タガタメ 夏休み の 宿題。 夏休みの宿題やる奴は情弱。あんなもん踏み倒したもの勝ちだろw : かるかんタイムズ

夏休みの宿題2020はない?コロナの影響でお盆だけという話も?

タガタメ 夏休み の 宿題

ミッション一覧と答えまとめ表 ミッション 答え 報酬 お腹空いた 大成の林檎を1個以上購入 Eマテリア720 虫さん アルバーミンを5体倒す スキチケ100 みんなで遊びに マルチクエスト3回 虹欠片10 わたくしの新能力 「レベッカ」をジョブチェンジ 免罪符2 新しい魔法 「リズベット」のアビリティ変更 贖角2 力を貸して 傭兵を連れてクエストクリア AP雫5 ミッションごとの詳細・解説 【夏休みの宿題】お腹すいた~、何か食べ物買ってきてよリズー クリア条件 ショップで「大成の林檎」を1個以上購入 ショップ どれでも可 で、アイテム「大成の林檎」を1つ以上購入すればクリア。 大成の林檎は、銅枠でEXP1,500入るオレンジ色のアレです。 999個以上持っているアイテムはショップで購入できないため、多少遊んでいるプレイヤーさんだと、一度林檎を売るなり適当なキャラに投げつけるなりする必要アリ。 【夏休みの宿題】虫さんを追い返さなきゃ! クリア条件 敵「アルバーミン」を5体倒す どこでもいいので、アルバーミンを計5体以上倒せばクリア。 アルバーミンは3章でバカみたいに出てくる二足歩行の虫さんMOBです。 マジカルノートを拾うついでに3-2-10を一度オートで流すなり、レベッカの欠片集めついでにアーカイブから残雪を遊んだりでクリアできるはず。 当然といえば当然ですが、アルバーミンが出てくるクエストでもスキップすると達成にはならないので注意。 【夏休みの宿題】みんなで遊びにいこうよ~ クリア条件 マルチクエストを3回クリアする どれでもいいので、マルチクエストを3回クリアすれば達成。 ソロクリアでもカウントは進むため、デイリーをこなしているプレイヤーなら自然とクリアできるはず。 ご新規さんは、この機会に少し顔合わせもしておくといいかも? 【夏休みの宿題】わたくしの新しい能力を見なさい! クリア条件 ユニット「レベッカ」のジョブチェンジを1回行う 雷属性配布ユニット、レベッカのジョブチェンジを1度行えばクリア。 魔弾にして風水に戻すだけ。 レベッカを所持、かつ5凸以上していればなんてことはないミッションな反面、レベッカを持っていない新規さんは混乱するかも。 色々と優遇が重なった結果、その辺のガチャユニットより強くなっちゃったのでこの機会にぜひ。 我が家ではスタメンです。 【夏休みの宿題】新しい魔法を使えるようになったよ! クリア条件 ユニット「リズベット」のアビリティセットを変更する 3章の主人公ユニット、リズベットのアビリティを入れ替えればクリア。 リズ本体の入手条件 3章突入 的に、メインストーリーを進めないと達成できない点には注意。 5回以上限界突破を行いジョブを2つ解放しないと、アビリティ数の関係でアビ入れ替えができないのも盲点っちゃー盲点? 【夏休みの宿題】誰かわたくしに力を貸してくださらないかしら・・・ クリア条件 傭兵を連れて1回クエストをクリアする どのクエストでもいいので、フレンドなり公式なりの傭兵を連れてクエストをクリアすれば達成。 文字通り。 特筆点なし。 関連記事•

次の

【タガタメ】『タガタメからの夏休みの宿題2019』答え一覧【誰ガ為のアルケミスト】

タガタメ 夏休み の 宿題

25 ID:tKLMkm0RO 夏休みの宿題の最後の追い込みの記憶はあるのに出した記憶がない。 出さずにいるとうやむやになった記憶ならある。 61 ID:zWUg0YNW0 小学生の時、その辺の学術論文をピーコして提出したら神童だって褒められたわ。 07 ID:obf4d5tp0 いまだに夏休みの宿題が終わらない夢見てうなされる。 本気でうなされる。 04 ID:GcxrtwjQ0! 11 ID:I2fkrjmv0 幼なじみと部屋で夏休みの宿題やりながら 「この後プールでもいかね?」 「えー前行ったしいいよー」 「じゃあ夕飯の買い出し手伝え」 「しょうがないなぁ。 12 ID:N0iLGTn80 厳しい教師の出す宿題は夏休み中になるべく早めに片付ける。 交渉が成立しそうな教師は提出日に出さない。 図工作品は弟が作った去年のと交換しあってしのぐ。 美術の絵はペンで裏に感想を書かれるのでその作戦は無理だった。 国語数学のドリルは最初から手をつけない問題を作って 後半の白さを目立たないようにする。 夏休み中毎日部活があるし全教科宿題が出た時は死ぬかと思った。 50 ID:OEN16kiZ0 理科の宿題で夏休み中の新聞の天気図をノートに貼るというのがあったが はじめは楽勝だと思ってたが夏休みの恐ろしさで後半までずーっとお休み。 溜まってた新聞の束をひっくり返す羽目になった。 使われてところどころノートに空白がちらほら。 今は新聞を取ってない家庭も増えたからこういう系の宿題を出さないだろうな。 64 ID:bZtg73Xt0 高校では提出が任意だった。 できないのか?クックック、おまえはその程度なんだなw という教師の挑戦状だと思った。 もちろん出さなかった。 06 ID:y4X7aHR9P 踏み倒そうとして放置してたら冬休みの宿題に組み込まれ逃げ切れず。 しょうがないから書き初めついでに「朝顔」だったかなんだか書いてたら母親に見つかってえらいめにあったという。 読書感想文は「後書き読んでパクれ」との図書委員長様からのありがたいご指導を実行して先生にモロバレ。 