羅生門 季節。 羅生門 本店 メニュー:ご宴会・季節料理

芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

羅生門 季節

-あらすじ- ある日の暮れ方、一人の下人が奉公先から 暇を出された(解雇された)ので、羅生門の下でぼんやりと雨止みを待っている。 数年のうちに地震や火事や飢饉などが続いて起こったせいで京都は 酷く荒れ果てており、空には死人の肉を狙う鴉が舞い、不気味なほどにひとけも少ない。 下人はさっきから「このままでは 盗人になるよりほかあるまい」と考えているのだが、一方でその考えを強く肯定できず、 どうしたもの かと思案している。 ともかく今日の寝床を確保しようと羅生門の楼の上に出るが、人のいないと思っていた楼の上には火がついていて、どうやら 人がいるようである。 上にいたのは痩せ細った 老婆で、死体の髪の毛を一本一本抜いている。 それをみた下人は激しく憎悪し、老婆の前へおどり出る。 老婆は驚くが、「これとてもやはりせねば、饑死をするじゃて、 仕方がなくする事じゃわいの」と言う。 それを聞いた下人は「 きっと、そうか」と念を押し、「では、 己 おれが 引剥 ひはぎを しようと恨むまいな」と言うが早いか老婆の着物を剥ぎ取り、暗い夜の中にまぎれていった。 ・『羅生門』-概要- 主人公 下人 物語の仕掛け人 老婆 舞台 平安京羅生門 時代背景 平安時代末期・晩秋 作者 芥川龍之介 -解説(考察)- ・下人はなぜ悪に走ったのか? 下人の自問自答・老婆とのやりとり あらすじでもみたとおり、下人は 職を失い、他に探せる職もありません。 そんな中、俺は盗人になるのか?それともどうにかして生きていくのか?いやどうにもならないだろう、やはり盗人になるほかあるまい、いや、でも、、、という 自問自答が下人の中で 際限なく繰り返されるのです。 盗人の他に道がないのであれば、論理的には下人は 盗人になるしかありません。 ですが、下人の 道徳観がそれを押しとどめているという形です。 つまり、下人は善悪の狭間で揺れているのです。 では、下人はどのようにしてその自問自答にけりをつけたのでしょうか。 その決め手となるのが物語終盤の 老婆とのやりとりです。 そのやりとりは大体以下のようなものです。 老婆 少しポップに脚色しましたが、大体こんなところです。 老婆の言い分にも うなずけるものがありますね。 まとめてみると、老婆の論理はこういうものです。 女(死体)は生きるために蛇を売っていた。 だからわし(老婆)も生きるために女の髪を毟ってかつらを売る。 ・生きるためには仕方がない 下人の論理 下人は羅生門の下で、 盗人になるかならまいか思案していました。 しかし、自分で決断することが出来なかった下人は、老婆とのやりとりの中で 悪事を肯定する論理(生きるためには仕方がない)を見出し、 悪に身を委ねることにしたのです。 下人の論理をまとめるとこうなります。 女(死体)は生きるために蛇を売る。 老婆は生きるために女の髪を毟ってかつらを売る。 じゃあ俺(下人)も生きるために老婆の服を剥いで売る。 見事に悪の因果が続いていますね。 こうした 人間のエゴを芥川龍之介は見事に描いています。 ・下人の行方は? 『羅生門』はハッピーエンドか 国語の授業などではよく、「作品のその後を想像して書きなさい」といった設問が見られたりします。 この『羅生門』も例に漏れず、「下人の行方を想像して書きなさい」という設問は多いようです。 「 下人はその後盗人の世界で名声をほしいままにし、活動範囲は海をこえて広がりました。 モンゴル帝国、東ローマ帝国へと移動しながら盗みの限りを尽くし、フランスでその盗みぶりは最盛を極めます。 「怪盗ルパン」の元となったのはこの下人だと言われたり言われなかったり、、、」 などと想像力を駆使して下人の行方を考えるのも楽しいですが、 作品の論理(下人の論理)に立つと、実は下人の行方は 容易に想像がつきます。 「俺(下人)も生きるために老婆の服を剥いで売ろう」と考えた下人は、その時点で悪の因果に 組み込まれています。 ですので、次には「 別の 誰かが生きるた めに下人の所有物を奪って売る」という場面が当然待ち構えているはずです。 つまり、羅生門の上にいた老婆の立場に下人が 置き換わるということですね。 こうした『羅生門』の作品構成にしたがえば、残念ながら下人にハッピーエンドは 待ち受けていなさそうにみえます。 