スペーシア ギア ターボ。 スペーシアギアの燃費は悪いの?グレードごとの実燃費を計測してみた

スペーシア 660 ギア ハイブリッド XZターボの中古車

スペーシア ギア ターボ

スペーシアギアのカタログ値を見ていこう 燃費には、実際の走行の値とは異なるカタログ値というのがあります。 これは、JC08モードという、異なる速度変化や冷えたエンジンの状態からの燃費を測る方法。 比べると分かるように、実際の燃費とは異なるので、口コミから情報収集することが大切です。 グレード カタログ値燃費 HYBRID XZ 28. エンジンのエネルギーを伝えるパワートレインは変更され、0. 5L〜1. 5L程燃費が違います。 それ以前に発売されたスペーシアカスタムとエンジン部分が同じなので、ほぼ同じ水準の燃費です。 それでは、スペーシアギアの実燃費を口コミから見ていきましょう。 口コミから集めた実燃費は? たくさんの方がそれぞれ違った条件下での燃費の口コミを書いています。 それらを参考にすると、 実燃費の平均値は 18. 実際の燃費は道路状況や季節、乗車人数によっても変わってきます。 では、街乗りや高速道路ではどのくらいの燃費の違いが出るのか見ていきましょう。 市街地・郊外幹線道路・高速での燃費を比較 燃費をシーンごとにさらに詳しく見ていきましょう。 こちらの表をご覧ください。 口コミでは、通勤に使用している人は割と高めの数値になっていました。 通勤で今まで使用していた車とこちらの表を比べてみて、驚かれる方もいるのではないでしょうか? 最新の軽自動車はここまで燃費が向上しているんです。 実燃費はカタログ値より劣るのは確かですが、これくらいの燃費であれば十分と言えるのではないでしょうか。 ハイブリッドやターボとの比較結果 次にスペーシアハイブリッドとターボの比較をしていきましょう。 ターボは内装もグレードアップ ハイブリッドとターボのグレードの違いは、内装にも表れます。 シフトノブのパーツは 「ボタン付き本革巻シフトノブ」で見た目もグッと引き締まった印象になっています。 そしてハンドルの裏側にある 「パドルシフト」によって、ハンドルから手を放すことなくギアチェンジができます。 走る楽しさを演出してくれるでしょう。 引用: また、このクラスのライバル車では見られない 「クルーズコントロールシステム」が装備されています。 これは設定した速度を自動的にキープしてくれる機能なんです。 高速走行時やロングドライブなど、負担のかかる運転のときでも、この機能があると安心感が違いますね。 引用: ターボを選ぶ最大のメリットは、高速での運転をサポートしてくれる点です。 スペーシアギアの見た目からもわかる通り、アウトドアでの使用が考慮されています。 特に帰りの高速に役に立ちますよね。 引用: 金額の比較 NAとターボの金額の、 差額は8万円。 4WDでも同じです。 上記の通り内装の変化もあるので、スペーシアギアのターボへのグレードアップはお得感満載。 他のライバル社に比べてもいい勝負をしています。 HYBRID XZ 161万円 HYBRID XZターボ 169万円 HYBRID XZ 4WD 173万円 HYBRID XZターボ 4WD 181万円 ライバルのウェイクやハスラーとの比較 このタイプの軽自動車を検討中なら、他のメーカーのライバル車も気になるはずです。 その中でもよく取り上げられる、ダイハツのウェイクとスズキのハスラーを比較していきましょう。 」というキャッチフレーズの通り、ダイハツのウェイクは空間の広さが売りの車。 そのために、 約100㎏重くはなっています。 それでこの燃費なら良い方ではありますが、そこは使い方次第で選べばよいですね。 しかし、スペーシアギアのように軽ハイトワゴンの車とは言えないでしょう。 室内空間を比べると圧倒的に差が出ますね。 スペーシアギアの燃費を上げる方法 ここまで、実燃費を比較し検証してきました。 ここからは、燃費向上のテクニックが書かれた口コミを集めましたので、ご 参考までにどうぞ。 CVTはアクセルワークが重要 スペーシアギアは無段階のトランスミッションで、マイルドハイブリッドが搭載されています。 そのため、 発 進 時は少し踏み込む感じにすると良いでしょう。 発進時の初動が遅いとエンジンへの負担になりますが、モーターのアシストで加速しやすい車です。 車間距離を広く 車間距離をしっかりと取り、無駄なブレーキを避け、停車時には徐々に止まりましょう。 それにより、ハ イブリットバッテリーにも充電されますし、発進時のロスも少なくなります。 荷物をコンパクトにまとめる 野外で使用するなら、荷物はできるだけコンパクトにし、積み下ろしが楽にできる状態にしましょう。 コンテナボックスに使用目的ごとに分けておくと便利です。 大雑把に入れるならランドリーバックもいいですよ。 車に荷物を載せないことが普段の燃費の向上につながりますので。 まとめ 口コミによると、実燃費は平均値で 18. 室内空間が魅力のスペーシアギアでは十分な結果ではないでしょうか。 ライバル車と比較しても良い結果でした。 今お持ちの車と比較してみて、燃費がより向上するのであれば、お財布にも嬉しいですね。 燃費を向上させるテクニックもご紹介しましたので、あわせて是非試してみてください。