しかしその後同じ作者による別の本の前書き、後書きを参考にすると良いことを学び少し楽になった。 まあ、宿題を納期内に仕上げるのは人生の大事な修行だよ。 今、泣くほど後悔してるよ。 92 ID:mQvUjeeC0 中学生までは、とりあえずやれよ。 68 ID:zMkR1GdRP ワークブック、丸々踏み倒したっけな。 「他のプリントはありましたが僕の分だけ配布され忘れてたみたいです、全く知りませんでした」 みたいな言い訳をしたな。 表紙がヤシの木の生えてる常夏の島の写真だったから、切り抜いてカセットレーベルにしたった。 コメント一覧 90• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月21日 23:57• ゴミガキスレ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:07• 今思えば、宿題ごときでなんであんなに先生に怒られまいと怯えてたんだろうな 地方公務員の中でも最底辺の教員ごときに怯える必要なかったわ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:10• やらなかったけど、やらなかった結果ニートになりました• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:35• 提出しないと点数もらえないだろ。 結構でかいぞ あと最近は夏休み1週間短くなってるぞ。 今年だと26日から学校• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:38• やらなかった奴、怒られるの怖くて学校に来なくなったw• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:40• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:41• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:51• 結構甘い学校多いんだな 踏み倒しなんて出来なかったよ 小中と不良校のくせに厳しかったから最後の部活生が帰るまでの時間 出来なかったら次の日と提出できるまで居残りさせられてたよ 居残り出なかった奴は親呼び出しされてたし• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:53• 底辺学校だという事がよくわかった 偏差値の高い学校でそんな事してたら勉学において周りから差をつけられる• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 00:58• 踏み倒すつもりはなかったけど、踏み倒しちゃった時あったなぁ。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:05• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:17• 小中までは真面目にやったなあ 高校では踏み倒したがどうってことなかったわ 高3の夏休みは全て踏み倒した• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:24• 王道はこんなもん?w ・算数or数学のドリル ・読書感想文 ・絵を描く ・自由研究• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:27• 別に真面目に取り組まなくてもちょっとずつやればすぐ終わるだろ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:34• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:39• 当時は何も考えずに宿題なんてやるのが当たり前 だと思い込んでたからな。 夏休みの面倒くさい宿題 読書感想文 画用紙1枚分程度の夏休みの思い出日記(写真貼り付け可) 工作or絵or習字 とかもかなりまじめにやってた記憶があるわ 今思えば工作なんてクソ面倒なことやらずに習字でいいじゃん とか思うんだけど当時は皆工作やってくるから 自分だけ習字なんてやって仲間はずれにされるのが怖かったな そもそも下手糞だし• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:48• 自由研究なんてその間お受験勉強しなくて済む女神だったけどなw• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 01:58• 宿題に金がかかるのがとにかく嫌だった 小・中は宿題用に問題集を買わされた 中学は木工or電子の工作キット 自前で材料集めて作るヤツもいたがそんなのはごく稀 高校は教師指定の課題図書から選んで作文 この課題図書がどれも本屋に注文取り寄せしないと入手できないようなものばかり• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 02:10• もらった瞬間解き始めて、授業中も解いて、下校までには終わらせてたな。 ちな東大卒。