『羅生門』-感想 ・結局『羅生門』はどこがすごいのか? 比喩表現が巧みだった! 『羅生門』ってなんでこんなに有名なんでしょうか。 もちろん、教科書にも載っていて結末(オチ)も面白いのですが、どうやらそれだけでもなさそうです。 次の文章を見てみてください。 少し 不思議な表現に気がつきませんか? 「羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである」 芥川龍之介(1997)『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇』,p9,文藝春秋. 注目してほしいのは、この「 市女笠や揉烏帽子」という部分です。 この市女笠(いちめがさ)や揉烏帽子(もみえぼし)ってなんのことだか分かりますか? これは、平安時代の女性や男性の 被り物のことです。 こんな感じのやつですね。 市女笠が女性の、 揉烏帽子が男性のかぶり物になります。 話を元に戻しますが、ここでの表現(「市女笠や揉烏帽子」)というのは実は 比喩表現となります。 それって比喩なの?と思うかもしれませんが、例えるなら「おいそこのメガネ!」と言うのと同じですね。 物を指しているにも関わらず、それを着けている 人について言及しています。 比喩といえば「見ろ、人がゴミのようだ!(某大佐)」のような 直喩や「お前はゴミだ!(ただの暴言)」のような 隠喩が一般的です。 「おいそこのメガネ!」のような比喩は 換喩といい、一般的には使われることの少ない比喩ですので 高等テクニックだと言って良いでしょう(「花より団子」なんかもそうですね)。 そうした 換喩を芥川龍之介はさらっと使い、しかも読者にほとんど違和感を残しません。 そうした小技が作品の随所に見られ、結果的に 作品全体の質を高めることに繋がっています。 ・下人はどこにでもいる普通の人なんだと思う 職を失って、明日から食べるものもない。 もしこういう状況になったら あなたはどうするでしょうか? いやいや、そんなことは あり得ないよ。 日本は割と豊かだし、法や福祉の整備も割と整っているし。 生きるために仕方なく悪行をするシチュエーションなんてなんてほとんどないよ。 たしかに今の日本で下人と同じ状況になることは 考えにくいですが、時代が変わればこうならないとも限りません。 それに、そうなったら怖いなあ、あまり考えたくないなあ、という気持ちが、『羅生門』という作品を面白く 読ませているのではないかと思います。 誰だって下人になりうる 下人と同じシチュエーションにはならないかもしれませんが、 生きるためには仕方がないという論理は 日常的にみることができます。 たとえば畜産なんかもそうですね。 人間のエゴで 毎年何億羽といった数のひよこが殺されています。 これは 食べられる数ではなく、食用になれない身体の弱い個体を 廃棄する数です。 人間が生きるために 効率の良い生産が求められ、その結果 多くの命が 失われていきます。 これも、 生きるためには仕方がないの論理と言えます。 こうした目を向けたくない 人間の本質や 非情さを ありありと描いたからこそ、『羅生門』は高い評価を得て読み継がれてきたのではないのでしょうか。 『羅生門』と『今昔物語集』の違い 『羅生門』は『今昔物語集』から題材を取って創られました。 (「巻二十九第十八 羅城門登上層見死人盗人語(羅生門の上層に登りて死人を見る盗人のこと)」並びに「巻三十一第三十一 大刀帯陣売魚嫗語(帯刀の陣に魚を売る嫗のこと)」) ですが、元の作品と『羅生門』の違いは たくさんあります。 一部を例に挙げるとこんな感じです。 『羅生門』 『今昔物語集』 主人公 下人 盗人 門の名称 羅生門 羅城門 羅生門にいた人 老婆 嫗 女(死体) 蛇を売っていた 嫗の主人 下人が奪ったもの 老婆の着物 嫗の着物と死体の着物と鬘 もし時間に余裕があれば、それぞれの作品の相違点から『羅生門』を読んでみると、 面白い発見があるかもしれません。 時間がない方は、『羅生門』の 元ネタがあるんだ〜くらいに思っておいて、参考までにその違いを上の表で見ていただければ 嬉しいです。 以上、『羅生門』のあらすじと考察と感想でした。 ほかにも『鼻』や『芋粥』について、また他の作家の作品考察などもあります。 サイトマップから回れますので、よければ見ていって下さい。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

