スリーピース ベスト ボタン。 【スリーピーススーツ】の上手な着方!~ベストのボタンの留め方・アンボタンマナーについて~

3つのポイントをおさえて完璧!スリーピーススーツの着こなし術

スリーピース ベスト ボタン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年2月) スリーピース・スーツ(:three-piece suit)とはの種類の一つ。 その名称の通り、全て同一の布で仕立てられたジャケット、ベスト、スラックスの3つのセットから成る(どれか一つが欠けたら「スリーピース」にはならない)。 日本では明治時代以降に伝わった。 現在でも「三つ揃え」スーツとして呼ばれる。 現在あらゆる国で着用されるスーツの正統派。 もともと、スーツといえばこのスリーピースを指した。 現在、ほとんどのスーツはベストがセットされていないツーピースであるが、元来スーツというものはで生まれ、紳士の礼服とされた。 イギリスからアメリカへの移民もイギリスの風習を色濃く受け継ぎ、礼装時にはスーツを着用した。 その際もいずれのスーツもスリーピース仕立てだった。 仕様・着方 [ ] 立襟のウェストコートを着用した場合 などを着た後、をはき、ボタン式ので吊り(正式のスリーピースではウェストコートの下が浮くのを防ぐためは締めない)、を着用し、その上から上着を羽織る。 とウェストコートは基本的に同じ生地のものでなければならない。 好みによってあえてなどの別の柄や素材・を着る事もあるが、原則、同じ仕立てのものでなければならないとされる。 例外として腰・胸を増やしたり、背面にを取り付けたり付きや襟なし、を変えた物、襟にフラワーホールを取り付けたものを仕立てることもできる。 ウェストコートの背面は通常は動きやすさを重視して背広の裏地と同様のもので仕立てるが、背広の表地と同様のもので仕立てることもできる。 通常は、 シングルのスーツにシングルのウェストコートや、 ダブルのスーツにダブルのウェストコートだが、 シングルのスーツにダブルのウェストコートや、 ダブルのスーツにシングルのウェストコートという着こなしも楽しめる。 スラックスはスーツのシングルやダブルに合わせる事は少なく、 シングルのスーツにダブルのスラックスや、 ダブルのスーツにシングルのスラックスも見掛ける。 シングルのスーツは2つ掛け以上の場合は最下部のボタンを外すのが正式。 ウェストコートは5つ掛けなら全てボタンを掛け、6つ掛け以上ならボタンが一直線に並んでいる状態なら全て掛け、最下部のボタンが離れているなら最後のボタンは掛けないで外しておく。 の場合も同様にする。 ボタンとボタンの間隔は5センチ(体型により上下する)。 2つボタンのスーツの場合は第一ボタンをかけた状態でウェストコートの上のボタンが2個のぞくくらい、3つボタンのスーツの場合は1個~1個半覗くくらいで仕立る。 ダブルのスーツの場合はシングル・ダブル問わずにウェストコートを見せない、もしくはウェストコートを着用しない(ツーピース)とされている。 長年スーツというものに接したことのなかった日本人が明治以降初めて洋装を着始め、スーツを着用するようになった頃はこのスリーピーススーツしかなかった。 今でこそスーツには様々なタイプがあるが、元々スーツはを含めて一式であり、ベスト等を廃したツーピースは伝統的なものではない。 当時のイギリスにあってはスーツに加え、、を揃えるのが正統とされ、現代の日本で一般に着られているようなスーツとは大きく違う。 日本にスーツが伝わった当初はスーツの普及も少なく、スーツを着ていた日本人はイギリスにおいてのスーツの礼式をしっかりと守った着方をするのが一般的であった。 現在でもスーツは基本的に欧米の文化を色濃く受け継いでいるので「日本風のスーツ」という概念は存在しないが、日本人の着こなし、ライフスタイルに合わせた形のスーツは多くの日本人や服飾店によって開発・販売されている。 日本ではスーツは初期は一部の階級の者(皇族、華族、高名な学者、政治家、高級官僚、財界人)くらいしか着る事がなかったが、期以降に従事する労働者などにも広がり一般化したが、頃まではスリーピースが一般的だった。 その後、これらスリーピースを簡略化したツーピース、()などがアメリカやイタリアで開発され、日本にも伝わり普及した。 ツーピースは現在、むしろ主流とも呼べるスーツであるが、これは誰でも簡単に着られるように作られた簡略化スーツとも言え正統派のスリーピースに伴う礼式は継承されていない。 現代においては、スーツの選択肢の一部としてスリーピースが選ばれることもあるが、マント、ステッキ、ハットなどを含めることは一般にはない。 はウェストコートがネクタイ留めの役目を果たしているので付けない。 背広以外にもマオカラースーツのスリーピースも存在する。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

