ジェミニ マン。 『ジェミニマン』(2019)の撮影方法やラストシーンの解説と作品の考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】

楽天ブックス: ジェミニマン【Blu

ジェミニ マン

「ミッション:インポッシブル」シリーズを彷彿させる興奮が押し寄せ、続いて温かい感動が目から耳から流れ込んでくる。 アクションは独特の躍動感を宿しており、「なんだこれ、すごい……!」と驚かされること請け合い。 スミスが「アラジン」ジーニー役で見せたものとは正反対の、ソリッドな熱演も印象的だ。 予想を裏切るこの面白さを、ぜひとも体感してもらいたい。 スミスが演じるのは、2キロ離れた地点から、時速288キロで走行する列車内の人間を狙撃できる史上最強のスナイパー、ヘンリーだ。 政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃されるヘンリー。 銃撃戦のさなか、奇妙な感覚にとらわれていた。 襲撃者と自分の挙動が、まるで鏡合わせのように重なってしまうのだ。 同じタイミングで銃を抜き、同じ狙いでトリガーを引く。 決着がつかない。 膠着状態のなか、襲撃者が不用意にも物陰から頭を出した瞬間、ヘンリーは勝利を確信した。 だが、撃てなかった。 スコープ越しに目撃した襲撃者の顔、そして体つきやたたずまい全てが、若いころの自分に瓜二つだったからだ……。 大事なことなので繰り返すが、よくあるアクション映画だと思ってスルーするのは、あまりにももったいない! その理由を、次の項目で詳述していこう。 com編集部も、そのクオリティに息をのんだ。 ・開始直後にわかる… 今回のスミスは、どこか違う 「アラジン」ではジーニーに扮し、ひたすらコミカルな好演を見せていたスミス。 しかし本作では何やら雰囲気が違う。 鋭利な刃物を思わせる研ぎ澄まされたオーラ。 銃を撃つ度に諦めが体に染みついていくような哀愁。 シリアスでプロフェッショナルなスミスを、全編で堪能することができる。 ・作品のテイストはむしろ…「ミッション:インポッシブル」 映画はヘンリーが、ベルギーの小高い丘でライフルを構え、通信でやり取りしながら任務をこなす模様から始まる。 ファーストシーンの肌触りから、観客はあることを直感するはずだ。 物語中盤、ヘンリーは米国防情報局の捜査官ダニーらと急造チームを結成せざるを得なくなり、ヨーロッパや世界各地を飛び回る。 そして彼らは、それぞれの技能を生かして窮地を切り抜けていく。 そんな筋書きは、「ミッション:インポッシブル」シリーズに似た興奮を与えてくれる。 ジュニアの外見は20代のスミスそのものだが、果たしてどのように撮影されたのか? 実はこれ、すべてCG。 ボディダブルの顔に合成したのではなく、最先端の3DCGで創出されているのだ。 その制作費には、スミスのギャラ(ハリウッドでもトップクラス!)の約2倍ともいわれる莫大な金額が投じられた。 現在のスミスが「インデペンデンス・デイ」(1996)のころのスミスと共演し、実際に戦っているようにしか見えないのだ。 後述の特別映像で詳細に解説されているので、ぜひ目を通してみてほしい。 ど派手なアクションが数多く登場する本作だが、特にバイクチェイスが強い輝きを放っている。 ジュニアに襲撃されたヘンリーはバイクで逃走をはかる。 コの字型の狭い路地を、壁や車にぶつかりながらゴリゴリと走り抜けていく。 開けた通りに抜けると、ジュニアが追いすがり、乗っていたバイクごと転倒させられる……そんなシークエンスが、ほとんどワンカットで映し出されるのだ。 全編を彩るシームレスなアクションは「キングスマン」の教会バトルや「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の疑似ワンカットを彷彿させ、スピード感は「ジェイソン・ボーン」シリーズのようでもある。 5倍である、60fpsという規格外のフレームレート(簡単に言うと1秒当たりのコマ数)で製作されている。 3D+IN HFR(ハイ・フレーム・レート)と名付けられたこの技術は、観客にすさまじいまでの没入感を与えてくれる。 フレームレートが増えるということは、つまり肉眼で実際に見る景色に限りなく近づくということ。 結果、映画の世界に深く入り込み、物語への感情移入はブーストされ、体験がもたらす感動は非常に強くなっていくのだ。 アカデミー賞での受賞歴は華々しく、2005年の「ブロークバック・マウンテン」、12年の「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で、ともに監督賞に輝いた巨匠だ。 そんな様子を見ると、リー監督がこの脚本に強く惹かれた理由がよくわかる。 疾走感あふれるアクションと、温かな感動を運ぶ人間ドラマが調和した本作は、あらゆる観客の胸に届き、さまざまな感慨を与えるに違いない。 感想を聞くのが、楽しみだ。

