平和 産業 駒ヶ根。 平和産業(株) 駒ヶ根工場 (長野県駒ヶ根市赤穂330

【長野コロナ】伊那保健所管内の感染者は「平和産業」勤務!|

平和 産業 駒ヶ根

市長記者会見 内容 本日、平和産業株式会社から、駒ヶ根工場においてお勤めの社員の方お一人が、新型コロナウイルスへの感染が確認されたとの発表がありました。 平和産業は本件に関し、市民の皆さんに安心していただくために公表されたとの事です。 駒ヶ根市としては、こうした決断に敬意を表するものです。 この社員の方は、保健所による検査により4月12日に新型コロナウイルスが陽性と判明し、現在医療機関に入院しているとの事です。 保健所の調査によると、同社のお客さまなど外部の方との濃厚接触は確認されておらず、さらに、社内での濃厚接触の可能性がある社員の方については、すでに自宅待機等の措置がされているとのことです。 なお、この方が勤務していた業務スペースについては、平和産業が自主的に消毒作業が行ったとの事です。 平和産業の公表内容と、昨日の長野県の公表内容から推測し、同一人物ではないかと受け止めています。 さらに、本日、長野県から伊那保健所管内で、新たに4名の方の感染が確認されたとの発表がありました。 これらの方の行動歴や濃厚接触者などの状況については、現在長野県が確認しているとの事です。 市民の皆さんには、上伊那地方で感染者が増えてきた事態を踏まえまして、引き続き、国や県からの情報に基づいて感染拡大防止に向けた取り組みをしていただくよう、私から改めてお願いをさせていただきます。 まずは、緊急事態宣言が出された地域への往来は、お控えいただくことはもちろん、感染者が多く発生している地域への往来にも注意してください。 どうしてもそのような地域に滞在せざるを得ず、その後、駒ヶ根市へ戻られるような場合には、外出を控えていただき、最低14日間は自宅にとどまっていただくようお願いさせていただきます。 「3つの密:1. 換気の悪い密閉空間、2. 多くの人が密集する場所、3. 間近で会話や声を出す密接な場所」を避けていただくよう注意してください。 現在、国が緊急事態宣言を出したことを受け、市では公共施設の閉鎖や小中学校の休校措置をとっています。 市民の皆さんも、政府が呼び掛けていますが、バーやナイトクラブ、カラオケ、ライブハウスなど接客を伴う飲食店については出入りを控えていただくようお願いします。 市民の皆さんには、今後も国や長野県が発信する正確な情報に基づいて、感染拡大の防止に努めていただきますよう重ねてお願い申し上げます。 令和2年4月13日 駒ヶ根市長 伊藤 祐三.

次の

【長野コロナ】平和産業駒ヶ根工場で新型コロナウイルス感染者が確認される

平和 産業 駒ヶ根

「平和産業駒ヶ根工場で新型コロナウイルス感染者」に関するツイート 12日発表の30代男性(伊那保健所管内)は、「平和産業 駒ヶ根工場」勤務、航空宇宙産業に関連する部品の受注などを行う内勤の社員 — 7mitsubachi7 mitsubachi2019 本日の長野県の新型コロナウイルス感染者に関するツイートとなっています。 ご覧の通り、平和産業駒ヶ根工場で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、12日に発表された30代男性(伊那保健所管内)と公表されています(詳細はあるいはをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「平和産業駒ヶ根工場で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「駒ヶ根でコロナ出たんか…」 「平和産業にコロナ出てるな…」 「平和産業駒ヶ根にもコロナ出てしまった…」 「平和産業駒ヶ根工場もコロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、平和産業駒ヶ根工場で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、長野県の平和産業駒ヶ根工場のエコバスで新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 長野県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の

駒ヶ根市雑談掲示板|爆サイ.com甲信越版

平和 産業 駒ヶ根

市長記者会見 内容 本日、平和産業株式会社から、駒ヶ根工場においてお勤めの社員の方お一人が、新型コロナウイルスへの感染が確認されたとの発表がありました。 平和産業は本件に関し、市民の皆さんに安心していただくために公表されたとの事です。 駒ヶ根市としては、こうした決断に敬意を表するものです。 この社員の方は、保健所による検査により4月12日に新型コロナウイルスが陽性と判明し、現在医療機関に入院しているとの事です。 保健所の調査によると、同社のお客さまなど外部の方との濃厚接触は確認されておらず、さらに、社内での濃厚接触の可能性がある社員の方については、すでに自宅待機等の措置がされているとのことです。 なお、この方が勤務していた業務スペースについては、平和産業が自主的に消毒作業が行ったとの事です。 平和産業の公表内容と、昨日の長野県の公表内容から推測し、同一人物ではないかと受け止めています。 さらに、本日、長野県から伊那保健所管内で、新たに4名の方の感染が確認されたとの発表がありました。 これらの方の行動歴や濃厚接触者などの状況については、現在長野県が確認しているとの事です。 市民の皆さんには、上伊那地方で感染者が増えてきた事態を踏まえまして、引き続き、国や県からの情報に基づいて感染拡大防止に向けた取り組みをしていただくよう、私から改めてお願いをさせていただきます。 まずは、緊急事態宣言が出された地域への往来は、お控えいただくことはもちろん、感染者が多く発生している地域への往来にも注意してください。 どうしてもそのような地域に滞在せざるを得ず、その後、駒ヶ根市へ戻られるような場合には、外出を控えていただき、最低14日間は自宅にとどまっていただくようお願いさせていただきます。 「3つの密:1. 換気の悪い密閉空間、2. 多くの人が密集する場所、3. 間近で会話や声を出す密接な場所」を避けていただくよう注意してください。 現在、国が緊急事態宣言を出したことを受け、市では公共施設の閉鎖や小中学校の休校措置をとっています。 市民の皆さんも、政府が呼び掛けていますが、バーやナイトクラブ、カラオケ、ライブハウスなど接客を伴う飲食店については出入りを控えていただくようお願いします。 市民の皆さんには、今後も国や長野県が発信する正確な情報に基づいて、感染拡大の防止に努めていただきますよう重ねてお願い申し上げます。 令和2年4月13日 駒ヶ根市長 伊藤 祐三.

次の