男の色気が際立つスリーピース(三つ揃え)のスーツの着方を完全解説

スリーピース ベスト ボタン

スリーピースとは何か スリーピースとはスリーピーススーツのことで、三つ揃えスーツともいわれています。 ジャケット・ベスト・スラックスの三つがセットになっており、全ての物が同じ素材で作られている場合にスリーピースといいます。 本来のスーツといえば、このスリーピースのことを指しており、伝統的な服装であり、フォーマルな場面では今でもスリーピースを着ることがあります。 内側のベストは一番下のボタンだけを外し、外側のジャケットはボタンを全て外すのが基本的なスタイルとなっています。 また、ベステッドスーツ(ベストつきのスーツのこと)とも呼ばれ、フォーマルな場面で使われていたり、ファッション系のデザイン企業・アパレル業界などの服飾に対する企業や、企業の経営者やベンチャー企業などでも着られることが多いです。 面接にスリーピースはありか? 面接にスリーピースを着ていくのはありなのでしょうか? 面接にスリーピースはNG! 一見、フォーマルな場面で着られていたり、本来のスーツであったりと面接にスリーピースを着ていっても構わないような気がしますが、面接の場というのはスーツの伝統を披露する場ではなく、面接官にどのような印象を与えるのかが重要になります。 スリーピースは一般的にフォーマルな場面や、企業などの場でもベテラン層といった上司が着るイメージが定着しているために、就活生が面接という場で着ていると 「生意気」「若者にはまだ早いのではないか」という捉え方をする面接官もいるようです。 中にはスリーピースを着ていても気にしない面接官もいますが、そのような面接官であてもスリーピースを着ているからといって加点することはありません。 面接の場で何も思わない面接官に当たることを祈って挑戦するにはリスクしかないため、オススメはできません。 ベストを着ないスリーピースなら就活での着用はあり? ジャケットとベスト・スラックスの3点で1セットになっているスリーピースは面接ではオススメできませんが、 ベストを着ないスリーピースなら、就活の際に着ていっても問題はありません。 理由としては、ベストがなければツーピースのスーツなのかを、面接官の方から判断することは難しいためです。 また、スリーピースはベストを着る前提でジャケットのサイズが設定されているので、近年流行している細身のスーツの場合は、上下がアンバランスになることがあるので気をつけましょう。 ゆとりがあるサイズの場合は、ベストを着ないことでよりゆとりが出て、だらしなく見られる可能性があるので、鏡を見て自身がどのように見えるのかを確認してから面接に挑むことが必要になります。 就職後もオススメできない 就職後にスリーピースを着ることもオススメできません。 スリーピースは、ベテラン層の上司や役員が着ているイメージを共有している人が多いため、入社後も一般的なスーツを着用した方が無難です。 入社後しばらく経って、人間性や好みが伝わり、スリーピースが好きな人間として周りに認知されるようになれば着ることもありだと思いますが、そのような関係性を築けるまではどのような印象を与えるかに気を配りましょう。 就職後はスリーピースを着たいと思っていたとしても、しばらくの間は職場の人との人間関係の構築に力を注ぐことをオススメします。 スーツの種類 スーツにはスリーピースを筆頭にいくつかの種類があります。 どのような種類があるのかについてまとめていきます。 ツーピースとスリーピースの違い スーツは何点で1セットになっているかで区別することができ、ツーピーススーツとスリーピーススーツがあります。 スリーピーススーツとは既に説明している通り ジャケット・ベスト・スラックスの3点で1セットになっているスーツのことです。 また、ツーピーススーツとは ジャケット、スラックスの2点で1セットになっているスーツのことをいいます。 本来はスーツといえばスリーピーススーツのことだったのですが、現在ではスーツといえばツーピーススーツが主流です。 シングルとダブルの違い スーツはボタン列の数によって区別することができ、 シングルスーツとダブルスーツの二つの種類があります。 シングルスーツとはボタンが1列のスーツのことで、一般的なスーツはシングルスーツのことを指しています。 また、シングルスーツとダブルスーツには流行り廃りがあり、以前はダブルスーツの方が一般的だったこともあります。 シングルスーツとダブルスーツに礼儀度合いの違いはなく、ダブルスーツを着ていたからといって失礼になるようなことはありません。 面接の場でダブルスーツを着た場合、「どうしてダブルなの?」と質問される可能性があるので、着用の理由を説明できる人以外は シングルスーツを着る方が無難であるといえます。 スーツのボタンの数による違い スーツはボタンの数によって区別することができ、 2ボタンタイプ、3ボタンタイプの2つの種類があります。 2ボタンタイプはスーツのフロントに2つのボタンがあり、最近のスーツのほとんどは2ボタンタイプとなっており、ビジネスだけではなく様々な場面で使うのに適切とされています。 また、着用の際には上のボタンのみを留めるのが基本で、下のボタンが使われることはほとんどありません。 3ボタンタイプはスーツのフロントに3つのボタンがあり、以前は一般的だったものの、最近ではやや古い印象を与えていますが、フォーマルな場面では見かけることもあります。 