プデュ japan 順位。 イジニョク【プデュX】の現在と番組内での活躍は?感動に涙したファン多数!

プデュJAPAN最終回の順位は?デビュー11名やファイナルの情報も

プデュ japan 順位

Produce101JAPANの2話が放送されましたね。 再評価のクラスの書かれたカードが練習生全員に配られたところで、次回・・・の流れになり、続きがどんどん気になりますね! そんなProduce101JAPAN プデュ日本版 2話の順位発表です。 1位~98位の練習生の順位を画像と表で発表していきましょう。 第2話プデュ日本版順位発表1位~11位 2話目プデュ日本版順位発表1位~11位です。 1位 豆原一成 2位 川尻蓮 3位 川西拓実 4位 安藤誠明 5位 鶴房汐恩 6位 キム・ヒチョン 7位 上原潤 8位 今西正彦 9位 大平祥生 10位 イ・ミンヒョク 11位 チョン・ヨンフン デビュー圏内1~11位は、この中での入れ替わりが目立ちました。 9位の大平祥生さんは、1話のレベル分け評価で2位の川尻蓮さんと同じチームメイトでした。 レベル分け評価では惜しくもCクラスになってしまいましたが、インタビューでは「川尻さんの後ろ姿を追う」と言っていたのが印象的でした。 今回2話の順位発表では、有言実行で、前回の15位より6ポイントもランクアップしました。 1位~7位の総括については下部で行いますので、お読みいただければ嬉しいです。 2話目プデュ日本版順位発表12位~30位 12位 大澤駿弥 13位 キム・ユンドン 14位 青木聖波 15位 宮島優心 16位 井汲大翔 17位 河野純喜 18位 北川玲叶 19位 佐藤景瑚 20位 白岩瑠姫 21位 小松倖真 22位 三井瞭 23位 木全翔也 24位 與那城奨 25位 林龍太 26位 磨田寛大 27位 岡田武大 28位 宮里龍斗志 29位 瀧澤翼 30位 古賀一馬 2話目プデュ日本版順位発表31位~50位 31位 佐藤隆士 32位 井上港人 33位 北岡謙人 34位 佐藤來良 35位 寺師敬 36位 中本大賀 37位 北川暉 38位 田口馨也 39位 本田康祐 40位 安藤優 41位 グチェレスタケル 42位 高野彗 43位 岩崎琉斗 44位 草地稜之 45位 中川吟亮 46位 木原汰一 47位 五十嵐颯斗 48位 山田聡 49位 池本正義 50位 中野龍之介 2話目プデュ日本版順位発表51位~70位 51位 森慎二郎 52位 松倉悠 53位 大水陸渡 54位 中西直樹 55位 鈴木晨順 56位 山本健太 57位 佐野文哉 58位 中林登生 59位 小山省吾 60位 福地正 61位 東郷良樹 62位 山田恭 63位 アルジャマ勇心 64位 中川勝就 65位 床波志音 66位 大川澪哉 67位 西涼太郎 68位 西尾渡暉 69位 男澤直樹 70位 片上勇士 1話目プデュ日本版順位発表71位~90位 71位 西山和貴 72位 浦野秀太 73位 古屋亮人 74位 佐々木真生 75位 中谷日向 76位 