ハッカ オイル 虫除け。 ハッカ油で虫除けスプレー!作り方は簡単コスパも良い!

ハッカ油と消毒用エタノールで簡単♪虫除けスプレーの作り方

ハッカ オイル 虫除け

スポンサードリンク ハッカ油の虫除けの注意点 ハッカ油の虫除けスプレーはハッカのスーッとした独特の匂いを虫が嫌う、ということなのでとにかくハッカ油は香りが命! で、実際にはっか油スプレーを手作りしてみるとわかるんですが、ハッカ油の原液はかなり強烈な香り。 なんだけど、 スプレーにするとハッカの匂いがだいぶ弱まる。 ハッカを入れる量によっては本当にこれで効果があるのか?と疑問に思うくらい。 前回の記事にも書いたけどハッカ油の虫除けの作り方は人によって分量が全然違います。 水やアルコール100mlにハッカ油を20滴というハッカ油少なめのレシピだと本当に香りが微弱です。 だからついつい虫除け効果を高めようと ハッカ油を多めに入れたくなってしまう。 というか、なんなら ハッカ油の原液をそのまま使ったほうが虫除け効果があるんじゃないか?とすら思えてくる。 虫が大嫌いな私としては徹底的に虫を近寄らせないハッカ油のバリアを作りたい! と思ってしまうんですが・・・ ハッカ油の原液をそのままスプレーするのは 絶対にNG! ハッカ油の原液の直塗りは危なすぎます! というのも、ハッカ油は精油のひとつ。 アロマなどに使うエッセンシャルオイルと同じなんですね。 エッセンシャルオイルは成分が凝縮されていて 皮膚への刺激が強いものも多いです。 なので、ハッカ油も原液をそのまま肌に塗ると赤くなったりヒリヒリと痛みを感じたり肌のトラブルを起こす原因になります。 さらに、ハッカ油は香りも強いので人体への影響も気になるところ。 ハッカ油の匂いを嗅ぐだけで体調に変化が出ることもあります。 ハッカ油の副作用としていわれているのは 消化器系のお腹のトラブル。 本当にひどい場合はハッカ油によって下痢や吐き気を起こすこともあると言われています。 特にハッカ油スプレーの場合は霧状になったハッカ油を吸引するので、ハッカ油が気道や気管の粘膜を刺激して気分が悪くなることもあるそう。 って書くと「ハッカ油って体に悪いの?」ってハッカ油の危険性が気になってきますよね。 でも安心してください。 こういった症状はハッカ油の原液をそのままスプレーしたり、かなり濃い濃度でハッカ油スプレーを作った場合に起こる最悪の場合です。 なので、 ハッカ油をきちんと水などで薄めて使えば大丈夫。 ハッカ油は昔から虫除けや清涼剤、制汗剤としてずっと使われてますからね。 ただ、清涼剤として使う場合、お風呂の湯船にハッカ油を数滴とかなり少量。 なので、やっぱりハッカ油は薄めて使うのが基本。 あと、私がはじめてハッカ油を使うときにはっか油の副作用を調べていて気になったのが 妊婦さんへの影響。 「ハッカ油を妊婦さんが使うと流産する可能性がある」という怖い情報を目撃しました。 え?ハッカ油ってそんなに危ないの?と思って妊婦さんへの影響についても調べてみたんですが・・・ これについては「危ない!」と書いてる人は結構いるんだけど(たぶんどれかの記事を真似て書いてる人が多いと思われる)、 実際に はっか油のせいで流産が起こった、というような具体的な例は見つけられませんでした。 アロマオイルのメーカーやはっか油の説明書きを見てみても、妊婦はハッカ油を避けるように、とは特に書かれていない。 ただ、ハッカと同じミントの一つであるペパーミントについて、 ペパーミントに多く含まれるケトン類のl エル -メントンという成分。 この成分には神経毒性や流産惹起作用、血圧上昇作用があるとされています。 という注意書きを見つけました。 といっても、これもハッカ油を飲用したり直塗りしたりせず、アロマなどふつうに使う分には影響はなさそう。 