株式チャート。 株式チャート

Yahoo!ファイナンス

株式チャート

絶対比較 2銘柄を同一チャート上に並べて値動きを比較します。 相対比較 基準日を100とした場合の推移を比較します。 差分比較 「比較元銘柄の価格」-「比較対象銘柄の価格」を表示します。 比較倍率 2銘柄を倍率で比較することができます。 割高・割安を判断する目安にするなど、NN 倍率(日経平均/ニューヨーク・ダウ平均)に近い分析が可能です。 レシオケータ 「比較元銘柄の価格の推移」を、「基準日の比較対象銘柄の価格」と比較します。 お気に入り保存 現在表示しているチャートの設定を保存できる機能です。 お気に入り 登録したお気に入り設定を表示します。 選択したお気に入りは緑色で表示されます。 適用 選択したお気に入り設定をチャート画面に表示します。 上書き 現在表示しているチャートの設定を、選択したお気に入り設定に上書きします。 削除 選択したお気に入り設定を削除します。 新規登録 「登録名」に任意の名前を入力して「保存」を押すと、現在のチャート設定がお気に入りとして保存されます。 お気に入りは最大30個まで登録可能です。 登録できる内容は以下の通りです。 足種 2. データ表示(チェックの有無) 3. 転換点(チェックの有無) 4. 注文表示(チェックの有無) 5. 残高表示(チェックの有無) 6. 約定表示(チェックの有無) 7. チャート上に引いたラインは保存されません。 発注する(チェックの有無) 9. カーソルモード 10. テクニカル指標 11. チャートタイプ 12. 画面設定• お気に入り名変更 名前を変更したいお気に入りを選択して、変更したい名前を入力し「保存」を押すと、選択したお気に入り設定の登録名を変更できます。 画面設定 チャートの背景色等を変更できます。 色 チャート上の背景色、X軸、Y軸の色を変更できます。 領域指定 余白(X軸) チャート右側に、指定した本数分の足の余白を設けられます。 0~1,000本まで指定できます。 初期表示領域 初期で画面に表示する足本数を設定できます。 1~1,000本まで指定できます。 分足チャートを表示します。 日 日足チャートを表示します。 週 週足チャートを表示します。 月 月足チャートを表示します。 期間 表示したい期間をプルダウンで指定できます。 日付 チャートを表示する期間を設定できます。 日付のボックスを押すと、カレンダーが表示されます。 カレンダーから年・月を選択し、日付を押すと、その日付を開始日、もしくは終了日とするチャートが表示されます。 株式チャート画面上部のスライダーには、長期間の価格推移が表示されています。 現在画面に表示されているチャート期間は、黄色で表示されています。 黄色の部分を選択し、左右に移動させると、チャートの表示期間を変更できます。 また、黄色の部分の両端を選択し、左右に伸縮させることで、表示期間の長さを調整できます。

次の

Yahoo!ファイナンス

株式チャート

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

チャート形状検索

株式チャート

株式相場を研究するとなると、それなりの理論武装は必要となります。 ただなんとなく売買していたり、他人任せ的なアドバイスに頼っているようでは、相場の本質に近づくことはできません。 もちろん、証券理論にすぐれた学者が相場上手とは限りません。 一般投資家の立場でいえば、 基礎的な知識を持った上での実戦応用力があれば、 自分なりの投資判断をもとに生きた相場で戦うという楽しみが増えてくるはずです。 株価は、経済のみならずいずれは企業の収益に響いてくるすべての内外情勢を反映して動いています。 そうした情勢の変化が景気、そして企業収益にどう影響を与えるだろうかということを、瞬時に判断して売りと買いをしていく。 その変動が相場です。 その変動は、「株価形成理論」で説明される動きとは、短期では違う時があります。 その株価理論的な分析手法も時代とともに移り変わってきています。 20世紀では特に有名なケインズは、「株式投資は美人投票」といっています。 当選した美人に投票した人に商品を出すとしたら、人々は自分の好みではなく多数の好みを考えて投票するはずです。 株式投資でも同じ理屈であるということです。 この多数の好み、多くの市場参加者が好材料と判断して、その株式の値段を上げて買う、これが株高です。 この反対の行動が、株安です。 こうした材料解釈と買い手、売り手の需給の変化による株価変動、さらにその株価変動がもたらしていく新たな需給の変化、この株価プラス市場参加者の動きである出来高など商い量の分析も、テクニカル分析の広義での 株式チャート研究になります。 株式チャートを読みこなすスキルは必須 株価は経済環境と個別銘柄の受給によって決まります。 ある者は企業の優待目的に株を売買するでしょう。 またある者は、配当金狙い。 別の者は企業の成長に期待して投資する場合もある。 為替動向から判断し買う者、NY市場の動向、アメリカ大統領の発言、中東情勢、中国の景気動向。 あるいはアナリストの言うがままに株を買う者。 合理的な理由によらず、恐怖や欲で売買する者。 ヘッジファンドや機関投資家など、立場によって思惑や狙いがあり、それぞれ自分が抱える動機で株を売買しています。 その全ての売り買いの綱引きの結果が現在の 株価であり、その株価をで表現し、時間の経過による変化を表したものが、 株式チャートです。 つまり、チャートにはあらゆる需給の結果が表現されていることになり、 株式チャートを読みこなす力こそが利益を上げるためには必須と言えます。 小学生でも判別できるイージーパターンで利益を出す 1000円の投資本にも書いてあるような今回紹介するイージーパターンは、トレードを多少やった事がある人なら知らない人はいないでしょう。 もちろんこのサイトにも掲載してあるパターンです。 誰でも知っているパターンですが使いこなせる人は稀です。 なぜ、イージーパターンを利益にする事ができないんでしょうか? あなたがトレードに向いていないからではありません。 単に売買ルール構築術を知らないだけの事です。 超実践的売買ルール構築術はトレーダーにとって 極めて大切なスキルです。 超実践的売買ルール構築術は最終的に、 あなたの口座残高を増やす技術なのです。

次の