インプレッサ s203。 インプレッサ WRX STIのホイールサイズ [GH

スバル インプレッサの性能まとめ [GDB型

インプレッサ s203

インプレッサのおすすめホイールで新型もかっこよく! スバルが代表するインプレッサは、躍動感のあるエクステリアがかっこいい車です。 また、新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」による安定性に優れたドライビング性能と、機能面も向上された新型インプレッサは、2017年6月の新車販売台数でベスト10にランクインしています。 とにかくかっこいいインプレッサ。 スポーツ、G4と種類もある車ですが、人気も高いので見た目がダブるなんてこともあります。 そんな時に、おすすめなのがホイールのカスタムです。 車をかっこよくカスタマイズするアイテムは、沢山ありますが、その中でもホイールは比較的容易に交換でき、デザインもかっこいいものが揃っています。 「アドバンレーシングRZ」は、ヨコハマホイールが開発したGTRデザインを採用したレーシングホイールです。 ツインスポークにもシングルにも見えるディスクフェイスは、スポーティでスタイリッシュな新型インプレッサにも似合います。 また、カラーは新しいハイパー系塗料を使用したレーシングハイパーシルバー、厚膜クリアされた黒のダークガンメタリックとブロンズの3色からセレクトできます。 このホイールサイズは17インチ7. 5Jと18インチ7. 5Jと19インチ8. 0Jのインセット50mm、17インチ8. 0Jと18インチ8. 0Jのインセット47mmがインプレッサにマッチングします。 リムエンドまで伸びた力強いスポークがインプレッサの走りを支える スバル純正GT系インプレッサ専用STIアルミホイール 鍛造アルミを凌ぐ強度を持った高性能のインプレッサ専用STIアルミホイール 精巧なスポークデザインが美しい、BBSの鍛造アルミホイールです。 ダイヤモンドのように輝くシルバーと黒が、ソリッドな見た目の新型インプレッサにもマッチします。 また、BBS製なのでスピーディーで安定性のあるドライビングができるよう製造されています。 インプレッサに交換可能なホイールは17インチ7. 0Jと7. 5Jがインセット48mm、18インチ7. 5Jがインセット48mm、18インチ8. 0Jがインセット45mmになっています。 スタイリッシュなツインスポークが視線を釘付けにするCOBBYおすすめのホイール OZ スポーツ ウルトラレッジェーラ 選ぶホイールカラーによって様々な表情が楽しめるOZ SPORT Ultraleggera 繊細でいてシャープなダブルスポークを持つ、スタイリッシュなOZのアルミホイールです。 3色から選択できるカラーは、豪華に派手にスタイリングできるゴールド、クールな印象を与えるシルバー系のマットグラファイトシルバ、クリスタルチタンと、良い色が揃っています。 リム、センターハブと細部にまでレーシングホイールの要素を取り入れたホイールで、 インプレッサに合うインセットは17インチ7. 5Jと8. 0J、18インチ8. 0Jに35mmと48mm、18インチ7. 5Jが48mmになります。 足長感のあるスポークがインプレッサにレーシーな雰囲気を与えるホイール レイズ ボルクレーシング G25 立体感のあるすっきりとしたディスクデザインのRAYS VOLK RACING G25 機能美という言葉がマッチしたエンケイのアルミホイールです。 精細で美しいスポークラインは、ブレーキ時にかかる熱を逃す機能を持っています。 また、重量が最適化された無駄のないディスクフェイスは、軽やかな走りも実現可能です。 豊富なカスタムパターンを持つホイールで、17インチ7. 0Jが48mm、17インチ7. 5Jが35mm、17インチ8. 0Jが48mm、18インチ7. 5Jは50mm、18インチ8. 0Jは35mmと48mmのサイズとインセットがインプレッサにマッチングできます。 レーシングホイールの様々な製法を取り入れた高機能スポーツホイール エンケイ RSM9 プラチナムシルバーとピアノブラックの2カラーから選べるENKEI RSM9 レーシングスタイルに特化したタナベSSRのGTX01は、GT500直系デザインのディスクを持ったアルミホイールです。 ダークな仕上がりのシルバーと黒は、寡黙なアスリートをイメージさせます。 バランス良く配置された細身のスポークは、見た目がかっこいいのでインプレッサを華麗にドレスアップさせます。 新型にもマッチするサイズとインセットは、17インチ7. 0Jの50mm、17インチ8. 0Jの45mm、18インチ7. 5Jの48mm、18インチ8. 5Jの44mmです。 オプションパーツは、黒のスチールナットとSSRアルミナットに、レーシングキャップ等、ラインナップが豊富です。 カラーバリエーション豊かで足元のドレスアップにぴったりなホイール ワーク エモーションT7R WORK EMOTION T7Rはインパクトのあるリムオーバーデザインのレーシーなホイール ワークのTR7は、引き締まったスポークがスタイリッシュなアルミホイールです。 リムオーバーされたデザインは躍動的で、アッシュドチタンとグリミットシルバーのカラーにはディープテーパーで、さらに動きのあるディスクフェイスが味わえます。 カラーバリエーションが、引き締まった黒に赤のラインでアクセントを付けたkurenaiや、スポーティな白と多彩なホイールで、新型インプレッサにも似合います。 17インチ7. 0Jインセット53mmと、18インチ7. 5Jインセット53mmのカスタム例があります。 ワークフローフォーミングテクノロジーを採用しより性能を高めたホイール ワーク エムシーオーレーシング タイプCS 力強いインプレッサの走りをさらに向上させるWORK M. O RACING Type CS クラシカルな雰囲気のBBS ジャパン LMは1994年の誕生以来、鍛造ホイール製造を担う日本はもちろん、BBS本家のドイツや世界各国で高い評価を受けているロングセラーの人気ホイールです。 