なので、絶対大丈夫とは言い切れないけど、「妊婦にハッカ油は危険」という確証もないといった感じです。 ハッカ油は香りも独特で強烈なので苦手な人は臭いと感じるし、確かに気分が悪くなる。 それに、妊婦さんは何が体に影響するかわからないので 心配なら避けたほうがいいかなと思います。 ハッカ油の使い方の注意 次に心配なのが ハッカ油スプレーによる汚れです。 はっか油スプレーを吹きかけることで壁や床、洋服に染みができたり、変色するんじゃないか、というのは私も最初ちょっと心配しました。 実際、ハッカ油スプレーの薄荷油の濃度が濃いと染みになることがあります。 さっきも書いたようにハッカ油は精油なので、原液が壁や床、家具、衣類につくと 油をこぼしたような染みになります。 安い服ならさておき、奮発して買ったソファーの生地に染みができたらショックすぎる! ということで、ハッカ油スプレーでの汚れを防ぐためにはやっぱり水などでしっかりとハッカ油を薄めること。 そして、ハッカ油スプレーでの汚れが心配な時はいきなりあちこちにスプレーしないことです。 まずは 目立たないところにスプレーをしてみてハッカオイルによる染みや変色がないか試してみるのがハッカ油の使用方法としてはベスト。 問題ないことを確認してからあちこちに使ったほうが安心です。 スポンサードリンク ハッカ油をいれる容器にも注意 あとハッカ油で注意しなくちゃいけないのが はっか油スプレーを入れる容器。 ハッカ油スプレーについて調べてると「ハッカ油はプラスチックを溶かす」っていうのをよく目にしますよね。 その通りで、ハッカ油には ポリスチレンというプラスチックを溶かす作用があります。 なので、ハッカ油はプラスチック全てがダメなわけじゃなく、ポリスチレンpsがダメってことです。 じゃあそのポリスチレンってなんなのか?迷いますよね。 容器としてのポリスチレンを見分けるのは結構簡単で、わかりやすい物だとカップラーメンの容器とかスーパーで売ってるお肉のお皿なんかがポリスチレンです。 あの薄い発泡スチロールみたいな、柔らかいプラスチックにハッカ油をつけると容器が溶けます。 ちなみに私はポリスチレンの容器にハッカ油以外のアロマオイルを垂らしたことがあるんですけど、他の精油でもやっぱり溶けました。 同じプラスチック容器でも ポリプロピレンや ポリエスチレンという素材ならハッカ油を入れても問題なく使えます。 スプレー容器を買う時に素材を確認してポリスチレンやpsと書いてなければ大丈夫。 ちなみに、ガラスや陶器、もちろん、耐油性、耐アルコール性のスプレーボトルでも大丈夫です。 ただ! はっか油で心配なのはスプレー容器だけではないんです。 実は家の中には他にも ポリスチレンが使われているものがたくさんあります。 まず、ハッカ油スプレーを使うときにものすごく心配なのが液晶テレビやパソコン、エアコンなんかの家電製品の部品。 こういう高い家電が壊れた時のショックははかり知れない・・・ 家の設備でいうと断熱材や、お風呂場や洗面台の部品にもポリスチレンが使われていることがあります。 あと、子どものいる家だとプラスチックのおもちゃの中にポリスチレンが使われていることがあります。 ハッカ油スプレーは水で薄めているし、一吹きで何かが壊れるということはないかもしれなけど、注意はしたほうがいい。 なので、ハッカ油の虫除けスプレーをルームスプレーとして使う時はあちこちまんべんなくスプレーするよりも どこに使うか見極めてスプレーした方が安心ですよ。 ハッカ油の虫除けの注意まとめ 自然素材で体に害のないのが売りのハッカ油ですが、使い方を間違えると副作用や肌トラブル、家や家電の破損につながることもあります。 香りを強めたくてもはっか油の原液は使わないでしっかりと水で薄めるのが大事です。