次の

スペーシアギアのグレードごとの違いは?おすすめはこれ!

スペーシア ギア ターボ

スペーシアギアのグレード スペーシアギアのグレードは、 HYBRID XZと HYBRID XZターボの2種類です。 それぞれ 2WDと 4WDの駆動方式が用意されているので、合計で 4タイプになります。 さらに2トーンルーフ仕様の価格設定があるので、一つのグレードにつき4種類の価格となっています。 HYBRID XZ HYBRID XZターボ 2WD CVT 1,495,000円 4WD CVT 1,604,000円 2WD CVT 1,570,000円 4WD CVT 1,679,000円 ガンメタリック2トーンルーフ仕様車 ガンメタリック2トーンルーフ仕様車 2WD CVT 1,535,000円 4WD CVT 1,644,000円 2WD CVT 1,610,000円 4WD CVT 1,719,000円 価格はすべて税抜き マイルドハイブリッドエンジンを搭載したスペーシアギア。 モーターの力でエンジンをサポートしてくれるので、 普段の走りでも低燃費につながります。 「少しでも維持費を安くしたい!」という人は嬉しいですね。 そして、XZグレードには NAエンジン、XZターボグレードには ターボエンジンが搭載されています。 どんな違いがあるのか?確認しましょう。 NAとターボどっちがいい? NAとは?ターボとは?仕様上の異なる部分を表にして比較してみました。 XZ XZターボ エンジンの種類 水冷4サイクル直列3気筒 水冷4サイクル直列3気筒 インタークーラーターボ 弁機構 DOHC12バルブ吸排気VVT DOHC12バルブVVT 圧縮比 11. 5 9. でも、 数値だけ見てもよく分からない!って人も多いのではないでしょうか? 実際、私も数字を見ただけでは何がなんだか・・・詳しく調べてみました。 どう違うの? NAエンジンの特徴• XZに搭載• 元々採用されているエンジン方式• 燃費性能や排ガス性能、高回転性に優れている ターボエンジンの特徴• XZターボに搭載• NAエンジンの長所を犠牲にすることでパワーを得ている• 圧縮した空気を送り込む機構があり、NAエンジンより多くの燃料を使って馬力を出す ふむふむ・・・なるほど。 つまり、燃費はいいけれど、非力でついアクセルを踏み込みがちなXZ。 それに比べて、燃費はあまり良くないけれど、坂道を楽々登れるXZターボ、と言った所ですね。 例えば、ファミリーカーとして使う場合や、夏は友人とアウトドア三昧!なんて方には、断然XZターボがおすすめ。 反対に、通勤ぐらいにしか乗らないかな?なんていう場合は、XZで十分ですよ。 車だけじゃなく、なんでも 用途によって選び分けるのが一番です。 燃費の違い エンジンの違いは、 燃費にも大きく影響します。 さらには、前二輪駆動の2WDと四輪駆動の4WDかによっても差が出てきます。 長く付き合うことになる車です。 だからこそ、買った後のことも十分に考慮しないとですよね! XZ XZターボ 2WD 28. 燃費だけで判断してしまうのは危険です。 後になって後悔しても遅いですから、じっくり考えていきましょう。 こんな人にはターボエンジン(XZターボ)がオススメ 出典: ガンガン 海や山に遊びに行きたい アウトドア派なら、XZターボの 4WDがおすすめです。 なぜなら、道中に ぬかるんだ道や、タイヤがめり込むような 砂利道があるかもしれません。 また、スノーボードやスキーに出かけた帰りに、下り坂が凍っていて ツルツルのアイスバーンかもしれません。 そんな悪路の場合を想定してみてください。 坂道の上り方やブレーキのかかり具合、タイヤが滑った時のコントロールがまるで違います。 そんなワイルドなドライブを無事に終えた後って、妙な達成感に包まれるんですよね。 道具としてだけではなく、車を愛する人、心からドライブを楽しむ人にぴったりです。 こんな人にはNAエンジン(XZ)がオススメ 出典: 反対に、 街乗りメインで雪道や坂道を走ることが少ない タウンユース派には、 2WDをおすすめします。 多くの地方で雪の心配は年に数回あるかないかですし、たまに買い物へ出かけるくらいなら十分です。 あくまでも車を道具として、便利に使いたい人にぴったりですね。 ぜひ、コストパフォーマンスだけでは判断できない、ニーズに応じた車選びを心がけてください。 装備の違いはここ カタログ上ですべての項目について比較したところ、エンジンを除く 3か所に違いがありました。 