取に努めれば、3~5日で発熱は治まります。 それから先は通院治療も可能です。 ただし、抗生物質の投与は通常2週間程度続けます。 たとえ熱が下がっても細菌がなくなったわけではありません。 一旦治ったように見えても腎臓へのダメージが残っていることが多いので、油断するとぶり返すことがあります。 このような理由で細菌を完全に叩くために、一定期間の抗生物質の投与が必要となるわけです。 入院中は点滴で、退院後は内服で行います。 基礎疾患がある場合の治療法 例えば、基礎疾患として、尿管や腎盂にいっぱい溜まっていた尿で腎臓が腫れる水腎症があって、腎盂腎炎を起こしていた場合、いくら抗生物質を投与しても効かない場合があります。 腎臓の腫れが尿の流れを妨げるので、まずはそれを改善するための治療が必要。 先天的に尿が逆流してしまう場合も、逆流自体の治療をしなくてはなりません。 腎盂腎炎の慢性化の可能性 腎盂腎炎の炎症は急激に起こりますが、抗生物質の投与などで適切に治療すれば完全に治るので、慢性腎盂腎炎になることはありません。 しかし、抗生物質が合わなかったり投与が不完全だったりすると、慢性化する恐れもあります。 一旦治っても体質的に膀胱から逆流しやすい人は、慢性化しやすいと言えます。 腎盂腎炎の予防法・再発防止法 腎盂腎炎が疑われる場合、泌尿器科では通常、逆流の有無を検査します。 具体的には患者の膀胱の中に造影剤を入れた上で排尿させて、膀胱の中の造影剤が尿管に上がっていくかどうかを調べます。 内科ではあまり行われません。 併せて、超音波検査やレントゲン撮影で腎臓の腫れをチェックします。 基礎疾患があればそれを治療し、基礎疾患がまったくなく、たまたま上がってきたということなら予防法をアドバイスします。 具体的な方法としては、基本的には尿道から膀胱に細菌が入らないように局所を清潔に保つよう心がけるのが第一。 この病気は圧倒的に女性に多いので、例えば排便後は後ろから前に拭くのではなく、前から後ろに拭くようにアドバイスします。 また、回数であれ相手の数であれ、性的にアクティブな女性は性行為によって細菌が逆流することがあるので、行為後の排尿を勧めます。 腎盂腎炎ではありませんが性行為をすると必ず膀胱炎になる人がいます。 外陰部から尿道にかけてたくさんいる細菌の一部が、尿道から膀胱の中に引き込まれるからです。 そういう人には行為後に抗生物質を飲むようにアドバイスします。 水分をたくさん摂ってなるべく膀胱を尿で洗い流し、寝るときは膀胱の中を空っぽにしておくことも一つの方法です。

次の