キャンバー プレート。 リアキャンバープレート5度 JG1 HONDA N

リアキャンバープレート5度 JG1 HONDA N

キャンバー プレート

開発からちょうど1年、ようやく完成! HONDA JG1用リアキャンバープレート。 5度です! 価格がお高くなってしまった理由はコイツ! このボルトとワッシャーの材料原価だけでも、軽く〇〇〇〇円!市販品ならひとつ数十円からあるのですが、安全性、取付強度向上のために、特殊なものを採用。 キャンバープレートを入れると、ボルトナットは、真っ直ぐ入らなくなり、ネジ頭部分が面接触ではなく、点接触で固定されて非常に危険。 HA36用も似たような構造で開発しました。 大変ご好評いただいております。 車種によっては簡単に作っても強度が出る場合もあるのですが、HA36や今回のNシリーズは非常に難しい構造。 当社はマゾなので、難しい、と言われると挑戦してみたくなってしまう。 この本体も製造コストが高くつきます。 このようにテーパー形状にしないといけない。 横から見ると… アイススケートほどではないですが、アイスシューズのブレードのような形状。 つまり2次元ではなく、3次元での切削になるので、コストがかかるのです。 こんな感じにはさみこむのですから、当然、ネジが真っ直ぐささらない。 先ほどの特殊なボルトとワッシャーでの対応をすることで、取付強度を上げています。 さすが5度。 ほぼドノーマルの車両に取り付けて前から見ても、リアの傾きがすぐ分かります。 後ろから見ると、もっとわかりやすい。 HA36、JG1用を開発するきっかけになったのは、一部のユーザーがサーキットで適当なワッシャーをはさんでキャンバーを付けている、というウワサを聞いてのこと。 さすがに危険すぎる、と驚きました。 けれど、公道ではなくサーキット上においては、色んなリスクを負ってでも、安全性、快適性をある程度、犠牲にしてでも、走行性能を上げ、タイムをあげてきたわけですから、当社社員だって、そうしたい気持ちは痛いほど分かる…簡単で、安いとくればなおさら。 当社としては、せめて強度を上げたものをご提供できないか、という発想で開発しました。 なので、最近の商品群の中では珍しく「競技専用部品」としての扱いをさせていただいております。 一般公道ではNG。 イベント、サーキット走行時にご利用ください。 装着の際はしっかりと取扱い説明書を読んでください。 特に特殊低頭ボルトは、トルクレンチで計測しながら装着しないと、締めすぎるとナットが壊れますし、締めたりないと、脱落の危険があります。 今週は仕事し過ぎだワぁ… …………… って、いっちゃいけない!! 大原自動車さんに叱られる!!! 「オマエさん、昨日、青島ビーチで遊んどったじゃろ!『忙しい』からって、ウチから慌てて出て行きよったのはそういうことか!」 なんでバレたんだ?… 「宮崎新聞にバッチリ写っとるワイ!」 ギャー! ということで、九州営業のレポート、まだまだ残っているので、反省も兼ねてアップしていきます~(滝汗) 投稿ナビゲーション.

次の

アクア 車高調取り付け キャンバープレート交換 四輪アライメント調整 | カー用品持込取り付け専門店 フラットフィールド ・四輪アライメント・足回り交換

キャンバー プレート

キャンバープレート取り付け いつもご利用頂いてるお客様です。 今回はリアにはキャンバープレート、フロントにはキャンバーボルト4本入れます。 車高も後少し落とせますのでギリギリまで落します。 リアには3度のプレートを入れてます。 トーを補正するワッシャーを入れて対応しました。 このワッシャーはメーカー付属品です。 数値はかなりきれいな状態になりましたが不安な商品のようなきがします。 不安内容はお客様にご説明です。 結構正確なデーター取りです。 綺麗でした。 フロントは上下にキャンバーボルトを入れて寝かせます。 ブリッツはストラット部にガタがあるので起こす時はキャンバーボルトは必要ありません。 寝かせる方ですので今回は大丈夫です。 前後車高も合わせて調整しました。 車高調限界の下げ幅です。 仕様変更後の四輪アライメント 最後にキッチリアライメントです。 リアのキャンバーに合わせてフロントキャンバーはネガに調整しました。 見た目メインですので内減りは関係ありませんね。 フロントトーも修正して完成です。 今回はありがとうございました。 又、お願いします。 参考取り付け工賃:車高調整 6,480円 リアキャンバープレート 6,480円 フロントキャンバーボルト 1,080円 四輪アライメント 10,800円.

次の

リアキャンバープレート5度 JG1 HONDA N

キャンバー プレート

ディスクロータの外し方はそれほど難しい作業ではないと思います。 外れると上の画像のような状態になります。 ・ハブの取り外し ハブはホーシングに対して、4本のボルトでとまっています。 ハブのサービスホールから工具を入れてボルトを緩めていきます。 4本すべて緩めたらハブを取り外しますが、錆びてなかなか取れない場合が多いかと思います。 錆の度合いによってはここが一番手こずるところかもしれません。 その場合は556などの潤滑スプレーなどを使いながら、ハブとバッキングプレートの間にタガネやマイナスドライバーなどをハンマーでたたきながら少しずつ取り外します。 画像の赤丸部などの間にスプレーを吹いて、タガネとハンマーでいろいろな方向から打ち込んで外していきます。 画像はハブが外れた画像です。 4本のボルトを外せば円にはまっているだけなのですが、錆の固着でなかなかはずれにくいです。 ・バッキングプレートの取り外し 最後にバッキングプレートを取り外します。 バッキングプレートは22mmのナットでとまっています。 ナットでとまってなくてそのまま外れるタイプの車種もあります。 バッキングプレートが外れるとホーシングが見えます。 後は順番に組み付けていけばOKです。 取り付ける際は専用のロングボルトが付属していますので、そちらを使ってください。 サイドブレーキの隙間調整が必要な場合は正確に行いましょう。 調整の仕方はこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。 画像では伝わりにくいかもしれませんが、実物を見ると3度でも結構な角度が付いています。 そこまでいくとなかなかDIYで行うのは難しいでしょうが。 やはり車高を下げてる車はある程度キャンバー角が付いていた方が見た目が決まります。 取り付け後は足廻りのアライメントが間違いなくずれているのでアライメント調整は必須ですね。

次の