黒澤明「羅生門」 手柄は三船敏郎ではなく、カメラマン宮川一夫!

羅生門 季節

祝日は完全禁煙とさせていただいております• 禁煙室もございます• おすすめ 一階 禁煙室 (宴会での使用も可)• お子様にも安心• おすすめ 床が一面で小さなお子様にも安心! 勿論 禁煙室です• 一階個室• おすすめ 小部屋は禁煙だけでもありません。 数量限定・期間限定の この時期だけの特別料理! 品切れの際は、ごめんなさい。 こってりしたこのお肉には、ワサビが良く合います。 もちろん希少部位ですので、売り切れ時はご了承下さい。 1,730円 (税抜)• 1,730円 (税抜)• アッサリしたお肉をご希望な方には、おすすめです。 その日の内容に関しては私たちがご説明します。 1,800円 (税抜)• 焼肉・宴会メニュー• ご宴会メニューは前日までのご予約が必要です。 宴会の価格は、お一人様の価格です。 1人前 2,990円 (税抜) 2人前 5,980円 (税抜) 3人前 8,970円 (税抜) 4人前 11,960円 (税抜)• 1人前 3,290円 (税抜) 2人前 6,580円 (税抜) 3人前 9,870円 (税抜) 4人前 13,160円 (税抜)• 1人前 2,480円 (税抜) 2人前 4,960円 (税抜) 3人前 7,440円 (税抜) 4人前 9,920円 (税抜)• 羅生門宴会セット 特上の和牛を取り揃えてコースに仕上げました。 和牛の甘味とコクをご堪能ください。 羅生門ペアセット 2名~3名様向きのコースになります。

