ボジョレー キャッチ コピー。 ボジョレー・ヌーボーのすべて!なぜ第3木曜日・キャッチコピーは誰がなどの疑問に!-料理を美味しくするポイントと考え方

ボジョレーヌーボー2019のキャッチコピー・予約・解禁日はいつ?

ボジョレー キャッチ コピー

ボジョレーヌーボーが解禁される期間はいつ? ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第三木曜日です。 2019年だと、11月21日が解禁日となります。 なぜ解禁日が決まっているのかというと、我先にと解禁を早めにして新酒を売る業者が絶えなかったからです。 解禁を早めてしまうとワインの発酵が不十分になり、粗悪なワインが市場に出回ってしまいます。 ワインの質を確保するために、ボジョレーワイン協会が解禁日を当初は11月15日と定めました。 しかし、その日が土日になってしまうと流通業者が休みなどで解禁日にワインが届かなくなってしまいます。 なので1985年から11月の第三木曜日が解禁日と改めて定めました。 そして、ボジョレーヌーボーはいつまでに販売しなければいけないという決まりはありません。 なので解禁期間に決まりはなく、店側の都合などで店頭から消えます。 ただ、店頭になくてもワインは飲めて、翌年の春ぐらいまでに飲むのが良いと言われています。 それはなぜなんでしょうか? ボジョレーヌーボーのキャッチコピーの由来は、正確には分かっていません。 フランスのボジョレーワイン委員会が発表する言葉を、日本のフランス食品振興会が今年の味はこうだと専門的な言葉を使って訳すのですが、キャッチコピーのような言葉ではありません。 一説には、ワインの輸入業者が生産者と話合い、フランス食品振興会の発表を参考に誰かがキャッチコピーを考えているんだとか 笑 つまり、輸入業者がキャッチコピーを考えた可能性が濃厚ですが、どこの輸入業者かは分かりません。 ただ、大袈裟なキャッチコピーは全くの嘘ではなく、ある程度は当たってるという事ですよ。 理想的な条件の下、すばらしいヴィンテージへの期待高まる うーむ 笑 どの年も表現豊かでロマンチック! ・・・ということにしておいてくださいw 2019年のボジョレーヌーボーのキャッチコピーは? 気になる今年のボジョレーヌーボーのキャッチコピーですが、解禁日に発表されます。 今年はどんな言葉がでるのか非常に楽しみですね。