次の

ハッカ油で虫除けスプレー!作り方は簡単コスパも良い!

ハッカ オイル 虫除け

必ず無水エタノールにハッカ油を混ぜて油を溶かします。 水とハッカ油にしてしま うと混ざりにくくなります。 使用期限は約1週間から10日、長くなると香りが変化してきます。 しっかり虫除けをしたい時はハッカ油の濃度を上げます。 春先に突如現れる赤い虫 タカラダニと呼ばれるのですが潰してしまうと血がついたようになります。 タカラダニで濃度を試したのですがハッカ油は50~60滴で動かなくなり、香りがす る間窓に来る事が少なかったのですが、50滴より少ないとスプレーをしても動き窓 にもどんどん寄ってきてしまいました。 スプレー容器がポリプ ロピレン(PP)やポリエチレン(PE)の場合熱湯消毒をすると変形してしまいます。 その場合無水エタノールに無水エタノールの量の半分弱程の水を入れて、良く混ぜ て容器を洗う時に使うと抗菌や除菌、殺菌に優れた消毒用エタノールが出来上がり ます。 スプレーの所から数回出し、容器の部分は良く振り消毒をします。 消毒の前に一度石鹸や洗剤を使いスプレーの所から数回出し、容器の部分も洗い良 くすすいでから消毒をします。 虫除けスプレーの使い方 精製水を使用したスプレーは肌についても安心です。 外に出かける前にスプレー をして使います。 精製水ではないからといって肌について炎症などがおきる事はあり ません。 香りがなくなったり薄くなったと感じたらスプレーをし、汗をかいてしまうと汗で流れ てしまうので常に汗をかく状態の場合は頻繁にスプレーをするか、市販の虫除けスプレ ーを使います。 ハッカ油を使う時に注意する事は 「原液を肌に直接つけない」 スプレーで効果があるのなら直接つけた方が早く感じ、爽やかな香りから眠気覚ましや 気分もリフレッシュしやすいのではと感じるのですが、効果がきつすぎて体調を崩した り肌荒れの原因になります。 手に原液が手についた時はすぐに洗い流すようにします。 妊婦さんや赤ちゃんは皮膚や粘膜が弱くて敏感な状態であるため、刺激が強すぎてしま うためハッカ油のスプレーは使用してはいけません。 カラスがが寄って来る ゴミ捨て場のゴミやバルコニーにスプレーをして予防します。 忘れてはいけない事はハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしまうので、ポリスチ レン(PS)の使用している場所はないか確認します。 例えば犬の場合では、犬の嗅覚は人間の100万倍と言われハッカの香りは強烈なはず ですが、犬の鼻はいらない臭いを遮断する事が出来ます。 しかし猫の場合は精油を体内で処理できないのでよくありません。 猫を飼っている方は使用しないようにします。 部屋のダニには100%の殺ダニ効果があると報告もされています。 夏が始まる少し前 や梅雨時期から夏前にかけてしっかり掃除をしていても体が痒く感じる時には、布団 やカーペット、畳にハッカ油スプレーをしてみて下さい。 とても爽やかな香りが部屋中に充満し布団やカーペットからの痒さも治まってくるは ずです。 ハッカの香りが1日続くのではないか、臭いが染み付いてしまうのではないかと心配に なるのですが布やカーペット、畳についたハッカの臭いは時間がたつと消えてしまい ます。 ハッカ油はドラックストアやインターネットで購入する事ができます。 最初にどんな ものか試したい時におすすめは健栄製薬株式会社のハッカ油P 20ml 楽天やアマゾン、Yahooショップで購入しやすい価格で販売されています。 ハッカ油とアロマの「ペパーミント」の違い ハッカ油は精油を抽出するにはニホンハッカを使い、ペパーミントは植物のペパー ミントを使います。 効果の違いはほとんどありません。 香りの差はハッカ油はニホンハッカとハッカの近郊の植物で作られ、ペパーミント はペパーミントと他の物をブレンドして作られるており、ペパーミントの方が甘く 感じる事になり作られる成分で香りに差があります。 オーガニックのアロマオイルとハッカ油の価格の差にはニホンハッカからはハッカ 油と他のメントール成分を取る事ができる、ニホンハッカから2種類の物を作れるこ とから購入しやすい価格になります。 塚本麻美のアロマコラム: 「ハッカ油」バーム(軟膏) 虫除け効果があるハッカ油、虫に刺された後にも効果があります。 用意する物はワセリン(10g)とハッカ油(6滴)、容器 ワセリン10gにハッカ油6滴加え良く混ぜ合わせ出来上がりです。 ふた付きの密封容 器で保存します。 ワセリンとハッカ油が混ざりにくく感じた場合は、ワセリンを温 かいお湯に入れて柔らかくしてからハッカ油を加え良く混ぜます。 お風呂のお湯やドライヤー でも溶かす事ができます。 ハッカ油が少ないと感じたらもう少し多くしても大丈夫です。 好みの量を見つけてみ て下さいね。 使用期限は1週間から10日。 不純物が少ないのは 「白色のワセリン」出来れば日本製のワセリンを選びます。 決して ハッカ油の原液を直接塗らないように気をつけます。