3ボタンスーツは基本的に上と真ん中のボタンを留めるのですが、デザインで上のボタンが折り返しの部分についていて、一見してボタンがついていることが分からない3ボタンタイプは、真ん中のみを留めるだけでOKになります。 ベントによる違い スーツはベントによって区別することができます。 ベントとはスーツの背面下部についている切れ込みのことで、動きやすくするためにつけられていて、 センターベント、サイドベンツ、ノーベントの3種類があります。 センターベントは真ん中に切れ込みがあり、乗馬をする際に邪魔にならないように作られたもので、センターベントは別名「馬乗り」ともいわれています。 サイドベンツはベントが複数あるための複数形ベンツで表記されており、両サイドにベントがあります。 センターベントよりも新しいベントの形態で、より動きやすさが追及されていて、サイドベンツは「剣吊り」ともいわれています。 ノーベントはその名の通りベントがないタイプです。 基本的にフォーマルなスーツで使われているため、ノーベントのビジネススーツはありません。 センターベントとサイドベンツのどちらが面接時に着るスーツとして適切かというと、どちらでも良いとされています。 自身の好みや動きやすさで決めて構いません。 スーツと礼服の違い スーツと礼服の最も分かりやすい違いは 色です。 同じ黒であっても黒のスーツと礼服の黒とでは黒の濃さが違っていて、礼服の黒は真っ黒であるのに対して、スーツの黒は濃いグレーが入っています。 スーツと礼服の色による違いは2つを並べてみるとより明確に確認することができます。 そのため、スーツが求められる場面で礼服を着るのは失礼ではありませんが、やや場違いであるといえ、礼服が求められる場面でスーツを着ると、時には失礼な人と判断されることもあるので注意してください。 ここであげた礼服とは喪服を想定しておりますが、礼服には様々な種類があります。 正礼装と呼ばれるモーニングや燕尾服は、準礼装と呼ばれるタキシードやディレクターズスーツ。 略礼装と呼ばれるブラックスーツ、ダークスーツのことです。 また、喪服にも正喪服、準喪服、略喪服という格式がありますが、最近はほとんどブラックスーツや一般的な喪服でOKとされています。 面接に行くオススメのスーツは 面接ではツーピースのシングルスーツ、2ボタンタイプがオススメです。 もちろんシングルスーツではなくてダブルスーツだったり、2ボタンタイプじゃなくて3ボタンタイプでも構わないのですが、ほとんどの就活生はツーピースのシングルスーツ、2ボタンタイプのスーツを着ていてます。 悪目立ちという言葉があるように、面接の場所で目立つという行為は必ずしもいいとはいえません。 特に服装という物に頼った目立ち方は、面接官にいい印象を与えることがとても難しくなります。 「埋もれたくない」「少しでも印象を残したい」という思いは分かりますが、悪く目立つとマイナスの評価に繋がってしまいます。 基本的に就職活動における服装とは、マイナスにならないために気をつけるポイントであって、プラスになるポイントをアピールする要素ではないと覚えておきましょう。 人それぞれ、好みやこだわりがあるのは理解できますが、面接は個性を発揮させる場ではないと覚えておきましょう。 スリーピース以外に就活にNGな服装 スリーピース以外にも就活にオススメできない服装は、面接という場に不適切な格好です。 スーツは無地が基本で、薄い柄が入っていても許容範囲ですが、 目立つ柄であったり、派手な色の生地の場合はNGです。 シャツは白の無地が基本で、白以外の生地は面接という場では不適切であるといえます。 ネクタイは色に決まりはありませんが、それでも礼服時に使われる白や黒、蛍光色などの派手な色のネクタイは控えましょう。 ベルトは靴の色と合わせるのが基本で、黒以外の物、革以外の素材は不可です。 靴下はスーツの色と合わせるのが基本で、座った時に靴下だけが悪目立ちするような色、素材はNGです。 靴は黒のプレーントゥかストレートチップの革靴が基本で、ウイングチップやローファー、ブーツ、黒以外、キズや汚れが目立つものは非常識と判断されてしまうでしょう。 バッグは黒い革のA4サイズの書類が入るビジネスバッグで、床に置いたときに自立するものが基本です。 黒以外のバッグやリュックサック、ショルダーバッグなどは不適当な身なりであると判断されてしまいます。 おわりに 面接の場でスリーピースは不適切であるといえます。 本来の意味や海外のスリーピースの使われ方を考えると、面接でスリーピースを着ても問題がないように感じますが、面接という場面で考えるとNGであると判断することができます。 面接は服装や伝統に対するこだわりを見せる場所でなければ、正しさを表明する場面でもありません。 どのような服装を着ると、どのように思われるかを想像することが必要になります。 基本的に、就職試験という場は個性を認めてもらう場所であり、個性を発揮する場所ではありません。 こだわりや好みがあったとしても変に目立ってもいいことはないと覚えておきましょう。 外資系企業やファッションに詳しい業界、企業の場合はスリーピースだからといって気にするところは少ないようなので、どうしてもスリーピースを着て面接に行きたい、スリーピースを着て働きたいと思っている方は検討されることをオススメします。 就活相談会に参加しよう! キャリchでは、キャリアカウンセラーとの個別面談を通し、就活生一人ひとりのお悩みを解決する就活相談会を連日開催しています。 2019年は8,000人を超える就活生のお悩みを解決してきました。 就活に関してのお悩みや不安のある方はぜひお気軽に就活相談会にお越しください。

