ラーメン あかぎ。 八木山のラーメン屋 「あかぎや」: 八木山放送局Net

あかぎや (赤城家)

ラーメン あかぎ

こんにちは けいこぶ() です。 ここ数年、大阪ではポタージュ系のラーメンってのが増えてきました。 特に多いのが鶏白湯系のポタージュ系ラーメンです。 ポタージュ系とは字のごとく、クリームシチューやポタージュのようにスープがクリーミーでまろやかになったスープのことで、自然と泡立ったものやミキサーで泡立てたものが多いです。 そんなポタージュ系のラーメン屋の中で、通いやすく美味しいお店が1つあります。 それがこちら、大阪市東淀川区にあるお店「ラーメン家 あかぎ」です。 こちらのお店は2017年の10月にオープンされて以来、私が何回も足を運んでいるオススメのラーメン屋です。 ハッキリ言って美味しいですよ。 それでいてそこまで混まないんです。 今回はそんなポタージュ系の鶏白湯ラーメンを取り使っているお店「ラーメン家 あかぎ」をご紹介します。 鶏白湯しお(800円) こちらのお店の主力メニューは「鶏白湯しょうゆラーメン」「鶏白湯しおラーメン」の2つです。 1つのお店で鶏白湯しょうゆ・しおのどちらも扱っているお店はレアだと思います。 好みが分かれるところではありますが、今回は「鶏白湯しおラーメン」を選びました。 こちらが「鶏白湯しおラーメン」になります。 どうです。 きれいな見た目ではありませんか。 真っ白に泡立ったスープにネギと玉ねぎがのっています スープに埋もれていて見えないですが、肩ロース肉と鶏むね肉が入っています。 非常に柔らかいお肉でして、このスープとうまくマッチして美味いんです! スープは非常にまろやかでクリーミー感があります。 オープン当時から訪れているのですが、最近はさらにクリーミー感が増したような気がします。 このスープは女性にもウケると思います。 事実、女性客もちらほら見かけるお店です。 カウンターオンリーのラーメン屋で入りにくい印象をもたれるかもしれませんが、スープはやさしくて飲みやすいスープとなっています。 このレベルのポタージュ系スープになりますと、大阪では大阪市西区にある「中華蕎麦 葛(かずら)」や大阪市天王寺区にある「ふく流らーめん 轍 総本家」あたりを思い浮かべますが、いずれも混むときはかなりの行列ができてしまいます。 それに比べると「ラーメン屋 あかぎ」はほどほどに空いているのでホントありがたいです。 ちょっと駅から離れている影響もあるでしょうね。 このお店が駅前にありましたら確実に並ばないと入れない行列店になっていたと思います。 ブラックペッパー・粉末生姜を使って味変化 カウンターにはブラックペッパーと粉末生姜が置かれています。 スープにちょっとアクセントを加えたい場合はお好みに合わせてトッピングすると良いでしょう。 ただし、 粉末生姜を入れるとスープの雰囲気がかなり変わります。 分に元のスープを堪能してから入れましょう。 チャーシュー丼(290円) 今回はちょっとガッツリ食べたかったこともあり、チャーシュー丼(290)も追加で頼みました。 白ご飯の上にレアチャーシュー、海苔、刻みネギがのっています。 このチャーシュー丼、ラーメンのスープとも相性が良く最高でした! やわらかいレアチャーシューも濃すぎない味付けで白ご飯とほどよくマッチングしていました。 問題があるとすれば… 意外に量が多かったので注意が必要です。 鶏白湯しおラーメン+チャーシュー丼はかなり満腹になります。 ラーメンのお肉もデフォルトで結構な量が入っていますので、とにかく肉・肉・肉となりました。 お肉をガッツリ食べたい人は一度挑戦されてみるのも良いかもしれません。 他のメニューもオススメしたい 鶏しょうゆラーメン 大量の鶏のあらゆる部位と少量の野菜を使用し、圧力寸胴により、濃厚でクリーミーなスープに仕上げました。 しょうゆは鹿児島産の醤油をベースに2種類の醤油、数種類の煮干しを加えたかえしを使用しています。 鶏しおラーメン しおは、貝柱・干しエビなどを使用した塩ダレを使用しています。 中華醤油そば 京都の丹波黒どりを使用した、あっさりのスープです。 福岡産の醤油に和歌山のうすくち醤油など4種類の醤油をブレンドし、数種類の煮干しを加えたかえしを使用しています。 今回は「鶏白湯しおラーメン」をご紹介しましたが、その他のメニューも美味しいのでオススメです。 もう少し濃い目のしっかりとした味付けが好みの場合は「鶏白湯しょうゆラーメン」がオススメです。 見た目は同じくクリーミー系の見た目をしていますが、しおに比べるとかえしを強く感じます。 「中華醤油そば」は…実は私はまだ食べたことがないんですよ。 このメニューはおそらく最近出来たんだと思います。 オープン当時から何回か訪れた際はありませんでした。 お店情報.

