その 節 は 未来。 その節はの意味は?その折やその際との違い・目上やメールでの使い方も

その「if ~、 when~」は、副詞節なの?名詞節なの?

その 節 は 未来

「その節は」の意味から理解することができたように、「その節は」では未来の出来事について表現することができません。 そのため、「その節は」を未来のことについて話す時に使っているのであれば、間違った言葉の使い方をしていることになります。 ビジネスの場面や目上の人と会話をしている時に、丁寧な言葉を使用することを意識しすぎて、「その節は」を未来のことに使っているのであれば、分かりにくい会話をしてしまっています。 間違った言葉の使い方を避けるためにも、「その節は」は過去のことにだけ使用することができる、という注意点を覚えておきましょう。 「その節はよろしく」で、将来のこと会話している人もいますが、間違った言葉の使い方になってしまいます。 「その節は」の正しい使い方やお礼を言う方法として、未来のことについては言及できないことがわかりました。 しかし、過去の事について「その節は」を使う時であったとしても、注意が必要です。 なぜなら、昔すぎる出来事について表現したい場合であったとしても、「その節は」は使用することができないからです。 例えば、何十年も前の遠い出来事について、会話をしたいと感じているとしましょう。 そのような場面で、「その節は」を使用するのは間違った使い方です。 なぜなら、「その節は」で最近の出来事のように会話をしているからです。 「その節は」が使われていることから、周りの人は何十年も前の出来事であったことに気づくことができません。 すでに紹介されたように「その節は」と「その際は」には、意味の違いがほとんどありません。 しかし、使い方の違いとして「その際は」は未来のことについても言及することができます。 つまり、この使い方の違いをしっかりと理解しておけば、場合によっては「その際は」の方が使いやすいことにもなります。 具体的には「その際には、よろしくお願いいたします」や「その際はよろしくお願いします」と言うことができます。 「その節は」と使い方の違いはあるものの、将来のことに言及して「その時にはよろしくお願いします」を丁寧な言い方で表現しています。 ビジネスメールなどで、お客様や目上の人に丁寧な敬語を使用したい場面でも、使うことができます。

次の

「その節は」とか言いますが、その節っていつのことですか?...