次の

毎年、絶妙なキャッチコピーをつけるボジョレー・ヌーボー

ボジョレー キャッチ コピー

ボジョレーヌーボーの出来栄えの評価は、地元の「ボジョレワイン委員会(Inter Beaujolais)」と「フランス食品振興会 SOPEXA 」が行っています。 委員会が、その年のブドウの出来を評価し、フランスの農産物・農産加工物の宣伝を担う、食品振興会がリリースしています。 しかし、ここで注意しておきたいのは、ボジョレワイン委員会の評価と、日本でおなじみのキャッチコピーは同じではないことです。 ボジョレワイン委員会の評価例• 2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」• 2013年「繊細でしっかりとした骨格。 美しく複雑なアロマ」• 2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」• 2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」• 2016年 「エレガントで、魅惑的なワイン」 2018年のプレスリリースでは「すばらしいヴィンテージへの期待高まる」という評価が出ました。 天候条件に恵まれて、収穫量と品質ともに文句なしの状態とのことです。 プレスリリースの評価をもとに、今年のキャッチコピーを予測する楽しみ方ができます。 ボジョレーヌーボーを予約しながら、予測してみましょう。 ちなみに、人気の銘柄は、ボジョレーヌーボーリヨン杯で金賞を受賞したワイナリーのものを基準に選んでみることもできます。 ボジョレーヌーボー唯一の公式コンクールで、約400本以上のワインが出品されています。 ボジョレーヌーボーの種類は、本当に豊富です。 ボジョレーヌーボー人気銘柄• ウリッス・ジャブレ• アルベール・ビショー• アンリ・フェッシ• ジョルジュ・デュブッフ• 2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」• 2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」• 2002年「過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え」• 2003年「110年ぶりの当たり年」• 2004年「香りが強くなかなかの出来栄え」 キャッチコピーのまとめの1つ目は、2000年~2004年のものです。 2000年は、ワインの出来ではなく、「今世紀最後」の文句で、レア感を出した絶妙なコピーです。 2001年は「ここ10年で最もいい出来栄え」で、この年は当たり?と思わされますが、実は、1996年のコピーも「10年に1度の逸品」でした。 また、2002年でも「10年」が使用されています。 1996年から7年しか経過していないのに不思議ですね。 10年に1度の価値が暴落しそうです。 2003年は110年前のボジョレーヌーボーと飲み比べたの?と質問したくなります。 ワインは保存がきくとはいえ、110年前では、ヌーボーではなく相当な年代物ですね。 2004年の「香りが強くなかなかの出来栄え」だけは、これまで強烈なインパクトのキャッチコピーが多かっただけに、その普通さにほっとしてしまいそうです。 この年のボジョレーヌーボーは、香りが楽しめるという、分かりやすいコピーですね。 2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」• 2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」• 2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」• 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」• 2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」 キャッチコピーのまとめの2つ目は、2005年~2009年のものです。 2005年のボジョレーヌーボーは、タフな03年物と違い、新酒らしい可愛げがあったのでしょう。 2006年は、76年物はともかく、つい1年前の05年物は、語り継がれるほど時間が経過していないのでは?と考え込まされてしまいます。 2007年と2008年は、ブドウの出来が良かったことが、よく分かりますね。 珍しく普通のコピーです。 普通すぎて、逆に物足りなさを感じてしまった方は、ボジョレーヌーボーのキャッチコピーに、だいぶ毒されてきています。 2009年のコピーは、2005年が過去最高だったの?と新たな発見をするのと同時に、50年に1度の出来なのに、匹敵する2005年はたったの4年前じゃないの!とツッコミを入れたくなります。 10年に1度といい、こんなに頻繁にやってくる50年に1度でいいのでしょうか。 前の2年が普通すぎた反動かもしれません。 2010年「2009年と同等の出来」• 2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」• 2012年「史上最悪の不作だが品質は良く健全。 糖度と酸度のバランスが良く軽やか」• 2013年「ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」• 2014年「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」 キャッチコピーのまとめの3つ目は、2010年~2014年のものです。 2010年は50年に1度と言われた09年物と同等らしいです。 さらに、2011年物は100年に1度と呼ばれた03年物を超す出来栄えでした。 今世紀最高らしいですが、今世紀がまだ900年以上残っていることには触れず、優しく見守りましょう。 2012年と2013年は、不作だったんですね。 収穫量が少ないだけで、品質は良いのだということを、全面的にアピールしたキャッチコピーになっています。 厳しい天候条件を乗り越えて育ったブドウだと考えると、大切に飲みたくなってきますね。 2014年のコピーでは、再度09年に匹敵するものが出ました。 2009年物のボジョレーヌーボーは、2005年物と同等であり、2010年物とも同等であり、2011年ものにはやや及ばず、2014年物と同等です。 50年に1度とは、一体なんだったのでしょうか。 2015・2016・2017年キャッチコピーまとめ• 2015年「我がワイン人生最良のヌーヴォー」• 2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」• 2017年「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。 しかもフレッシュで輝かしい」 キャッチコピーのまとめの4つ目は、2015・2016・2017年のものです。 2015年のキャッチコピーは、誰のワイン人生なのかが、非常に気になるところです。 長年ワインづくりに携わったワイナリーオーナーの言葉であれば、ロマンティックですね。 2016年と2017年は、出来が良い年だったのか、味についての普通の評価になっています。 2000年からのキャッチコピーのまとめを見ていると、2年ほど普通のコメントが続いたあとは、「100年に1度」などのドカンとしたコピーが現れる傾向にあります。 今年のキャッチコピーは、意外性という意味で期待大ですね。 ボジョレーヌーボーの面白いキャッチコピーも良いですが、ワインの本場フランスの、名言や格言などもあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。 こちらの記事では、情熱的なフランスの著名人が残したことわざや名言が、わかりやすくまとめられています。 RELATED ARTICLE ボジョレーヌーボーのキャッチコピーを予測しよう 日本で独自に作られている、ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは、内容が面白いことで人気です。 歴代のキャッチコピーのまとめを見ていると、さまざまなツッコミポイントを発見することができますね。 今年のキャッチコピーは、11月15日(木)の解禁日までおあずけですが、ボジョレワイン委員会がプレスリリースした「すばらしいヴィンテージへの期待高まる」という評価と、歴代のコピーの傾向を照らし合わせてみましょう。 きっと2018年のキャッチコピーが予測できることでしょう。 予測の当たり外れを確認しながら、今年も美味しいボジョレーヌーボーを堪能してみてくださいね。

