産後うつ 相談。 産後うつに・聖籠町では保健師自宅訪問や相談支援事業があります

産後うつの原因と解決方法、体験談まとめ

産後うつ 相談

出産後の女性は、休む暇もなく新生児の育児がスタートします。 産後の育児は、初産婦さんにとって初めての経験の連続になります。 新生児の育児期間中に、大きなストレスを感じ産後うつになる人も少なくありません。 産後うつは、出産を経験した人なら誰でも発症する恐れのある病気です。 この記事では、産後うつの兆候や相談窓口などについてわかりやすく紹介します。 産後うつにはどんな特徴があるの? 産後うつの多くは、産後2週間~1カ月くらいに発症することが特徴です。 産後うつになりやすい人の傾向として、育児書通りに完璧に育児をしなければと思い込んでいる人や神経質な性格の人などが挙げられます。 発症している人の悩みのなかには「子どもの声を聞くと不安を感じる」「子どもが可愛いと感じられない」などの訴えがあります。 産後うつを発症する原因には、3時間おき程度の授乳による睡眠不足やホルモンバランスの乱れによるものなどがあります。 里帰り出産ができず、出産後すぐに自身で家事や育児に向き合わなければならない人も産後うつを発症しやすい傾向があります。 また、出産直後には新生児の身体を守るためにも、家にこもりきりになる女性が多いことが特徴です。 外界から隔離された生活になり、絶えず新生児のお世話をする負担から産後うつは発症するといわれています。 産後うつのセルフチェックをしてみよう 赤ちゃんのお世話をするなかで気分の落ち込みを感じるようになったら、産後うつのセルフチェックをしてみましょう。 セルフチェックの項目には、「自分を責めるようになった」「笑えなくなった」「理由もないのに不安になった」などが挙げられます。 項目のなかでも「理由もなく涙が出る」というものがありますが、当てはまる場合には産後うつの可能性が高いといえます。 さらに「自分自身を傷つけたくなる」の項目に「はい」と回答する人は、注意が必要です。 この項目に該当する場合には、産後うつが重症化し自身や赤ちゃんを傷つけてしまう恐れもあります。 セルフチェックの項目に多くの「はい」が付いた人は、精神科を受診することを検討しましょう。 家族も赤ちゃんとの新しい暮らしに慣れることで精一杯になり、産後の母親のメンタルの状態まで気を配れないケースもあります。 産後うつから自身と赤ちゃんを守るためにも、自身のメンタルの状態をチェックしてみましょう。 産後うつを改善するための治療や家族の関わり 産後うつを発症したことが疑われる場合には、自身が通っていた産院を受診することが大切です。 自身の精神面の状態を説明することで、精神科へ紹介状を書いてもらえることもあります。 産後うつを改善するためには、抗うつ薬を服薬することが必要です。 母乳育児を望む場合には、抗うつ薬の服用について担当医に必ず相談するようにしましょう。 自身のなかにため込んでしまっている悩みを吐き出すためにも、抗うつ薬の服薬とともにカウンセリングも併用すると良いです。 不安な思いや苦しい感情を言葉にすることで、自身の精神状態は整いやすくなります。 また、家族の温かな関わりや言葉は、産後うつの回復に大きな影響を与えます。 育児や家事を代わり、母親が1人きりで過ごせる時間を積極的に増やしてあげましょう。 赤ちゃんから短時間でも離れることで精神的にもリフレッシュし、また新たな気持ちで育児に向かえるようになります。 家族が労いの言葉や感謝の言葉を積極的にかけることも、効果的な方法です。 産後うつで気分の落ち込みが激しい時期に、しっかりと言葉で伝えコミュニケーションを増やすように心がけましょう。 また、一時保育を利用するのも、産後うつを改善するためには有効な方法です。 産後うつはどこへ相談すればいいの? 産後うつを抱えていても、ひきこもりがちな生活のなかでは相談もできないという人もいるでしょう。 育児を楽しんでいる友人に相談しても、産後うつを理解してもらえないと感じる人も少なくありません。 産後うつはデリケートな問題であるため、安心して相談できる場所へ相談するようにしましょう。 日本保育協会のママさん110番では、全国の産後うつに悩む人から電話相談を受け付けています。 女性健康支援センターや日本助産師会の子育てなども、相談できる窓口があります。 1人きりで産後うつを抱え込んでしまう前に、相談するようにしましょう。 食欲低下や慢性的な寝不足によって気分の落ち込みが持続しているときには、公共機関へ電話相談をするだけでなく早めに病院を受診することが重要です。 産後うつは1人きりで治すものではなく、周りのサポートや医師、カウンセラーなどの手助けが必要となります。 赤ちゃんの育児を負担に感じているときには、自分自身を責めず周りに頼り甘える気持ちをもつことも産後うつの改善を後押しするでしょう。 産後うつに悩んだら早めに相談をして抱え込まないようにしよう 産後うつに悩んだときには、1人きりで抱え込んでいても解決の糸口はつかめません。 気分の落ち込みを自覚しているときには、通い慣れた産院や相談できるサービスを積極的に活用するようにしましょう。 早期に対処することは、産後うつの早期回復にも繋がります。 赤ちゃんの新生児期はとても短く、家族にとってかけがえのない時間です。 新生児期の育児に笑顔で向き合えるよう、産後うつは早めに相談することがポイントです。 うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の

