プラレール博。 【大阪】プラレール博2019|トーマス好き必見!会場の様子、料金、イベント限定商品など

速報!プラレール博2018 in Tokyoに行ってきました!

プラレール博

概要 [ ] 「青い製のの上を、単2または単3乾電池1本で走る3両編成の」が製品の基本構成である。 ただし、3両編成に当てはまらないものも発売されている。 製品は主に「鉄道が好きな15歳までの」を対象として作られているが、生産が長期にわたるためのファンも多数存在しており、市販されていないマニアックな車種を製品化したが発売されたこともある。 プラレールの特徴である「単2電池で走る3両編成」は「プラ電動汽車」から確立され 、初期まで受け継がれた。 からシリーズの見直しとして「電動電車」と「電動ひかり号」を除く車両は絶版となり、「快速電車」「プラレール特急」「D51急行列車」が加わった。 この年は「D51貨物列車」「EF15電気機関車」は廃止にならなかったため、「モーターなし」と「フリーデザイン」の設定は全廃された。 その後、サウンドやギミックを装備した車種は以降数多く発売されることとなる。 トミカと同じく製品の品番入れ替えが不定期に行われており、音・ライト・などギミックを搭載した車両もある。 関係では「」シリーズや「」シリーズ、完全オリジナルである「」シリーズ、実在の新幹線車両がロボットに変形する「」シリーズなども展開されている。 「プラレール博」というイベントが「」と同様に主要都市で開催されており、こちらはイベント記念品などが発売されたり、会場で遊ぶことができる。 プラレールは、実際の鉄道現場で運行トラブル対処などの訓練用に用いられる場合もあり 、タカラトミーが発行しているで紹介されたことがある。 ではにの運転士見習いの研修用に導入し、からは乗務員の訓練にも取り入れられた。 JR東海特注の地上信号機の模型も存在する。 もにプラレールを導入している。 に60周年を迎えた。 沿革 [ ] 電動プラ汽車セット(1961年)• - 「ハイウェーセット」の車両を連結式の列車にし、プラレールの元祖となる、手転がし式の「 プラスチック汽車レールセット」が発売される。 - 初の電動式である、「 電動プラ汽車セット」発売。 この時早くも、前述した定義による編成となった。 - 開業により、「 夢の超特急ひかり号」発売。 なおこの当時は、車体色が赤と白の2色だった。 - を模した「 電動プラ電車」発売。 この商品は改良を重ねながら1994年まで継続販売される。 - を模した「 プラレールとっきゅう」発売。 中間車は「電動超特急ひかり号」の流用だった。 - を模した「 ちんちん電車」発売。 プラレール史上初の2両編成車両。 走行中に「チンチン」と音がなるギミック付き。 - 「 C12ロータリーじょせつ車」発売。 わずか1年の短命商品だったが、40周年を迎えた1999年に復刻された。 - を模した「 東海型急行電車」発売。 限定品もあり実際の車両と同様カラーバリエーションも豊富。 令和元年12月をもって生産を終了した。 - を模した「 地下鉄電車」発売。 この商品は改良を重ねながら、後年は「地下鉄電車」に改称され2004年まで継続販売される。 - を模した「 L特急」発売。 2018年まで発売されていた。 また、セットのみの販売などで実際の車両と同様カラーバリエーションが多い。 - を模した「 C12蒸気機関車」発売。 「C12ロータリーじょせつ車」から機関車だけが単品販売されたものであり、現在も発売されている。 - 「 ブルートレイン」発売。 牽引機の変更などの改良を加えられながら販売されていた。 1979年 - をライト付き車両に模した「 ライト付きひかり号」発売。 ヘッドライトを点灯しながら走行するプラレールの始祖。 - 「 おどり子号」、「 新幹線リレー号」、「 通勤特急」発売。 「おどり子号」と「リレー号」は当時最新鋭のを、「通勤特急」はを模したものだったが、すべて前述の「東海型急行」の型を使用しており、あまりにも実際の車両とかけ離れていたため不評で、短命に終わる。 「通勤特急」は関西地区限定で販売されており、地域限定車種の元祖といえる。 - を模した「通勤電車」発売。 初期製品は二段窓だった。 1985年 - を模した「ニュー新幹線」発売。 当時の大ヒット商品となる。 - 「ニュー新幹線」を改良した「2スピード新幹線」発売。 この商品よりスイッチが屋根につき現在の手転がし機構付動力となる。 - 「」シリーズ発売。 継続して発売される。 - 派生型製品「」のシリーズ展開が開始。 2001年版までトミカ・プラレールカタログに掲載された。 - 10月14日を「 プラレールの日」に制定。 これを記念してを模した「 特別限定復刻版ちんちんでんしゃ」発売。 以後毎年10月14日には限定復刻版が発売されるようになる。 - トミー運営の「プラレール」が発足。 後に「トミプラクラブ」に統合。 - プラレール40周年。 各地でイベントが開催され、さまざまな限定復刻版商品が発売される。 - 小型を搭載した「 TVで遊ぼう! 僕はプラレール運転手」発売。 車両は・ドクターイエローを採用。 - プラレール史上初の懸垂式モノレールがセットされた「 タイムステーションD51」発売。 2001年 - ハイパワーモーターを搭載した「 金太郎」と「 桃太郎」発売。 以降長大編成の組成できるセットが発売されるようになる。 - 寝台特急をモデルとした、プラレールの常識を覆す7両編成の「 いっぱいつなごうブルートレインセット」発売。 - 「 サウンドプラレール」シリーズ発売。 特に「 サウンドC62重連セット」はその車両完成度の高さと実際の車両から録音された音を使用したことで人気になった。 をモデルにした長さ85cm、高さ27cmという類を見ない大きさの大鉄橋がメイン。 付属するマリンライナーのクオリティが向上。 - 自由自在に曲げて使える「 まがレール」発売。 それまでは基本的に直線と曲線レールのみだったが、まがレールの登場でレールの拡張性が高まった。 - 「 京浜東北線スペシャルセット」 「 〔Green mover max〕」発売。 より N700系が発売。 路面電車シリーズが発売。 特殊な連結器により連接構造を再現。 - 「 常磐線スペシャルセット」「 S-32ドア開閉山手線」発売。 また阪急電鉄よりも発売。 - 開館を記念し、鉄道博物館に展示されている車両を製品化した「 鉄道博物館開館記念スペシャルセット」と「 C57 135号機 鉄道博物館仕様」を発売。 鉄道博物館オリジナル埼京線205系を発売。 - JR雪国列車スペシャルセット、地下の駅、地下直線レール、高架直線レール、高架曲線レールを発売。 地下レールの発売により、地下線の風景を再現できるようになり、高架レールの発売での風景を再現できるようになった。 - プラレール50周年。 50周年を記念し、「アーチ橋とレールセット」を発売。 絶版となっていたアーチ橋が復活。 セットに含まれるC12は新規金型によるものとなった。 また、同じく50周年であったとのが登場した。 - 既存のレールで2台の車両が走れるハーフサイズの「」を発売。 - 玩具カテゴリ初となる認定商品である「エコ直線レール、エコ曲線レール」を発売。 レールカラーは通常のブルーではなく、エコをイメージしたグリーン。 - プラレール55周年。 4月1日 - の改正に伴い、プラレールの線路の青色が商標出願された。 「」シリーズの展開開始。 2015年 - 「いっぱいつなごう 」発売。 - 「ライト付500 TYPE EVA」発売。 - のループ部分を模した情景が入った「トミカとならんで走ろう!ダブルループ橋レールセット」が発売。 - クルーズトレインDXシリーズとして「」が発売。 プラレール初の車内灯が点くギミックを搭載した。 - プラレール60周年。 60周年を記念して「P001系レッドフライナー」が発売。 その他車両単品などの発売は下記のなどを参照。 製品 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年11月) 車両 [ ] 車体の材質は主に・などの()であり、車軸や電気接点など一部にが用いられている。 1車両あたりの全幅は約40 mm、全高は約50 mmほどである。 これにより、手に取りやすい大きさでありながら、小さな半径の曲線や急な坂を走行することが可能となっている。 車両は一部の例外 を除いて、2本の車軸を持つである。 車輪は単純な円盤形状であるが、レール側が溝状になっているため、することなく走行する。 また車両の端部に装備されたによって、他の車両を連結し牽引することができる。 基本的には、マグネット式の連結器だが、やなどは、専用連結仕様になっている。 以前には、スティックで2車両をつなぐ仕様もあった。 プラレールの車両は先頭車・中間車・後尾車の3両編成が基本である。 このうち、動力で自走するのは主に先頭車であり、他の車両はこれに牽かれて走行する(一部、中間動力車がある)。 先頭車の内部には乾電池 を搭載するスペースと、・・などの部品からなる動力装置があり、乾電池を所定の向きに搭載しスイッチを入れるとモーターが回転し、ギアを介して車輪が駆動される。 