その 節 は 未来

「その節は」の使い方 「その節は」は目上の人にも使える 「その節は」は、ビジネスシーンにおいて非常に使用頻度の高いフレーズです。 「その節は」は、一度一緒に仕事をしたことのある人や取引先の相手に対して使うことがほとんどです。 「その節は」は目上の人に対して、使うことができます。 過去のお礼をするときなどに、「あの時はありがとうございました」「この前はありがとうございました」だと軽い印象を与えてしまいます。 そこで代わりに「その節は」を使用することができます。 ただ、「その節はどうも」「その節はありがとう」だと失礼に当たってしまうので、目上の人に使う場合は 「その節はありがとうございました」「その節はお世話になりました」などと完結した文章で使います。 「その節は」は「謝罪文」 でもよく使われる 「その節は」は、偶然再会した人に「その節はどうも」、お世話になった人に「その節はありがとうございました」などと比較的プラスなことに対して使えます。 こういったように「その節」には、感謝を述べる時に使われることが多いイメージですが、実は謝罪をする際にも使えます。 例えば、「その節は多大なるご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした」といったように使うことができます。 「その節は」は、話題が過去のことであるならば、感謝でも謝罪のどちらでも使用できます。 「その節は」を用いた文章の例文 「その節はありがとうございました」など感謝を伝えるときの例文 ・その節はありがとうございました。 またのご来店をお待ちしております。 ・その節は誠にありがとうございました。 またご相談させていただきたい所存です。 ・その節はこちらの要望にご対応くださり、大変感謝しております。 ・その節はプロジェクトの実現にご協力いただきましたこと、多くの方々に心より感謝申し上げます。 ・その節は遠方からご足労いただき、深く感謝申し上げます。 「その節はお世話になりました」などお世話になった方への例文 ・その節はお世話になりました。 また機会があればよろしくお願いいたします。 ・その節は一方ならぬご高配にあずかり大変お世話になりました。 ・その節は本当にお世話になりました。 皆様のお力添えがあって新事業が順調に進めることができました。 ・その節は大変お世話になりました。 今後ともよろしくお願いいたします。 ・その節はご協力いただき大変お世話になりました。 ありがとうございました。 「その節はご迷惑をおかけしました」など謝罪を伝えるときの例文 ・その節は大変ご迷惑おかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。 ・その節は申し訳ございませんでした。 私の不手際によりトラブルを起こしてしまいました。 ・その節は多大なるご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。 今後は、このようなことがないよう精一杯業務に取り組んでいく所存です。 ・その節は皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 ・その節は私の不始末によってご心配をおかけしてしまい、深く反省しております。 今後はこのようなことがないよう、最大限の注意を払って参る所存です。 ・その節はこちらの都合で、皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと、本当に申し訳ございませんでした。 「その節はご心配おかけしました」など心配かけたときの例文 ・その節はご心配おかけしました。 今は完治し元気に過ごしております。 ・その節はご心配おかけしまして誠に恐縮いたしております。 ・その節はなにかとご心配をいただきました上に、結構なお見舞いまで頂戴し、誠にありがとうごございました。 ・その節は多大なご心配をおかけしまして深くお詫び申し上げます。 「その節は」の類語との違いと使い分け《ビジネス編》 まず、「その節は」の類語で ビジネスシーンで用いることのできる言葉を紹介します。 未来の出来事を指す言葉、未来と過去両方の出来事を指す言葉、過去の出来事を指す言葉に分けて紹介します。 「その際は」は未来の出来事を指す 「その際は」は、 ある特定の時点または場合を表現するときに使う言い回しです。 「際」は音読みだと「サイ」、訓読みだと「きわ」と読みます。 「際」は「二つのものが接するところ」「出会う」「時」「場合」を表しています。 「その際は」は、過去の出来事ではなく、現在の出来事もしくは、未来の出来事に対して使用します。 「〜の際は」は、「〜である場合には」「〜する場合は」といった仮定条件を表す言葉として使われます。 例えば、「その際はお世話になります」「その際はお願いいたします」といったように使うことができます。 また「その際は」は ビジネスシーンでも使うことができます。 その際は、どうぞ宜しくお願いいたします。 ・時々誤作動によって非常ベルが鳴る場合があります。 その際は、冷静沈着な行動を心掛けてください。 「〜の折は」は、時・機会・場合・タイミングなどを指していてます。 「その折は」は未来の出来事に対して使うことができます。 「その折は」は「その際」と同様に、未来のことに関して使いますが、「その折は」は、場所や時間は細かい設定はせずに機会と場合によって使用することになります。 また「その折は」は未来だけではなく、 過去の出来事に対しても使うことができます。 