「産後うつかも?」と思ったら、誰に相談したらいいの?何科?|ミィの脱産後うつブログ

産後うつ 相談

産後うつにかかる原因として、 ・妊娠前からの精神疾患 ・周りからのサポート不足、 ・妊娠出産によるホルモンバランスの変化 ・心理的な変化、体の変化 ・経済的な問題 などがあります。 産後うつにかかると、 ・周囲のちょっとした言葉にひどく傷ついたり、 ・不安感やイライラが増し、理由もなく泣けてきたり、 ・不眠、頭痛、疲労感、集中力低下 などの症状が現れます。 さらに、「赤ちゃんの具合が悪い」「母乳の飲みが悪い」のように子どもへの心配がつきず、 「赤ちゃんへの愛情がわかない」「自分は母親としての資格がない」といって自分を責めるようになります。 そのような気持ちが出たら要注意。 周囲の方々とも話し合って、出産した病院の先生や専門家に相談してください。 産後うつはゲリラ豪雨のようなもの 女性のうつ病、身体表現性障害治療が専門の医学博士高松能子医師は、「産後うつと他のうつとの違い」を次のように解説しています。 うつ病は、必ずしもこの順序ではありませんが、次のような経緯をたどると言われています。 〔第1段階〕 やる気の低下や体の不調、だるさや頭痛、食欲の低下、疲れやすさなどが表われる。 〔第2段階〕 気分の落ち込みが強くなり、自分を責めたり、自分に対する評価がどんどん低下。 仕事や育児に集中できなくなる。 〔第3段階〕 もっとも辛い時期で、何もすることができなくなり、「生きていても仕方ない」などと考えるようになる。 〔第4段階〕 少しずつ元気が出てくる時期。 ただ、行動力を取り戻すことから、自殺を実行してしまう可能性が高まるので、注意が必要。 〔第5段階〕 以前のように楽しみや希望を少しずつ感じるようになり、体も楽になる。 産後うつもいわゆる「うつ病」のひとつですが、他のうつ病と違うのは、比較的短期間で症状が重症化することがある、という点です。 産後の女性の体はとてもデリケート。 産後うつを引き起こすと言われる女性ホルモン(エストロゲン) も大きく変化します。 それに伴って、うつ症状が急激に悪化し、「死にたい」「消えてなくなりたい」と 思い詰めることもあります。 一般的なうつ病がしとしと降る雨だとしたら、産後うつはゲリラ豪雨のようなもの。 急激な変化を見逃さないためにも、悪化する前に、専門家や周りの助けを借りましょう。 当院の鍼灸治療 赤ちゃんにとって、大切なお乳が出ないようでしたから、 「食欲が出て、水分が取れるようになること目標に治療しましょう。 そうすると不安感もなくなってきます。 」 と話して治療を始めました。 3回目の治療に来院されたときには、 ・理由が分からないのに、悲しくて、涙がでる。 ・不安感がある。 ・くび・肩がコル。 ・落ち着きがなくなり、ジッとしていられない。 ・夢見が多く、よく眠られない。 と言う症状が改善されていました。 4回目の時には、 「食欲が普通にもどり、不安感もなくなりました。 一ヶ月検診を無事に終わりました。 」 と赤ちゃんを抱いて来院されました。 「かわいいですね~!抱いていると幸せを感じます。 」 とママさんは、笑顔に溢れていました。 出産により、肝と腎を消耗している虚労の状態です。 そのため産後は「眠くて辛い」「眠ることができない」と いった眠りに関する悩みを訴える方が多いのです。 この時期は赤ちゃんを育てるため、女性の睡眠は産前のように「夜まとめて眠る睡眠」から「短時間で深い睡 眠」へと変ります。 食事が美味しく摂れるようになるため、脾と胃の働きを活発にして消化吸収を良くしていきます。 母乳が沢山 でるためにも。 そして、エネルギーが補給され、消耗している肝と腎が強められていきます。 赤ちゃんを抱っこし、お日様のような赤ちゃんの匂いをかぐと心まで元気を与えてくれます。 そして、「可愛いね~!」とママに笑顔がもどってくることを目指してサポートします。 (参考資料:『脈から見える世界』『脱産後うつ』『産後、つらくなったら読む本』).