次の

羅生門

羅生門 季節

羅生門とは 羅生門は芥川龍之介が東京帝国大学在学中、まだ無名作家だった1915年 大正4年 に雑誌「帝国文学」へ発表された作品です。 そして羅生門には元になった物語がありました。 それは平安時代の末期に作られた 「今昔物語集」という説話集の中の物語で、これを元に羅生門という作品は生まれたのです。 今昔物語集の「羅城門登上層見死人盗人語」と「太刀帯陣売魚姫語」の内容を交える形で書かれた 羅生門の主な登場人物は、主人に暇を出された下人と、盗みを働く老婆の2人です。 作品の舞台は平安時代の京都にあった羅生門。 羅生門は朱雀大路の南端にあった大門で、羅城門とも表記されます。 この高さ70尺 約21m 、幅10丈6尺 約32m もあった羅生門ですが、地震や辻風、火事や飢饉などの災いが続いて荒れ果てており、 鬼が住むといわれるほどでした。 そんな羅生門が舞台の物語です。 【羅生門のあらすじ】 ある日の暮れ方、主人から暇を出されて途方にくれる下人が、荒廃した羅生門の下で雨やみを待っていた。 彼が門の楼上に登ると、女の死体の髪を抜く老婆がいた。 憎悪を抱き、力で老婆を押さえつけた下人だったが、老婆から生きる為の悪事を正当化する言葉を聞く。 下人の心に悪を肯定する勇気が湧き「自分もそうしなければ餓死する体なのだ」といい、老婆の衣服を剥ぎ取って夜の中に駆け去ってしまう。 解説 羅生門の作品解説をしていきたいと思います。 出題のポイント 高校の教科書などに載っているという事は、学校のテストにも出題されるという事です。 そこでまずは、この羅生門についてどんなテスト問題が出されやすいか、という傾向をご紹介します。 【羅生門の出題傾向】 ・この作品の背景となっている京都の町や羅生門の描写に注目し、そこに描かれている当時の社会状況についてまとめる。 ・下人が羅生門の下に至るまでの経緯をふまえ、門の下での下人の心情について考察する。 ・楼に上ってからの下人の心理推移を考察する。 ・下人は老婆の言葉をどのように受け止めているかを考察する。 ・下人はその後どうなったと思うか。 続きの物語を作ってみる。 上記のような設問の他、読書感想文などを提出する事もあります。 抑えておくべき点 まず抑えておくべき点は、下人の心理の推移です。 作品の冒頭は、主人に暇を出されて 仕事をクビになって 羅生門で途方に暮れている下人から始まります。 どうにもならないことを、どうにかするためには、手段を選んでいるいとまはない。 選んでいれば、築土の下か、道端の土の上で、飢え死にをするばかりである。 そうして、この門の上へ持ってきて、犬のように捨てられてしまうばかりである。 選ばないとすれば__下人の考えは、何度も同じ道を低徊したあげくに、やっとこの局所へ逢着した。 しかしこの「すれば」は、いつまでたっても、結局「すれば」であった。 下人は、手段を選ばないということを肯定しながらも、この「すれば」のかたをつけるために、当然、その後に来るべき「盗人になるより外にしかたがない。 」ということを、積極的に肯定するだけの、勇気が出ずにいたのである。 このままここに居ても、飢え死にするだけ。 手段を選んでいる場合ではないが、盗人になる勇気が出ない、という状態でした。 ともかく寝る場所を探そうと門の楼へ登ると、女の死体の髪を抜く老婆の姿を見ます。 その髪の毛が、一本ずつ抜けるのに従って、下人の心からは、恐怖が少しずつ消えていった。 そうして、それと同時に、この老婆に対する激しい憎悪が、少しずつ動いてきた。 __いや、この老婆に対すると言っては、語弊があるかもしれない。 むしろ、あらゆる悪に対する反感が、一分ごとに強さを増してきたのである。 この時、誰かがこの下人に、さっき門の下でこの男が考えていた、飢え死にをするか盗人になるかという問題を、改めて持ち出したら、おそらく下人は、なんの未練もなく、飢え死にを選んだことであろう。 それほど、この男の悪を憎む心は、老婆の床に挿した松の木切れのように、勢いよく燃え上がりだしていたのである。 下人には、もちろん、なぜ老婆が死人の髪の毛を抜くかわからなかった。 したがって、合理的には、それを善悪のいずれかにかたづけてよいか知らなかった。 しかし下人にとっては、この雨の夜に、この羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くということが、それだけですでに許すべからざる悪であった。 もちろん、下人は、さっきまで、自分が、盗人になる気でいたことなぞは、とうに忘れているのである。 盗みを働く老婆、そしてあらゆる悪に対して激しい憎悪を抱く下人。 さっきまで自分も盗人になる気でいた事を忘れ、老婆を捕まえて理由を問い詰めます。 けれども、老婆は黙っている。 両手をわなわな震わせて、肩で息を切りながら、目を、眼球がまぶたの外へ出そうになるほど、見開いて、おしのように執拗く黙っている。 これを見ると、下人は明白に、この老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されているということを意識した。 そうしてこの意識は、今まで険しく燃えていた憎悪の心を、いつの間にか冷ましてしまった。 後に残ったのは、ただ、ある仕事をして、それが円満に成就した時の、安らかな得意と満足とがあるばかりである。 [中略] その時、その喉から、からすの鳴くような声が、あえぎあえぎ、下人の耳へ伝わってきた。 「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、かつらにしょうと思うたのじゃ。 」 下人は、老婆の答えが存外、平凡なのに失望した。 そうして失望すると同時に、また前の憎悪が、冷ややかな侮蔑と一緒に、心の中へ入ってきた。 捕まえた老婆の生死が自分の意志に支配されていると意識した下人は、憎悪の心を冷まします。 しかし老婆の平凡な答えに失望し、 侮蔑に加えてまた憎悪を抱くようになります。 その気色を感じた老婆は話を続け、この死人も生前に生活の為の悪事を働いていたこと、だからこの死人も大目にみてくれるはずだ、という事などを話します。 その話を聞いた下人の心には、 悪事を働く勇気が生まれてきます。 しかし、これを聞いているうちに、下人の心には、ある勇気が生まれてきた。 それは、さっき門の下で、この男には欠けていた勇気である。 そうして、またさっきこの門の上へ上がって、この老婆を捕らえた時の勇気とは、全然反対な方向に動こうとする勇気である。 下人は、飢え死にをするか盗人になるかに、迷わなかったばかりではない。 その時の、この男の心持ちから言えば、飢え死になどということは、ほとんど、考えることさえできないほど、意識の外に追い出されていた。 「きっと、そうか。 」 老婆の話が終わると、下人は嘲るような声で念を押した。 そうして、一歩前へ出ると、不意に右の手をにきびから話して、老婆の襟髪をつかみながら、かみつくようにこういった。 「では、おれが引剥をしようと恨むまいな。 おれもそうしなければ、飢え死にをする体なのだ。 」 老婆を捕らえた時の勇気とは反対の勇気を得た下人は、老婆の着物を剥ぎ取り、夜の闇に逃げ去っていきました。 下人の心理推移をまとめると、下記のようになります。 門の下 羅生門で雨宿りをしていた下人は、仕事もなくなった事でこの先を案じ、「盗みを働くしかない」と考えますが決心が付きません。 老婆を捕まえる 盗みを働く老婆を発見し、老婆と罪に対する憎悪から捕まえた下人。 「安らかな得意と満足」を得ますが、老婆の平凡な答えに失望し再び憎悪を抱きます。 老婆の話を聞く 更に老婆の話を聞いた下人には、「さっき門の下で、この男には欠けていた勇気」「この老婆を捕らえた時の勇気とは、全然反対な方向に動こうとする勇気」が生まれます。 そして、飢え死にするか盗人になるか、という迷いも消え、老婆から着物を剥ぎ取って逃げ去りました。 この心理の変化についての問題が出題されやすいので、よく理解しておくと良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は芥川龍之介の小説作品「羅生門」の内容解説・あらすじについてご紹介しました。 高校の教科書などにも載っている作品ですので、テスト対策とより深い理解に繋がれば幸いです。 羅生門の全文についてはにて読む事も出来ます。 その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の