稲吉ひかり 76位 内田脩斗 78位 渡辺龍星 79位 安慶田真樹 80位 鈴木雅 81位 鈴木玄 82位 岡野海斗 83位 菅野雅浩 84位 米原尚平 85位 金城碧海 86位 熊澤歩哉 87位 石井健太郎 88位 田中雄也 89位 黒川竜聖 90位 石井祐輝 2話目プデュ日本版順位発表91位~ 91位 秦健豪 92位 長谷川怜央 93位 結城樹 94位 渡邊大貴 95位 駒尺雄樹 96位 渡邊公貴 97位 西野友也 98位 中里空 このような順位になりました。 プデュ日本版の順位発表、この中の1位~7位までを詳しくご紹介していきましょう。 その反面ダンスのパフォーマンスはプロ並みで素晴らしかったので、そのギャップに票数が集まったのではないでしょうか。 川尻さんのダンスパフォーマンスは本物で、実力は101名中ズバ抜けているように思います。 にも関わらず努力する姿勢に好感が持てました。 ダンス時はキレキレなのに対し、しゃべる時はおっとりめなのも、魅力なのではないでしょうか。 1話ではレベル分け評価の映像がまだ公開されていなかったにも関わらず3位というのは逆にスゴイですよね。 2話レベル分け評価のステージが公開され、関西の練習生ばかり集めたグループKSIXのメンバーとして、整った顔にキレのあるダンスとラップを披露されていました。 トレーナーからも身体が軽そうだという評価ももらっていました。 1話では、シックスパックスとして筋肉と素敵な歌声を聴かせてくれましたね。 2話では露出は少なかったものの、レベル分け再評価時には「今はFクラスに落ちても構わない。 またそこから上を目指して頑張るだけだ」というようなことを言っており、その前向きなポテンシャルの高さに驚かされました。 これからもこの順位をキープしてほしですね。 1話のレベル分け評価のステージでの態度に賛否両論があったようですが、2ランクアップしたということは、やはり何か光るものがあるということでしょうか。 2話ではトレーナーのダンス指導にも素直に従い、吸収しようという姿勢が見られました。 最初のレベル分けではCクラスでしたが、再評価ではAランクでしたので、今後の伸び代にも注目です。 上位デビュー圏内で4ランクアップというのは、なかなか難しいと思います。 キム・ヒチョンさんはレベル分け評価ステージからAクラス、再評価もAクラスを守り、韓国アイドルの実力を証明しましたね。 1話ではレベル分けステージに登場するところで続く。。。 となってしまったので、どのようなステージなのか気になっていましたが2話で観ることができました。 ダンスも歌もProduceX101の時より遥かに上手になっていて驚きました。 ただ、ステージ後に自作のラップを披露したのですが、その時に歌詞が何回か飛んでしまいC評価になってしまいました。 2回目ということで、他の練習生からのプレッシャーで緊張してしまったと言われていました。 注目されるとその分プレッシャーも乗りかかってきますが、うまく乗り越えていって欲しいです。

