マヌカ ハニー 数値。 医師として伝えたい、マヌカハニー の効果と注意すべき副作用。

マヌカハニー数値

マヌカ ハニー 数値

MGOやUMFの違いは抗菌作用 マヌカハニーの表示で使われているMGOやUMFの数値は、マヌカハニーが持つ抗菌作用を表すものです。 一般的にMGOは、100から始まり200、300、500、800と増えていきます。 対するUMFは、5から始まり、8、10、15、20と数値が上がっていきます。 数値が大きくなればなるほど、抗菌作用が強くなり、希少価値が高いことを表します。 MGO500までのものは高品質路線のスーパーなどでも販売していますが、500を超えるものになると限られたお店でしか買うことができなくなります。 MGOとUMFの違い MGOとはMethylglyoxalの略で含有量を表す MGOは抗菌成分のメチルグリオキサールを数値化したものです。 英語表記のMethylglyoxalを略しています。 メチルグリオキサールは、マヌカハニーに含まれる独自の抗菌成分で、その高い抗菌作業から海外では医療用で使われることもあるほどです。 MGOの後に続く数字はメチルグリオキサールの含有量を表します。 天然のものなので、ピッタリとはいかないんですね。 英語表記のUnique Manuka Factorの略称です。 マヌカハニー独自の要素を測定しているんですね。 測定方法は、消毒液のフェノール水溶液の殺菌力と比較しています。 フェノール水溶液の濃度であらわされているので、UMF100以上のものは存在しません。 一般的には次の4種類のランナップがあります。 MGOとUMFの換算表 購入するときに迷うのが、MGOとUMFどちらを買えばいいのかです。 同じような値段でも単位が違うのでどちらがお得か迷ってしまいます。 検討の参考になるように、 MGOとUMFの換算表を作成してみました。 値段と相談してどちらかお得か検討してみてください。 マヌカハニーを購入するさいの参考にしてもらえれば幸いです。 単位の意味は分かった。 で、おススメのメーカーはどこなの?という人は「」をご覧ください。 おススメのメーカーや購入のポイントを説明しています。

次の

マヌカハニー数値比較|風邪予防、喉痛対策…用途で選べる早見表

マヌカ ハニー 数値

MGOやUMFの違いは抗菌作用 マヌカハニーの表示で使われているMGOやUMFの数値は、マヌカハニーが持つ抗菌作用を表すものです。 一般的にMGOは、100から始まり200、300、500、800と増えていきます。 対するUMFは、5から始まり、8、10、15、20と数値が上がっていきます。 数値が大きくなればなるほど、抗菌作用が強くなり、希少価値が高いことを表します。 MGO500までのものは高品質路線のスーパーなどでも販売していますが、500を超えるものになると限られたお店でしか買うことができなくなります。 MGOとUMFの違い MGOとはMethylglyoxalの略で含有量を表す MGOは抗菌成分のメチルグリオキサールを数値化したものです。 英語表記のMethylglyoxalを略しています。 メチルグリオキサールは、マヌカハニーに含まれる独自の抗菌成分で、その高い抗菌作業から海外では医療用で使われることもあるほどです。 MGOの後に続く数字はメチルグリオキサールの含有量を表します。 天然のものなので、ピッタリとはいかないんですね。 英語表記のUnique Manuka Factorの略称です。 マヌカハニー独自の要素を測定しているんですね。 測定方法は、消毒液のフェノール水溶液の殺菌力と比較しています。 フェノール水溶液の濃度であらわされているので、UMF100以上のものは存在しません。 一般的には次の4種類のランナップがあります。 MGOとUMFの換算表 購入するときに迷うのが、MGOとUMFどちらを買えばいいのかです。 同じような値段でも単位が違うのでどちらがお得か迷ってしまいます。 検討の参考になるように、 MGOとUMFの換算表を作成してみました。 値段と相談してどちらかお得か検討してみてください。 マヌカハニーを購入するさいの参考にしてもらえれば幸いです。 単位の意味は分かった。 で、おススメのメーカーはどこなの?という人は「」をご覧ください。 おススメのメーカーや購入のポイントを説明しています。

次の

マヌカドクターの15+、20+、24+のマヌカハニーの効果とは?

マヌカ ハニー 数値

マヌカハニーの数値比較【基本編】 マヌカハニーは他のハチミツとは違って 抗菌作用が高いことで知られています。 殺菌作用や整腸作用が期待できるほか、喉の痛みを和らげたり、鼻づまりを改善させる効果も期待されています。 最近では大人ニキビに対しても効果があると言われ、人気は高まる一方です。 しかし、マヌカハニーの数値を理解していないと、「なにを買ったらいいのか分からない」という事態に陥ります。 まずは、マヌカハニーの数値を知るうえで、ブランドマークの基本から見ていきます。 マヌカハニーを選ぶときはブランドマーク(規格)をチェック マヌカハニーのパッケージには「UMF5+」、「MGO200+」、「MGS5+」といった 見慣れないアルファベットと数字が書かれていますが、これはマヌカハニーを選ぶうえで非常に重要なものです。 ここでは世界的にも有名な規格である「UMF」、「MGO」、「MGS」について簡単に解説します。 UMF、MGO、MGSの簡易換算表 あくまでも目安となりますが、以下はUMF、MGO、MGSの換算表です。 UMF5+ MGO100+ MGS5+ 料理の隠し味に適する UMF10+ MGO250+ MGS8+ 健康維持に適する UMF15+ MGO500+ MGS12+ 体調不良時に適する UMF20+ MGO850+ MGS16+ 喉の痛みがある時に適する UMF25+ MGO1100+ MGS20+ 医療用としても使える抗菌力 このように、数値レベルによって用途はまったくと言っていいほど違います。 風邪対策? 花粉症対策? あなたに合うマヌカハニーは? 目的にあった数値のマヌカハニーを選べるよう、ここではさらに詳しく、数値別の特徴、効果、用途などについてもご紹介します。 UMF5+(MGO100+、MGS5+)の効果 簡単な栄養補給をするのに適しています。 手軽かつ味をあまり気にせずマヌカハニーの栄養素を取り入れたいという方におすすめ。 マヌカハニーってなんだろう、という初心者のかたはぜひ。 ちなみに! NZが認めたUMFとMGOとMGSいずれもマヌカハニーの抗菌作用を示す規格です。 数値が高ければ高いほど、殺菌力が高いということになります。 UMFが最も歴史が古い規格ですが、近年は「MGOの検査方法も正確性が高い」と言われ、MGOやMGSもほぼ誤差なしで殺菌力を調べることができます。 たとえば、UMFの値には5+、10+、15+、20+、25+などがありますが、 +10以上のものは「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれ、ニュージーランドの医療現場で使われるほど殺菌力が高いです。 ちなみに、病院で消毒や殺菌のために使われるフェノールの濃度は2%程度が一般的ですが、例えば「UMF20+」の場合だと20%濃度のフェノールと同じくらいの抗菌作用があるということになります。 このことからも、マヌカハニーの抗菌作用がどれほどのものであるかがわかりますよね。 MGSは2010年に発表された新しい規格です。 UMFを生み出したピーター・モラン博士がUMFの測定方法の誤差を減らし、これまでとは違う運営をしていくために新しい基準を設けました。

次の