スイッチには電流のオンオフだけでなくギアを移動させる機能も備わっており、スイッチを切ると手で車両を動かせる。 初期型は、スイッチが前面下部にあり、手ころがしができなかった。 「おうふくプラレール」などのギミックがある車両も多く存在した。 ボックスの素材は初期は金属製、後期はプラスチック製だった。 旧メカボックスの動力車は、フック型のボディカバーで、電池交換を行いやすかった。 しかし、ギアの音がうるさいという欠点がある。 スイッチは、前面下部分から屋根中央あたりに変更されている。 使用電池は、単2電池、または単3電池。 新メカボックスの動力車は、電池の誤飲防止のためにねじ止め式になり、笛コンやマスコンシャーシに乗せ換えができる「のせかえシャーシ」となった。 また、旧メカボックスの欠点であるギア音はかなり小さくなっている。 さらになどの、旧メカボックスでは1スピードだった車両も、大半が2スピードに改良されている。 使用電池は、すべて単3電池に変更され、スイッチも屋根中央部から屋根後方部に変更されている。 中間車および後尾車においては、内部に何も搭載されていないのがほとんどだが、サウンド車やプラキッズ搭載車、ドア開閉車がある中間車や、連結機能や無電源発光がある後尾車もある。 また、以前には、リモコン操作用の車両や、動力のついた中間動力車もあった。 車両は新幹線車両やJR・私鉄の特急型車両、通勤型車両、機関車・客車・貨車などの実在する車両を模したものがメインである。 車種によっては鉄道会社の委託などによって特定の場所、イベントでしか販売されない限定品も存在する。 このほか、「」「」といった、鉄道車両をモチーフにしたキャラクターを再現したもの、オリジナルデザインの架空車両「」など、数多くの製品が販売されている。 いずれも一定期間生産、販売されたあとはカタログ落ちし絶版となるが、塗装などのクオリティが向上されて特定のセットやイベント限定品として復刻販売される例もある。 レール [ ] プラレールのレール部品は発売当初から基本的な設計は変わらず、過去のレール部品と現行のレール部品でもほぼ問題なく接続できる。 一部の例外を除き、端面から見るとアルファベットの H を3つ並べたような、上下対称のな形状である(一部、リバーシブル不可の物もある)。 接続面は 凸 と 凹 の形をしており、小さな子供でも苦労せずに接続できる工夫がされている。 と専用レールは一部の限定セットにも含まれている。 基本となるレール部品は曲線レールと直線レールで、一部の例外を除きほぼすべてのレール、情景部品がこのレール部品を基本としている。 ターンアウトレールがそのもっともたる例で、直線レールと曲線レールを合わせた形になっている。 近年では、レバーを上げるだけで車両を止めることのできるレールや、自由に曲げることができるレール、自動的に切り換わるポイントなども登場している。 大曲線レールは発売終了となった。 また、には急な勾配を持つ「橋レール」があったものの、初期の手転がし車両用として作られたレールのため、電動車は降りる方向のみしか通過することができなかった。 また、レールの接続方向を変えるためのジョイント、凸型の部分を2つ繋げた鼓型のジョイント等も存在し、旧版の転車台(大型転車台)に付属していた。 レールの材質は主になどの軟質プラスチックを使用しており、子供が手荒く扱っても壊れにくいものとなっている。 ただし例外として、「坂レール」や「坂曲線レール」、「まがレール」など一部に材質の異なるものがあり、これらは他のレールに比べ比較的割れやすい。 末以降に生産されているレールには車輪との接地面に細かいギザギザが入っているが、初期に発売されたレールにはギザギザが無く、ツルツルで車輪が空回りしたりすることがあった。 ツルツルからザラザラを施した時期を経て現在のギザギザへと変わり、後輪のゴムとレールのギザギザを噛み合せることでしっかりと走らせることができる。 レールの色は青が基本であるが、ハローキティドリームトレインセットのピンク色など、一部セット品には他の色のレールも存在する。 なお、かつて限定で赤・緑・黄・白のレールが売られていたほか、プラレール博など各種イベントでスケルトンや各種カラーレールが売られている例や、には、チャギントンシリーズの「ココとヴィーのカラフルまがレールセット」(まがレール)、「ブルースターのアクション時計台」(曲線レール)などがあり、緑色のエコ直線・曲線レールなど例外も少なくない。 この節のが望まれています。 情景部品 [ ] レール部品の規格を基本に、プラレールの世界にも実物と同様、・・・・などの建造物を模倣した情景部品が存在する。 車両の動きに合わせて遮断機が下り、音が鳴り、車両が止まるものもあり、プラレールの世界を彩っている。 情景部品の多くは単品で発売されているが、・などの一部の情景部品はセット売りのみの場合が多い。 とのコラボレーションを考慮して、道路モジュールを組み合わせたセット商品も発売されている。 特には、プラレールと同様に乾電池で自走するモータートミカや道路部品、信号機などと組み合わせて遊べる商品であるが、同シリーズは以降絶版となっている。 車両のない大型情景セットも存在し、「日本全国」などがある。 ステーション系大型情景部品は単体発売されることもあり、「おおきなドームステーション」、「・ナップフォードステーション」などのように、レールセットも併売される。 その他、限定など小売店が企画したセットもある。 かつては多彩な情景部品が発売され、歩道橋や回転広告、灯台付きトンネル、牧場、ブロック式の建物、モノレールなどが発売されていた。 一部の鉄橋やトンネルには、の製品をプラレール用に流用したものが存在した。 自動車 [ ] 過去にはプラレールと互換性を持つ自動車もセット品や単品として存在していた。 ハイウェーセット 初めて青いレールが使われた商品。 ミニカーは木製。 床とロード(レール)を繋ぐためのスロープロードが附属している。 プラ電動ハイウェイバス プラレールの車輌と同じ造りで造られたバス。 青いレールの上を走らせて遊ぶ。 ハイウェイ 1970年代にプラレールのセット商品として展開された商品。 初めて専用のロード部品が用意された。 「プラハイウェイ」の名前で単体販売もされた。 ミニカーの精巧さは2000年代の「プラロード」に類似する。 初めに販売された「全自動ふみきりセット」はハイウェイの名を冠していない。 プラロード(1980年代) 販売以前に展開されていた商品(これ以降では「旧プラロード」と表記する)。 に近い大きさの電動ミニカーが専用の道路部品を自動走行する構成となっており、単品販売もされていた。 1997年に「モータートミカ」に名称変更。 情景ロード部品にはトミカタウンと繋げられる凹凸が用意されており、連繋が考慮されていた。 大きな変更点は橋脚がプラレール対応のブロックに変更されたことで、プラレールと混ぜて遊ぶことがより容易になった。 同シリーズは以降に完全絶版となった。 これらのブランドはいずれも動力は単五電池を使用していた。 単品販売もされた。 その時の商品を以下に掲載する。 D-01 直線どうろ• D-03 曲線どうろ• D-04 坂どうろ• D-05 どうろ橋脚 長さはプラレールと同じである。 なお、新プラロード以前は通常のプラレールの線路を道路として走る物などが試みられており、「はじめてプラレール」などが例であったが、こちらも現在は絶版、または商品展開をしていない。 この節のが望まれています。 トミカタウン 2008年にの一部の部品の寸法が変更されたり、一緒に遊べる情景レールが販売されるなど、プラレールとの連繋が強化された。 トミカシステム 2015年からトミカブランドより販売されている製品。 橋脚の高さがプラレールと同じで、繋ぎ目も互換性がある。 デカプラレールタウン [ ] 実在の列車や車両などをモチーフにしながら、実際には有り得ない、巨大な縮尺で作られたモデル。 ボディを展開させ、レールを連結し、通常サイズのプラレールを内部に引き込む「ステーション」へと変形する。 「デカプラレールタウン」と銘打ったブランド名で発売されたのは2008年発売の「N700系新幹線ステーション」からであるが、その基本構造は1994年発売の「未来特急のぞみ号」でほぼ完成している。 「未来特急のぞみ号」• 「ビッグつばさ号」• 「ビッグトーマス」• 「タイムステーションD51」• 「超デカ500系のぞみ号」• 「N700系新幹線ステーション」• 「新幹線メガトレーラー」• 「D51レールステーション」• 「新幹線変形!メガデカE6系ステーション」• 「あそべるエンジン! ビッグトーマス」• 「基地に変形!!超ビッグドクターイエローセット」 それぞれにも成型色違いなどのバージョンが存在する。 プラキッズ [ ] プラレールの「人形あそび」とトミカタウンの人形を併合し再構成して双方同じデザインに統一した、プラレールやトミカと一緒に遊ぶことのできる樹脂製の人形。 「プラキッズ駅セット」、「プラキッズふみきりセット」から登場。 