インプレッサの足元を華やかにドレスアップするのにもおすすめ。 17インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット46mm、18インチの場合はリム幅7. 5Jのインセット49mm、19インチの場合はリム幅7. 5Jのインセット48mmがインプレッサにマッチングします。 白・黒・ゴールドなど豊富なカラーで遊び心溢れる高性能ホイール ブリヂストン プロドライブ ジーシー05エヌ 遊び心と走りへのこだわりを融合させたブリヂストン Prodrive GC05N ブラック、ホワイト、ゴールド、シルバー、レッドなど遊び心溢れるカラー展開が魅力のProdrive GC05N。 単にデザインがかっこいいだけでは終わらず、スポーティな走りを実現する技術はブリヂストンの原点とも呼べるものですから、性能・品質も期待していいでしょう。 16インチの場合は7. 0Jの48mm、17インチの場合は7. 0Jの48mmか7. 5Jの50mm、18インチの場合は7. 5Jの48mm、19インチの場合は8. 0Jの50mmがインプレッサに対応するホイールです。 0J カラー シルバー レーシングバフフィニッシュ ゴールド 価格(値段) — 円~(2020年調べ) 参考 ピア[] 鍛造ホイールは製造コストが非常にかかるため、もともとは一部のレーシングチームが使うための製品に過ぎませんでした。 しかし、高強度かつ高剛性、しかも軽量というハイスペックなホイールは一般ドライバーにとっても非常に魅力的なものであったために、各メーカーは市販ホイールとして販売するための試行錯誤を重ねてきたという歴史があります。 PIAAのプレミアムフォージド エフ102は、鍛造ホイールの原点回帰をコンセプトに作られた高スペックなアルミホイールです。 16インチの場合は7. 0Jのインセット48mm、17インチの場合は7. 0Jのインセット50mmがインプレッサにマッチングします。 鋭角的なスポークでインプレッサの存在感をアップさせるホイール ホットスタッフ シュティッヒ レグザス フォーベックス センターキャップのカラーもワンポイントになるHOT STUFF Stich LEGZAS FAUVEX 立体的なスポークラインによってインプレッサの足元に躍動感を与えてくれるHOT STUFF Stich LEGZAS FAUVEX。 センターキャップのセットが付属します。 黒はシックでかっこいいので飽きがきませんし、赤はおしゃれなワンポイントになっていて目を惹きます。 17インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット50mm、18インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット48mmがインプレッサに適合します。 新型インプレッサが装着する純正ホイールとタイヤサイズのスペック 新型インプレッサの純正ホイールは、スポーツ、G4のどちらも16インチ~18インチのアルミホイールで統一され、サイズはグレードによって異なります。 6i-L EyeSightグレードの16インチ純正アルミホイール 16インチの純正アルミホイールは、1. 6i-L EyeSightグレードが装着します。 ブラックハイラスター塗装による黒とシルバーがエレガントで、センターキャップに配置するスバルのエンブレムとマッチしています。 スペックは、リム幅6. 25です。 0i-L EyeSightグレードの17インチ純正アルミホイール 17インチの純正アルミホイールは、2. 0i-L EyeSightグレードに装着され、スポークがシャープで力強いY字型になります。 リムとスポークがメタリックなシルバーとシックな黒なので、かっこいいデザインです。 スペックは、リム幅7. 25になります。 0i-S EyeSightグレードの18インチ純正アルミホイール 18インチの純正アルミホイールは、最上位グレードの2. 0i-S EyeSightに装着されます。 拡がっていくスポークラインが、最大サイズをアピールして存在感があります。 スペックは、リム幅7. 25です。 インプレッサのグレード ホイールサイズ タイヤサイズ 型式 インプレッサG4 2. 0 i-S アイサイト 18インチ X 7. 0 i-S アイサイト 4WD 18インチ X 7. 0 i-L アイサイト 17インチ X 7. 0 i-L アイサイト 4WD 17インチ X 7. 6 i-L アイサイト 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト 4WD 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 4WD 16インチ X 6. 0 i-S アイサイト 18インチ X 7. 0 i-S アイサイト 4WD 18インチ X 7. 0 i-L アイサイト 17インチ X 7. 0 i-L アイサイト 4WD 17インチ X 7. 6 i-L アイサイト 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト 4WD 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 4WD 16インチ X 6. スタイリッシュな見た目に、重量も最適化されたホイールは、機能美をコンセプトにした新型にも似合います。 今回は、スバル純正のSTIホイールと、レイズ、BBS、エンケイ等の人気メーカー製のアルミホイールを紹介しました。 デザイン以外に、インチアップで足元を引き締めたりすることも可能です。 満足できるかっこいいインプレッサを楽しんでください。