次の

会社概要

ラーメン あかぎ

- 出身は? 「生まれも育ちもここ、上新庄です。 その頃はラーメン屋をしたいという気持ちはまだ無かったですね。 」 - ラーメン屋をしようと思ったきっかけは? 「大学を卒業してから中華料理屋さんに就職したんですが、3年ほど経ってから『ラーメン屋をしてみたいな~』という気持ちが出てきました。 それで敢えて大好きな"とっかりII"ではなく、何度も食べに行っていた輝さん()。 当時は濃い味にハマっていまして『輝の味を学びたいな!』と思いました。 それで求人を見て電話し採用していただきました。 輝では淡路店の店長も長く任せてもらいました。 」 - 「ラーメン家あかぎ」の場所はこの辺りって決めていたんですか? 「生まれも育ちも上新庄なので地元でお店をしたい気持ちがありましたので、ずっとこの辺りで物件を探していました。 僕にとっては小さい頃から通っていたお店の場所だったのでとても思い入れがあって、『他の誰かにあそこでラーメン屋をされるくらいなら自分でやりたい!』と思いました。 横山さんのお母さんからも『けいた(赤木店主)がやってくれるなら嬉しいわ!』と言ってもらいました。 もう運命だと思って決断しました。 」 - あかぎの商品は悩みましたか? 「僕は元々はこってりのつけ麺が大好きなので、本当はこってりのつけ麺をしたかったんです。 でも"あかぎ"の場所が狭すぎて豚骨が炊けないんです。 それで悩んで浮かんだのが当時流行っていたエスプーマ系のラーメン。 僕も嵌っていまして、みつ葉さんとかいろんなお店へ食べに行っていました。 それであかぎの看板商品として泡系のラーメンでいくこと決めました。 鶏自体するのも初めてだったし、圧力寸胴を使うのも初めてだったのでイチかバチかでしたね。 近くに大学もあるので、今では多くの学生の方に来ていただいています。 」 - 赤木さんの名前に「ラーメン家」を付けた屋号にした理由は? 「小さい頃から通っていた思い出ある『家のような場所』だったし、大好きだったみつ葉さんも『ラーメン家 みつ葉』ですから。 勝手に使わせてもらってすみません。 」 - 今回の新店の構想はいつ頃から? 「あかぎをオープンした頃からずっと『必ず上新庄で"こってりのつけ麺"のお店をする!』と決めていました。 あと、自家製麺もしたかったんです。 あかぎでは製麺機を置く場所が無かったんです。 」 - 場所はいろいろ探したんですか? 「製麺室も作れる広い物件を探していたのでなかなか見つからなかったですね。 この物件を契約してから2月にはもう完成していたんですが、こんな状況(新型コロナウイルス)なのでオープン日は延期の繰り返しでやっと5月30日にオープンできることになりました。 」 - 屋号の由来は? 「ずっと商売をしていていつも神頼みなので、神社とかよく参拝するんです。 だから屋号も神様の名前を付けさせてもらいました。 "つきよみ様"は穀物の起源になった神様で、商売にはツキも必要だなってことでツキという言葉も入っているので決めました。 」 - 商品の紹介をお願いします。 「つけ麺がメインで、まぜそばも用意しています。 将来的にはラーメンも加える予 定です。 今回、濃いスープを作るには羽釜がいいかなと思い導入しました。 (新型コロナウイルスの影響で)試作期間がたくさんあったので何度も練習したんですけど、やはり寸胴とは全然違いますね。 濃い~しっかりしたスープが作れます。 」 - 待望の自家製麺については? 「切り刃8番の平打ち。 小麦の流行は北海道の小麦なんですが、ウチは福岡県産の小麦『宝いずみ』を使っています。 いろんな小麦で試作をしていましたが、最終的にこの小麦に辿り着きました。 魚介豚骨ってけっこうありふれていますが、差をつけるなら麺だと思っています。 つけ麺好きの方にはぜひ食べていただきたい特徴ある麺に仕上がっています。 」 - チャーシューは? 「鹿児島県産のもち豚を使ったバラチャーシューとレアチャーシューの二種類を用意しています。 」 - 赤木店主がラーメン屋として大事にしていることは? 「一生懸命やるってことです。 オープンに向けて頑張って商品を完成させたんですけど、まだまだ日々進化。 向上心だけは絶対に忘れないでいこうと思っています。 どんどん美味しくできるように努力していこうと思っています。