本革巻シフトノブ• クルーズコントロール• パドルシフト これらは、 XZターボのみに搭載されている装備です。 それでは、それぞれの装備について、詳しく見ていきましょう。 本革巻シフトノブ 出典: いかにもスペーシアギアらしいワイルド感あふれる本革巻は、ステアリングとセットでかっこよさ倍増! クルーズコントロール 出典: スイッチひとつで、設定した速度をキープしてくれる便利な機能。 最近は多くの車に搭載されているので、知っている人も多い機能かもしれません。 右手親指だけで操作できるため、ハンドルから手を離さずに設定できるのが嬉しいですね。 パドルシフト 出典: 7速マニュアルモードで、 マニュアル車のようなシフト操作感覚で走れる機能。 黄色く四角で示した場所にスイッチがあり、ハンドルの向こう側の指で引き寄せて操作します。 長い坂道を下ってくる時には、シフトダウンして エンジンブレーキ。 キックダウンする事なく、パドル操作で シフトダウンして急加速する事もできます。 なんだか、ドライビング上級者になった気分になりませんか!? スペーシアとはどこが違うの? スペーシア、スペーシアカスタムに続く SUVライクなモデルとして登場したスペーシアギア。 これまでのモデルとは、一体どう違うのでしょうか? 販売台数第2位! 軽トールや軽ハイト、スーパーハイトワゴンなどと呼ばれるジャンルに属しているスペーシア。 各社から様々なタイプが出ている事からも、その人気がうかがえますね。 そんな激戦区の中で、スペーシアは 2018年上半期の販売台数で第2位を記録したんです。 出典: 人気の理由は、 子供はもちろん、年配者も乗りやすい低床設計の優しい車だからです。 運転席から 死角になるような場所に サブミラーが付いていたりと、魅力ある装備が満載。 また、スーツケースをモチーフにしたユニークなデザインにも惹かれませんか? シンプルな中にも、若々しさがあふれていて、まさに唯一無二の存在と言えます。 もちろん、バラエティに富んだ カラーバリエーションも人気の秘密です。 「他の人とは被りたくない!」という人にとって、個性的な色が選べるのは強みです。 人気色について興味がある人は、こちらの記事もチェックしてくださいね。 違いはどこ? 次に、スペーシア標準仕様車からスペーシアギアへの変更点について。 エクステリア:バンパーやライトなど 樹脂部分のデザイン変更。 あくまでもSUVライクという位置付けなので、ガンメタリック塗装の部分も 通常の塗装と変わりありません。 出典:、 インテリア:従来のベージュから、 ブラックの撥水加工ファブリックのシートへと素材変更。 出典: まとめ スペーシアギアのグレードの違いと言えば、ずばり! エンジンの違いでしたね。 週末は、友達と本格的な釣りに行く?• 連休は、家族でわいわいキャンプがしたい!• いやいや、冬は同僚とのスノボで決まりでしょ?• 食べ盛りの子どもが多くて、普段の買い物が大変なお母さん。 日曜大工はおまかせ!というDIY好きなお父さん。 そんな気軽なアウトドアや荷物の多い人には、断然XZターボの4WDをおすすめします。 だって、安心感抜群ですから。 しかし、スーパーハイトワゴンの派生モデルゆえに、はっきり言って 悪路走破性は悪いです。 でもまぁ、マイルドハイブリッドでこの仕様なら、十分値ごろ感はあります。 さらに、スペーシアカスタムのターボ車より価格設定が安いのも魅力的です。 違いをよく知った上で、ニーズに合わせてじっくり検討してくださいね。 【車をお得に買い替えるマル秘テク】最大52万円もお得に! 『車を買い換えたい』と思っている方は、これだけは知らないと 損をしてしまいます! 車を買い換えるとき、今まで乗っていた愛車をディーラーに下取りに出していませんか? 下取りは損をする可能性が高いです。 営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。 だから、 まず買い替え準備として行うことは、愛車の正しい価値を知ること。 ネットの一括査定を使うと、複数の大手車買取店が値段をつけてくれます。 一括査定名なので、 大手業者同士が勝手に争ってくれて、査定額も高くなるです。 下取りよりも 平均で16万円も高くなったというデータもあります。 愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。 家族旅行の貯金に回してもいいですね! \ 50万円も 高くなった方も!/.

