ディスプレイ オーディオ テレビ。 最新ディスプレイオーディオを使って感じた良い点・悪い点

人気のカロッツェリア「FH

ディスプレイ オーディオ テレビ

FH-9400DVSが発売されたのは2018年6月だが、ベースとなった先代モデルである「FH-9300DVS」から数えると、実に2年以上に渡って売れ続けている人気商品。 今回は、その人気の秘密を探るべく「カーナビ伝道師」でもある筆者がFH-9400DVSを自腹で購入してテストしてみた。 実はスマホとの連携も早かったカロッツェリア 現在のカーナビゲーション市場は、おおむね「純正」「市販(設置型&PND)」、そしてスマートフォンを使った「カーナビアプリ」の3つに大別される。 それぞれに長所と短所があるが、近年爆発的にユーザーを増やしているのが「カーナビアプリ」であることに異を唱える人は少ないだろう。 現在、有料や無料を問わず多くのユーザーに利用されている「カーナビアプリ」ではあるが、スマホ単体で使用する場合には画面サイズが小さいことや、車内という極めて厳しい環境下における本体の熱暴走や振動、そして最悪の場合には故障することも考えられる。 いっぽう、スマートフォンをクルマで活用するためのOS(オペレーションシステム)として開発されたのが、アップルの「CarPlay」、そしてGoogleの「Android Auto」だ。 どちらも、専用ケーブルなどを使って車載ユニットにスマートフォンを接続することで、スマートフォンに触れることなくアプリを操作できるようにするというもの。 かつてカロッツェリアが販売していた「アプリユニット」と呼ばれる車載機も、iPhoneなどのスマートフォンと接続することで車載機からスマートフォンアプリを使うことができた もともと、カロッツェリアはスマートフォンとの連携に関しては先駆けのブランドで、CarPlayやAndroid Autoが世に出る前に「スマートフォンリンク」という考えのもと、「アプリユニット」と呼ばれるモデルをすでに発売していた。 当時、筆者も飛びつくかのごとく即購入したのだが、併用していた「サイバーナビ」や「楽ナビ」などとナビ機能を比較すると、みずからの求めるレベルまで届いておらず、またアプリの数も限定的だったこともあって、結果として短期間で手放した記憶がある。 だが、2014年にCarPlayがリリースされたことを受けて、カロッツェリアはCarplayに対応した「SPH-DA700」を、そして2016年7月には正式に提供が開始されたAndroid Autoに対応する「FH-9300DVS」を2017年5月に発表した。 それが、今回購入した「FH-9400DVS」へと繋がっていくことになる。 カーナビアプリに光明が見えてきた 筆者は自動車ジャーナリストという商売柄、クルマで取材現場へ時間どおりに到着しなければならないことから、カーナビは「商売道具」とも言える。 しかし、中古で入手した軽自動車に装着されていた古い純正カーナビ(ベースはカロッツェリアのサイバーナビ)は地図更新がすでに終了しており、さらに通信を使った渋滞情報(これもカロッツェリアで言うところのスマートループに近い機能)も、通信プロトコルが現在のスマートフォンとマッチングしなくなっていた。 まさに新型カーナビへの換装は急務であった。 カロッツェリア「FH-9400DVS」 しかし、そこで新型カーナビを買うというのも少しワンパターンだ。 通信を活用するテレマティクス機能は欲しいし、なるべくならば安価で購入したい。 そこで、前々から目を付けていたのが「FH-9300DVS」だ。 しかし、カーナビアプリの機能がいまひとつの出来だったので、結果として「待ち」の状態でいたところ、FH-9300DVS がFH-9400DVSへとスイッチした。 それが2018年の4月のことである。 当時のCarPlayのカーナビアプリは情報精度が低く、カーナビとしてはあまりにも「普通」であった。 いっぽう、Android Autoは「Google Map」を使うことでCarPlayよりはるかに実用性が高かった。 そこに飛び込んできたのが、「iOS12」の登場だった。 iOS12では、CarPlayがサードパーティー製のアプリをサポートするようになったが、何よりもGoogle Mapへの対応がFH-9400DVSの購入への背中を大きく押したと言ってもいいだろう。 