次の

スリーピーススーツの基本マナーと着こなしテクニック11選

スリーピース ベスト ボタン

また当時は現在のようにスラックスをベルトで留めるのではなく、サスペンダーでスラックスを吊っていました。 そもそもスーツはイギリスで生まれた「紳士の礼装」です。 これらジャケット・スラックス・ウエストコートに加えて、ハットにマントそしてステッキを携えるのが伝統的なものです。 今日本をはじめ世界中で着用されているスーツのスタイルとは全然違いますが、日本に伝わった頃(明治初期)はこういった伝統的な着こなしをしていました。 それが時代と共に簡略化され広まり、世界的にパーティや結婚式などのフォーマルシーンやビジネスシーンに着用される現在のスーツとなります。 スーツを着る際、ほとんどの人はスラックスにベルトと通しますよね。 現代日本でサスペンダー、それもボタン式を使っている人は絶滅危惧種であることでしょう。 さて、そんなスーツに今や必要不可欠なベルトですが、スリーピーススーツを着る際は、見せてはいけません。 ベルトはベストで隠すようにしましょう。 というのも、もともとはスリーピーススーツはサスペンダーでスラックスを吊っていました。 これには理由があり、ベルトをしてスラックスのウエストを抑えてしまうと、ベストの下が浮いてしまうのです。 よってベルトを締めずに、サスペンダー着用でした。 この名残が今も残り、ベスト着用の場合はベルトを見えないようにするのがスリーピーススーツの着こなし方のようです。 スリーピーススーツでも、ボタンを留める場合はツーピースと同様、一番下のボタンを外すのが一般的ですが、スリーピーススーツの場合、ツーピーススーツではNGなことがOKであることがあります。 それは、スーツのボタンを全て外すことです。 ツーピーススーツの場合、ジャケットはボタンの数に関わらず、着席時以外はボタンを留めておくのがマナーです。 アンボタンマナーは下1つあるいは真ん中のボタンを残した上下ですよね。 しかしスリーピーススーツならベストがあるので、ジャケットのボタンを外していてもフォーマル感があります。 むしろベスト着用しているスリーピーススーツは、基本的にジャケットのボタンを外している写真を見ることの方が多いですよね。 ベストのボタンはしっかり留まっているので、スッキリおしゃれに見えます。 現在、ダブルのスーツには4つか6つボタンのものが主流です。 4つボタンのものは、下側の1つのみを留めるのが一般的です。 6つボタンの場合は、デザイン次第ですが一番下のボタンを留めるものと、下から2つ目のボタンを留めるものがあります。 4つボタンで下のみを留めるものの多くは、上のボタンは胸あたりにある飾りボタンです。 どうやっても留められないので、必然的に留めるのは下のボタンだけになります。 ダブルスーツのデザインは様々で、明らかな飾りボタンも多くあります。 試着の際や購入する際に店員に確認するのが確実です。 また一方で、ダブルスーツの場合はシングルスーツと違い、着席の際にボタンを外すことはしません。 というのも、ダブルスーツは重なる部分が広いため、ボタンを外した状態だとだらしなく見えてしまうからです。 上でも言ったように、女性用のスーツにはアンボタンマナーはありません。 そもそも女性用のスーツと男性用のスーツでは形が違い、女性用のスーツはボタンを全て留めて着るようにデザインされています。 ボタンを外すとカジュアルになってしまい、結婚式やパーティ(そもそも結婚式やパーティにスーツを着用する女性は多くありませんが)、ビジネスシーンには不適切となりますので注意が必要です。 また女性用のスーツでスリーピースはあまり数は多くありませんが、ベストのボタンを留めるかどうかについては、ベストの一番下のボタンが一直線か少しズレているかを見て判断しましょう。 他のボタンと同じ直線上にあれば留め、斜め下にズレているならば外すのが正解です。

次の