次の

スペーシアギアのグレードごとの違いは?おすすめはこれ!

スペーシア ギア ターボ

マイルドハイブリッドを採用した軽ハイトワゴン スズキのハイト系軽ワゴンの2代目。 ノーマルモデルは2トーンルーフ車も設定され、「ワクワク、楽しさ」を感じさせるスタイルとなっている。 カスタムは大型メッキグリルやLEDヘッドランプなどにより精悍で迫力あるスタイルに仕立てられた。 室内では、軽では初採用となるフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイが採用され、安全運転をサポート。 さらに、軽自動車初となる、後退時ブレーキサポートなどを含むスズキセーフティサポートも装備。 セーフティサポートカーのサポカーSワイドに該当した(2017. 12) スペーシアについての最新記事• 660 カスタム ハイブリッド GS• 660 カスタム ハイブリッド GS 4WD• 660 カスタム ハイブリッド GS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド GS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XS• 660 カスタム ハイブリッド XS 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド XS 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 4WD• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 カスタム ハイブリッド XSターボ 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 ギア ハイブリッド XZ• 660 ギア ハイブリッド XZ 4WD• 660 ギア ハイブリッド XZターボ• 660 ギア ハイブリッド XZターボ 4WD• 660 ハイブリッド G• 660 ハイブリッド G 4WD• 660 ハイブリッド G ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 ハイブリッド G ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 ハイブリッド G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 ハイブリッド G 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 ハイブリッド X• 660 ハイブリッド X 4WD• 660 ハイブリッド X ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 ハイブリッド X 衝突被害軽減ブレーキ非装着車• 660 ハイブリッド X 衝突被害軽減ブレーキ非装着車 4WD• 660 E ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 E ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 G• 660 G 4WD• 660 G ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 G ウィズ 車いす移動車 リアシート無• 660 G スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 G スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 G デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 G デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 G レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 G レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 G レーダーブレーキサポート装着車• 660 G レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 Gリミテッド• 660 Gリミテッド 4WD• 660 T• 660 T 4WD• 660 T スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 T スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 T デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 T デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 T レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 T レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 T レーダーブレーキサポート装着車• 660 T レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 X• 660 X 4WD• 660 X ウィズ 車いす移動車 リアシート付• 660 X スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 X デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 X リミテッド• 660 X リミテッド 4WD• 660 X リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 X レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 X レーダーブレーキサポート装着車• 660 X レーダーブレーキサポート装着車4WD• 660 カスタム GS• 660 カスタム GS 4WD• 660 カスタム GS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム GS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム GS デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム GS デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム GS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム GSターボ• 660 カスタム GSターボ 4WD• 660 カスタム GSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム GSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Jスタイル• 660 カスタム Jスタイル 4WD• 660 カスタム Jスタイル スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム Jスタイル スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS• 660 カスタム TS 4WD• 660 カスタム TS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム TS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XS• 660 カスタム XS 4WD• 660 カスタム XS スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム XS デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム XS デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XS リミテッド• 660 カスタム XS リミテッド 4WD• 660 カスタム XS リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS リミテッド スマートフォン連携ナビゲーション装着車 4WD• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション 4WD• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート スマートフォン連携ナビゲーション装着車• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート装着車• 660 カスタム XS レーダーブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム XSターボ• 660 カスタム XSターボ 4WD• 660 カスタム XSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム XSターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Z• 660 カスタム Z 4WD• 660 カスタム Z デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Z デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ 4WD• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Z ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ• 660 カスタム Zターボ 4WD• 660 カスタム Zターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車• 660 カスタム Zターボ デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ ユーティリティPKG デュアルカメラブレーキサポート装着車 4WD• 660 カスタム Zターボ ユーティリティパッケージ• 660 カスタム Zターボ ユーティリティパッケージ 4WD• 660カスタムZターボ ユーティリティパッケージ デュアルカメラブレーキサポート装着車.

次の