トミカにおいても、マグナムレスキューシリーズから採用された。 基本的な形は変わらないものの、細かなディティールは絶えず変化しており、僅かずつ進化している。 頭、腕、足の3箇所が可動する。 腕と足は左右繋がっており、別々には動かせない。 ロングスカートや着物姿、手の平が下向き、片手または両手に工具を持っているなど、使い方が限定されるデザインの人形も多い。 遊び方は、駅構内などに立たせたり、対応に乗せたりといったものがある。 プラキッズは基本的にセットに附属する形で売られており、単品での販売はあまり見られない。 傾向としては「プラキッズ」と銘打った情景部品や車両単体(限定販売を含む)、「いっぱいつなごう」系統の車両セットに同梱される場合が多い。 また、実在する鉄道や駅の販促用として製作されたり、ゲームセンターのプライズ品等のレアなデザインのプラキッズも存在する。 他の玩具に比べて、女性型プラキッズ(新幹線パーサーや女性客など)が比較的多くリリースされているのは、プラレール「人形あそび」シリーズのコンセプトであった「人形で遊ぶ女児ユーザーを取り込む事」を継承しているためである。 トミカわいわいDVDでは実際に売ってない撮影用のオリジナルプラキッズが存在するが、当時の限定版にはレギュラープラキッズの「タットンくん」や「コウジくん」が当時販売した。 プラキッズ以前の人形 [ ] プラレールファミリー 単品販売の他、セットへの附属もされた。 人形対応の車輌や情景レールが販売された。 プラレールタウン 建物と人形のセット商品。 プラレールファミリーからの変更点は、手を動かせるようになったこと。 人形あそび 両手両足を別々に動かせる。 人形対応の車輌や情景レール、デカプラレールタウンが販売された。 プラレール車両一覧 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年7月) 株式会社タカラトミーから発売されているプラレールの車両一覧である。 旧トミー時代に発売された商品にはナンバリングがされていない(後述)。 現行製品 [ ] 頃からナンバリングされている。 新幹線、編成車両にはS、ナンバーが1の場合S-01とナンバリングされる。 同様に1両編成(KFシリーズ)はKF-01となる。 さらに、キャラクターシリーズ(SCシリーズ)はSC-01となる。 車両編成・単品シリーズ [ ]• S-01 ライト付• S-02 ライト付• S-03 (仕様)• S-04 ライト付・• S-05 ライト付• S-06 (連結仕様)• S-07 ライト付T4編成• S-08 (連結仕様)• S-09 2000番代(連結仕様) - 2019年10月発売• S-10 Max(連結仕様)• S-11 サウンド• S-12 ライト付922形T3編成• S-13 - 2015年6月発売• S-14 (連結仕様)• S-15 (専用連結仕様) - 2019年9月発売• S-16 レールで速度チェンジ!! E5系新幹線はやぶさ• S-17 レールで速度チェンジ!! 超電導リニアL0系• S-18 - 2016年2月発売• S-19 Laview(ラビュー) - 2019年4月発売• S-20 (ザ・ロイヤルエクスプレス) - 2018年7月発売• S-21 - 2016年2月発売• S-22 - 2018年2月発売• S-23 - 2016年8月発売• S-24 パンダ「Smileアドベンチャートレイン」(専用連結仕様)- 2018年5月発売• S-25 金太郎 - 2017年2月発売• S-26 桃太郎 - 2017年2月発売• S-27 E235 系横須賀線 - 2020年8月発売• S-28 ライト付 200号機蒸気機関車• S-29 ライト付 20号機蒸気機関車• S-30 - 2015年2月発売• S-31 E233系湘南色 - 2015年6月発売• S-32 ドア開閉 - 2020年4月発売• S-32 ドア開閉山手線• S-33 E233系 - 2015年2月発売• S-34 自動車運搬列車 - 2020年1月発売• S-35 - 2015年10月発売• S-36 (専用連結仕様)- 2018年4月発売• S-37 - 2020年3月発売• S-38 160号機• S-39 WEST EXPRESS ウエストエクスプレス 銀河-2020年8月発売• S-40 富士山ビュー特急 - 2017年7月発売• S-42 サウンド - 2017年3月発売• S-43 サウンド近郊電車 - 2015年2月発売• S-44 ライト付 - 2020年4月発売• S-45 - 2017年3月発売• S-46• S-48 - 2015年10月発売• S-49 サウンドE231系• S-50 常磐線 - 2015年2月発売• S-51 SL大樹 - 2018年8月発売• S-52 小田急• S-53• S-54 - 2016年2月発売• S-55 ミュースカイ• S-56 - 2017年8月発売• S-57 特急 - 2016年12月発売• S-58 ライト付 - 2019年10月発売• S-59 電車 きかんしゃトーマス号 - 2015年10月発売• S-60 電気機関車 いっぱいつなごうシリーズ [ ]• 700系のぞみセット• 700系ひかりレールスターセット• EF200とタンク車セット• 寝台車セット• 新800系新幹線6両編成セット• トミカ搭載貨車セット• ブルートレインセット• E235系山手線• 新幹線試験車両ALFA-X(E926形・アルファエックス) 連結セット ダブルセット [ ]• 6両編成セット - 引退時のカラー・さよなら運転と同じ6両編成。 【発売終了】• N700系R編成レインボー - 「・」デビュー時の「祝!九州!」CMに使用されたレインボーラッピングバージョンの車両 - 2011年7月発売【発売終了】• 日光号 - かつて成田エクスプレス(N'EX)に使われていた253系をリニューアルした車両【発売終了】 ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ [ ]• - 2012年7月発売【発売終了】• さよなら運転仕様 - 2012年9月発売【発売終了】• 北斗星 - 2013年2月発売【発売終了】• 旭山動物園号5両編成セット - 2013年3月発売【発売終了】• みどりの山手線 - 2013年4月発売【発売終了】• 埼京線 - 2013年10月発売【発売終了】• きかんしゃパーシー号 2013 - 2013年12月発売【発売終了】• E231系リラックマ みどりの山手線 ラッピングトレイン - 2013年12月発売【発売終了】• E233系横浜線 - 2014年3月発売【発売終了】• 大井川鉄道きかんしゃトーマス号 - 2014年9月発売【発売終了】• とれいゆ - 2014年12月発売【発売終了】• E233系南武線 - 2015年3月発売【発売終了】• ドア開閉E231系500番台 - 2015年7月発売【発売終了】• 日光詣スペーシア - 2015年12月発売【発売終了】• - 2017年2月発売【発売終了】• 特別な「トワイライトクスプレス」 - 2017年4月発売【発売終了】• 大井川鉄道きかんしゃジェームス号 - 2017年5月発売【発売終了】• ライト付東京メトロ銀座線 1000系 - 2017年11月発売【発売終了】• 熊本電鉄01形ラッピング電車(くまモンバージョン) - 2018年1月発売【発売終了】• E233系横浜線 - 2018年3月発売【発売終了】• 400系新幹線つばさ(連結仕様) - 2018年8月発売• 近鉄アーバンライナーnext - 2018年9月発売• 東武鉄道70000系 - 2018年10月発売• 東京メトロ半蔵門線08系 - 2019年6月発売• 京阪電車10000系 - 2019年6月発売• ノスタルジックTOKYO 0系新幹線 - 2020年6月発売• ありがとう東海道新幹線700系 - 2020年6月発売• エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ - 2020年夏発売予定 クルーズトレインDXシリーズ [ ]• - 2018年2月発売• - 2020年6月発売 1両シリーズ(動力車・貨車・中間車など) [ ]• KF-01• KF-02 JR四国「鉄道ホビートレイン」プラレール号 - 2017年12月発売• KF-03 家畜運搬車(豚4匹付)• KF-04 叡山電車 「ひえい」 - 2018年10月発売• KF-05• KF-06• KF-07 レール運搬車 - 2020年6月発売• KF-08 ソ80形大型操重車• KF-09 タンク車 2020年6月に製油所を追加してリニューアル• KF-10 トミカ搭載貨車 2020年6月に色替え品が登場、黄色の成型色のダミーカー付属) キャラクターラッピング車両 [ ] 鉄道会社とキャラクターがコラボした車両。 