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 04:43• 夏休み中に勉強なんかしたくなかったから内職して夏休み前に終わらせてたな• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 06:12• 学校で貰うカスみたいな宿題は完全に踏み倒して兄貴の教科書でもっと先の勉強してたはw• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 06:33• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 06:48• 徹夜を学んだのが夏休みの宿題の強行でだったな• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 06:51• 配られる前に終わってたな ちなハーバード卒• 2013年08月22日 08:43• 高校の時の家庭科の課題は踏み倒した 家庭科ごときが いっちょまえに課題だしてんじゃねー と思った• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 09:29• そもそも夏休みの宿題って小学生までじゃね? うちの中高無かったぞい まあ成績さえ良ければ髪染めようが女連れ込もうがおkみたいな学校だったからかもしれんが そのせいかうちの学年の上位5人 全員東大理3 がみんな茶・金髪の見た目だけチャラ男で、流石に理事会で問題になったらしい• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 09:43• なんだかんだで遅れて9月中旬くらいに出してたな しかしお前らそんなトラウマになるくらい宿題あったのか• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 10:54• 夏休み、と言うより、宿題と言うモノをマトモにした事が無い。 友達に写させてもらったり、何かの例を丸写し。 終いには踏み倒し。 俺の場合、マジで忘れてしまうので、非常に申し訳無い。 未だに、何かをメモしてもメモ自体を忘れて仕舞う(した事は覚えてる) ので、精密検査受けた方が良いのかなあ。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 11:31• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 11:48• 7月の期末明けでだらだら授業やってる時期に内職して お盆明けから始まる補習で内職して完遂 高校のときはこんな感じだったな てか全員参加の補習という名目の授業が普通に進んで 夏休み自体2週間ぐらいしかなかったな• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 11:58• 小学校の低学年は1~3日で終わらせてたなあ・・・ 今は最後にやるけど• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 13:04• 時間にルーズは命取り 最後で完璧に帳尻を合わせる体質で今現在なんとかやれてる。 「才能一発」「学校で一番」の職場に就職したがまわりのほとんどを占める旧帝早大の連中が見事に自己スケジュール管理を徹底してのを見て落ち込んだもんだ。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 15:13• 思えば、自分で計画立てて実行する訓練だったんだなと• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 15:22• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 15:25• 31日まで終わらせず始めて夜更かしした思い出• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 16:11• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 17:06• 不登校だったから全部踏み倒してたな 別教室で受けるテストとか名前だけ書いて 後は落書きor昼寝タイムだったわ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 17:50• 小中9年間1問もやったことない俺 宿題やる労力より夏休み明けに怒られる方が楽だし• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 18:15• 普段から成績よかったから答え写しても気づかれなかったなぁ 写したのバレて怒られてる奴見て可哀想になぁとか思ってたwwww• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 19:04• 人生も踏み倒そうぜ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 19:11• 読書感想文だけは嫌いだった いまだに何かきゃいいんだかわからんわ 結局あらすじなぞりながら~思いました~を羅列するだけ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 19:51• 読書感想文が指定枚数満たせなくて 世間話で一枚埋めて呆れられたっけなあハハハ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 21:02• 読書感想文もそうだし日記作文大嫌いですわ。 