次の

プロデュース101JAPAN(プデュ日本)2話順位やレベル評価!動画も!

プデュ japan 順位

韓国のプロデュースシリーズの日本版「プロデュース101JAPAN」の放送が始まりましたね! 1話では、練習生の登場シーンから始まりましたが、早速レベル評価による練習生のクラス分けが行われました。 前回の放送ではレベル評価によるクラス分けのうち1組~16組までのチームのステージが披露されました。 2話放送では残りの17組~35組までのチームによるパフォーマンスが演じられます。 練習生によるステージがどのように繰り広げられるのか楽しみですね。 こちらではプロデュース101JAPAN プデュ日本 2話の順位やレベル評価と動画をまとめています。 まずは2話放送での練習生の順位発表からチェックしていきます。 プロデュース101JAPAN プデュ日本 2話最新順位 プロデュース101JAPAN プデュ日本 2話の最新順位はこちらになります。 今回 9位にランクインした大平祥生くん、1回放送時より6ランクアップしていますね。 19位の佐藤景瑚君も6ランクアップ、25位の林龍太くんも15ランクアップと急上昇していてこれは目が離せませんね! 次回の投票結果がどうなるのか注目したいところです! つづいて31位~98位の結果はこちらになります。 練習生のなかで気になるのは 38位の田口馨也くんが40ランクアップ、 46位の木原汰一くんが49ランクアップ、 48位の山田聡くんが40ランクアップ、 49位の池本正義くんが42ランクアップ、 52位の松倉悠くんが45ランクアップ、 54位の中西直樹くんが44ランクアップ、 55位の鈴木晨順くんが40ランクアップと、前回90番台の練習生の順位が軒並み大きくランクアップしていることです。 この順位が大きくアップした練習生の次回の順位にも注目したいとおもいます。 つづいてプロデュース101JAPAN プデュ日本 2話のレベル評価についてチェックしていきます。 スポンサーリンク プロデュース101JAPAN プデュ日本 2話レベル評価 17組~21組の曲やチームメンバー こちらではプデュ日本 プデュJAPAN 2話レベル評価17組~21組の曲とチームメンバーをご紹介します。 ダンスに関してはメンバーのパフォーマンスが揃っていないところがあって少し残念でした。 Team Rapper Crew 曲:Have a nice day! KREVA 普通に考えてやばくない? 次の投票で脱落するのって60位以下でしょ……いま勝就くん64位、ひかりくん74位だよ、割とガチでやばくない?まじで投票しましょうみなさん😭😭😭みんなみてくれこのイケメン2人を😭😭大切なラップ枠だよ😭😭 — ナちゃん KATSUNARIGASUKI 稲吉ひかり B 中川勝就 C 同じ芸能事務所に所属していたという 稲吉くんと中川くんがコンビでラップを披露してくれました。 稲吉くんの低い声が「ラッパーとしての武器のなかの武器になる」とサイプレス上野先生がコメントしていたので、もう一度稲吉くんのラップを聴いてみたいですね。 どこをどう直せばいいのか具体的に教えてほしかったですね。 超特急のMy Buddyという曲のパフォーマンスを披露してくれました。 北岡謙人くんがラップ志望ということでラップを披露するとでBose先生が「声がめっちゃイイ!」と評価アップ! 菅井先生が黒川くんは「もっと高い音が出る」とボーカルでも期待をこめて感想を話していました。 スピード感のある曲にあわせた 滝澤くんのパフォーマンスや大川澪哉くん、鈴木玄くんの歌が見事でしたね。 評価は 3人揃ってBクラスでしたが「必ずAクラスに行く」と闘志を燃やしていましたので頑張って欲しいですね! スポンサーリンク プデュ日本 プデュJAPAN)レベル評価 22組~26組の曲やチームメンバー こちらでは、2話レベル評価の 22組~26組の披露した曲やチームメンバーを紹介していきます。 black belt 曲:サクラ Lead ここの港人くんの可愛さまじで異常 — 日プ花子 KAEplpHtiOc22IW 井上港人 C 小山省吾 F 佐野文哉 B black beltチームはLeadのサクラという曲でパフォーマンスを披露してくれました。 WARNER先生によると「ダンスは結構いい得点にはいっていたけれど、ボーカル、ラップとトータルに考えたときにと言う結果」で評価があり、井上くんがCクラス、小山くんがFクラス、佐野くんがBクラスでした。 HIGH STEPS 曲: RE PLAY 三浦大知 五十畑先生の魅力がもっともっと多くの国プに伝わりますように🥺 — cam cam44269151 五十畑颯斗 B 佐籐景瑚 A 田中雄也 B 中野龍之介 B 全員がバックダンサーの経験があるというHIGH STEPSのメンバー4人。 佐藤景瑚くんがAクラスで五十畑君、田中くん、中野くんはBクラスでした。 「 もっと見せられる場所は作れたのかな」とWARNER先生がコメント、安倉さやか先生は「ボーカルはD」と厳しい評価でした。 