加藤純一 niconico。 【加藤純一美術館】「飾る率70%以上の作品一覧」と「紹介されなかった作品(随時募集中)」:ポッキーのブロマガ

加藤純一第二ミラー

加藤純一 niconico

どうもーねぎ丸です!! ちょっと最近頭痛気味でバテてます(泣) 今回は加藤純一のMCの実力について! 加藤純一はうんこちゃんてハンドルネームでも活躍してる配信者なんだけど、すごい人気があって、その活動の幅をますます広げている配信者。 昔は配信者と言えば、素人が雑談であーだこーだと他愛もない話をしたり、世の中の愚痴を言ったりしててさ、ゲームは実況しながらリスナーと楽しむっていうようなものだったんだ。 でも、時の流れとは早いもので、配信でお金を稼ぐような時代になった。 昔から配信を楽しんでいる俺からしたら、寂しくもあり、楽しみでもありと複雑な心境だったりする。 加藤純一も昔は うんこちゃんというハンドルネールでやっていたけど、本格的にネット配信で稼ぐのを気に 加藤純一という本名を全開に出すようになった。 そんな加藤純一が配信の次に力を入れているのが、今回の話の中心に出てくる「 くっちゃべ」などのイベントMC 配信者もイベントMCとかするようになったんだよなぁ そんな加藤純一のMCの実力って気になるじゃん? それを見ていこうと思う。 加藤純一のMCの弱さ まずはさ、どんな感じの所がダメだったのかそういったところを見ていくね。 結構辛辣な感じになるけど勘弁な じゃあさっそくいこうか。 最初の頃の加藤純一はまさに真面目くんMC 最初の頃のMCは本当に「 ひどい」の一言だった。 アナウンサーでも目指してんの?って突っ込みを入れたくなるほどの真面目っぷり。 もうカッチカチで見てるこっちが恥かしくなってくるぐらいの有様。 なによりも感じたのは これ、イベントでする必要ある? だってさ、普通こういったお客の前でするイベントの醍醐味ってさ、普段視聴者と関わりがもてない芸能人だからこそ、特別感があっていいものじゃん? 芸能人と触れ合えたりとか目の前でしゃべってくれるのは、普段関わりがないからこそ楽しめると思うんだよね。 でも配信者ってさ、普段からガッチガチにリスナーと絡んでるだろ だから、こういうイベントをしても結局、それって普段の配信とどう違うの?って風にしか思えないんだよね。 まずはこれを見て欲しい 頑張ってMCをしようとしてるのはわかる。 わかるんだけど、こうやって一人でマイクの前でしゃべってるなら、普段と何も変わらないよな。 だって、普段の雑談でやってる事をただ場所変えてやってるだけだから。 それでも見に来た人っていうのは、余程のファンなんだろうけど、冷静な目線で見ると、家で見てんのと何もかわんねーだろって思ってしまう。 普段芸能人にキャーキャー言ってるのを斜に構えて馬鹿にしたりしてる連中がこの有様だぜ。 どの口が言ってんだっていうね。 しかも有料で客を読んでるイベントだから加藤純一本人もどう出ていいかわからず普段の調子でてねーし、これなら放送で雑談聞いて方が 100倍マシだろうと思える内容だった。 正直どこを楽しめばいいか分からない内容 配信者の人気の秘密は身近さにある これを忘れてしまっているんじゃないかなぁと思う。 芸能人の真似事をしすぎて、配信者の良さを完全に忘れてしまっているんじゃないかとすら思える。 客いじりを入れたりして一応は頑張ってるけど、大した展開もないしただただ時間だけが過ぎていく感じ。 これはあくまでも配信者としてのあり方の話なんだけどさ ただイベントをして金払って見に行くなら、もっと普段の配信では楽しめない内容でさ、イベントを企画する側の人間にも頑張って欲しいよな。 司会進行もさ全く動きもなく、出された台本を淡々とこなしていくだけの、まさにアナウンサーのような真面目進行ぶり。 加藤純一の良さってそんなとこだっけ?っと思うよね。 加藤純一の名前で名乗る前の「 うんこちゃん時代」を知ってるならなおのことこれは感じたと思う。 うんこちゃんなら 「なんだこのくそみたいな台本!こんなのやめべ、おいおめーら何か楽しい事すんべ!」 これぐらいの事はやってのけれたと思う。 でも加藤純一は真面目にやり過ぎてこういったハチャメチャ具合は全然出せてなかった。 しかも、この次が問題。 三流芸人との絡みでいじられまくる まずはこれは見て欲しい これはマジで見てられない。 しにたくなったリスナーも中にはいるんじゃないかとすら思えるほどのダメダメっぷり。 完全に相手の三流芸人に飲まれてしまっていて、加藤純一のMCの弱さが浮き彫りになった瞬間だったと思う。 流石に加藤純一大好きなリスナーはこればっかりは見てられなかったみたいで、 ・完全にうんこちゃんが失われた瞬間 ・もう見てられねぇ ・純・・・戻って来い・・・ 等々苦痛とも呼べるコメントがずらずらと並べられた。 まず、芸人にいじられた際に、いじられなれてない加藤純一はどうしていいかわからず、何も言えずにうつむいてるだけ。 リアクション芸とまではいわねーよ。 せめて何かしらのアクション起こして笑わす事ぐらいは出来た。 しかし、それすらもできなかった。 相手をいじることも出来ない、いじられても反応も出来ない。 途中で上半身裸になって、目隠しをして背中に当てられたものを当てようというコーナーがあるんだけど、もう悲惨という言葉しか出てこない状態。 