次の

「ジェミニマン」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

ジェミニ マン

この作品記事はが望まれています。 ください。 に雇われる世界一の腕を持つスナイパー ヘンリー・ブローガンは、多くのターゲットの頭を撃ち抜き葬ってきた。 だが、あるターゲットを狙っていたとき、少女がいたため狙いが逸れ、殺害には成功するも首を撃ち抜いたことに落胆し、引退を決める。 引退生活を送っていたヘンリーは、レンタルボート屋でダニー・ザカレウスキーと知り合い、旧友のジャック・ウィリスと海上で落ち合う。 そこでヘンリーはジャックから、ヘンリーが最後に殺害したターゲットは生物兵器を用いたテロリストではなく、正体は分子生物学者であるという情報がユーリと名乗る人物からあったことを伝えられ、ヘンリーはユーリと会い詳細を聞くことにする。 DIAのジャネット・ラシターが、内情を知るヘンリーを消そうと計画を練るなか、極秘特殊部隊「ジェミニ」の指揮官クレイ・ヴェリスは彼を始末する許可を得ようとするも拒否される。 ダニーが自分を監視するエージェントだと気づいたヘンリーは、彼女と夕食を共にし帰宅する。 深夜、ヘンリーの自宅に暗殺者が襲撃し、彼は逃げながらDIA時代の仲間に警告の連絡をするが、直後に彼らは始末されてしまう。 ダニーの自宅に来たヘンリーは、彼女に経緯を話し、直後に彼女を消しにきた暗殺者らを2人で一掃する。 そして、2人はヘンリーの元同僚 バロンを頼ってコロンビアに向かう。 ヘンリー・ブローガン: ( )• ジュニア: ウィル・スミス( ) - 若い頃のヘンリーのクローン。 暗殺者。 ダニー・ザカレウスキー: ( ) - アメリカ国防情報局DIAの女性潜入捜査官• クレイ・ヴェリス: ()• バロン: ()• ジャック・ウィリス: ()()• デル・パターソン: ()• ジャネット・ラシター: ()• ユーリ・コヴァッチ: ()()• マリーノ: ()()• キティ: セオドラ・ミラン()• ヘンリーの父: ディエゴ・アドナイ()• ヘンリーの母: リッラ・バナク()• アニコ: アレクサンドラ・スーク()• エージェント1: ティム・コンロイ()• パターソンの息子: ダニエル・サライヤーズ()• ボート・オーナー: ジェフ・JJ・オーサーズ() 製作 [ ] 当初ジェミニマンはダーレン・レムケの構想を基に、ドン・マーフィプロデュース、トニー・スコット監督によりが製作し、1997年に公開する予定だった。 スコット、そしてが監督候補に挙げられていた。 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、が主演級の役に候補として挙がっていた。 しかし当時は映画製作に必要な技術が十分に開発されていなかったため、ディズニーでは製作が進展することはなかった。 レムケの脚本は、 、 、 、 、そしてスティーヴン・J・ライベルと ()の執筆チームによって書き直された。 2016年、はディズニーから権利を獲得し、と、スカイダンスの、デイナ・ゴールドバーグ、 ()がプロデューサーとなった。 マーフィー、マイク・ステンソン、チャド・オマン、ブライアン・ベルと、フォスン・ピクチャーズのグォ・グワンチャンが製作総指揮を務めた。 2017年4月、パラマウント映画とスカイダンスから、が監督に選ばれ 、直ちにフォスン・ピクチャーズが資金調達に参加した。 が主役に決定し、あわせて公開日も2019年10月11日に決まった。 2018年1月、との参加が決まった。 ウィンステッドはとのヒロイン選考で役を勝ち取った。 2018年2月、映画撮影の開始とともにがキャストに加えられた。 主要な製作は2018年2月27日にジョージア州 とで開始された。 ので2018年5月まで撮影が続けられた。 リーの前作品『』と同様に、本作品も120fpsのハイフレームレート、3Dデジタル撮影され、STEREOTEC 3D リグを装着した ARRI Alexaカメラが使用された。 VFXはが提供し、がスーパーバイザーを担当した。 撮影 [ ] この節のが望まれています。 公開 [ ] 2019年10月11日に全米公開され、初週の週末興行収入は2050万ドル(約22億2500万円)を下回り3位でデビュー。 続いて公開された中国での初週の週末興行収入も、わずか2100万ドル(約23億円)と振るわず。 制作費1億4000万ドル(約152億円)に加え、1億ドル(約109億円)以上の広告宣伝費をかけており、本作の興行的失敗により、配給元のパラマウント映画は1億1110万ドルの赤字を計上すると見込まれている。 65点を得ている。 によれば、48件の評論のうち、高評価は10件、賛否混在は21件、低評価は17件で、平均して100点満点中38点を得ている。 出典 [ ]• Screen Rant. 2019年4月26日閲覧。 com. 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年10月25日. 2019年10月25日閲覧。 ナターシャ. 2019年8月24日. 2019年8月24日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月10日閲覧。 Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Fischer, Russ 2012年10月10日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月3日閲覧。 Gilyadov, alex 2017年4月25日. IGN. 2019年11月3日閲覧。 Giroux, Jack 2017年7月7日. 2019年11月3日閲覧。 Kaye, Don 2017年7月9日. SyfyWire. 2019年4月22日閲覧。 Chitwood, Adam 2018年2月28日. Collider. 2019年11月3日閲覧。 Hughes, William 2019年4月22日. The AV Club. 2019年11月3日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2017年7月6日. Deadline Hollywood. 2019年11月3日閲覧。 Billington, Alex 2009年2月13日. FirstShowing. 2019年11月3日閲覧。 Stax 2000年11月2日. IGN. 2019年11月3日閲覧。 Kit, Borys 2017年4月21日. The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Brzeski, Patrick 2019年4月2日. The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Kroll, Justin 2018年1月12日. Variety. 2019年11月3日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 N'Duka, Amanda 2018年2月28日. Deadline. 2019年11月3日閲覧。 WSAV-TV. 2018年2月28日. 2019年11月3日閲覧。 スペイン語. El Heraldo. 2018年3月16日. 2019年11月3日閲覧。 スペイン語. El Universal. 2018年3月16日. 2019年11月3日閲覧。 Pennington, Adrian 2018年12月21日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月3日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Desowitz, Bill 2018年4月13日. IndieWire. 2019年11月3日閲覧。 com. 2019年11月7日閲覧。 DEADLINE 2020年4月27日. 2020年4月29日閲覧。 IGN Japan 2019年10月24日. 2019年11月6日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の