次の

ハッカ油|健栄製薬 毎日の暮らしを豊かにする魔法のしずく

ハッカ オイル 虫除け

スポンサードリンク ハッカ油の虫除けの注意点 ハッカ油の虫除けスプレーはハッカのスーッとした独特の匂いを虫が嫌う、ということなのでとにかくハッカ油は香りが命! で、実際にはっか油スプレーを手作りしてみるとわかるんですが、ハッカ油の原液はかなり強烈な香り。 なんだけど、 スプレーにするとハッカの匂いがだいぶ弱まる。 ハッカを入れる量によっては本当にこれで効果があるのか?と疑問に思うくらい。 前回の記事にも書いたけどハッカ油の虫除けの作り方は人によって分量が全然違います。 水やアルコール100mlにハッカ油を20滴というハッカ油少なめのレシピだと本当に香りが微弱です。 だからついつい虫除け効果を高めようと ハッカ油を多めに入れたくなってしまう。 というか、なんなら ハッカ油の原液をそのまま使ったほうが虫除け効果があるんじゃないか?とすら思えてくる。 虫が大嫌いな私としては徹底的に虫を近寄らせないハッカ油のバリアを作りたい! と思ってしまうんですが・・・ ハッカ油の原液をそのままスプレーするのは 絶対にNG! ハッカ油の原液の直塗りは危なすぎます! というのも、ハッカ油は精油のひとつ。 アロマなどに使うエッセンシャルオイルと同じなんですね。 エッセンシャルオイルは成分が凝縮されていて 皮膚への刺激が強いものも多いです。 なので、ハッカ油も原液をそのまま肌に塗ると赤くなったりヒリヒリと痛みを感じたり肌のトラブルを起こす原因になります。 さらに、ハッカ油は香りも強いので人体への影響も気になるところ。 ハッカ油の匂いを嗅ぐだけで体調に変化が出ることもあります。 ハッカ油の副作用としていわれているのは 消化器系のお腹のトラブル。 本当にひどい場合はハッカ油によって下痢や吐き気を起こすこともあると言われています。 特にハッカ油スプレーの場合は霧状になったハッカ油を吸引するので、ハッカ油が気道や気管の粘膜を刺激して気分が悪くなることもあるそう。 って書くと「ハッカ油って体に悪いの?」ってハッカ油の危険性が気になってきますよね。 でも安心してください。 こういった症状はハッカ油の原液をそのままスプレーしたり、かなり濃い濃度でハッカ油スプレーを作った場合に起こる最悪の場合です。 なので、 ハッカ油をきちんと水などで薄めて使えば大丈夫。 ハッカ油は昔から虫除けや清涼剤、制汗剤としてずっと使われてますからね。 ただ、清涼剤として使う場合、お風呂の湯船にハッカ油を数滴とかなり少量。 なので、やっぱりハッカ油は薄めて使うのが基本。 あと、私がはじめてハッカ油を使うときにはっか油の副作用を調べていて気になったのが 妊婦さんへの影響。 「ハッカ油を妊婦さんが使うと流産する可能性がある」という怖い情報を目撃しました。 え?ハッカ油ってそんなに危ないの?と思って妊婦さんへの影響についても調べてみたんですが・・・ これについては「危ない!」と書いてる人は結構いるんだけど(たぶんどれかの記事を真似て書いてる人が多いと思われる)、 実際に はっか油のせいで流産が起こった、というような具体的な例は見つけられませんでした。 アロマオイルのメーカーやはっか油の説明書きを見てみても、妊婦はハッカ油を避けるように、とは特に書かれていない。 ただ、ハッカと同じミントの一つであるペパーミントについて、 ペパーミントに多く含まれるケトン類のl エル -メントンという成分。 この成分には神経毒性や流産惹起作用、血圧上昇作用があるとされています。 という注意書きを見つけました。 といっても、これもハッカ油を飲用したり直塗りしたりせず、アロマなどふつうに使う分には影響はなさそう。 