やらされてる感満載で、面白い事は何一つ出来ない。 楽しませようとする気や盛り上げようとする様子が一切感じられずに、ただひたすら小さな声でよくわからない反応をしてるだけだった。 そんな加藤純一を見て、仕舞いには芸人に気を使われる始末。 あまりにも場の空気が冷め切ってたので、周りは相当焦っただろうな。 これはもうMCとすら呼べる代物ではなかった 素人が客席から上にあげられて恥ずかしくてモジモジしてるだけの人って感じだな。 高田建志「うんこちゃんはMCには向いてない」 高田建志がうんこちゃんとツインでMCをしていた、「 かとさんけんさんのバリバリナイト!」というニコニコの公式番組をやった時の高田建志から出た感想。 この二人は元々配信者仲間で、非常に仲の良い二人で二人で企画物の配信もよくしていた。 お互いの実名も住所もリスナーが知るよりも早く知っていた仲で、配信中だけでなく、配信外でも仲が良かった二人。 この時の放送だけ見れば仲良さ気でツインMCをやっているんだけど、二人の仲が悪くなって、口論になった時に高田がつい口走ってしまった。 高田は加藤のMCのぎこちなさをずっと感じていたらしく、やりづらかったとその後も言っている。 その一番の理由がこれだった。 興味のあるものとないものの時の差が激し過ぎる これはゲストもそうだし、バリバリナイトでの商材である、スマホアプリゲームに対してにも言える事。 興味のあるものなら楽しそうに語ったり出来るけど、ない時のつまらない感だったり、掘り下げる気も一切感じられない。 確かにこれは相方としてはやりづらかっただろうなと思う。 しかし、加藤純一も言われっぱなしでは終らない。 「俺は経験不足だし、場数を踏めば上手くなっていく」 高田はこの場数理論を馬鹿にしていた そうこの場数を踏めば上手くなるに対して、高田はセンスがないものがいくら場数を踏んだところで意味はないと言っていた。 慣れはするけど、面白くなるとはまた別物だと高田は言う。 こんな事言われても加藤純一はめげずに場数を踏めばきっと上手くなると信じてMC業を続けていく。 リスナーも配信に関しては面白いって言ってくれるが、ことMCに関しては辛口のコメントが目立ち、なかなか上手くいかない中 場数理論を信じてひたらす頑張る加藤純一 本当にがむしゃらに頑張っていたと思う。 様々な形でMCをしていき、色々な経験を積み重ねていく様は、思わず応援に走ったリスナーも多かった事だと思う。 決して、上手いとはいえないMC業。 でもやっていればきっと自分なりのスタイルを見つける事が出来ると信じて、周りからの反応にくじけそうになりながらも頑張った加藤純一。 ついに、場数の成果が出てき出す まずはこちらを見てほしい どうだ、かなりMCが様になってきてると思わないか? やりたての頃に比べたらだいぶ司会進行も砕けてきて、良い感じでリラックスできるようになってきてる。 これこそまさに場数による上手さの表れなんじゃないだろうか。 しっかりとゲストにも話をふっているし、ゲストとトークを交えていじったりして話を盛り上げる事も出来てる。 そして、自身の話で会場に見に来てくれたリスナーを笑わす事もしっかり出来てる。 最初の頃のようなアナウンサーっぽさはなくなっていて、加藤純一のよさが徐々に出せるようになってきてると思う。 高田見てるか、これが場数理論だ そういわんばかりの加藤純一のMCっぷり。 結構凹んだ事も多かっただろうと思う。 本当は辞めてしまいたい衝動にかられた時もあっただろうと思う。 それでも自分の力を信じて、周りの力も目一杯借りつつ頑張り続けてきた。 まさに、高田建志の場数で良くなるはずがないという馬鹿にしたような言葉を黙らすような成長っぷり。 加藤純一はすぐに壊れてしまいそうなメンタルの繊細さだけど、それを持ち直す気力の持ち主なんだ こう思わずにはいられないMCの成長ぶりを見せてくれた。 しかし!! まだまだ課題が多いのも事実 加藤純一のこれからのMC課題 まずはなんといっても、綺麗なMCを目指しすぎている点だろう。 確かにスムーズな司会進行というのはMCとして必要な要素かもしれない。 でも、ここを勘違いしないで欲しい 加藤純一リスナーが求めているのは 綺麗な司会進行よりも加藤純一色のMC これが一番求めていること。 綺麗な司会が出来る人なんていうのは、この世の中探せばいくらでもいる。 加藤純一じゃなくても誰でもいい。 そうじゃない 加藤純一だからこそ出来る司会っていうのがあるんだよ。 もっと、タブーに触れていくような気概でいくのがいいと思うんだ。 思いっきりリスナーの力を借りたらいいし、協力してくれた人に迷惑がかかるからというような真面目さや大人さを見せるよりも、もっと「 そんな事したり言ったりして大丈夫かよ」って思わせるぐらいで丁度良い。 きっとその後リスナーはこう思う。 「ハラハラしたし、沼っぷりやばかったけど、加藤純一のMCサイコーだわ」 この通りにやって成功するかどうかはわからないけど、少なくとも綺麗な司会進行よりも加藤純一らしさが出たMCになると思う。 これからの加藤純一の配信と共に、このMC業の更なる成長にも期待してみて行きたいと思う。 ということで今回はこの辺で!!またねー!!!!!!•