映画『ジェミニマン』あらすじキャスト・公開日:最新情報《ウィル・スミス登場!》

ジェミニ マン

ありがちな話だ 観る前は藤子F不二雄の『ひとりぼっちの宇宙戦争』を連想した ちょっと違うのはクローンが主人公よりずっと若いということだ 日本ならそっくりさんを抜擢するだろう アメリカはデジタル技術だ だけど感動もしないし驚きもない 『トータルリコール』(リメイクじゃない方)ような「すげー」という感想はとても無理 今の方が技術が優れているはずなのに クローンが非人間的ではそれこそありがちな設定でマンネリ化を避けたのだろう だからこそ涙も流す だがあっさり仲間になるのは興醒めだ 監督と助演男優が中国系で主演は黒人で一人二役片方はほぼフルCGそしてヒロインはアクションもできる白人 まさしく現代のハリウッド映画 ジュニアがヒロインを脱がせるシーンは下着までだった 刑務所みたいに全裸にして調べるべきではないか 童貞だからか バイクチェイスシーンだけは絶賛したい コロンビアのカルタヘナの街並み建物の色合いが素晴らしい ロケ地にここを選ぶセンスを褒めたい 『ジェミニマン』で良かったのはここだけ 他はいたって平凡で退屈なハリウッド映画だ いやクライマックスが盛り上がりにかけるので平凡にも劣るかもしれない バイクチェイスシーン以外ははっきりいってつまらない 全体を通してみると脚本が酷い コレを観て絶賛した人には申し訳ないが少なくとも僕の好みではない クローンでさえないわけだから感想は人それぞれ違って当たり前 むしろどこの馬の骨かもわからない人たちをあてにする方がおかしい 映画館で観なくて良かった 払えるのは300円までだ 僕は基本的に邦画の方が好きだ だが映画館やDVDや有料放送で洋画を観るなら必ずといっていいほど字幕を選ぶ 震度3以下の地震速報じゃあるまいし字幕が邪魔だと感じたことはない 金曜ロードショーならともかくお金を出して吹き替え版なんて安っぽいものを観たくない チープなのに同じ値段というのもおかしい 『メリーポピンズリターンズ』がそうだったように観たら必ず後悔し口直し的に吹き替え版を観る 外国の役者のオリジナルの声の方がいいに決まっているじゃないか 好きな役者ならなおさら 頭が硬いせいもあるが他人の声なんてコメディーじゃなきゃ耐えられない 菅野美穂は大好きな女優だが今回も吹き替えは避けた 彼女のような本来声優ではない役者の起用が不満なのではない 日本の声優が劇場公開作品やDVDで吹き替えをやること自体が邪魔くさい 山寺さんのようなスター声優も例外ではない 僕はアニメオタクでもないし声オタでもない 声優という仕事をそれほどリスペクトしていない 声当ての仕事ならアニメだけやってろ あと地上波で放送される外国作品もオーケー ああスッキリした• C 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の