エドワード ファー ロング。 『ターミネーター2』ジョン・コナー役の現在は?エドワード・ファーロングのプロフィール

エドワードファーロングの美少年時代の髪型が話題!現在の画像がヤバイ!

エドワード ファー ロング

Contents• 映画『ターミネーター2』ジョン・コナー役 1991年公開の映画『ターミネーター2』。 アーノルド・シュワルツェネッガーやリンダ・ハミルトンとともに、重要な役を演じたのは 当時13歳だったエドワード・ファーロング。 日本でも大人気となり、ホットヌードルのCMに出演しています。 スポンサーリンク エドワード・ファーロングの現在は? プロフィール• 名前:エドワード・ファーロング Edward Walter Furlong• 出身地:アメリカ・カリフォルニア州• 2016年にLAで目撃 上の写真 されていますが、クマが目立つなどあまり健康ではなさそう。 (着ているTシャツが裏返しなのかオシャレなのか何なのか気になります…) 今でも俳優活動は続けているようで、2013年は映画『キング・オブ・ゾンビ The Zombie King 』に出演。 Edward Furlong sets out for redemption in THE KING now on watch in tonight! その後も断続的に薬物を使用し、2001年には過剰摂取で病院に運ばれました。 現在までに、無免許や飲酒運転、暴力などで複数回逮捕されています。 結婚や子供 エドワードは、1991年の『ターミネーター2』でスタンドインを務めた女性ジャクリーン・ドマックと交際。 13歳ほど年上のジャクリーンさんは、その後エドワードのマネージャーに。 それから何人かの女優らと交際したエドワードは、2006年にレイチェル・ベラと結婚。 同年に息子イーサンが誕生しましたが、2009年にレイチェルが離婚を申請して2014年に成立。 エドワードは、レイチェルへの接近禁止命令違反でも度々逮捕されています。 また、2008年ごろから交際している女優モニカ・キーナへの暴力でも3回ほど逮捕されました。 まとめ• 『ターミネーター2』のエドワード・ファーロングは現在40歳で、見た目は激変• 現在も俳優をしているが、2000年前後からは薬物やアルコール依存症などに陥っている• これまでに薬物や飲酒運転、恋人への暴力、元妻への接近禁止命令違反などで逮捕された スポンサーリンク•

次の

『ターミネーター2』ジョン・コナー役の現在は?エドワード・ファーロングのプロフィール

エドワード ファー ロング

「アメリカン・ヒストリーX」は、1998年に制作・公開された映画。 人種差別という、デリケートなテーマを大胆に扱った本作。 名作との呼び声も高く、映画好きなら一度は見ておきたい作品です。 主演のエドワード・ノートンの筋肉には注目が集まりました。 また、CMクリエイターとして活躍していたトニー・ケイの初監督作品としても話題になりました。 今回はそんな「アメリカン・ヒストリーX」の見所をご紹介。 事前に見所をつかんで、作品を楽しみましょう。 以降は、ネタバレとなります。 『アメリカン・ヒストリーX』 必ず押さえたい!9つの見所 その1:主人公・ダニーが傾倒する「ネオナチ」の思想 「アメリカン・ヒストリーX」の主人公はダニー・ヴィンヤード(エドワード・ファーロング)というカリフォルニアの高校生。 彼は父親を黒人に殺されていることから、激烈な白人至上主義を貫き、校内でも黒人の同級生と険悪な仲にあります。 頭をスキンヘッドにし、部屋には鍵十字。 人種差別の権化ともいわれるようなナチスの指導者・ヒトラーの手記「わが闘争」をテーマにしたレポートを提出し、校長室に呼び出しを食らっています。 その2:兄・デレクの出所 「アメリカン・ヒストリーX」において、ダニー同様主要な人物となるのが、兄のデレク・ヴィンヤード(エドワード・ノートン)です。 実はデレクは、自分の車を盗もうとした黒人を殺した罪で逮捕されており、3年の服役を終えて今日が出所の日。 この兄のデレクが服役している間、主人公のダニーは兄への想いを募らせ、その存在を心から尊敬しており、兄の思想をなぞるように白人至上主義に傾倒していったのです。 その3:白人至上主義のカリスマ・デレク ここでストーリーは少し過去にさかのぼります。 実はダニーの兄デレクは、ダニーを呼び出した校長スウィーニーの教え子でもあり、成績優秀だったため周囲からは期待されていました。 こうした少年が白人至上主義へとのめりこんでいったのには経緯があるのです。 デレクは、消防士だった父デニス・ヴィンヤード(ウィリアム・ラス)が黒人のドラッグディーラーに殺されたことをきっかけに、白人至上主義のリーダー、キャメロン・アレクサンダー(ステイシー・キーチ)と近づくようになりました。 そして、地元の「スキンヘッズ」のカリスマ的存在にまでなっていったのです。 その4:デレクの刑務所時代 刑務所に服役した兄デレク。 刑務所の中は無法地帯ともいえ、黒人を殺した罪で服役しているので、黒人から恨みを買って命を狙われたり、殺されてしまう可能性もありました。 しかしそうならなかったのは、刑務所でであったあるラモントという黒人囚人でした。 彼との交流を通じて、自分が今までエネルギーとしてきた怒りや憎しみという感情が、何もうまないだけでなく、かえって周囲との溝を深めていくということを知ります。 「アメリカン・ヒストリーX」の核になる部分です。 その5:スキンヘッズの裏切り 地元では、白人至上主義を掲げるスキンヘッズのヒーローとして力をもっていたデレクでしたが、服役中に仲間の裏切りにあってしまいます。 「アメリカン・ヒストリーX」において、このあたりから、デレクの極端な白人至上主義に変化が訪れます。 その6:出所した兄の言葉 「アメリカン・ヒストリーX」では、白人至上主義の極端な言動が多く描かれています。 ダニーは、デレクの影響をうけ様々な部分で黒人を差別する言動を繰り返しますが、出所したデレクは、穏やかな表情。 まるで別人のようです。 そんな兄の姿を見てダニーは憤慨。 しかし、デレクは自分の変わりように失望するダニーに向かって、自分自身が刑務所内で学んだ、怒りや憎しみは、何も生まないということことをとうとうと語ります。 その7:書き上げた作文 兄の言葉に心を打たれたダニー。 その思想に感服し、自分自身も思想を転換させます。 校長から出されていた課題=「アメリカン・ヒストリーX」に関する作文を明け方までかけて書き上げます。 そう、「アメリカン・ヒストリーX」とは、スウィーニー校長がダニーに課した個人授業のようなもので、白人至上主義を見つめ直すためのものでした。 その8:生まれ変わった兄弟、どうなるのか…? 兄デレクの経験と想いによって、白人至上主義を改め、広い視野でものを見るようになった兄弟。 その変化は兄弟や周囲の人間にどのような影響をもたらすのでしょうか。 その9:衝撃のラスト!あなたはどうとらえる? 「アメリカン・ヒストリーX」のラストについては、見た人が様々な解釈をしています。 作文を書きあげたダニーは、翌朝デレクに送られて登校。 しかしそのダニーを、以前から対立していた黒人の生徒が狙います。 ダニーは、銃撃されて命を落としてしまうのです。 いかがでしょうか。 必ず押さえたい!『アメリカン・ヒストリーX』9つの見所をご紹介しました。 「アメリカン・ヒストリーX」は、重くて難しいテーマに真正面から取り組んだ名作とも言われています。 表現の面で多少衝撃的な部分はありますが、歴史に名を刻む作品といえるでしょう。 まとめ 『アメリカン・ヒストリーX』 必ず押さえたい!9つの見所 その1:主人公・ダニーが傾倒する「ネオナチ」の思想 その2:兄・デレクの出所 その3:白人至上主義のカリスマ・デレク その4:デレクの刑務所時代 その5:スキンヘッズの裏切り その6:出所した兄の言葉 その7:書き上げた作文 その8:生まれ変わった兄弟、どうなるのか…? その9:衝撃のラスト!あなたはどうとらえる?.