次の

インプレッサのホイール交換におすすめの人気社外ホイール18選

インプレッサ s203

インプレッサのおすすめホイールで新型もかっこよく! スバルが代表するインプレッサは、躍動感のあるエクステリアがかっこいい車です。 また、新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」による安定性に優れたドライビング性能と、機能面も向上された新型インプレッサは、2017年6月の新車販売台数でベスト10にランクインしています。 とにかくかっこいいインプレッサ。 スポーツ、G4と種類もある車ですが、人気も高いので見た目がダブるなんてこともあります。 そんな時に、おすすめなのがホイールのカスタムです。 車をかっこよくカスタマイズするアイテムは、沢山ありますが、その中でもホイールは比較的容易に交換でき、デザインもかっこいいものが揃っています。 「アドバンレーシングRZ」は、ヨコハマホイールが開発したGTRデザインを採用したレーシングホイールです。 ツインスポークにもシングルにも見えるディスクフェイスは、スポーティでスタイリッシュな新型インプレッサにも似合います。 また、カラーは新しいハイパー系塗料を使用したレーシングハイパーシルバー、厚膜クリアされた黒のダークガンメタリックとブロンズの3色からセレクトできます。 このホイールサイズは17インチ7. 5Jと18インチ7. 5Jと19インチ8. 0Jのインセット50mm、17インチ8. 0Jと18インチ8. 0Jのインセット47mmがインプレッサにマッチングします。 リムエンドまで伸びた力強いスポークがインプレッサの走りを支える スバル純正GT系インプレッサ専用STIアルミホイール 鍛造アルミを凌ぐ強度を持った高性能のインプレッサ専用STIアルミホイール 精巧なスポークデザインが美しい、BBSの鍛造アルミホイールです。 ダイヤモンドのように輝くシルバーと黒が、ソリッドな見た目の新型インプレッサにもマッチします。 また、BBS製なのでスピーディーで安定性のあるドライビングができるよう製造されています。 インプレッサに交換可能なホイールは17インチ7. 0Jと7. 5Jがインセット48mm、18インチ7. 5Jがインセット48mm、18インチ8. 0Jがインセット45mmになっています。 スタイリッシュなツインスポークが視線を釘付けにするCOBBYおすすめのホイール OZ スポーツ ウルトラレッジェーラ 選ぶホイールカラーによって様々な表情が楽しめるOZ SPORT Ultraleggera 繊細でいてシャープなダブルスポークを持つ、スタイリッシュなOZのアルミホイールです。 3色から選択できるカラーは、豪華に派手にスタイリングできるゴールド、クールな印象を与えるシルバー系のマットグラファイトシルバ、クリスタルチタンと、良い色が揃っています。 リム、センターハブと細部にまでレーシングホイールの要素を取り入れたホイールで、 インプレッサに合うインセットは17インチ7. 5Jと8. 0J、18インチ8. 0Jに35mmと48mm、18インチ7. 5Jが48mmになります。 足長感のあるスポークがインプレッサにレーシーな雰囲気を与えるホイール レイズ ボルクレーシング G25 立体感のあるすっきりとしたディスクデザインのRAYS VOLK RACING G25 機能美という言葉がマッチしたエンケイのアルミホイールです。 精細で美しいスポークラインは、ブレーキ時にかかる熱を逃す機能を持っています。 また、重量が最適化された無駄のないディスクフェイスは、軽やかな走りも実現可能です。 豊富なカスタムパターンを持つホイールで、17インチ7. 0Jが48mm、17インチ7. 5Jが35mm、17インチ8. 0Jが48mm、18インチ7. 5Jは50mm、18インチ8. 0Jは35mmと48mmのサイズとインセットがインプレッサにマッチングできます。 