ただ「その節は」は、今現在に比較的近い過去の出来事に使うのに対して、「その折は」は、遠い過去のことに使うという違いがあります。 また「その折は」は ビジネスシーンでも使えます。 ・先日の件に関しての資料を送付いたしました。 お手すきの折はご確認いただければ幸いです。 ・お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください。 「先日は」は、過去の出来事に対してのみ使えて、未来のことに対しては使えません。 「先日は」は、現在から近い過去を表していますが、明確な「日にち」は指していません。 「先日は」は、明確な日にちは指していませんが、「先日」はすぐその日がなんだったのか思い出せる範囲、数日から数週間前、長くて1ヶ月程前をさすのが一般的です。 ただ「昨日」「一昨日」など最近のことや、「半年」「1年以上も前」などだいぶ前のことを「先日」と使うのは不自然でしょう。 「その節は」は「先日は」と言い換えることができます。 「その節は」と違って「先日は」はある程度具体的な日時を示すことができます。 ・先日は当店まで足を運んでいただき、誠にありがとうございました。 「先般」は、近い過去の出来事、数日〜数週間ほど前のこと、長くても1ヶ月前の出来事を指します。 また「先」には「一つ前」という意味、「般」には「物事や種類」という意味がありますので「先般」には「一つ前の出来事」という意味合いも含まれます。 なので数ヶ月前のことについても、普段あまり会わない人などその数ヶ月前が今回より一つ前の出来事であれば「先般」を使用しても問題ありません。 「その節は」の代わりに「先般は」を使うことができます。 ・先般は、お忙しい中ご面会くださり誠にありがとうございました。 「以前は」は「その節は」と同様に、過去の出来事に対して使います。 ただ、 「その節は」は過去のあの日の出来事と具体的に指しているのに対して、「以前は」は過去の出来事全般を指しています。 「以前は」は具体的に過去の出来事について指すこともできますが、その場合は「以前のあの時は」「以前のその時は」などと以前の後に日時を示す言葉を入れる必要があります。 ・以前は福岡に住んでいた。 「先日」と同じで、数日前や数週間程前のことを指しています。 大きく違う部分は、「先日」は近い過去の日にちを表しているのに対して、「先頃」は近い過去の出来事を指しています。 ただ「先頃」はビジネスシーンではあまり使用しない言葉です。 ・先頃はご高配を賜り誠にありがとうございました。 「その節は」の類語との違いと使い分け《その他》 次に、ビジネスシーンで使うにはややフランクな言葉となる「その節は」の類語を紹介します。 「時」は音読みだと「ジ」、訓読みだと「とき」と読みます。 「時」は「過去から現在、現在から未来へと、一方的また連続的に流れていくと考えられているもの」「ちょうど良い機会」を表しています。 「その時は」は、過去も未来も両方の出来事に関して使うことができる言い回しです。 「その時は」は少し軽いイメージの言葉なので、ビジネスシーンではあまり相応しくない言葉になります。 例文 ・来週にはお伺いしたいと思っております。 またその時はよろしくお願いいたします。 ・その時は非常に楽しみだったが、終わってしまった今は何も覚えていない。 「頃」は音読みだと「ケイ」、訓読みだと「ころ」と読みます。 「頃」は「ある決まった時期の前後を含めて大まかにさす語」「ある期間」を表しています。 「その頃は」は、過去と未来の両方の出来事に対して使うことができます。 ただ「その頃は」は、少々フランクな印象を与えてしまうため、ビジネスシーンではあまり相応しくない表現となります。 「その頃は」を使う場合には、より丁寧な表現の「その折は」を代わりに使うことができます。 その頃は、大変ご迷惑をおかけいたしました。 ・彼女とは小学生からの知り合いであり、その頃から親交がある。 ・もうすぐで春になりますね。 その頃には新しい事業も落ち着いているでしょう。 「この間」は「その節」と同様に、過去の出来事に対してに使い、未来のことに対しては使えません。 ただ「この間は」、日常会話などでよく使われるフランクな言葉ですのでビジネスシーンでは適していません。 目上の相手に「この間は」と使ってしまうと、砕けた印象を与えてしまいます。 ビジネスシーンでは「その節は」だったり「先日は」と表現した方が良いでしょう。 ・学生時代をついこの間のことのように思い出す。 「その節」と同じで、過去の出来事、主に数日前や数週間程前のことを指しています。 「その節は」と同じ意味ですが、「この間は」と同様に、「この前は」も目上の相手に使ってしまうと、砕けた印象を与えてしまいます。 ビジネスシーンでは「その節は」だったり「先日は」と表現した方が良いでしょう。 ・この前は、面倒なお願いをしてしまい誠に申し訳ありませんでした。 「その節は」の英語表現 「その節は」の英語表現は、 ・at that time ・on that occasion これらの表現を使わなくても、具体的に「when」や「during」を使って「どのような時・期間」だったか明示した方が、英語としては自然です。 また、その他にも「このまえ」を意味する英語表現はいくつかあるので、少し前のことなら、これらの表現を使った方が自然でしょう。 ・the other day(先日、このまえ、この間) ・not long ago(以前、この間) ・a while ago(以前、ちょっと前に) ・just a few minutes ago(ついさっき) などなど。 例文を見てみましょう。