ダム行った感想書けとか電発行った感想書けとか ケツの穴に鉛筆刺すぞこのヤローとしか思えなかった。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 21:30• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 21:48• 高校は宿題そのものが夏休み中にある全統模試の過去問だったから真面目にやってた• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月22日 22:34• 夏休みの工作は六年間ずっと五分くらいで適当に作った割り箸鉄砲提出し続けた想い出• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 00:00• 小学校の時真面目にやってたのにやる範囲が違うって担任に怒られて初めて踏み倒したな 小学生で宿題なんか必要ないわ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 00:23• 長期休みに出される宿題によって身に着けられるのは学力ではなく要領の良さ と高校の時に悟った• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 00:44• こんなことで逃げてるようじゃ 大人になってから大変でしょ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 05:19• 今から考えれば、自由研究は楽しんでやればよかったなあ、と。 でも、強制されてる感じなのと、遊ぶの大好きだったので無理だったかな。 ドリル系はやってよかったと思ったことがない。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 07:03• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 11:48• 踏み倒すつもりはなかった。 だが夏休みが終わってから宿題に手を付ける主義の俺にとって、 踏み倒さざる得ない不可避の状況におちいったというだけの事だ。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 12:23• 前の年に踏み倒した夏休みの宿題も提出しろって言われたことあるわ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 13:25• 米30 日本語が読めねぇなら国に帰れよちょんw• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 14:05• 宿題なんて7月中に終わらせて8月は遊びまくるものだろ。 要領よく、計画的にやればあんなものは終わる。 小中学生限定ね。 高校生は勉強しないと後悔するよ後々。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 16:00• 初日から3・4日くらいちゃんとやれば終わって、後は遊び放題なのに ドリフなんかで「終了まぎわに慌ててやる」ってのが小学生のデフォみたいに言われてたけど いまいち理解できなかったわ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 16:20• 中学までは宿題の量が少ないからな 日記系以外は7月中に「終わってしまう」んだよ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 16:55• 俺は1日で終わらせていたよ。 でもその翌日から3日ほど寝込んでしまったけど・・・。 でもほとんど遊べたので後悔はしていない。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 16:58• 読書感想文って真面目にやらずに 本を適当に開いてそれらしきことを書けばたいてい問題なし。 でも、読む本を指定された時はウザかった。 何だよ「老人と海」って・・・。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 18:28• 俺も1日で終わらせる派だわ さすがに夏休み終盤になると終わらせたかどうか再確認するために焦ってしまうことが多かったけど• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 19:46• そうそう アレって踏み倒せるんだよね しばらくはうるさく「提出しろ」と言ってくるけど 2か月ぐらい経ったら諦めるんだよね• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 21:21• 踏み倒すという屑みたいな考えがなかった• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月23日 22:13• 7月中、もしくは始まる前に殆ど終わらせてる奴は優秀。 踏み倒せる奴も優秀。 グダグダになったあげく言い訳も通じず結局提出する奴が一番ダメ。 S教徒• 2013年08月24日 16:24• 踏み倒すのは逃げ切る覚悟がいるからな。 性根が腐りきってなきゃできない。 そんな俺は踏み倒した経験あり• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 16:42• 小学生の時は真面目だったから考えなかったけど踏み倒せるんだよね。 