なので、絶対大丈夫とは言い切れないけど、「妊婦にハッカ油は危険」という確証もないといった感じです。 ハッカ油は香りも独特で強烈なので苦手な人は臭いと感じるし、確かに気分が悪くなる。 それに、妊婦さんは何が体に影響するかわからないので 心配なら避けたほうがいいかなと思います。 ハッカ油の使い方の注意 次に心配なのが ハッカ油スプレーによる汚れです。 はっか油スプレーを吹きかけることで壁や床、洋服に染みができたり、変色するんじゃないか、というのは私も最初ちょっと心配しました。 実際、ハッカ油スプレーの薄荷油の濃度が濃いと染みになることがあります。 さっきも書いたようにハッカ油は精油なので、原液が壁や床、家具、衣類につくと 油をこぼしたような染みになります。 安い服ならさておき、奮発して買ったソファーの生地に染みができたらショックすぎる! ということで、ハッカ油スプレーでの汚れを防ぐためにはやっぱり水などでしっかりとハッカ油を薄めること。 そして、ハッカ油スプレーでの汚れが心配な時はいきなりあちこちにスプレーしないことです。 まずは 目立たないところにスプレーをしてみてハッカオイルによる染みや変色がないか試してみるのがハッカ油の使用方法としてはベスト。 問題ないことを確認してからあちこちに使ったほうが安心です。 スポンサードリンク ハッカ油をいれる容器にも注意 あとハッカ油で注意しなくちゃいけないのが はっか油スプレーを入れる容器。 ハッカ油スプレーについて調べてると「ハッカ油はプラスチックを溶かす」っていうのをよく目にしますよね。 その通りで、ハッカ油には ポリスチレンというプラスチックを溶かす作用があります。 なので、ハッカ油はプラスチック全てがダメなわけじゃなく、ポリスチレンpsがダメってことです。 じゃあそのポリスチレンってなんなのか?迷いますよね。 容器としてのポリスチレンを見分けるのは結構簡単で、わかりやすい物だとカップラーメンの容器とかスーパーで売ってるお肉のお皿なんかがポリスチレンです。 あの薄い発泡スチロールみたいな、柔らかいプラスチックにハッカ油をつけると容器が溶けます。 ちなみに私はポリスチレンの容器にハッカ油以外のアロマオイルを垂らしたことがあるんですけど、他の精油でもやっぱり溶けました。 同じプラスチック容器でも ポリプロピレンや ポリエスチレンという素材ならハッカ油を入れても問題なく使えます。 スプレー容器を買う時に素材を確認してポリスチレンやpsと書いてなければ大丈夫。 ちなみに、ガラスや陶器、もちろん、耐油性、耐アルコール性のスプレーボトルでも大丈夫です。 ただ! はっか油で心配なのはスプレー容器だけではないんです。 実は家の中には他にも ポリスチレンが使われているものがたくさんあります。 まず、ハッカ油スプレーを使うときにものすごく心配なのが液晶テレビやパソコン、エアコンなんかの家電製品の部品。 こういう高い家電が壊れた時のショックははかり知れない・・・ 家の設備でいうと断熱材や、お風呂場や洗面台の部品にもポリスチレンが使われていることがあります。 あと、子どものいる家だとプラスチックのおもちゃの中にポリスチレンが使われていることがあります。 ハッカ油スプレーは水で薄めているし、一吹きで何かが壊れるということはないかもしれなけど、注意はしたほうがいい。 なので、ハッカ油の虫除けスプレーをルームスプレーとして使う時はあちこちまんべんなくスプレーするよりも どこに使うか見極めてスプレーした方が安心ですよ。 ハッカ油の虫除けの注意まとめ 自然素材で体に害のないのが売りのハッカ油ですが、使い方を間違えると副作用や肌トラブル、家や家電の破損につながることもあります。 香りを強めたくてもはっか油の原液は使わないでしっかりと水で薄めるのが大事です。

次の