ノ サイド ゲーム。 ノーサイドゲームのムの七尾役は眞栄田郷敦!新田真剣佑の兄弟!?

お知らせ|TBSテレビ:日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』

ノ サイド ゲーム

濱田岳が、大泉洋主演のTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に出演することが決定した。 大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人(大泉)が左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任し、トキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することに。 低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いを描く。 『半沢直樹』『陸王』『下町ロケット』などのプロデューサー・伊與田英徳と、演出の福澤克雄がタッグ。 共演には、松たか子、笹本玲奈、中村芝翫、上川隆也、大谷亮平らが名を連ねる。 濱田が演じるのは、アストロズとサイクロンズを含めた三つ巴の優勝争いをしているチーム・ブレイブスのスクラムハーフ・狩野伸太郎。 もともとラガーマンだった濱田は、本作の初回放送を観て出演を強く願い、今回は念願叶っての出演となった。 狩野は、多彩なパスで仲間を操る司令塔・スクラムハーフで、サイクロンズに移籍した里村(佳久創)、アストロズでは佐々(林家たま平)が同ポジションを務めている。 濱田岳 コメント 第1話の放送を見て、まず廣瀬さんの芝居が凄いと思いました。 そして主演の大泉さんの雨の中何度もタックルを繰り返すシーンに心打たれました。 こんなにも熱いドラマにラガーマンとして少しでも役に立てるなら協力したい! 何役でも構わない! と思いマネージャーさんを通じて番組サイドに伝えてもらいました。 それから時間が経って、もう出演はないのかなと思っていたらお話をいただきまして。 レギュラーのスクラムハーフというすごい大役をいただき、正直驚いています。 真剣にやらないと怪我をしますし作品のためにもならないなと、グラウンドにいる皆さんの姿を見て気持ちが切り替わりました。 元日本代表選手がたくさんいるアストロズはすごいですね。 4年前のあの勝利が廣瀬選手なしではありえなかったことはラガーマンなら誰でも知っています。 その廣瀬さんが目の前にいるというのはラグビーファンとして興奮しますし、僕がラグビーをやっていた頃は齊藤祐也選手が全盛期でイケイケだったので、あこがれの選手の1人が目の前にいるというのは夢のような時間です。 そして今回ブレイブスとして出演されているパナソニック ワイルドナイツの皆さんに交じってプレイできたことはラグビー少年だった僕としては一つの夢がかなったというか。 日本の最高峰でプレイされてきた皆さんの迫力や身体の大きさに圧倒されましたが、そこはラガーマンとして気持ちよく仲間に混ぜてもらえました。 ラガーマンの精神である「ワンフォーオール、オールフォーワン」。 少しでも番組の力になれればと思って参加させていただいたので、ドラマがよりテレビの前の皆さんに届くように、出演しているシーンがより良いものになるように頑張っていきたいと思います。

次の

ノーサイドゲーム【居酒屋 多むら】の撮影場所やロケ地はどこ?実在する?

ノ サイド ゲーム

名前:佳久創(かく そう)• 出身:愛知県• 身長:185cm• 体重:92kg• 職業:俳優• 趣味・特技:筋トレ、ラグビー、WWE(プロレス)観戦、映画鑑賞• 所属事務所:ACROSS ENTERTAINMENT 『ノーサイドゲーム』でアストロズの里村亮太を演じている佳久創さんは、芸能事務所ACROSS ENTERTAINMENT所属の俳優さんです。 佳久創さんの父親は、中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手の郭源治さんです。 父の郭源治さんは、闘志あふれる投球でファンを魅了した伝説のストッパーでした。 佳久創さんは、台湾出身の父・郭源治さん(現在は日本に帰化)と日本人の母・美恵子さんの間に、愛知県で生まれました。 母親の佳久美恵子さんは元フライトアテンダントでミス日本にも選ばれたことがあるそうです。 学生時代 愛知中学校に通っていた頃までは佳久創さんも野球をやっていましたが、 中学3年生からラグビー部のコーチからの誘いでラグビーを始めることになりました。 高校は愛知高等学校に進みラグビーを続けましたが、高校のラグビー部員は13人しかいませんでした。 そのため、 高校時代は7人制ラグビーをプレーしていたそうです。 そして、 高校3年の時に、愛知高校は7人制ラグビーの全国大会で準優勝を果たし、日本代表に選ばれました。 高校卒業後は 明治大学法学部に進学し、大学でもラグビー部に所属します。 大学では15人制でプレーし、ポジションはウィング(WTB)だったそうです。 ラグビーでのウィング(WTB)の役割は、サイドを駆け上がって得点を求められる花形のポジションです。 加えて、ウィングには足の速さも求められますが、佳久創さんは、トップスピードに入ると誰も追いつけないほどの俊足だったそうです。 明治大学では、4軍から始め、1軍まで駆け上がり、2011年にはU-24日本代表にも選出されています。 社会人時代 大学卒業後の2013年に、佳久創さんはジャパンラグビートップリーグの トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入しました。 しかし、トヨタ自動車ヴェルブリッツでは、大学時代に負った左膝前十字靭帯断裂の怪我の影響もあり、故障を繰り返して思うようなプレーはできなかったそうです。 2015年でラグビーを引退し、声優・タレント養成所の「声遊塾名古屋」に入りました。 その後、有名声優の山寺宏一さんらが所属する芸能事務所ACROSS ENTERTAINMENTに入所し、俳優に転身されています。 俳優転身後は、『今日から俺は!!』といったドラマやCMに出演されています。

次の

『ノーサイドゲーム』最終回までのネタバレ&名言まとめ!!原作とどこが変わる!?