ナンバリングは、SC• SC-01 &列車• SC-02 ウィズユートレイン• SC-03 スマイルトレイン• SC-04 ランド号• SC-06 トラム• SC-07 新幹線• SC-08 東武50050型クレヨンしんちゃんラッピングトレイン• SC-09 東京メトロ銀座線「くまもんラッピング電車」• SC-10 京阪電車10000系機関車トーマス号2015• JR九州 Waku Waku Trip 新幹線• 前後進させるとライトの色が変わり、前進させると黄色に、後進させると赤色にそれぞれ点灯する。 ライト付き車両の後尾車両をこのテコロジーシリーズに替えると、Wライトシステムとなり、前後のライトを点灯させながら走行させることができる。 ナンバリングはTPを用いる。 TP-01 - 2011年3月発売• TP-02 - 2011年3月発売• TP-03 ・ - 2011年3月発売• TP-04 923形 - 2011年3月発売• TP-05-1 - 2011年3月発売• TP-05-2 - 2013年3月発売• TP-06-1 500番台 - 2011年3月発売• TP-06-2 - 2014年3月発売• TP-07 - 2012年4月発売• TP-08 - 2012年4月発売• TP-09 700系新幹線 - 2012年4月発売• TP-10 700系新幹線 - 2012年4月発売• - 2016年3月発売 プラレールハイパーシリーズ [ ]• エクスガイナー• グランドガイナー• ダブルライナー• マスターライナー• パトライナー• パトライナー02• ドリルライナー• シールドライナー• ファイアーライナー• アンビュライナー• トランスライナー• カーゴライナー• メカドックライナー シンカリオンシリーズ [ ]• DXS01 シンカリオン E5はやぶさ• DXS02 シンカリオン E6こまち• DXS03 シンカリオン E7かがやき• DXS04 シンカリオン E3つばさ• DXS05 シンカリオン N700Aのぞみ• DXS06 シンカリオン H5はやぶさ• DXS07 シンカリオン 800つばめ• DXS08 ブラックシンカリオン• DXS09 シンカリオン 500こだま• DXS10 シンカリオン トリニティー3両合体セット• DXS11 シンカリオン ドクターイエロー• DXS12 シンカリオン E3つばさ アイアンウイング• DXS13 シンカリオン ブラックシンカリオン紅• DXS102 シンカリオン 923ドクターイエロー• DXS103 シンカリオンブラックシンカリオンオーガ• DXS104 シンカリオンアルファエックス プラレールトーマスシリーズ [ ] 車両以外に情景部品も展開されており、一般のプラレールと一緒に遊ぶことができる。 なお、初期に発売されたシリーズはモーターの出力が小さいものを使っているため、一部のレール部品で立ち往生する可能性がある。 現在発売されているものは、一般のプラレール車と同じモーターを使っているので、支障はない。 トーマスの頭文字をとってナンバリングにはTを用いる。 春以降、大幅に商品のラインナップが見直された。 超音波式噴霧装置を内蔵した「蒸気がシュッシュッ!トーマスセット」は2017年3月30日に発売 、開発の様子は同年3月8日に総合で放送された『』で取り上げられた。 (現行)でのラインナップ• TS-01 きかんしゃトーマス - 2012年6月発売、2018年6月リニューアル• TS-02 エドワード - 2012年6月発売、2018年10月リニューアル• TS-03 ヘンリー - 2012年6月発売、2018年10月リニューアル• TS-04 ゴードン - 2012年6月発売、2015年4月リニューアル• TS-05 ジェームス - 2012年6月発売、2014年7月リニューアル• TS-06 パーシー - 2012年6月発売、2018年6月リニューアル• TS-07 ヒロ - 2012年6月発売• TS-08-1 ベル - 2012年6月発売• TS-08-2 レベッカ - 2019年6月発売• TS-09 ディーゼル10 - 2012年6月発売• TS-10 スペンサー - 2012年6月発売• TS-11 トビー - 2012年7月発売• TS-12 ロージー - 2012年7月発売、2018年8月リニューアル• TS-13 エミリー - 2012年7月発売• TS-14-1 スタンリー - 2012年7月発売• TS-14-2 ハーヴィー - 2014年4月発売• TS-15-1 メイビス - 2012年7月発売• TS-15-2 スティーブン - 2014年4月発売• TS-16-1 ダッシュ - 2012年7月発売• TS-16-2 コナー - 2014年4月発売• TS-18-1 ビクター - 2012年9月発売• TS-18-3 ヨンバオ - 2019年3月発売• TS-19 消防車フリン - 2013年2月発売• TS-20-1 ルーク - 2013年3月発売• TS-20-2 流線型トーマス• TS-21 シューティングスターゴードン• TS-23 アシマ - 2018年6月発売• TS-24 ケイトリン - 2018年6月発売• 番号無し ロレンツォ&ベッペ - 2020年3月発売• 番号無し ジーナ - 2020年3月発売 おしゃべりトーマス• OT-01 おしゃべりトーマス• OT-02 おしゃべりパーシー• OT-03 おしゃべりジェームス• OT-04 おしゃべりヒロ• OT-05 おしゃべりゴードン 以前のラインナップ• T-01 きかんしゃトーマス• T-02 エドワード• T-03 ヘンリー• T-04 ゴードン• T-05 ジェームス• T-06 パーシー• T-07 トビー• T-08 ダック• T-09 ドナルド• T-10 オリバー• T-11 ディーゼル• T-12 ボコ• T-13 ベン• T-14-1 ステップニー• T-14-2 ヒロ• T-15 メイビス• T-16 ハーヴィー• T-17 ソルティー• T-18 ディーゼル10• T-19 レディー• T-21 スペンサー• T-22 マードック• T-23 アーサー• T-24 きかんしゃトーマスとジェットエンジン• T-25 スカーロイ• T-26-1 ラスティー• T-26-2 ダッシュ• T-27 デニス• T-28-1 ネビル• T-29 モリー• T-30 マイティマック• T-31 ロージー• T-32 ダンカン• T-33 サー・ハンデル• T-34-1 はたらきばちジェームス• T-34-2 スタンリー• T-35 フレディー• T-36 エミリー おしゃべりシリーズ• おしゃべりトーマス• おしゃべりヘンリー• おしゃべりゴードン• おしゃべりジェームス• おしゃべりパーシー• おしゃべりトビー• おしゃべりディーゼル10 もっとおしゃべりシリーズ• もっとおしゃべりトーマスセット• TT-01 もっとおしゃべりパーシー• TT-02 もっとおしゃべりゴードン• TT-03 もっとおしゃべりジェームス• TT-04 もっとおしゃべりエドワード• TT-05 もっとおしゃべりヘンリー 付属車両・キャラクター• ダグラス• バッシュ• マーリン• アニー• クララベル• ヘンリエッタ• オールド・スローコーチ• いたずら貨車・いじわる貨車• トード• スクラフィー• テレンス• トレバー• キャロライン• サンパー• ケビン• ウィンストン• ハロルド• クランキー• バルストロード• ボルダー• ジェレミー• オーエン チャギントンシリーズ [ ] シリーズ同様、車両以外に情景部品も展開されている。 一般のプラレールと一緒に遊ぶことができる。 ナンバリングにはCSを用いる。 2017年で休止となった。 CS-01 ウィルソン - 2012年7月発売• CS-02 ココ - 2012年7月発売• CS-03 ブルースター - 2012年7月発売• CS-04-1 ダンバー - 2012年7月発売• CS-04-2 ハンゾー - 2014年7月発売• CS-05 ハリソン - 2012年7月発売• CS-06 フロスティーニ - 2012年7月発売• CS-07 エメリー - 2012年10月発売• CS-08-1 ムタンボ - 2012年10月発売• CS-09 ピート - 2012年10月発売• CS-10 アクションチャガー - 2012年10月発売• CS-11-1 チャッツワース - 2012年10月発売• CS-11-2 ジャックマン - 2015年3月発売• CS-12-1 キャリー - 2012年10月発売• CS-12-2 ザック - 2015年3月発売 付属車両• ホッジ• ゼフィー テコロジーシリーズ• TPC-01 ウィルソン - 2012年9月発売• TPC-02 ココ - 2012年9月発売• TPC-03 ブルースター - 2012年9月発売 限定・絶版車両 [ ] かつて発売されていた商品は「L特急」「電車」などのように車両形式を明示しない商品名で発売されていたものがほとんどであるため、以下の車両形式は必ずしも商品のプロトタイプとは一致しない場合がある。 