次の

産後うつの体験談|ベビーカレンダー

産後うつ 相談

マタニティブルーの場合は、出産後3日以内に症状が現れますが、数日から数週間でおさまります。 「涙もろい、イライラする、神経質になる、食欲低下、傷つきやすい、自信を失う」などの症状が一過性に現れるものです。 マタニティブルーは環境の変化による心身の反応であり、程度の差はあれ誰にでも起こりうるのものです。 産後うつのチェック10項目 一般に広く使われている、産後うつのチェック項目です。 過去7日間に感じたことにチェックしてください。 必ず10項目全部に答え、点数をチェックしましょう。 笑うことができて、物事のおもしろい面もわかった。 0 いつもと同様にできた。 1 あまりできなかった。 2 明らかにできなかった。 3 全くできなかった。 Q2. 物事を楽しみにして待つことができた。 0 いつもと同様にできた。 1 あまりできなかった。 2 明らかにできなかった。 3 全くできなかった。 Q3. 物事がうまくいかない時、不必要に自分を責めた。 3 はい、たいていそうだった。 2 はい、時々そうだった。 1 いいえ、あまり度々ではなかった。 0 いいえ、全くそうではなかった。 Q4. はっきりとした理由もないのに不安になったり、心配になったりした。 0 いいえ、そうではなかった。 1 ほとんどそうではなかった。 2 はい、時々あった。 3 はい、しょっちゅうあった。 Q5. はっきりとした理由もないのに恐怖に襲われた。 0 いいえ、そうではなかった。 1 ほとんどそうではなかった。 2 はい、時々あった。 3 はい、しょっちゅうあった。 Q6. することがたくさんあって大変だった。 3 はい、たいてい対処できなかった。 2 はい、いつものようにうまく対処できなかった。 1 いいえ、たいていうまく対処した。 0 いいえ、普段通りに対処した。 Q7. 不幸せな気分で、眠りにくかった。 3 はい、ほとんどいつもそうだった。 2 はい、時々そうだった。 1 いいえ、あまり度々ではなかった。 0 いいえ、全くそうではなかった。 Q8. 悲しくなったり、惨めになったりした。 3 はい、たいていそうだった。 2 はい、かなりしばしばそうだった。 1 いいえ、あまり度々ではなかった。 0 いいえ、全くそうではなかった。 Q9. 不幸せな気分で、泣いていた。 3 はい、たいていそうだった。 2 はい、かなりしばしばそうだった。 1 ほんの時々あった。 0 いいえ、全くそうではなかった。 Q10. 自分自身を傷つけるという考えが浮かんできた。 3 はい、かなりしばしばそうだった。 2 時々そうだった。 1 めったになかった。 0 全くなかった。 頑張り屋さんや完璧主義の人に多い傾向があるようです。 赤ちゃんのお世話、家事、家族との関わりなど、すべてを理想通りにこなそうと奮闘すると電池が切れてしまうものです。 また、心配性の人が考えすぎに陥ってしまい産後うつになるパターンもあります。 産後うつの原因 産後うつになってしまう代表的な原因を紹介します。 過去、うつ病にかかったことがある。 (または、過去の妊娠中に産後うつにかかったことがある。 家族にうつ病になったことがある人がいる。 (もしくは現在なっている人がいる。 周囲(親戚や友人が近くにいないなど)との関係が気薄。 (家族や友人が近くにおらず、周囲の人間関係が希薄で孤立している。 経済上の不安がある。 家族とうまくいっていない。

次の