レーシングホイールの様々な製法を取り入れた高機能スポーツホイール エンケイ RSM9 プラチナムシルバーとピアノブラックの2カラーから選べるENKEI RSM9 レーシングスタイルに特化したタナベSSRのGTX01は、GT500直系デザインのディスクを持ったアルミホイールです。 ダークな仕上がりのシルバーと黒は、寡黙なアスリートをイメージさせます。 バランス良く配置された細身のスポークは、見た目がかっこいいのでインプレッサを華麗にドレスアップさせます。 新型にもマッチするサイズとインセットは、17インチ7. 0Jの50mm、17インチ8. 0Jの45mm、18インチ7. 5Jの48mm、18インチ8. 5Jの44mmです。 オプションパーツは、黒のスチールナットとSSRアルミナットに、レーシングキャップ等、ラインナップが豊富です。 カラーバリエーション豊かで足元のドレスアップにぴったりなホイール ワーク エモーションT7R WORK EMOTION T7Rはインパクトのあるリムオーバーデザインのレーシーなホイール ワークのTR7は、引き締まったスポークがスタイリッシュなアルミホイールです。 リムオーバーされたデザインは躍動的で、アッシュドチタンとグリミットシルバーのカラーにはディープテーパーで、さらに動きのあるディスクフェイスが味わえます。 カラーバリエーションが、引き締まった黒に赤のラインでアクセントを付けたkurenaiや、スポーティな白と多彩なホイールで、新型インプレッサにも似合います。 17インチ7. 0Jインセット53mmと、18インチ7. 5Jインセット53mmのカスタム例があります。 ワークフローフォーミングテクノロジーを採用しより性能を高めたホイール ワーク エムシーオーレーシング タイプCS 力強いインプレッサの走りをさらに向上させるWORK M. O RACING Type CS クラシカルな雰囲気のBBS ジャパン LMは1994年の誕生以来、鍛造ホイール製造を担う日本はもちろん、BBS本家のドイツや世界各国で高い評価を受けているロングセラーの人気ホイールです。 インプレッサの足元を華やかにドレスアップするのにもおすすめ。 17インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット46mm、18インチの場合はリム幅7. 5Jのインセット49mm、19インチの場合はリム幅7. 5Jのインセット48mmがインプレッサにマッチングします。 白・黒・ゴールドなど豊富なカラーで遊び心溢れる高性能ホイール ブリヂストン プロドライブ ジーシー05エヌ 遊び心と走りへのこだわりを融合させたブリヂストン Prodrive GC05N ブラック、ホワイト、ゴールド、シルバー、レッドなど遊び心溢れるカラー展開が魅力のProdrive GC05N。 単にデザインがかっこいいだけでは終わらず、スポーティな走りを実現する技術はブリヂストンの原点とも呼べるものですから、性能・品質も期待していいでしょう。 16インチの場合は7. 0Jの48mm、17インチの場合は7. 0Jの48mmか7. 5Jの50mm、18インチの場合は7. 5Jの48mm、19インチの場合は8. 0Jの50mmがインプレッサに対応するホイールです。 0J カラー シルバー レーシングバフフィニッシュ ゴールド 価格(値段) — 円~(2020年調べ) 参考 ピア[] 鍛造ホイールは製造コストが非常にかかるため、もともとは一部のレーシングチームが使うための製品に過ぎませんでした。 しかし、高強度かつ高剛性、しかも軽量というハイスペックなホイールは一般ドライバーにとっても非常に魅力的なものであったために、各メーカーは市販ホイールとして販売するための試行錯誤を重ねてきたという歴史があります。 PIAAのプレミアムフォージド エフ102は、鍛造ホイールの原点回帰をコンセプトに作られた高スペックなアルミホイールです。 