かつ、成績とか何も考えなくていいからダメージもない。 先生からの心象が悪くなるだけ。 まあそれも小学生にしてみれば大事だけど。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 16:57• 宿題しないといけないのに、机の片付けしてしまうんだよなぁ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 17:29• あんなもん7月中に終わらせるに決まってんだろ 大したものでもあるまい• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 18:41• 宿題は7月中にほとんどやって8月後半に日記一気に書いてたわ 自由研究は暇な時に一週間かけて人の仕組みを研究してた• 2013年08月24日 19:41• ローリスクハイリータンだからな宿題踏み倒し 出さずにしらばっくれてればいつの間にか大丈夫になってる• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 19:53• 課題踏み倒したら通知表(5段階評価)に「評価不可」と書かれた高校時代の思い出…• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月24日 22:39• 踏み倒せるが、後が怖い。 自分は小心者だったから踏み倒さなかったが、踏み倒した友人は先生に目付けられて成績ガタ落ちだったな。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月25日 01:35• 踏み倒しが必要な程の量の宿題は出なかったな。 塾やら習い事のやることのが多かったから、そっちはサボリたかった。 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月25日 19:00• 学生時代一回たりともやったこと無いのは誇り それでも各担当の教師たちは諦めずに毎年促してくれるんだけど やっぱり面倒臭さには敵いませんw• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月26日 03:41• ここで踏み倒し自慢奴もバカッター犯罪自慢奴も根底は同じなんだろうなあ• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月26日 23:35• 俺は高2のときは数学以外の宿題はやらないでほかの時間を入試対策に使った• 名無しのまっしぐらさん• 2013年08月29日 18:04• 今現在宿題が終わてない小5だぜぇ。 らりらりらー• 2013年08月30日 19:45• えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 無くしたとかありえないーーーーーーーーーーーーーー• 名無しのまっしぐらさん• 2014年02月02日 01:02• 作文も適当 日記も最終日あたりに書いて毎日 遊んだ遊んだばっかだったかな だが算数だけはやたらやってたな しかし俺は宿題はやる事はやるのに出さなかったバカだった• 名無しのまっしぐらさん• 2014年02月20日 20:48• 宿題やらないくせに誰かのを丸写しする図太さすらない俺は 社会で真っ先に淘汰されるタイプ• 2014年07月05日 04:13• 夏休みの宿題はめちゃくちゃ性格が出る。 オレの場合は夏休みの最初のうちから宿題をやり始め、7月中には完全に終らせるタイプなんで。 夏休みの最後のほうで宿題を必死になるくらいやるなら、なんで最初のうちから宿題やらないのだと疑問に思う。 追い詰められてからやるヤツはアホだよ。 オレは追い詰められるのが嫌いで追い詰められる前からさっさとやるタイプなんで。 名無しのまっしぐらさん• 2014年07月17日 12:21• 無能な教師の出す宿題など やらない方がまし• 名無しのまっしぐらさん• 2014年08月30日 11:46• 外国には無いみたいだな…夏休みの宿題• 名無しのまっしぐらさん• 2014年09月02日 04:20• 日記書いてない• 名無しのまっしぐらさん• 2014年09月15日 22:24• 夏休みの宿題は夏休み前にやると楽しいぞ 俺は7月上旬に宿題貰って、1日10時間くらいのペースで1週間頑張って終わらせた 夏休みに入ってからだと一気にやる気が失せるんだよな• 名無しのまっしぐらさん• 2014年12月07日 01:30• そういえば小学校5年から中学3年まで毎年同じ本で読書感想文書いてたわww 『ルドルフとイッパイアッテナ』っていう児童書• 名無しのまっしぐらさん• 2015年01月14日 22:51• 踏み倒そうとしたけど提出を迫られました• 名無しのまっしぐらさん• 2015年01月21日 17:06• 毎日新聞の切り抜き貼るのあったなあ 新聞とってない俺涙目• 名無しのまっしぐらさん• 2015年04月02日 17:06• 一番立ち悪いのは答え写す奴ってそれ一番言われてるから• 名無しのまっしぐらさん• 2016年05月20日 19:44• 終わらせてるけど 踏み倒す奴もいつか負けるに決まってる• 名無しのまっしぐらさん• 2016年07月15日 22:08• 何この低脳ホイホイスレ.

次の

タガタメからの夏休みの宿題!第2弾、答え合わせ!