それでは、FH-9400DVSの実力を解説していこう。 スマホ連携だけでなく、フルHDの映像やハイレゾ音源などの再生も FH-9400DVSは、7V型(正確には6. 94型)のワイドVGAを搭載する、幅180mmの2DINサイズのメインユニットだ、最近では「ディスプレイオーディオ」と呼ばれることも多い。 カロッツェリア「FH-9400DVS」のハードキーは、ディスプレイ下部に集中して配置されている。 CarPlayとAndroid Autoでは一部キーの内容が異なるものの、音量キーや発話キーなどは共通だ ハードキーの一番右を押すことで、ディスク挿入口が現れる いっぽう、テレビチューナーについてはワンセグすら搭載していない。 筆者はもともと、車内では映像を見ないので問題ないのだが、どうしてもテレビ機能が欲しいのであれば、他社で発売しているメインユニットを選ぶことになる。 ただし、当然のことながら商品の価格は上がるし、地デジを受信するためのアンテナを配線する手間なども増える。 さらに、ショップで取り付けをする際には工賃自体も上がることなどを覚悟しておく必要があるだろう。 装着に際しては、前モデルとなるHDDナビは幅200mmのワイドDINモデルだったので、取り付けに必要な、 (1)すき間を埋めるスペーサー(化粧パネル) (2)配線キット (3)ステアリングリモコンケーブル (4)純正バックカメラ接続アダブター 上記を購入した。 これらに関しては取り付ける車種によっても異なるので、カタログやWebなどで確認するか、心配なら量販店などのショップで聞いてみるといいだろう。 その専用ケーブルとスマートフォンを接続することで、FH-9400DVSを使うことができる。 筆者所有の「iPhone 7」(iOS12)とFH-9400DVSをつないでみた 筆者の「iPhone 7」を、Lightningケーブルを使ってFH-9400DVSと接続してみると、CarPlayの画面が表示される。 ひとつの画面上にセットできるアプリは8個まで(左)。 9個以上アプリが登録されたときには、画面を左にスワイプすることでアイコンが表示される(右)。 なお、アプリの位置は自由に変更することができる 画面に表示されるアプリの配置は、好みに応じてカスタマイズが可能だ。 ディスプレイ下のホームキーをタッチすることで、Android Autoのホームメニュー画面が現れる。 Carplayと同様、表示する項目や位置などのカスタマイズが可能だ Android Autoでは、目的地までの案内とスマートフォンに登録されている予定表などを同時に表示させることができる。 カード形式で表示されるので、確認がしやすい いっぽう、Android Autoについても筆者所有のモトローラ「moto g6 plus」を使って接続してみたが、CarPlayに比べるとやや地味な印象を受ける。 もっとも、その日のスケジュールなどを考慮して、必要な情報がすぐに表示できるということなどは、アップルとGoogleそれぞれの考え方の違いが反映されていておもしろい。 ちなみにCarPlayは「iOS12」以上、Android Autoは「Android 5. 0(Lollipop)」以降を搭載するスマートフォンが必要だ(厳密に言えば、GPSや加速度センサー等を搭載しているタブレットでも動くのだが)。 とくに、Android Autoの場合は、世界中で数多くのスマートフォンが発売されていることもあるので、OSが対応しているからと言って必ず使えるという保証はない。 google. CarPlayのカーナビアプリは選択肢が豊富 CarPlayで「カーナビタイム」アプリを起動。 地図が見やすく、マップや地点情報などの更新が早い。 さらに、よく使う道を覚えてくれる学習機能なども搭載されている CarPlayやAndroid Autoは、それぞれ対応したアプリが車内で活用できるのが最大のメリットだ。 特にCarPlayの場合、標準カーナビアプリの「マップ」のほか、前述した「Google Map」や「Waze」、そして2019年4月に対応した「Yahoo! カーナビ」などさまざまな無料アプリを使うことができる。 だが、筆者がイチ押ししたいカーナビアプリは、ナビタイムジャパンの有料アプリ「カーナビタイム」だ。 