特に 石井祐輝くんが舞台経験があるのでステージパフォーマンスは目立っていました。 草地稜之くんが菅井先生から歌を聞かせてほしいと要望があったとき、即興で歌を披露できなかったのが惜しかったですね! 25. 中川くんのボーカルに対して「彼が顔で歌うとか踊るとか言ってたけどそういう風にはみえなかった」とBose先生のコメントでした。 安倉先生の「いうほど顔の印象がなかった。 」と言うコメントがありましたが、どう表現すればもっとよくなるのかアドバイスがあってもよかったですね。 Team SKY 曲:GLAMOROUS SKY 中島美嘉 スカイくんがあの大人っぽさと佇まいでまだ19歳という奇跡。 服装とダンスからか、plan Aの事務所別評価を思い出してしまい胸が熱くなるなど。 金城くんの評価は「 リズム感があったのと声がよかったのと表現力があった」と高評価でB判定でした。 中里宙くんは「 8ビートのリズムがとれればよかった」と安倉先生のコメントがありました。 「 GLAMOROUS SKY」という曲を選んだ二人のセンスが感じられたステージが好印象でした! スポンサーリンク プデュ日本 JAPAN レベル評価 27組~31組の曲やチームメンバー こちらでは、2話レベル評価の 27組~31組の披露した曲やチームメンバーを紹介していきます。 WARNER先生は木全くんの評価に「これからのことも見据えて、この調子で頑張ってください」とAクラスをつけました。 西くんの「とんぼ返り」も目を引きましたが結果はBクラスでした。 ラップも披露してくれた上原くんでしたが歌詞が飛んでしまい、うまくできませんでした。 評価はC判定ですが、さらに上位をめざして頑張ってほしいですね。 「 パーソナリティを足していかないと伝わりにくい」とBose先生のコメントでしたが、今ひとつ内容が伝わりにくい評価で、ちょっと残念でした。 渡邉兄弟 the LOVE Bug m-fo loves BoA 渡邉公貴 D 渡邉大貴 D 渡邉兄弟による m-fo loves BoAのthe LOVE Bugのシンクロダンスを披露してくれました。 「トータルでみて惜しい自己プロデュース、もうちょっとみがけるかな」とA-NON先生のコメントでした。 歌声はまだ細いけど磨けばかなり光る!佇まいもオーラがあって、どこか儚くてどこか熱い情熱を感じるんですよね。 WARNER先生が「未経験だったりとかそこらへんをここで出したらダメ!」と練習不足を指摘していたので内容的にはまだ完成度が足りなかったようですね。 スポンサーリンク プデュ日本 プデュJAPAN レベル評価 32組~35組の曲やチームメンバー こちらでは、2話レベル評価の 32組~35組の披露した曲やチームメンバーを紹介していきます。 琉球ボーイズ 曲:Do it! 宙にジャンプでした。 宮里くんがBクラスでした。 福地くんの評価は「もうちょっと何かやっていかないとこの中で目立っていくのはちょっと辛いかな」とBose先からの指摘で厳しい課題ですね。 ラテンダンスはさすがに圧倒的で素晴らしかったです! 見応えのあるダンスが団体でのステージでどのように活かせるか楽しみですね。 他と差別化した選曲やパフォーマンスでしたが、菅井先生は「おもしろそうなことをやっているのはわかるけどもう一度見たいとはおもわないと厳しいコメントでした。 東郷くんがつぎのポジション評価ではどのようなステージを用意してくるのか楽しみですね。 パフォーマンスの結果は イミンヒョクくんと中西直樹くんはBでしたが、イミンヒョクくんが 片上くんと中谷くんがF評価だったのを自分のせいにして泣いているのがよくわかりませんでした。 どのように構成や振り付けを教えたのかわかりませんが限られた時間でパフォーマンスを完成させるのは個人の持つ素質にもよるとおもわれます。 以上で2回放送にわたる 35組の練習生のステージがすべて披露されました。 プロデュース101JAPAN プデュ日本 2話では、各チームとも自分の得意なポジションを活かしてそれぞれ魅力あるパフォーマンスを披露してくれましたね。 他チームとは違う趣向を凝らしたパフォーマンスであったり、新たな挑戦に会場内も盛り上がっていました。 やはりエンタテイメントを意識した聴衆を引きつけるパフォーマンスにはおもわず目が釘付けになりますね。 練習生のレベル評価のパフォーマンスには個性が感じられ思わず見入ってしまいましたね。 練習生は振り付けを覚えるのが大変そうで、トレーナー陣から厳しい指摘を受けて泣き出すメンバーもいましたね。 頭のなかではわかっていてもおもうように身体が動かないとどこに気持ちをぶつければいいのかわかりませんよね。 タイトル曲による再評価が終わると、その次にポジション評価でのバトルが待っています。 休むまもなく次から次へ課題が待ち受ける試練にどこまで食らいついてランクアップできるのか、これからの練習生の頑張りに期待したいですね! それでは最後までおつきあいいただきありがとうございました!.