16インチの場合は7. 0Jのインセット48mm、17インチの場合は7. 0Jのインセット50mmがインプレッサにマッチングします。 鋭角的なスポークでインプレッサの存在感をアップさせるホイール ホットスタッフ シュティッヒ レグザス フォーベックス センターキャップのカラーもワンポイントになるHOT STUFF Stich LEGZAS FAUVEX 立体的なスポークラインによってインプレッサの足元に躍動感を与えてくれるHOT STUFF Stich LEGZAS FAUVEX。 センターキャップのセットが付属します。 黒はシックでかっこいいので飽きがきませんし、赤はおしゃれなワンポイントになっていて目を惹きます。 17インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット50mm、18インチの場合はリム幅7. 0Jのインセット48mmがインプレッサに適合します。 新型インプレッサが装着する純正ホイールとタイヤサイズのスペック 新型インプレッサの純正ホイールは、スポーツ、G4のどちらも16インチ~18インチのアルミホイールで統一され、サイズはグレードによって異なります。 6i-L EyeSightグレードの16インチ純正アルミホイール 16インチの純正アルミホイールは、1. 6i-L EyeSightグレードが装着します。 ブラックハイラスター塗装による黒とシルバーがエレガントで、センターキャップに配置するスバルのエンブレムとマッチしています。 スペックは、リム幅6. 25です。 0i-L EyeSightグレードの17インチ純正アルミホイール 17インチの純正アルミホイールは、2. 0i-L EyeSightグレードに装着され、スポークがシャープで力強いY字型になります。 リムとスポークがメタリックなシルバーとシックな黒なので、かっこいいデザインです。 スペックは、リム幅7. 25になります。 0i-S EyeSightグレードの18インチ純正アルミホイール 18インチの純正アルミホイールは、最上位グレードの2. 0i-S EyeSightに装着されます。 拡がっていくスポークラインが、最大サイズをアピールして存在感があります。 スペックは、リム幅7. 25です。 インプレッサのグレード ホイールサイズ タイヤサイズ 型式 インプレッサG4 2. 0 i-S アイサイト 18インチ X 7. 0 i-S アイサイト 4WD 18インチ X 7. 0 i-L アイサイト 17インチ X 7. 0 i-L アイサイト 4WD 17インチ X 7. 6 i-L アイサイト 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト 4WD 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 4WD 16インチ X 6. 0 i-S アイサイト 18インチ X 7. 0 i-S アイサイト 4WD 18インチ X 7. 0 i-L アイサイト 17インチ X 7. 0 i-L アイサイト 4WD 17インチ X 7. 6 i-L アイサイト 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト 4WD 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 16インチ X 6. 6 i-L アイサイト Sスタイル 4WD 16インチ X 6. スタイリッシュな見た目に、重量も最適化されたホイールは、機能美をコンセプトにした新型にも似合います。 今回は、スバル純正のSTIホイールと、レイズ、BBS、エンケイ等の人気メーカー製のアルミホイールを紹介しました。 デザイン以外に、インチアップで足元を引き締めたりすることも可能です。 満足できるかっこいいインプレッサを楽しんでください。