新幹線 [ ]• - 300系開発以前にJR東海が公開したモックアップ「スーパーひかりモデル」(後の「300系のぞみ」だがフォルムは大きく異なる)がベース。 1997年【発売終了】• - アーリーデザインや実験車両をベースにアレンジし、3両編成で発売されたオリジナルの車両。 1998年【発売終了】• 超特急ひかり号 - 原色と赤白塗装(後述)の2種類・新動力の復刻版が発売された。 1971年 - 1973年、1999年復刻版・親子で遊ぼう!! 新幹線セットの一つ。 【発売終了】• ちょうとっきゅう ひかりごう - 箱を改修したもの。 赤白塗装から原色の青白塗装に変更された。 【発売終了】• ニューひかり号 - 金型が改修され、光前灯が赤色から青色に変更された。 通称"青鼻ひかり号"【発売終了】• ライト付きひかり号 - 通常品。 青鼻ひかり号の光前灯をライト付きにしたもの。 1979年発売【発売終了】• フレッシュグリーン - 新幹線こだまセット。 2002年発売【発売終了】• フレッシュグリーン - 3両編成。 JR西日本スペシャルセット2(2000番台車体)。 2007年【発売終了】• フレッシュグリーン - 6両編成。 さよなら0系新幹線フレッシュグリーンセット(2000番台車体)。 2008年【発売終了】• 原色、さよなら仕様 - 東海道新幹線開業40周年記念スペシャルセット(2000番台車体)。 2004年【販売終了】• 原色、5両編成 - R61編成。 ビュッフェ車などが追加された。 ありがとう夢の超特急新幹線ひかり号セット(2000番台車体)。 2008年【発売終了】• 赤白塗装 - 手転がし4両の最初期型・旧動力の初期型と後期型が発売された。 初期型の専用箱は0系ではあるが、車体は試作車をモデルにしている。 1964年発売。 1970年代前半【発売終了】• 原色、6両編成 - ぼくもだいすき!臨時列車シリーズ(2000番台車体)。 2010年【発売終了】• 原色、JRマーク付き - 現行品。 プラレール博の売店で毎年発売される(2000番台車体)。 原色 - ライト付き(0番台車体)。 ライト付き0系新幹線と東京駅セット。 2014年。 - 通常品。 ライト付き【発売終了】• (・) - 通常品。 2000年【発売終了】• - 通常品【発売終了】• 200系新幹線 - 先頭側に連結器がついている。 JR東日本新幹線アニバーサリーセット• - 2000番台がモデル。 中間車は2階建てと平屋の2種類がある。 2階建て中間車はイベントなどで販売されるが、平屋中間車は発売を終了している。 通常品【発売終了】• - 「ニュー新幹線」と「2スピード新幹線」の名で販売。 SNマークがある初期型。 旧動力・ライト付き、新動力・2スピード、通常品【発売終了】• さよなら仕様 - 東海道新幹線開業40周年記念スペシャルセット【発売終了】• - 「2スピードのぞみ」の名で販売。 通常品【発売終了】• 音声指令のぞみ号• 銀ピカ300系のぞみ号 - トミプラクラブ限定配布品• - 通常品【発売終了】• 500系新幹線 - ライト付き TYPE EVA【発売終了】• () - 東海道新幹線開業40周年記念スペシャルセット【発売終了】• 700系新幹線B編成 - JR西日本所属。 『JR700』の文字入り・パンタグラフカバーが白色。 ・などの一部販路でのセット販売品に見られた。 【発売終了】• 700系新幹線 - サウンド車。 リモコンで操作する。 ライト付き。 【発売終了】• 700系新幹線 - 現行品はライト付き。 700系新幹線 - 通常品【発売終了】• ひかりレールスター - 通常品【発売終了】• ひかりレールスター - ライト付き。 現行品。 - 現行品。 サウンド車。 Z0編成 - JR東海N700系量産先行試作車Z0編成(限定品)- 日車夢工房【発売終了】• X77編成 - JR東海N700系改造車X77編成(限定品・新幹線50周年記念モデル)- 日車夢工房【発売終了】• 7000・8000番台• - 単品、リニア・鉄道館開館記念スペシャルセットで製品化【発売終了】• L0系超電導リニア - 笛コン、通常品【発売終了】・限定品• ライト付 - 0系の金型で成型色変更版。 通常品【発売終了】• 音声指令Max - 旧塗装【発売終了】• 旧塗装、通常品【発売終了】• 旧塗装、JR東日本新幹線アニバーサリーセット• 旧塗装、「2スピードつばさ」の名称で販売。 【発売終了】• 音声指令つばさ号 - 旧塗装• 金ピカつばさ号 - 「あつめてあつめてキャンペーン」記念品。 パッケージは通常品と同じ。 旧塗装、先頭側に連結器がついている。 JR東日本新幹線アニバーサリーセット• 新塗装、通常品【発売終了】• 新塗装、先頭側に連結器がついている。 【発売終了】• 旧塗装、ぼくもだいすき!楽しい列車シリーズ• - 通常品【発売終了】• - 通常品【発売終了】• - 通常品【発売終了】- 新幹線アニバーサリーセット• - 旧塗装、通常品【発売終了】新塗装、通常品【発売中】 日本国有鉄道 [ ]• ロータリー - キ600形を模したもの。 1973年(昭和48年)の約1年間セットで発売されたほか、限定品で復刻。 1999年の限定品と2000年「20世紀おもちゃ博」限定品の2種類が発売された。 - 弁慶号として発売(1972年 - 1975年)。 限定品の復刻で弁慶号(1998年)が、イベント限定で義経号が発売されたが「東京ディズニーランド蒸気機関車(ミッキーポッポ)」の金型流用のため実車と異なる。 - イベント限定品。 7000形コンテナ• コキ50000形式貨車 - 鉄道博物館開館記念スペシャルセット• 有蓋車 - ワム80000形を模したものと思われる車両。 現行のものとは違い全長が短い。 商品により色のバリエージョンは様々。 無蓋車 - トキ15000形を模したものと思われる車両。 現行のものとは違い全長が短い。 丸太3本が付属。 車掌車 - ヨ5000形を模したと思われる車両。 実際の貨物列車が車掌車を使わなくなったのに伴い絶版。 緑色の「たから号」を模したと思われるものも存在した。 - 時代には、「 ニチイチェーン よいこシリーズ」というサブタイトルの付いたプラレールセット(セットなど)を販売していた。 1973年の1年間のみ、青と黒の2種類で青色の車体をしたものも発売されている。 EF58 - 上記3両とともに発売、車両単体のものもあった。 【発売終了】• DD51 - 上記3両とともに発売、車両単体のものもあった。 色は成形色のオレンジ一色。 【発売終了】• - 初の登場は「C12ロータリーじょせつしゃセット」。 キ600を押す形でセット発売され、後に単品で発売された。 50周年セットでは新規金型で50号機が製品化され後に単品で発売され旧製品は絶版となった。 - 1972年 - 1975年【発売終了】• スハ43 - 青色、茶色、緑色などが製品化された。 大抵は「旧型客車」と表記される。 マイテ39 - 「ブリキのプラレール」、「歴代つばめスペシャルセット」で製品化。 「歴代つばめ」では青大将色が製品化された。 オハフ33 - 茶色、青色が製品化。 人形遊びの物もあった。 - ファミリーりょこうサロンカーの付属やイベント限定品として販売【発売終了】• - イベントでガレージキットとして販売【発売終了】• - 過去にイベントで販売された【発売終了】• プラレールとっきゅう - 1971年発売【発売終了】• 特急電車(あさま)【発売終了】• 通常品 - 1975年 - 1983年【発売終了】• 10月14日プラレールの日特別限定復刻版 -【発売終了】• TOMY EXPRESS 583 - USA限定商品【発売終了】• - 歴代つばめスペシャルセット【発売終了】• - 東海型急行電車(急行アルプス)の塗装変更版。 【発売終了】• 新快速色• 関西色• 湘南色 JR北海道 [ ]• - 通常品【発売終了】• スーパー白鳥 - JR北海道スペシャルセット【発売終了】• 急行「利尻」 - JR北海道スペシャルセット【発売終了】• オホーツク - 「旭山動物園号」と入れ替わり【発売終了】• キハ183系 - 現行品• キハ183系 おおぞら - JR雪国列車スペシャルセット・2008年発売【発売終了】• キハ40 カニ・キツネ・イカ塗装 - JR雪国列車スペシャルセット 2008年発売【発売終了】• キハ40 758 (首都圏色・1両) - 通常品【発売終了】• - の塗り替え版。 通常品・【発売終了】• - 通常品・【発売終了】• - フラノエクスプレスの塗り替え版。 通常品・【発売終了】• 青色(両運転台・旧動力の初期型。 【発売終了】• 緑色(両運転台・旧動力の初期型。 【発売終了】• 黄色(両運転台・旧動力の初期型。 【発売終了】• 赤色(両運転台・旧動力の初期型。 片運転台・旧動力(屋根未塗装)、新動力の後期型) - 45周年記念セットの中の一つ。 【発売終了】• オレンジ(片運転台・新動力(屋根グレー) - 復活プラ電車トリオの中の一つ、シーズントライ紅葉。 【発売終了】• エメラルドグリーン(片運転台・新動力(屋根グレー) - みんなが選んだ復活トリオの中の一つ。 