次の

接続詞 when, if, because 節 についての質問

その 節 は 未来

一般的に、「その節は」というフレーズが使われるのは、以前お世話になったことがある方と接する時や、ごく近い未来の話をする時です。 ただし、未来について「その節は」を使う場合、「その使い方は間違っている」と指摘されることもあるので、あまり使わない方が良いでしょう。 言葉とは、相手がどのように受け止めるのかがすべてなので、否定的な意見が存在する言い回しは使わないのがベターと言えます。 現在に比較的近い過去の出来事を話題にする時 「その節は」というフレーズの、非常にわかりやすい使い方が「現在に比較的近い過去の出来事を話題にする時」です。 たとえば、ビジネスマンが1週間前に営業に訪れた人とたまたま同じ電車になった時などに、「その節はどうもありがとうございました」のような使い方をします。 これは、最もベターな使い方でありスムーズな言葉運びになりますので、とっさの時に出せるようにしておくと良いでしょう。 未来の出来事を話題にする時 未来の出来事を話題にする時にも、このフレーズを使う事があります。 具体的には、「次にお訪ねする日も近いので、その節はよろしくお願いします」のような使い方です。 ただし、先述したように、「このフレーズを未来の話題に使うことは間違っている」という指摘をする人もいますので、あえて使うことは避けましょう。 あくまでも、「このような使い方もある」という認識にとどめておきましょう。 「その節は」を使った例文 「その節は」の最もシンプルかつ身近な使い方が、「その節はどうも」や、「その節はどうもありがとうございました」です。 相手に心当たりがある場合は、すぐにこの切り返しや会話の始め方で察することができますので、スムーズにちょっとしたトークに移行することができます。 「あの時は」という使い方よりも知的に感じますので、イメージが良くなる人もいるでしょう。 2「その節はありがとうございました」 先に挙げた「その節はどうも」を、さらに丁寧にした表現がこちらの「その節はありがとうございました」です。 「その節はどうも」という言葉だけで終わらせると不快に感じてしまう人もいますので、こちらのほうが安心して使えるでしょう。 メールなどにも使えるフレーズですので、会話だけではなく文章としても使いこなしタイと考える方は、このフレーズを身に付けておくと良いでしょう。 3「その節は大変お世話になりました」 「その節はありがとうございました」を、より丁寧にしたフレーズがこちらの「その節は大変お世話になりました」です。 ただし、かなりへりくだった表現ですので、相手によっては丁寧すぎて萎縮してしまう可能性もあります。 話す相手が、明らかに社会的な地位が上であれば、このフレーズを使うのが正解となりますが、明らかに年下である場合は、「その節はありがとうございました」で十分です。 4「その節はご迷惑をおかけしました」 過去に、相手に対して何か謝りたい事柄があった場合に、この「その節はご迷惑をおかけしました」といった使い方が出てきます。 多少気まずい相手と出会った時に使うことになりますが、とっさにこの表現が出れば、その気まずい雰囲気も緩和できるでしょう。 時と場合に応じて、表現の幅を広げておきましょう。 5「その節は丁寧にご対応頂き」 「その節は丁寧にご対応頂き」という表現は、こちら側がお願いした事柄に対して、相手側がしっかりと対応してその成果もすでに出ているような場合に適切な表現です。 特にビジネスシーンにおいて、信頼できる取引先や相手を見つけた時などに、このような表現をする機会が増えますので、ちょっと難しい言い回しですが覚えておけば役立つでしょう。 「その折は」は何らかのタイミングや機会を表現する言葉なので、基本的には「その節は」と変わりません。 ただし、こちらは未来の出来事に対して使うこともできるのが一般的に知られているので、その点が「その節は」との明確な違いと言えるでしょう。 また、「その節は」と違って、かなり遠い過去に対しての出来事に用いることも可能なので、これも違いの一つとなっています。 「その際は」との違い この「その際は」という表現は、過去の出来事で使うことは少なく、どちらかと言えば今現在起こっている事や、これから起こる事に使う言葉となっています。 また、「その節は」という表現は未来表現には使いにくいのですが、こちらは問題ありません。 たとえば、「来月上京するので、その際はまた宜しく」という表現が可能です。 「先日は」との違い 「先日は」という表現は、基本的に「その節は」とほぼ同義なので同じような使い方ができます。 ただし、この言葉の意味合いの大部分は直近の出来事を表すので、使える過去の期間という部分で違いがあります。 「その節は」という表現では「10年前のあの事件、その節は本当にお世話になりました」という使い方もできますが、「先日は」は、直近の事柄にしか言えないというのが大きな違いだと言えるでしょう。 「その節は」の意味を理解して正しく使おう ここまで見てきたように、とらえる相手の言葉の考え方によって「その節は」を使う場面は限られいます。 言葉というのは、自分がどんなに正しい意味であると考えて使っていても、受け取る側が間違っていると感じてしまったら意味がなくなってしまいます。 つまり、その危険性を感じ取って適切な言葉を選ぶ姿勢が重要ということです。 自分自身が正しいと思い込まず、社会一般で正しいとされる言葉の選択を心がけましょう。 時を表す言葉を上手に使いこなそう 日本語の表現はかなり曖昧な部分も多く、使うのが難しい言葉がたくさんあります。 今回紹介した「その節は」以外にも、適切な使い方ができていない言葉もあるでしょう。 そんな、あやふやな言葉を正確に使えるようになれば語彙力も確実に向上し、話すのが楽しい人物と見られるようになります。 下記に、「こないだ」と「折を見て」の使い方の記事をご紹介します。 記事を参考に、語彙力をブラッシュアップしてはいかがでしょうか。

次の