次の

プロデュース101(プデュ日本)JAPAN|評価やクラス分け・順位や脱落者一覧!

プデュ japan 順位

名前 イ・ジニョク 所属事務所 TOP MEDIA 所属グループ UP10TION オプテ 、ソロ活動 Twitter ツイッター Instagram インスタグラム Youtube イジニョクのプデュX produceX101 での活躍と順位 韓国のアイドルオーディション番組プデュX produceX101 では、最終国民投票の順位は11位。 X1の11人目はXシステム 全投票の合計得票数が多い方 と決まっていた関係で、惜しくもエックスワン【X1】としてはデビューできなかったイジニョクさん。 それまでの最高順位は2位と高い右肩上がりで高い人気をキープしており、番組内でのステージもカッコ良いものが多かったです。 プデュX プエク はプデュシリーズ第4弾で 日本でもAbemaTVで配信されて多くの日本人も注目していた番組。 プデュXでは番組内で何度か順位発表が行われ、練習生の数が徐々に減っていき、最終的に11人のデビューメンバーが決定するという仕組みです。 イジニョクさんのプデュXでの順位変動はどのような感じだったのでしょうか。 プデュXの最初の登場シーンから、イジニョクさん・キムウソクさんというUP10TIONのお二人は存在感があり、韓流アイドル所見の私でも感じるくらいデビュー組の風格が漂っていました。 なんといってもイジニョクさんは手足が長く顔が小さい、憧れのスタイルです。 その見た目通り、頼もしい兄貴的な存在として練習生たちからも国民プロデューサーからも大人気だったイジニョクさん。 気になるイジニョクさんの課題曲のステージはこちらです。 f イジニョクのプデュX番組内での各ステージとランキング 曲名 チーム名 現地投票数 チーム内順位 全体順位 グループバトル BOSS イエローピンク 93 4 20 ポジション評価 ボーカル 거북선 亀甲船 タートルブラザーズ 680 1 1 コンセプト評価 Move ンージギョ SIXC 123 2 3 デビュー選抜 少年美 - - - - イジニョクさんのプデュX内のおすすめステージはこちらです。 イジニョクはポジション評価「거북선 亀甲船 」でXポジションの1位を獲得! ステージ上でとても目立つイジニョクさんですしとても迷ったのですが、プデュX番組内でイジニョクさんの兄貴としてリーダーシップを高く発揮したのはやはりこちらのステージでしょう。 ポジション評価 Xポジション でのステージで、Ja Mezz, Andup, MINOさんの「거북선 亀甲船 」。 イジニョクさんは「センター」「メインラッパー」を兼務。 リーダーではありませんでしたが、実質はリーダーとしても立ち回っていた印象です。 プデュXからポジション評価にXポジションが初導入 ポジション評価は従来のproduce101シリーズでは「ボーカル」「ラップ」「ダンス」の中から、短時間の中でそれぞれのポジション部分のみで純粋に他のグループとステージで勝負をするというものでした。 しかし、 プデュXからは「Xポジション」として、「ボーカル+ダンス」「ラップ+ダンス」などステージの難易度が高まる代わりにXポジションで優勝した練習生には大きなベネフィットが付与されるという制度が導入。 この「거북선 亀甲船 」には背水の陣の練習生や、実力が不足していて勉強の為や一発逆転を狙う練習生、海外からの練習生などが集まったというわけです。 アンPDによるプデュシリーズ投票操作疑惑があったため今となってはなんとも言えませんが、その番組内での練習生たちの涙にとても嘘偽りがあったとは思えず、感動的で悲しい。 そして練習生皆を応援しようという気持ちになる番組であったことは確かですね。 X制度ってJRとかカウンみたいな人がデビューできるような制度かと思ったら、結局またジニョクが同じような想いしてるじゃん。 意味無いだろなんだったんだこの制度。 誰もがデビューを疑わなかったメンバーが落選する悲しみからXシステムが誕生し、プデュXでは奇しくもXシステムによって同じく頼れるお兄さんキャラであるイジニョクさんが涙を呑む形になったという結果になってしまったのです。 グループバトルやポジション評価、コンセプト評価では一緒になることはありませんでしたが、誰もが認める夫婦というか見えない信頼関係で結ばれていました。 