次の

ターミネーター新作 ジョンコナー役でエドワード復帰も衝撃展開の謎を解明!

エドワード ファー ロング

『ターミネーター2』にてジョン・コナーを演じ、シュワちゃんとの共演が話題となった エドワード・ファーロング(39)が、お久しぶりにご登場 『ターミネーター2』当時はイケメン天才子役と呼ばれ、将来を約束されていたエドワードファーロング。 木曜日に彼女のモニカ・キーナと、LAにてお買い物を楽しむ姿をパパラッチされたその姿からは、かつてのイケメンの面影が消えておりました。 なんにせよ、かなり太ったご様子。 髪も数日洗っていない様子で、とてもハリウッドでお仕事をする俳優には見えません… Tシャツが裏表逆さまなのは、敢えてなん 『ターミネーター2』から25年。 25年も経てば、そりゃ誰だって体重が増えたり劣化するって? んが。 エドワードファーロングの場合は、ただの老化で劣化したわけではございやせんな。 ドラッグ中毒や離婚、逮捕など、演技以外の問題、ゴシップがいろいろとございやした 売れっ子人気子役になったことでドラッグ依存に陥り、リハビリ施設への入退院を繰り返す日々。 本人も後のインタビューにて、ヘロインとコカイン中毒であったことを告白。 2006年に結婚した元女優のレイチェル・ベラ(本名レイチェル・二ーランド)との間には、現在10才になる息子イーサンをもうけるものの、2009年に離婚。 2012年のLAの空港では、エドワードが当時の交際相手に唾を吐いたとして、家庭内暴力で逮捕。 同年、エドワードファーロングと過ごした後の当時6才だった息子イーサンの体内から、コカインが検出されたという検査報告を裁判所に提出した、元妻レイチェルの主張がとおり、エドワードファーロングは息子への単独での面会・接近を禁じられ、3年間の保護観察処分に エドワードファーロング側は、「息子の親権を取得するために、手段を選ばない女だ」と元妻レイチェルの主張を虚偽だと言い張っておりました。 エドワードファーロングと元妻レイチェル、息子イーサンと飼い犬?のパグ? 2013年の3月には、当時も交際中だった彼女のモニカキーナに暴力を振るったとして再逮捕、180日間の実刑判決に。 同年5月に再逮捕され、ドラッグのリハビリ施設入居と、家庭内暴力に対するカウンセリングを受けることを条件に、刑務所送りを免れるという結果に。 (実際は、約2ヶ月をすでに刑務所で過ごしております) 役者としての現在の活躍はと言いますと… 2005年から2006年にかけて、人気ドラマ『CSI:NY』に5回(5エピソード)出演。 2011年には映画『ザ・グリーン・ホーネット』に出演。 その後もちょいちょいテレビやら映画やらに出演はしているので、仕事はまだあるご様子? ということで本日のスラング用語は a cokehead。 直訳だと頭がコーク(コカイン)の人。 つまりはコカイン中毒の人、ドラッグで頭がイカレてしまっている人をさす言葉です.

次の