次の

加藤純一・もこうが『ダークソウル3』と『SEKIRO』に挑戦。「クリアするまで帰らない生放送」シリーズが3月と5月に配信へ

加藤純一 niconico

史実馬禁止で凱旋門優勝! 強い馬に育成するには史実馬が必ず必要と言われるほど史実馬は必要な存在。 しかし、単純にやらないのがうんこちゃん! もちろん史実馬は使用禁止!! これで凱旋門という最難関のレースで優勝を目指す事になる。 普通にゆっくりやっていれば根気があれば誰でも可能ではあるだろう。 しかし!うんこちゃんは違う 凱旋門優勝するまで不眠不休でやる これがどれだけすごい事かはウイニングポストを一度でもやった事のある人ならわかるだろう。 ただでさえ史実馬禁止の縛りがあるのに、それに加えて優勝するまで不眠不休だぜ? 普通に死んでしまうのではないかと思うような内容なんだけど、うんこちゃんは今回それを成し遂げる事になる。 なんとその放送時間30時間 やべぇよ。 不眠不休でずっと30時間だぜ? しかもうんこちゃんって放送スタイル的に省エネタイプでボソボソ放送するタイプではなくて、 エネルギッシュに声を張りながら放送するタイプ すげー元気に放送しての30時間だぜ? もちろん後半はかなり疲れが見えては来てるが、普通にこんなに長時間放送出来る奴はそうそういねーよ。 マネ出来るもんならしてみろってぐらいの貫禄のある放送だった。 実際に成し遂げた時の状況みてぇよな。 いいぜ。 かなり感極まってる感じがすっげー伝わってくるよな。 これ、リアルタイムでずっと同じ不眠不休で見てたリスナーも泣いてたんじゃね? それぐらい感動的なフィナーレだった。 これだけの縛りで優勝するまでだぜ? とんでもねーよ。 まじで、これ自分で縛ってやってることだからな? 言ってみれば途中で 「ダメだ!また今度挑戦するわ!」なんて事も出来たわけだよ。 にも関わらず、優勝するまでやりきったうんこちゃん。 そりゃ人気出るわけだよな。 ここまで根性きまった配信者なかなかいねぇよ。 全編見たい場合に動画を残してくれている所を紹介しておくぜ。 上の所から飛べば最初から最後まで全部見れるぞ でも注意な!! 本当に30時間ぐらいあるからな。 全部ざっと見たいなら時間に余裕のある時にすべしw という事で今回はこの辺で!またね!!•

次の

【 #加藤純一 × #もこう 】「仁王2」発売目前!「仁王」クリアするまで帰らない生放送

加藤純一 niconico

に登壇したのは、氏、氏、氏、そして氏。 左から氏、氏、氏、氏。 ゲーム実況におけるniconicoとYouTubeの違い 近年、たちは1つのだけで活動するのではなく、複数のサイトに動画を投稿している人もいるようです。 の氏は主にを拠点に活動しており、ここ1年ででの活動を本格化。 『ん?』って(に)思わせる時間をあえて残す」と氏は動画作りにコツを説明しました。 との動画作りの違いについて話す、氏。 だって大手(のに)絶対敵わないから。 てやった方がいいと思う」と見解を示しました。 加藤氏の意見に対して、多いときは1日3本にを投稿している氏は賛同。 「・ハザードがすごく好きで(発売のを)実況したいなと思っていたんですけど、(発売日の)0時を回った瞬間にみんな一斉にをはじめた」とにおけるのトレンドを語った後、として生き残るコツとして、大手の動画を見ての基礎知識があるを狙って「でバグを見つけた」「このボスを1本で楽に倒す方法」といった動画でを獲得するという戦略を明た。 を明かす、氏。 熾烈な再生数争いに対して、共演者の加藤氏からは「すげんと考えてるじゃん」、からは「分析凄いなw」「切り口を変えるのか」「おこぼれ理論」「初見は登録者ないと厳しいよね」等といったが寄せられました。

次の