【発売終了】• 快速電車 - 湘南色。 1971年 - 1975年【発売終了】• ニューでんしゃ - ステンレス車を模した銀メッキ車体。 1972年 - 1975年【発売終了】 (高運転台)• - 京浜東北線スペシャルセット【発売終了】• (高運転台・特快仕様) - 中央線スペシャルセット【発売終了】• (高運転台) - 総武線スペシャルセット【発売終了】• (高運転台・さよなら103系仕様) - 常磐線スペシャルセット【発売終了】• (高運転台) - 山手線環状運転80周年セット【発売終了】 - 「165系東海型急行電車」の金型流用のため実車と異なる。 スカ色 - ファーストトライセットあお(2両編成)【発売終了】、通常品はの「おもちゃのちょっペー」で限定発売。 【発売終了】• L特急あずさ - 通常品【発売終了】• L特急あさま - 通常品【発売終了】• ドア開閉通勤電車 中央線 - 通常品【発売終了】• ドア開閉通勤電車 中央総武線・カナリア色 - プラレール博2001・2007限定【発売終了】• 通勤電車 ウグイス() - 通常品。 初期型はメッキ。 後期型は銀塗装。 【発売終了】• エメラルドグリーン() - 限定品。 後期型。 初期生産・鉄道博物館限定【発売終了】• カナリア() - 限定品。 後期型。 初期生産・総武線スペシャルセット【発売終了】• - 僕の街の電車セット東日本【発売終了】• - イクスピアリ店限定発売品。 【発売終了】• 【発売終了】• 「人形あそび通勤電車」 - モデルは209系だが、車体はオレンジ色で帯は緑色であった。 人形を乗せる構造のため先頭車の一部と後尾車両の屋根がない。 そのため、中間車が動力車両になっている。 1995年【発売終了】• 京浜東北線 - 京浜東北線スペシャルセット【発売終了】プラレール博2001限定品として209系通勤型直流電車(スカイブルー)が単品でも発売された。 京浜東北線(500番台) - 京浜東北線スペシャルセット【発売終了】• 総武線(限定品) - 【発売終了】• カナリアイエロー(500番台) - 鉄道フェスティバル限定品【発売終了】• 211系近郊電車 近郊電車(オレンジライン)、近郊電車ダブルデッカー(・・) - 通常品【発売終了】• E217系 - 通常品[発売中]。 総武線スペシャルセット(スペシャルセットでは中間車がダブルデッカーとなっている)【発売終了】• E217系 湘南色 - 通常品【発売終了】• サウンド・ドア開閉E231系山手線【発売終了】• E231系常磐快速線 - JR東日本スペシャルセット2【発売終了】、プラレールショップオリジナルプラレール - 発売中• サウンドE231系近郊電車(宇都宮線) - 通常品[発売中]• ドア開閉E231系山手線 - 通常品(S-32)[発売終了予定]• サウンドE231系総武線 - 通常品(S-49)[発売中]• E231系みどりの山手線(ドア開閉) - ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】• E231系 みどりの山手線 ラッピングトレイン - ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】• すみっコぐらし山手線ラッピングトレイン - 2017年12月発売• E233系中央線 - 通常品(S-30)[発売中]• E233系中央線 - バージョンが中央線スペシャルセットとして発売された【発売終了】• E233系京浜東北線 - 通常品(S-33)[発売中]• E233系京葉線 - 限定品・プラレールショップオリジナル・2015年8月再発売• E233系埼京線 - ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】• E233系横浜線 - ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】2018年3月再発売【発売終了】• E233系南武線 - ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】• いっぱいつなごう E235系山手線 - 6両編成のセット品[発売中]• ドア開閉E235系山手線 - 通常品(S-32)[発売中]• - 旧塗装と新塗装。 通常品(S-14)【発売終了】• - 通常品(S-15)、初期型はN'EXマーク付き。 2009年【発売終了】• (1000番台) - ぼくもだいすき!臨時列車シリーズ【発売終了】• - 通常品【発売終了】• E257系 - 通常品・発売中、中央線スペシャルセット【発売終了】• E257系房総特急(500番台) - 2011年【発売終了】、プラレールショップオリジナルプラレール【発売終了】• 165系の塗り替え。 【発売終了】• リレー号 - 通常品・旧動力(屋根未塗装)、165系の塗り替え。 【発売終了】• 近郊電車(ブルーライン) - 通常品【発売終了】• 急行電車(ときわ) - みんなが選んだ復活トリオの中の一つ、旧動力・速度切り替え付き【発売終了】• グリーンライナー - 常磐線スペシャルセット【発売終了】• L特急(あさま) - 通常品。 【発売終了】• 485系3000番台(青森色)白鳥 - JR雪国列車スペシャルセット、2008年発売。 【発売終了】• 485系特急電車(トミー時代はL特急) - 通常品(S-24)【発売終了】• サウンドE501系 - 通常品【発売終了】• 常磐線 - 常磐線スペシャルセット【発売終了】通常品(通常品では中間車がダブルデッカーとなっている)・発売中• はつかり(限定品)【発売終了】• - 通常品・1998年【発売終了】限定品[発売中]• - 各5色発売【発売終了】• E657系特急電車 - 通常品【発売終了】• D51498号機 - 蒸気機関車鉄三勇士、サウンドスチーム(新規設計)【発売終了】、ライト付重装D51498号機(新規金型)ベーシックセット[発売中]• D51882号機 - ファーストトライセットくろ【発売終了】• 24系北斗星 - セット品、ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズで発売。 カニ、オハ、スシ、オロハネ、オハネフが製品化された。 【発売終了】• E26系カシオペア - 単品、セット品で発売。 スロネフとカハフが製品化された。 EF81牽引の旧製品、およびセット品は【発売終了】• キハ40 (東北色・1両) - 通常品【発売終了】• 青池編成 - 通常品・2007年【発売終了】 JR東海 [ ]• 標準塗装• 313系 - 僕の街の電車セット東海【発売終了】• - 通常品、プラレールの日特別限定復刻版【発売終了】 JR西日本 [ ]• - 限定品【発売終了】、プラレールショップオリジナルプラレール[発売中]• - JR西日本スペシャルセット2。 2007年発売【発売終了】• クハ103-1 - 京都鉄道博物館スペシャルセット• 205系通勤電車スカイブルー(・) - 通常品【発売終了】• サウンド207系通勤電車 - 通常品【発売終了】• 207系電車 - 僕の街の電車セット西日本【発売終了】• 223系新快速 - JR西日本スペシャルセット。 2002年発売【発売終了】• サウンド223系新快速 - 通常品・2013年【発売終了】• 223系新快速 - プラレールショップオリジナルプラレール [発売中]• サウンド225系新快速 - 通常品[発売中]• 冒険アスファル島 セット - ボートが載せられる貨車を含んだ4両編成で発売された。 1999年発売【発売終了】• サンライズエクスプレス(285系) - 通常品(S-22)・2018年【発売終了】• 287系特急電車(連結仕様)- 通常品【発売終了】• 287系(連結仕様)- ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ【発売終了】• パンダくろしおsmileアドベンチャートレイン - 通常品[発売中]• サウンド321系通勤電車 - 通常品・2012年【発売終了】• 321系通勤電車 - プラレールショップオリジナルプラレール[発売中]• - JR西日本スペシャルセット、2002年発売【発売終了】• - 通常品【発売終了】• - サウンド特急サンダーバードセット【発売終了】• - 通常品・発売中• - JR西日本スペシャルセット2。 2007年発売【発売終了】• - 通常品(新規金型)[発売中]• - 蒸気機関車鉄三勇士【発売終了】通常品[発売中]• C58 1 - 京都鉄道博物館 C58 1号機蒸気機関車• 7105号機 - 京都鉄道博物館 7100形7105号機 義経号。 京都鉄道博物館に展示されている7105号機を新規金型で製品化したもの。 1両 - ラッピング気動車。 通常品[発売中]• 鬼太郎列車(旧)3両 - ラッピング気動車。 イベント限定品• 1両 - イベント限定品。 