タガタメ 夏休み の 宿題

そんな中、東京の小金井市立前原小学校の松田孝校長は「夏休みの宿題、を死語にしたい」と話す。 昭和の時代と変わらず毎年出され続けている夏休みの宿題。 今の時代の教育に果たして必要なのだろうか?松田先生に聞いてみた。 ——松田先生は「夏休みの宿題」についてどう思いますか。 自由工作や読書感想文や日記などの「夏休みの宿題」が果たして現代において「意味があるのか」と考えないといけない時に来ていると思います。 学校側には、夏休みは長期休業中だから「生徒に何かをやらせないと... 」という認識が根底にあります。 保護者からも「課題がないとうちの子は勉強しない」と、宿題を出してほしいという要望が出る。 長い休みの間、子供が家にずっといたら保護者も持て余しちゃうわけです。 仮に夏休みに読書感想文の宿題を出さなかったら、抗議を受けるかもしれません。 そうすると、「形だけでも宿題をだしておこう... 」と考える先生もでてくる。 ——松田先生の学校では宿題はないのですか。 うちの学校でも宿題は出していますね。 9月になると保護者が集まる機会があり、学校内に展示された自由研究の作品などを見ると「素敵ねぇ」とか話されています。 保護者としても、自分たちが受けた教育と同じことが再現されているから「良かった」と思うのだと思います。 結局、教員もいままでやってきた、日本が敗戦から復興して高度経済成長で大きく発展してきた時に実行されていた教育と同じパターンを繰り返していますよね。 それをやれば、文句を言われない。 逆に、それをやめてしまうと文句を言われてしまうようだったら、「黙ってやっておこう」と思ってしまうでしょう。 そのほうが楽ですからね。 「夏休みの宿題は最後に駆け込みでやる」というのも、日本の文化になってしまっている。 でも、笑っている場合じゃないですよね。 このままで良いのか真剣に考えないといけない。 ——夏休み中に民間のキャンプ(体験型の課外教室)に参加したり、家族と旅行や遊びを楽しんだりする子どもたちもいますよね。 夏休みって「休み」なわけですから、その過ごし方って基本的には家庭の問題ですよね。 もちろん、子供への教育に高い意識を持っている家庭や世帯収入が高い家庭であれば、民間の科学実験教室やキャンプ教室だとかに子供を参加させることができるでしょう。 ただ、そうではない家庭も増えてきている。 共働きの世帯も当たり前になっている時代です。 ——「夏休みの宿題」を問い直すためには、ライフスタイルの変化もきちんと把握する必要がありますね。 多様な家庭環境に対応するために、もっと自由に過ごせるようになったほうが良いと思います。 一方で、せっかくの「夏休み」という長期休暇が、「自分にとってどんな意味があったのか」を振り返ってもらう機会はあったほうが良いかなとは思います。 もちろん「俺、なにもできなかったよ」でも良いと思います。 私自身がそうでしたから(笑)。 そもそも、夏休みの最初から最後までちゃんと計画を立てて、そのとおりに過ごすなんて、なかなかできないですよね。 ——どのような夏休みの過ごし方が理想なのでしょうか。 休みを生かしたいのであれば普段は体験できないようなことをしてほしい。 例えば「夜、保護者の人と山手線に乗って一周してきみたら」などと呼びかけたいです。 そうすれば、東京は外国人の人が身近にいる国際都市だって感じることができるでしょう。 コリアンタウンのある新大久保とか、米空軍の基地である横田基地の周りとか、外国の人が多い群馬県太田市とかでもいいですよ。 代々木上原には東京ジャーミーというイスラムのモスクがある。 そういうところで異文化を肌で感じるのは絶対に良い経験になる。 それは絶対に役に立つ。 いまの子供達は将来、いろいろな国や宗教の人と交わる時代になる。 多様性の時代を生きることになります。 国、言葉、文化、宗教が違う人達が日本にはたくさんいる。 せっかくだから、長い休みのどこかで、お家の人と一緒に異文化に触れ合うのは良いと思います。 あとは裁判所での裁判傍聴。 これもおすすめです。 被告人がいて、裁判官が出てきて、形に決まった判決文を読む。 