次の

ボジョレー・ヌーヴォーとは何者?日本で流行る理由と面白キャッチコピー集

ボジョレー キャッチ コピー

近所のワイン屋の前を通ったとき、ふとボジョレーのことを思い出しました。 ネットの通販ではとっくに予約受付をしているのも見かけますね。 初物好きの日本人の性格にぴったり合うのか、例年話題になっています。 わたしはお酒は嫌いではないですが、弱い上にワインが受け付けません。 ゆえにボジョレーも風物詩的な感じでニュースを眺めている程度です。 旦那さんが飲食勤務なので、その手のニュースはどうしても目に入ってしまう、というのもありますが。 なので、ボジョレーに特別な思い入れがないのですが、「キャッチコピー」は地味に楽しみにしています。 毎年毎年 サイコーで素晴らしくマーベラスでファビュラスな出来ばえっぽいんで、今年(2019年)は一体どうなるか、そろそろ語彙力も限界ではなかろうかと思う次第であります。 さて、すっかり日本の文化に根付いた感があるボジョレー。 そんなボジョレーについて、(ワインを飲まないわたしが)簡単にまとめてみました。 秋の夜長、ワイングラスを傾けながらのうんちくにいかがでしょうか。 2019年ボジョレー解禁日は11月21日(木) ボジョレーの解禁日は例年11月第三木曜日0時ちょうどです。 ということで、2019年は11月21日(木)0時ちょうどが解禁日となります! 解禁日は各国時刻になるため、日本の場合は、時差の関係で本国よりも8時間早く解禁されます。 ボジョレー・ヌーヴォーとは? ボジョレー・ヌーヴォーはフランスはブルゴーニュ地方ボジョレーでとれる、ガメ種(ガメイ種)で作られる赤ワインの新酒(ヌーヴォー)のこと・・というのは今更説明不要ですね。 ワインの格付けとしては、地域名ワインとしてのボジョレーとボジョレー・ヴィラージュがあり、ヴィラージュの中には10個の村名のアペラシオン(ワインの産地を現す名称)があります。 ヌーヴォーになると、ボジョレーとボジョレー・ヴィラージュの2つがあり、後者の方がやや上級とのこと。 ボジョレーは、1960年代後半に、ジョルジュ・デュブッフ氏の発案により始まった「解禁日イベント」から徐々に世界へ広まっていき、1970年代、このイベントが大当りし世界的に知られることとなりました。 ボジョレーのワインはヌーヴォー以前より「気楽に楽しむ早飲みのワイン」としてフランス国内で楽しまれていました。 ワインには醸造法がいくつもあるのは知られていますが、ボジョレーのそれはマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬法)という醸造法。 これは、密閉タンクにぶどうの房をそのまま入れて発酵させるものです。 ぶどうの重さでぶどうが潰れて果汁が流れ出て自然に発酵が始まり、タンクの中は炭酸ガスが充満します。 そのうち、潰れていないぶどうからも酵素の力により自然に発酵が促されていきます。 炭酸ガスの働きで、果皮の色素の抽出も早まり、ワイン自体が早く仕上がるという利点があるそうです。 この醸造法をいちはやく取り入れたおかげで、ボジョレーはおいしい早飲みワインの産地、として知られていくようになりました。 そんな醸造法ゆえ、 開封したらさっさと飲んでしまうのがベストだそうです! 酒飲みさんにとっては、フレッシュなワイン1本なんて食前酒みたいなものでしょうか? ボジョレー解禁日が11月第三木曜に正式決定したのは1985年 しかし、何故解禁日が毎年11月第三木曜日になったのでしょう? お酒飲むには中途半端ですよね。 金曜日にしてくれれば心置きなく飲めるのになぁ・・・と思ったりしませんか? これには、いろんな事情があった模様です。 フランスのワイン解禁日は12月15日 1951年に、フランスはワインの出荷を12月15日に制限するという省令を出しました。 それを受けて、ボジョレーの生産者たちは「ボジョレーの新酒をどこよりも早く出したいッ・・!!」という申請をしました。 それが認められて、許可がおり「12月15日を待たずして、今現在から販売できるワイン」として出荷することができるようになります。 これが、現在のボジョレーの原型と言えます。 解禁日が固定されたのは1967年 ボジョレーの解禁日が、通常のワイン解禁日の約1か月前に固定されたのが1967年のこと。 当初は11月11日でしたが、その後11月15日に改められました。 解禁日が設けられた理由は、各ワインメーカーがどこよりも早くヌーヴォーを出そうと躍起になり、終いには粗悪品が出回ってしまったためだそうです。 なので、その日の0時きっかりまでは販売が禁止されています。 そして現在の解禁日に 月日が経ち1985年に11月第3週の木曜日0時が解禁日、と法改正がなされました。 11月15日固定でなくなった理由は、 この日がお休みの日の場合、ワイン運搬業者やお店も休んでしまうため、だそうです。 日本だったら休日返上になりそうな予感がしますね・・・。 ちなみに、金曜ではなく木曜なのは、変更が決まった1984年11月15日がたまたま木曜日だったから という説、ワインが週末に間に合うように、と計算されてのもの、等諸説あるようです。 日本へはいつ頃入ってきた? 日本への輸入1980年頃にはすでになされていたようです。 そして、1980年代後半のバブル絶頂期に一次ブームを迎えます。 その後、バブル崩壊とともにいったん人気が陰りますが、1990年代後半に再び息を吹き返します。 