広島色 - プラロードベーシックセットA【発売終了】• 播但線色 3両 - 限定品【発売終了】• ディーゼル特急 - 通常品【発売終了】• - JR西日本スペシャルセット、2002年発売【発売終了】 EF81• - 通常品【発売終了】イベント限定品[発売中] EF66• ブルートレイン - 通常品【発売終了】イベント限定品[発売中] JR四国 [ ]• 南風【発売終了】• 2000系しおかぜ - JR四国スペシャルセット(上記と同一品)【発売終了】• しおかぜ【発売終了】• - 通常品【発売終了】JR四国スペシャルセット【発売終了】• - 僕の街の電車セット四国【発売終了】• 四国色 - JR四国スペシャルセット【発売終了】• キハ32形鉄道ホビートレイン - 1両編成シリーズ• 8600系 - 通常品(S-22) - 2018年2月22日発売[発売中] JR九州 [ ]• カモメエクスプレス - 通常品【発売終了】• レッドエクスプレスにちりん - イベント限定品。 近郊電車 - JR九州スペシャルセット2【発売終了】• 近郊電車 - 僕の街の電車セット九州【発売終了】• 号 - 通常品(S-51)【2018年発売終了】• 旧塗装(つばめ仕様) - 通常品【発売終了】• 新塗装 - 通常品(S-20)【2018年発売終了】• 旧塗装 - 通常品【発売終了】• 新塗装 - 通常品• JR九州白い『かもめ』 - 通常品【発売終了】• JR九州白い『ソニック』 - 通常品【発売終了】• JR九州885系特急電車・通常品【発売終了】• - 通常品【発売終了】• EF63形 - 通常品【発売終了】• - 通常品(1両編成)【発売終了】• - 通常品、イベント限定品【発売終了】• - 通常品(1両編成)[発売中]• 【発売終了】• EH800形 - 通常品[発売中] 貨物電車• - 通常品【発売終了】 貨車• タキ43000形• 地下鉄 [ ] (東京メトロ)• - イベント限定品(有楽町線)、ライト点灯・地下鉄副都心線ダブルセット【発売終了】• - ライト点灯、通常品・2008年発売【発売終了】• 銀座線 - ライト点灯、地下鉄銀座線ダブルセット。 【発売終了】• - ライト点灯、通常品。 2013年11月再発売【発売終了】• - ライト点灯、地下鉄丸ノ内線ダブルセット、単品(B修車)。 【発売終了】• 丸ノ内線 - ライト点灯・地下鉄丸ノ内線ダブルセット。 【発売終了】2016年イベント限定品[発売中]• 単品は渋谷、セットは和光市となっている。 通常品・2008年発売。 2013年11月再発売【発売終了】2016年再発売。 通常品[発売中]• 通常品(S-18)[発売中]• 日比谷線13000系 - 通常品(S-56)[発売中] ()• - 2020年4月発売• - 2019年5月発売• 都営浅草線 - 2019年4月発売• - 限定品【発売終了】 ()• - 2002年の市営交通の70周年記念イベントの際に市の職員が制作し20個限定で販売されていた。 「地下鉄電車」の金型流用と帯色を変更したもの。 [ ] ()• - 通常品・地下鉄シリーズ【発売終了】 ()• - 通常品・地下鉄シリーズ【発売終了】限定品[発売中]• 福岡地下鉄電車 - 「地下鉄電車」の金型流用と帯色を変更したもの。 行先表示は天神行き。 1980年代に発売。 幻のアイテム。 【発売終了】 私鉄 [ ] ()• - レールまっぷシリーズ 【発売終了】• - 東武鉄道スペシャルセット(特急池袋)、限定品【発売終了】• - 東武鉄道スペシャルセット【発売終了】• 100系 - 通常品(S-36)【2018年発売終了】• 500系 - 通常品(S-36)[発売中]• SL大樹 - 通常品【2018年8月発売】• - 2001年発売。 【発売終了】• - 通常品。 【発売終了】• - 愛称 : ニューレッドアロー。 2006年発売。 2019年12月21日先行再発売。 2019年12月26日一般再発売。 - 愛称 : スマイルトレイン。 2010年発売。 2018年12月22日先行再発売。 2018年12月27日一般再発売。 - 2013年6月発売。 2016年11月5日先行再発売。 2016年11月12日一般再発売。 2017年3月26日再々発売。 9000系 - RED LUCKY TRAIN。 2016年12月24日先行発売。 2016年12月27日一般発売。 - 2017年6月3日先行発売。 2017年6月11日一般発売。 9000系 - 二代目「L-train」。 2017年12月23日先行発売。 2018年2月15日一般発売。 - 愛称「Laview」。 通常品(S-19)。 ライトのデザインの変更が可能。 2019年4月発売。 - 相互乗り入れ1周年記念。 2001年9月27日発売【発売終了】• 田園都市線 - 2011年10月8日発売• 東横線 - 2013年3月14日発売• 目黒線 - 2014年5月1日発売• 田園都市線 - 2018年4月27日発売• - 限定品【発売終了】• - 新塗装、旧塗装、フラワートレインの3種類。 限定品【発売終了】• - 限定品【発売終了】• - 限定品【発売終了】• - 通常品、小田急箱根の旅セット【発売終了】• - 通常品【発売終了】• - 通常品【発売終了】・2017年リニューアル版【発売終了】• - [発売中]• 70000形 GSE - 通常品(S-52)[発売中]• - 架空の特急電車。 1970年代に発売。 【発売終了】• - 旧塗装。 限定品【発売終了】• - 通常塗装。 7000系 - TamaZoo Train仕様。 【発売終了】• 0番台 - 「JR205系」の金型流用、新規製造の前面を取り付けたもの。 前面は後に223系に流用される。 限定品【発売終了】• 8000系0番台 - 高尾山トレイン。 車体は後述の20番台と共通となっている。 8000系20番台 - 再発売されたもの。 新規金型となった。 3色LED仕様。 0番台 - 京王9000系入線記念。 【発売終了】• 9000系30番台 - 再発売されたもの。 8000系同様新規金型になる。 9000系30番台 - 京王トレイン。 2019年11月24日発売。 - 前期型の7色全部が発売されていて売り切れたが、オレンジベージュの登場に伴い、一部再生産されている。 - 2018年2月5日発売。

次の

プラレール博 in TOKYO ~かっこいいプラレールの新幹線が大集合!!~|2020年5月1日(金)~5月10日(日) 池袋 サンシャインシティ

プラレール博

プラレール博2019 in TOKYO(池袋)とは? まず簡単に…『』とは、毎年開催される、プラレールの一大イベント。 プラレールの大迫力ジオラマや、各種アトラクション、限定プラレールの販売など…プラレールをたっぷり堪能できるイベントです。 【お楽しみ1】会場限定のプラレールがもらえる!• 【お楽しみ2】プラレール博でしか遊べない各種アトラクションが楽しめる!• 【お楽しみ3】巨大なプラレールジオラマが設置されている! 【お楽しみ1】会場限定のプラレールがもらえる!限定プラレールの販売も。 毎年必ず、参加者には限定のプラレールが配布されます。 プラレール博2019 in TOKYOの限定配布プラレールはこちら。 息子はこの写真を見て… 【プラレール博2019 in TOKYOで楽しめるアトラクション一覧】• プラレール組立工房のりのりプラレール• プラレールあみだくじ• プラレールつり• 乗ろうよ!大きなプラレール• プレイランド(無料) これらのアトラクションですが…それぞれ、クリアすると限定のプラレールがもらえたりします。 もちろん非売品!なので、アトラクション目当てというよりは、限定のプラレール目当てでやる価値がかなりあります。 が… アトラクションの待ち時間に注意! このアトラクション、待ち時間がいつもすごいです。 以下の時間は、同じ会場で行われた『プラレール博2018 in TOKYO』の待ち時間なのですが… 写真の通り…最低でも40分以上待つことになります。 2〜3歳子連れで、40分以上の待ち時間はキツイ…。 でも、どうしてもアトラクションで遊びたい!ということであれば、以下の記事も合わせてみておいてください。 トミカ博の記事ですが、プラレール博でも応用できる内容です。 会場は、2018年のときと同じく『池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマート』なので、上記のようなジオラマにはなると思います。 プラレール博に、子連れで2回、トミカ博も2回参加した経験を踏まえて… 混雑に悩まされることなく、プラレール博を楽しむための攻略をポイントを5つ、お伝えしますね。 前売りチケットを買おう。 安いし、当日並ばなくても済む• 初日〜4日間は大混雑!混雑を避けるなら4日目以降をオススメ。 午後以降だと更に安心。 アトラクションを楽しみたいなら、朝イチで並ぶか?もしくは、16時以降が狙い目• 限定プラレールをゲットしたいなら、入場と同時に買いに行こう• 大人2人以上で行くこと 前売りチケットを買おう。 