そういうのを実際に見ることもいいと思います。 税金がこういうところにも使われていると自覚することもできますよ。 「宿題」というよりは「体験」ですよね。 自分の目で見て体験して考えられることっていっぱいある。 形式的な上辺の知識ではなく、本当の人の生きざまにいっぱい触れてほしい。 良いも悪いも含めて、多様性にいっぱいふれてほしい。 東京地裁はタダだし、山手線を回るのだって電車代だけ。 保護者が少し意識するだけで学べる機会は十分あると思います。 夏休みになると、いろいろな団体が子供を集めてキャンプをやったりしますよね。 でも、基本的にはあんまり「いいな」とは思わない。 というのも、きれいに整いすぎて、予定調和の成功体験しかない。 成功するものが決まったものが用意されているだけですから。 根本的な読み書きする能力は長い休みの間にじっくりする取り組む必要がありますか? たしかに、基本的に読み書きする力というのは必要になります。 新聞の一面のコラムを全部写すのは良いですね。 習っていない漢字でもいいから、縦書きで一行空けながら大学ノートに書き写す。 iPadを見ながら書き写すでも良い。 あれは一番学びになりますよ。 一文が短くて、意味がはっきりしているし、文章のリズムを学べる。 自分の興味があることがあれば書き写すでも良いんです。 基礎的な読み書きができれば、自分の好きなことをどんどん学ぶ助けになりますよ。 こうやってひとつひとつの意味を考えて、何が必要か、何に意味があるのかを、考えて宿題や教育について考えないといけないです。 そもそも夏休みに限らず、「宿題」という概念そのものがいらないですよね。 ——え!宿題がいらないんですか? 「家で学ぶ」ということを否定しているわけではありません。 子供達にとって学校が学ぶ場になって、子供たちが興味関心を持てば家庭でも学ぶ。 別に宿題という概念ではなくて良いと思います。 宿題って、「学校での学習じゃ足りないから、足りない部分は自分でやっておけ」と、学習不足を補うためのものですよね。 そうすると子供達も「やらされている」という感覚がどうしても強くなってします。 「自分が将来こうなりたい」「自分が興味や関心ある分野をもっと追求したい」ということを家でしっかりできるような学びのあり方を、子供達と一緒に作っていきたい。 いま、学校の学びが信用されていない。 意識ある親であれば、子供を塾に通わせます。 小学校から中学校への受験で、学校の先生に進路指導の相談なんてしないですよね。 みんな塾で相談していますよ。 学校が保護者から信用されていないという現状があります。 学校の学びと、家庭の学び、塾の学びと分かれてしまっている。 情報端末があれば、お互いが生徒の情報を共有し、そこがスムーズになります。 ——タブレット端末など最新の機器を使うICT教育は進めたほうがいいのでしょうか? 絶対にICTを進めたほうが良いです。 時代が変わったのですから。 工業化社会や高度成長期だったら、かつてのような官僚やサラリーマンを養成するため、ある程度の事務処理や機械のオペレーションをする知識・理解を子どもたちに伝達する必要があった。 だけど、これからの情報化社会ではそうはいかない。 AIとの共生時代が今後どうなるか、わからないですよね。 そういう時代を、いまの子供たちは生きていかなければならない。 そういう時代に、彼らはどうやってご飯を食べていけばよいのか。 どうやって自己実現をすればよいのか。 正解はないですよね。 だからこそ、情報化社会に対して主体的に生きるための力を育ててあげたいです。 そういう力を育てるための教育にシフトしないといけない。 日本は、まだ「昭和の教育」にとらわれているんでしょう。 極端に言えば、「ググればわかる(Googleで検索すれば分かる)」ことを先生が学校で教える必要はないのかもしれません。 当校は1人1台、ChromeブックやiPadを持たせています。 私も質問によっては「ググると良いよ」と、検索の仕方とあわせて教えています。 検索の仕方はきちんと教えるべきです。 子供達をよく見ると「キーワード検索」しかしていない。 