その頃って確か「 赤ワインのポリフェノールが体に良い」ということが囁かれていた時代ではなかったでしょうか。 ワインを飲まないわたしもつられて飲みましたよ。 恰好つけてこじゃれたビストロで。 で、グラス3杯程度で酔っぱらって次の日二日酔いで、ポリフェノール云々の前に、ワインを受け付けない体だったことを身をもって知ったのは良い思い出です。 秀逸なキャッチコピーは元ネタとは違っていた そんなわけでボジョレーはすっかり日本の秋のイベントとして定着してきました。 初ガツオをはじめ、初物大好きな文化が根付いている日本ゆえ、なじむのも早かったのではないでしょうか。 ボジョレー解禁は普通にニュースでも話題になっています。 そこで毎年気になるのが例の品質に関する キャッチフレーズ。 一部ではすでにネタレベルにもなっているわけで、わたしも毎年今年はどんだけマーベラスなのよ、何気に楽しみにしています。 しかし、あれはどこのどなた様が作成したものなんだろう、とふと調べてみると、意外なことがわかりました。 地元委員会の品評は控えめ 調べていくうちに 、〇年に1度という表現は、もっぱら大手輸入業者や居酒屋店長、ソムリエのコメントであり、地元の「ボージョレワイン委員会」にいたっては、なんとも控えめな品質予想をしていることがわかりました。 (この委員会の予想を日本のフランス食品振興会が翻訳をしています) これまでのボージョレワイン委員会の品質に関するコメントを2007年から抜粋します。 2008年なんて若干投げやり感が漂っていて結構好きです。 2007年「果実味が豊かでエレガント」 2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」 2009年「数量は少なく、完璧な品質。 桁外れに素晴らしい年」 2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」 2011年「3年連続で、偉大な品質となった」 2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」 2013年「繊細でしっかりとした骨格。 美しく複雑なアロマ」 2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」 2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」 2016年「エレガントで、魅惑的なワイン」 出典: ちなみに2017年は「 豊満で朗らか、絹のようにしなやか。 しかもフレッシュで輝かしい」でした。 しかし、〇年に1度などという表現が見当たらないですね! 元ネタに色々尾ひれがついて、面白おかしく広まっていった模様 以下はWikipediaから抜粋した、販売業者さんたちのコメント。 2015年までしかないですが。 こちらは、2010年が投げやり感満載で好きです。 2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」 2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」 2010年「2009年と同等の出来」 2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」 2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」 2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」 2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」 2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」 出典: 2012年は、ネットでも有名な「 ボジョレー史上最悪の不作」というものもあります。 唯一disが入ったフレーズではないでしょうか。 ちょっと探してみたところ、 2016年は「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」 2017年は「今世紀最高と言われた2015年を上回る、芳醇さと優美さを感じさせる仕上がり」とありました。 そして昨年2018年は「2017年、2015年、2009年と並び、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょう」でした。 暑さも充分で、ぶどうの生育にはとても良い気候条件だったようです。 さて、2019年はどうなるのでしょうか。 欧州40度越えで記録を作りまくっていましたが・・・。 まとめ ボジョレー出荷量は、ピーク時より落ちているものの、やはり日本が1位なんだそうです。 日付変更線の関係で、他に先駆けて楽しめるのもブームに火がついた要因の一つかもしれません。 日本のワインといえば甲州ワインが有名ですよね。 実は、 山梨ヌーボーまつりというワインイベントのが11月3日に東京・日比谷で、11月16・17日には地元山梨で開催されます。 本家?のヌーヴォーの前に、まずは日本のヌーヴォーで、今年のワインを一足お先に楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の