次の

男気らーめんアカギ

ラーメン あかぎ

Contents• ラーメン家 あかぎの詳細 東淀川区にあるラーメン家 あかぎに行ってきました。 車で行く場合はお店には駐車場はなく、駐車場を探して止める必要があります。 注文は券売機形式、座席は7席ほど。 お洒落な雰囲気のお店です。 年齢や性別はバラバラで幅広い客層に支持されている様子。 食券を購入し席につくとジャスミン茶が頼んだ鳥が目の前で焼かれはじめる。 しばらく待っていると特製鶏白湯しおラーメンと明太子ご飯が出される。 おい!チャーシューにレンゲがあたっとるやないかい!!!という罵声は飛ばさずぐっと堪える。 申し訳ないのだがメレンゲの様に白く泡立ったスープがかなりの不快だった。 蓮コラはどうしても苦手だ。 それでもどんな味なのか気になって仕方なかったのでスープを飲んで見る。 うまい 笑 ポタージュスープが好きな方は好きな味だとおもう。 とにかく濃厚で旨味が凝縮されている。 赤玉ねぎのみじん切りがアクセントになっていてうまかった。 チャーシューは鳥と豚があり特製のほうは豚のチャーシューが2枚増える様だ。 合計で豚3枚、鳥2枚のチャーシューが乗っかっている。 豚がうまかったが個人的に生っぽいチャーシューは好きではない。 血が滲んでるのがどうも気持ち悪い。 焼肉屋であれば生レバーやユッケばかり食べているのに、チャーシューは何故駄目なのか自分でもわからない。 麺はまずくもなければ特別うまいわけでもなかった。 明太子ご飯は明太子丸々1本が出て来ると思ったが、激安スーパーなどで手に入るバラ子の状態でご飯の上にポツンと乗っかっているだけでペース配分を考えて食べなけれな米が余る 笑 まぁ150円なので仕方ないのかもしれない。 9点 店員さんの印象もよく総合点はもう少し高くても良かったのだが、カウンターしかなく席数もすくないので思うように伸びなかった。 ラーメンはうまく途中で濃厚さゆえに味がわからなくなってしまったが嫌いな味ではなかった。 ただまた食べたいか?という問に対しては、否だ。 しばらくは食べたくない。 ジャスミン茶の評価 【注文した品】 鶏白湯しょうゆラーメン 鶏丼 【感想】 お店に入るとカウンターにおきゃくさんがいました。 地元に愛されている系のラーメン屋さんのようです。 カウンターしかありません。 そして次々お客さんが入ってきました。 人気ですね。 13分でラーメンが運ばれてきました。 泡立ったラーメンが目の前に。 一口スープを飲んでみると、こってりすたスープなんですがとっても美味しい!! しょうゆラーメンというよりはみそラーメンにたまごがまざったようなポタージュスープでとても美味しかったです。 鶏丼は、スパイスが効いた網で焼いている鶏肉に、甘辛いタレがかかっていてこれもまた美味しかったです。 また行ってみたいと思えるお店でした。 食感はもちもちしてて美味しく頂ける麺でした。 麺だけのポテンシャルで言えばかなり高いほうかと。。 とても濃厚ながらも、少しマイルドな味で飲みやすいスープです。 全体的にポタージュのような印象で、味の濃さ自体は淡泊でどんどん飲めてしまう不思議な魅力があります。 特製版では、豚チャーシューよりも鶏チャーシューを増し増しで欲しい所ですw 総合 6. 850円と少し高く感じますが、麺と鶏チャーシューに価値あり! スープも十分美味しく頂けます。

次の