だから少なくとも小学校のうちに「and検索」や「or検索」をはじめ、精緻に検索できる方法を学ばせたいですよね。 検索して出てきた情報をどう判断するかも大切ですね。 インターネット上には有益無益な情報が沢山ある。 その中から「どれが自分に必要な情報か」「その情報は真実なのか」を探っていく力をつけさせたいですね。 ——なるほど。 気になることもあります。 8月29日に発表された「」では、秋田や石川など、東北・北陸は高い成績を残している。 昔ながらの教育システムが機能し、学力的に良い結果を残していますよね。 一方で、文科省の資料「」を見ると、学力が高い秋田や石川など東北、北陸ではICTの整備状況があまり進んでいない。 逆に、学力が低いとされる大阪や沖縄などは、変革が必要だと考え、ICTの導入に意欲的です。 従来の教育システムで結果が出ているところでは、「ICTは必要ない」と思われているのかもしれません。 ——プログラミング教育が日本に浸透するまで時間がかかりそうですね。 プログラミングって、教科指導をやってきた多くの教員には「どうでもいい」と思われている人もいると思います。 プログラミングは「教科」ではなく、あくまで傍流ですから。 今もやっぱり国語・算数・理科・社会の通常教科が重んじられている。 授業改善も、これまでの教科教育の枠の中で「より良いものにしよう」と頑張って考えている。 素敵な校長先生、人格者の校長先生はたくさんいらっしゃいます。 でも彼らのマインドは100のものを100にする、100のものを110にする、もうちょっとがんばると10を100にしようとそれぞれ頑張っている先生はいらっしゃる。 でも私みたいに0を1にしようとする馬鹿な校長はいないですよね(笑)。 これまでの教員は、今までのフレームを丁寧になぞって、いわゆる「良い授業」というものを再現できることが、自分たちのアイデンティティだった。 でも、それじゃあ教育は変わらない。 保護者も、結局自分が受けてきた教育を基準に学校教育を評価する。 ちょっと変わったことをやると... 学校でプログラミングをやると「そんなものは必要はない」という批判も出てきます。 親の理解も必要です。 「夏休みの宿題」をなくすハードルもそういうところにあります。 端末でプログラミングを子どもにやってもらって、簡単なコードを書かせてブロックを動かすとかですよ。 それなら90分集中するんですよ。 普段の授業ならノートを他人に見られたくないとか思う子が多いけど、端末を使いあると「おまえのプログラミングすげえじゃん」と互いにリスペクトが生まれる。 なぜ? マイクラは「知恵の結晶」ですよ。 マイクラの世界は、自分で工夫し、知恵を絞らないと生きていけない。 地中を掘って、道具を作って、住むところを作って...。 まさに「生きる」ということのシミュレーションですよね。 情報端末を扱えば、個人情報の問題、LINEに代表されるいじめの問題、サイバー攻撃の話もある。 ネットで得た知識の真贋を見抜く力の話も関わってくる。 でも、それって教科教育では教えられない。 でも必要な知識です。 そこは学校側が入っていかないと教えてあげられない。 こういう取り組みが続いていけば、やがて学校は「勉強」する場ではなく「学び」の場になると思います。 自己実現を目指すために、自分がそういう時代を理解しなければ何もできない。 社会の形成者になるには市民としての責任を果たす タックスペイヤー(納税者)としての自覚を持たなければいけない。 そのためには絶対に必要なことだと思います。 いま10歳の小学校4年生は、20年後には30歳になる。 彼らが社会の中心になる頃、いったいどんな世の中になっているだろう。 学校は、彼らが社会に出た時に必要な力を身につけてあげる場ですから、そういう時代認識を持たないといけない。 教育基本法の前文には「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する」と書かれている。 私たちはその精神の意味をきちんと考え直す時期に来ているのだと思います。

次の