ノ サイド ゲーム

放送日:日曜夜21:00~• 放送局:TBS• TBSの7月から放送されているノーサイド・ゲームは 池井戸潤さんの小説が原作となっており、しかも池井戸作品の中でも新作をドラマ化しています。 数々の池井戸作品がドラマ化されていますよね。 アキラとあきら• 下町ロケット• 半沢直樹 などなど、これらの作品には登場人物の熱いセリフが多く登場します。 企業相手に奮闘したり、落ちぶれている人物や、パッとしない人物へ 投げかける言葉には常に魂がこもっており、その言葉が力となり前を向くきっかけになります。 ライバルや憎き上司などを言葉の力が要因となって倒すのも魅力の一つです。 今作ドラマの主演である 大泉洋さんは池井戸作品との初タッグとして注目されていますが、1話から名言が炸裂し、セリフを吐く演技力も感動的です。 そんな名言をまとめてみましたので、是非『ノーサイド・ゲーム』の 名言集をご覧になってください。 妻・君嶋真希 松たか子 の名言・セリフ集 名言そんな君たちだから、社員たちは足元を見るんじゃないのか?君たちにだったらサービス残業を押し付けてもいい。 仕事のミスを押し付けてもいい。 そう舐められるんだ。 どうして胸を張って断らないんだ!ダメなものはダメと。 ラグビーは君たちの誇りだろう! 君嶋隼人が左遷した先には、 且つて強豪チームとして活躍していたが、最近は残留争いをし続けている落ちこぼれラグビー部のゼネラルマネージャーも兼務することになりました。 低迷するラグビー部に言葉を投げかけ、 今の気持ちでは絶対にダメなんだと強い口調で言うセリフ。 私も、『 はなからトップを狙わなければ勝てるものも勝てないんだ』が自分の心に突き刺さるようなセリフだと感じました。 上記でご紹介した君嶋隼人がラグビー部に対して、このままでは落ちこぼれのままだと投げ掛けた言葉。 その後、君嶋隼人がミーティング室を出た後、ラグビー部は沈黙していますが、浜畑譲が口を開きます。 浜畑譲あんにゃろう、ほんま好き放題言いやがって。 けど俺もリーグ残留じゃ満足できへんねん。 もう負けんのが嫌や! やってられるか! 俺は、、このチームで優勝したい。 ドラマではこのセリフの後、ラグビー部の顔がアップで映し出され、全員の 気持ちが浜畑譲のお陰で一丸となった瞬間でした。 セリフにはなっていませんでしたが、表情は『やってやろう』と、男達が決意する姿はカッコ良過ぎて震えるシーンです。 また、浜畑譲役の 廣瀬俊朗さんの大迫力な演技は圧巻でした。 ストーリーの終盤で流れる馬と鹿は、歌手米津玄師さんが担当しており、ノーサイド・ゲームのストーリーにリンクしている歌詞がたまりません。 主題歌もよき。 ドラマのシーンと重なって耳に残る。 いい曲。 いかがでしょうか。 また、前述しているように 歌詞とストーリーがリンクしているので、まだまだ最終話に向けて歌詞と掛けている遊び心がお目見れするでしょう。 とにかく主題歌が 流れるタイミングがベストなんですよね。 ここにいる男たちは 再び太陽を輝かせる 一歩上へ さらにもう一歩上へ 輝く太陽の中へ 『ハカ』とは手を叩き足を踏み鳴らし、 自らの力を誇示し相手を威嚇する舞踊です。 発祥はマオリ族が戦いを迎える前に、戦士たちの士気を上げる目的で行われていましたが、現在はラグビー ニュージーランド代表 オールブラックス が国際試合の前に行う事でも有名になりました。 そんなハカには戦士たちが 自らの命を懸けて戦う意思が、強く踊りで表されています。 首を切るような仕草もその1つで、この戦いに全身全霊をぶつける意気込みを示しているんですね。 ノーサイド・ゲームでも、既に 崖の端に立っているような状態の君嶋やラグビー部が、困難を乗り越えて 生まれ変わる様子が描かれており、ドラマでもハカの名言が登場する機会が複数回あります。 エリート街道を突き進んでいたサラリーマンの君嶋隼人が 理不尽な理由から左遷し、突然低迷し続けるラグビー部のゼネラルマネージャーを兼務することになります。 そんなラグビー部の気持ちはどん底の状態でしたが、 君嶋隼人の言葉によって復活を遂げるんですね! また、ラグビー部に対して前向きで力強い背中を見せる君嶋隼人も、 家庭だけでは弱い部分を見せる時に妻・真希が投げかける言葉にも重みを感じます。 それはお互いに分かり合っているからこそ成り立つ毒舌も混じっていて、こんな妻がいてくれたら。。 と思った方も多いのではないでしょうか? また、主題歌ですね! ドラマの終盤で馬と鹿が流れる タイミングが絶妙過ぎて涙腺崩壊です笑 是非ご覧になっていない方は、ノーサイド・ゲームを見てみてくださいね!.

次の