次の

スバル インプレッサSTI 2.0 S203 STIバージョン 4WD 2005年 16.0万キロ (富山県) ライトクルーズ

インプレッサ s203

インプレッサがプレミアム? 「インプレッサS203」は、「インプレッサWRX STi」をスバルワークスたるSTiがチューニングしたコンプリートカー「Sシリーズ」の最新モデルだ。 555台の限定販売である。 数値を見ると、2002年に400台限定で販売した「インプレッサS202 STi version」(320ps、39. 2kgm)に近いが、しかし、スポーツ一辺倒のクルマではない。 いきなりプレミアムとかグローバルスポーツといわれても、元がインプレッサだけにピンとこないのが正直なトコロ。 スペックから想像される化け物じみた速さと、上質感を両立できるのか疑問だったが、乗ってみて「ナルホド」と思わせるプレミアムが与えられていた。 実のあるモディファイ エクステリアの変更はすくなく、高速性能に配慮してフロントアンダースポイラーやリアスポイラー(2段調節式)を装着するのみ。 見た目は地味だが、エアロパーツは軽量&高剛性のドライカーボン製で、フロントゼロリフトを実現。 ホイールとタイヤは、ノーマルに比べて1本あたり約1. 5kg軽いなど、実のあるモディファイが行われた。 グレートーンの落ち着いたインテリアで目を引くのは、レカロと共同開発したバケットシート。 座面と背面にドライカーボン製シェルを採用したバケットシートに、ダイヤル式のリクライニング機構を与えたものである。 シェルはモータースポーツ用というだけあってホールド性は高く、おしりと背中にヒタっとフィットして接触面で体を支えてくれ、疲れ知らずで座り心地はよい。 ショルダーの張り出しが大きく乗り降りに不便だし、一部カーボン剥きだしの見た目はやや無骨だが、機能的にはドライバーズカーのシートとして最高位にあると思った。 ちなみに、レカロ社はインプレッサ専用品として、シート単体を55脚限定で発売。 価格は55. 5万円である。 足もエンジンも別モノ 走り出すと、スペックに表れないS203のプレミアムが理解できる。 まずエンジンが別モノだ。 吸排気系やECUの変更に加え、軸受けにボールベアリングをもつ大径ターボチャージャーを採用。 低回転からトルクが滑らかに立ち上がり、パワーが衰えることなく8000rpmまであっという間に吹けあがる様は、まるで4リッター級の多気筒エンジン。 絶対的な速さはいうまでもないが、たとえば暴力的なspec. Cの加速感とは一線を画す。 乗り心地もイイ。 スプリングは強化品、ダンパーに「タイプRA」と同タイプの、減衰力4段可変式のストラットを装着するが、足がしなやかに動くダンピング設定により突き上げに鋭さはなく、ボディはフラットに保たれる。 車重が重いせいか、軽量なspec. Cのように波状路でユサユサ揺すぶられることもない。 まさにオンザレールのハンドリングにも驚く。 リアスタビライザー径を拡大して回頭性を上げたS203は、ステアリングホイールの動きにピッタリ反応。 しかし、安定感を失うことがない。 ノーマルのインプレッサはアンダーステア傾向である一方、前後の荷重移動に敏感で、特に高速域でちょっと緊張するが、S203は安心して曲がりを楽しめた。 まぁ、いろいろ書きつらねたけれど、S203のプレミアムは、運転時の感覚に依存する傾向が強く、文字でお伝えするのはムズカシイ。 STiは、試乗車で全国のディーラーを行脚するそうなので、機会があったら是非乗っていただきたい。 S203には、乗ってはじめてわかるプレミアムがあると思う。 (文=webCGオオサワ/写真=峰昌宏/2004年12月) 足まわりに、STiのベストセッティングはひとつ。 減衰力4段可変式ダンパーは、走る条件や、ドライバーの好みに合わせて微調整するためだという。 名前だけのOEM品ではない、レカロのカタログラインナップにも載るバケットシート。 2005年に欧州のある自動車メーカーがニューモデルに採用する、とのウワサがある。 ブレーキローターの熱変形を抑えるため、アウターベンチ式ローターを開発。 制動力やコントロール性は、これまでと同様に高い。 タイヤは排水性を考慮して、トレッド中央に従来にはない溝を掘った専用品。 こちらも、ピレリの商品ラインナップに加わるとか。 エンジンは、手作業でピストンやコンロッドの重量を測定。 クランクシャフトのバランス調整を行ったうえ、量産車と別ラインで組み立てられる。 まるでレースカーだ。

次の