K-POPおじさんキムウソクさんはプデュXの国民投票で常に上位をキープし、最終国民投票2位で見事X1のメンバーになった実力者です。 キムウソクさんの魅力はこんなところ up10tion アップテンション という男性アイドルユニットでセンターを務めていたが、更なる高みを目指してプデュXに出場! 澄んだ独特の声で、かつ高音パートも出せるセンターとして高い才能の持ち主! 王道のアイドルといえる美しいビジュアルを誇る。 目鼻立ちがくっきりして、透明感があるその雰囲気は王子様やお姫様とも呼ばれるほど! プロアイドルと... プデュXは現在で無料で見ることが可能 プデュX produceX101 では、イジニョクさんだけでなく惜しくもエックスワン【X1】としてデビューが出来なかった練習生、エックスワン【X1】のメンバーたちの色々なエピソードが見られます。 Mnetの投票不正操作問題もあり、プデュの番組自体の世間の見方があまりよくないという風潮がありますが、プデュのストーリー通り見ていくのもまたいいもので、練習生たちの切磋琢磨する姿がとても素敵です。 時期によって一部無料だったり、期間が限定されたりと状況は変わってくると思います。 スマホの場合はアプリから。 パソコンの場合は上記のリンクからプデュシリーズを見てみてください。 エックスワン【X1】でイウンサンさんを知ったONEIT ウォニ の方は、また違った魅力を感じることが出来ると思います。 イジニョクさんが似ている芸能人や現在の活躍はどうなのでしょうか。 イジニョクが似ている芸能人・有名人・KPOPアーティストは? イジニョクさんが似ていると言われる芸能人や有名人はいるのでしょうか。 プデュJAPANの白岩瑠姫はイジニョクに似ている プデュJAPANに出演し、最終国民プロデューサー投票で6位となりジェーオーワン【JO1】としてデビューした白岩瑠姫さんが、イジニョクさんに似ているという話が出ているようです。 番組が終わった今でも、イジニョクさんとイジヌさんが素敵な関係性であることを想像すると嬉しくなりますね。 イジニョクさんはソロ活動で高い人気!歌にドラマに大活躍 プデュXでは、惜しくもエックスワン【X1】としてデビューの夢は叶わず、国民プロデューサーの中でも悲しみに暮れた方も多いと思います。 しかし、そんなイジニョクさんは惜しくもデビューできなかったメンバーの中でも最も活躍している一人といえるのではないでしょうか。 UP10TION オプテ には戻らずソロで「I Like That」でデビュー イジニョクさんは所属しているUP10TIONに所属したまま、ソロ活動をされています。 おそらく色々な事情があったのだと思います。 その中で、タイトル曲「I Like That」でデビューし高い人気を誇っているのは本当にすごいことですね。 「早く言って」「偏屈な5兄弟」「ドン・キホーテ」などの人気バラエティー番組やCM、モデル、音楽番組などにも多数出演し、「歴史ドル」や「クリーンドル」という愛称もついているんだとか。 すでにソロデビュー100日。 今後も大活躍されると思いますが、同じくプデュX出身の練習生とコラボをしてほしいなと思うのは私だけでしょうか。 その日が来るのが楽しみです。 俳優として「その男の記憶法」でドラマデビュー ドラマ自体にハマってきた。 面白い。 過剰記憶症候群で365日8760時間の過ごした時をすべて覚えてしまう「国民の次世代ニュースキャスター」と、過去を忘れて生きる「ロマンスクイーン」と言われるトップ女優との恋愛を描いたドラマのようで、イジニョクさんの役割は報道局のメンバーとのこと。 イジニョクさんの魅力や人気の理由まとめ• 長い手足、高身長、小顔という抜群のスタイルと柔軟性・動きのキレから表現されるダンスの迫力は圧巻。 動画越しにも伝わってくるその頼もしく優しい人柄で、応援したくなるキャラクター。 ステージ上での輝きだけでなく、ソロ活動からバラエティやドラマなど幅広く活躍できるマルチなタレント性。 プデュX視聴者の中では、イジニョクさんを応援している人がとても多いはずですし、今後も今の勢いでどんどん人気になっていってほしいですね。 エックスワン【X1】のメンバーだけでなく、プデュX出身のメンバーとの今後のコラボや、またラッパーとしてグループで活躍する日も楽しみです。

次の