安いし、当日並ばなくても済む 入場券ですが、必ず前売りチケットを買いましょう。 そのほうが100円お得ですし、当日並ぶ必要もありません。 あたりで購入できます。 当日券ですが…特に初日は、入場規制で買うことすら出来ないことも。 【プラレール博 in TOKYO】ご案内です。 販売再開は混雑状況で判断いたします。 — プラレール博 in TOKYO plahktokyo ますます、前売り券を買っておいたほうが良いですね。 前売り券についてですが、残念ながら日付指定のチケットしかないようです。 つまり、5月3日のチケットを購入した場合、5月3日以外には参加できないということです。 子供が急な熱を出すなどして、行けなくなった時は損してしまうのが辛いところですね…。 かといって、当日券で並ぶのも正直…。 どちらに転ぶにせよ、前売り券を買うことをおすすめします。 初日〜4日間は大混雑!混雑を避けるなら5日目以降をオススメ。 午後以降だと更に安心。 これまた毎年恒例ですが、初日〜4日間くらいはメッチャクチャ混雑します。 上記の写真は、開始から4日目に参加したときの行列。 10時半ごろに到着したのですが、ここから入場まで1時間ほどかかりました。 しかも、25度を超える炎天下…。 まあ、毎年覚悟はしているものの、なかなかつらいです汗。 それだけ並ぶってことは、会場内も人がすごいってことです。 ということで、比較的混雑が緩和される5日目以降の参加を、おすすめします。 まあそれでも、ゴールデンウィークまっただ中なので混雑はしますけどね(笑) 比較的、という話です。 只今、およそ15分待ちで御入場いただけます。 本日の入場締め切りは16時。 閉場は16時30分になります。 — プラレール博 in TOKYO plahktokyo お昼以降は、混雑もかなり緩和するみたいです。 会場までの入場時間も15分ほど。 アトラクションを楽しみたいなら、朝イチで並ぶか?もしくは、16時以降が狙い目 先程もお伝えしたように、アトラクションで遊ぶためには最低でも40分以上待つ必要があることがほとんど。 アトラクションをフルで遊びたいのであれば、朝8時前には会場の前に並び、開場して即チケットを購入。 そして、複数人で各アトラクションに並ぶというワザを使っていました。 そこまでやるか…というレベルですが(笑) 遊びたいアトラクションが1つ〜2つくらいであれば、16時以降がオススメ。 待ち時間5分程度で遊べます。 まま、だっこーーーー!!! とか言い始めたら、阿鼻叫喚もいいところ。 なので、できればパパママなど、3人以上で行くことをオススメします。 【まとめ】『プラレール博2019 in TOKYO』混雑を避けて、遊ぶためのオススメプラン ということで、コレまでの話を総合した上で、『プラレール博2019 in TOKYO』を、混雑を避けて遊ぶためのプランをご紹介します。 具体的には、以下の通り チケット 前売りチケットを必ず買っておく 参加日 5日目以降 時間帯 お昼ご飯をサンシャインシティ以外で食べた上で、午後以降から参加 アトラクション 16時以降に参加。 5分程度の待ち時間で遊べるようになる。 会場限定プラレール 入場したら、速攻で買いに行く。 ただし12時台は避ける。 参加人数 大人2人以上は必須。 上記のプランで回ることができれば、1歳〜3歳子連れでもかなり快適に遊べるのではないでしょうか! あらかじめ、サンシャインシティ周辺のランチどころを抑えておく もし、サンシャインシティ内で食事をする事になった場合についても、お伝えしますね。 『プラレール博2019 in TOKYO』会場内に、食事処はありません。 なので、必然的に『サンシャインシティ』を含めた、池袋駅周辺でランチを食べることになります。 一応、キッズフェアメニューということで、サンシャインシティアルパ内でキッズメニューフェアをやってます。 が、昼時はどのお店も30分以上待ちという状態…。 もちろん、並ぶの覚悟で行くのも良いのですが…サンシャインシティアルパ3Fにある『』というお店は、お昼時でもほぼ並ばず入ることが出来ました。 沖縄料理ということで、少し癖がありますが…沖縄そばなどは、子供でも食べられるくらいあっさりした味なので、オススメしますよ。 周辺遊びどころを抑えておこう 断言しますが、アトラクションで遊ばないのであれば、1時間で飽きます。 混雑しているのもありますし、ジオラマを見るにしても1時間眺めれば長い方でしょう。 でも、せっかく池袋に来たのに…たった1時間で帰るのは、もったいないですよね。 ということで、子供が喜びそうな池袋のスポットをご紹介しておきます。 都電荒川線(東池袋四丁目駅) このあたりがオススメですねー。 ということで、いかがだったでしょうか? 『プラレール博2019 in TOKYO』たっぷり楽しんでくださいね。

次の

【大阪】プラレール博2019|トーマス好き必見!会場の様子、料金、イベント限定商品など

プラレール博

ここには他のイベントなどで何度か行ったことがあります。 建物に入ってからも結構歩くので、池袋駅から歩くと大人の足でも10分以上、子ども連れなら20分はかかる場所です。 プラレール博の開場は10時。 ただこういうイベントの常で、開場前に結構な人数が並ぶことが予想されます。 私たちも前回のトミカ博の時は、スムーズに回れるよう開場前に並びました。 ただ今回は プラレール博の開場前の待機スペース 写真は開場前に待機するためのスペースなのですが、人っ子一人おらず、待ち時間0で入場できました。 会場内展示ホールA・B 【プラレール博 in TOKYO】いよいよプラレール博開催まであと4日。 今年のプラレール博は昨年より会場も広くなって、ゆっくり楽しめます!また今回は屋内にお待ち頂けるスペースも確保しましたので、安心してお越しください! — プラレール博 in TOKYO plahktokyo 会場は展示ホールA・B・Cの3か所に大きく分かれており、それぞれの間の移動には階段やエスカレーターを使う必要があるので、ちょっと面倒でした。 特にベビーカーの人は、移動の都度エレベーターを待たないといけないため大変そうです。 ベビーカーを預けられるスペースもありますので、預けられるようなら預けた方が身軽に動けます。 しかしまあ…どこもガラガラで、非常に快適に回ることができました。 ステージイベント開始間際の、プラレールステージもこんな感じで、肉眼で十分見れる距離にすぐ座れます。 撮影スポットになりそうな巨大なシンカリオンの前や、巨大な新幹線の前も人はほとんどおらず落ち着いて写真が撮れます。 スタンプラリーのスタンプにも列はなく、すぐに押すことができます。 「ニアにコーヒー豆を積もう」他も十分なスペースがあり、余裕を持って遊べます。 展示のメインと言っていい巨大ジオラマ(プラレールトンネル)も、こんな感じで間近でじっくりゆっくり見ることができます。 思った以上に空いてます。 巨大ジオラマ周りもこんな感じでゆっくりじっくり見れます。 — 幹事長 育休取得(2020年1月末まで1年強) ikukyuusyutoku 写真を取り忘れてしまいましたが、買い物コーナーも普通のおもちゃ屋程度の混雑で、レジも最大で5人待ち程度でした。 この状況は到着した13時半でも、帰り際の15時半でも変わりなかったです。 特に売り切れの表示もなかったので、朝一でないと買えないものもなかったようです。 会場内 展示ホールC 最も混雑すると思われるアトラクションも、13時40分時点でこんな感じ。 アトラクションもガラガラ。 釣りは待ち時間なしで入れました。 — 幹事長 育休取得(2020年1月末まで1年強) ikukyuusyutoku 待ち時間が5分となっているところは、実際はほぼ0分でした。 この状況は会場から出る14時半くらいまでも変わりなしでした。 プレイチケット売り場もこんな感じで、待ち時間0。 アトラクションと景品内容 プラレール釣り 先頭車両(プレイチケット7枚)と中間・後尾車両(同5枚)で、場所が違うので注意。 写真は、先頭車両の釣り掘。 子供にはなかなか難しいみたいで、1台釣るのが精いっぱいでした。 釣れなくても1台はもらえるのでそこは安心。 ただ、10台釣ろうが1台しかもらえないのは残念。 荷物を積んでねゲーム(チケット7枚)• プラレールあみだくじ(チケット5枚)• プラレールビンゴ(チケット5枚) どのゲームもクリアできた場合は金、クリアできなかった場合は青の車両がもらえます。 他に、チケットが不要な『新製品体験ゾーン』や『プレイランド』もあります。 プレイランドは人数制限&時間固定&総入れ替え制で、大体前回の回が始まるくらいには並び始めないと次の回には参加できなそうでした。 最後に 13時半から15時半前までの約2時間滞在でした。 待ったと思ったのはプラレールビンゴと買い物のレジくらいです。 それも10分程度のものでしたが。 展示物もゆっくり見れましたし、アトラクションもやりたいものができました。 こんな感じでしたので、来年以降平日に行ける方は是非午後から行ってみてください。 のんびりゆっくり遊ぶことができますよ。 以上、幹事長()でした!.

次の