「カーナビタイム」アプリでは、目的地までのルート検索を「推奨」「高速」「無料」「距離」のほか、積極的に渋滞を回避する「超渋滞回避ルート」なども選択することができる もともと、高い渋滞回避能力を持つカーナビタイムがCarPlayに対応したことは、筆者としてはかなりのインパクトがあった。 正直、有料と聞いただけで抵抗があるユーザーもおられるとは思うが、月額数百円から始められるので、まずは短い期間で体験してみるのもいいだろう。 ちなみに筆者は、楽天、Amazon、Yahoo! ショッピングで購入することができる「365日チケット 4980円 」を契約している。 「Yahoo! カーナビ」の画面。 無料アプリながら、推奨ルートや高速優先、一般優先などのルートが選択できる いっぽう、無料という点ではCarPlayのYahoo! カーナビへの対応はFH-9400DVSという商品の魅力をさらに拡大させたと言えるだろう。 地図更新や渋滞情報などの実用的なサービスも含めて無料であり、ユーザーからの圧倒的な支持を受けていることは今さら説明の必要もないほどだ。 もちろん、無料カーナビアプリの本命であるGoogle Mapにも注目だが、2019年3月にGoogleは基本となる地図をこれまでのゼンリンから自社開発のものへと切り替えた(ただし取引自体は部分的に残っていると聞く)。 実際、変更したその直後に走行してみたのだが、右折禁止個所を右折と案内したり、一瞬どうなるのかと心配した。 だが、そこはさすがのGoogle。 驚くほどのスピードで、日々改良が施されているというのが現状だ。 日本での認知度がまだ低いWazeに関しては、日本ではいまのところ未導入ではあるものの、GPSが届かないトンネル内でも交通情報の取得や自車位置を補足する「Waze Beacons」という武器が控えている。 この発想自体がすばらしいし、何よりもWazeはGoogle傘下の企業であり、世界のアクティブユーザー数は1億人を超えるという。 「Android Auto」による「Googleマップ」画面 CarPlayもAndroid Autoも、カーナビアプリ自体はスマートフォンで動作させることから、自車位置の測位は基本的にGPSに頼ることになる。 加速度や方位センサーなどを搭載しているスマートフォンの場合、トンネルの中でも自車位置を維持しようと踏ん張るが、やはり最後はロストしてしまうことが多い。 この点は、今後マップマッチング機能の強化や、自車が推定して走っている速度から位置を割り出すなど、アプリの改良に期待したい点だ。 スマートフォンとはUIが異なる CarPlayもAndroid Autoも、初めて操作をすると、あれ?と違和感を覚えるはず。 それは、スマートフォン単体でアプリを使うと、かなり細かく操作できるのに対して、ディスプレイオーディオへ接続して使ってみると、意外と制限が多くなるからだ。 これは、CarPlayもAndroid Autoも共通なのだが、あくまでも車内で使うことを前提としているので、なるべくシンプルで階層が浅い専用UIを組み込んでいるということに起因している。 たとえば、Yahoo! カーナビではiPhoneで登録したお気に入り地点などをFH-9400DVSで目的地にすることができないといったことがある。 ただし、これについてはYahoo! も把握しており、今後のアップデートで対応する予定とのことだ。 そのほか、地図のスクロールや拡大、縮小などもFH-9400DVSの画面上で可能だが、スムーズさという点ではスマートフォンには及ばない。 FH-9400DVS本体に備えられている「発話キー」ボタンを押すことで、SiriやGoogleアシスタントの音声認識機能を使うことができる ディスプレイ下部の発話キーを押すと、CarPlayなら「Hey Siri」、Android Autoなら「OK Google」の音声コマンドによる操作が可能となる。 この音声コマンドは、ステアリングからなるべく手を離さずに適切な操作を可能にするディスプレイオーディオのキモと言える。 もちろん、音声認識は個人差があるので万能とまでは言えないが、特にAndroid Autoは発音に対して的確に反応してくれる印象を受けた。 この価格でこの音質! いろいろ楽しめる音質調整機能 スマホとの連携に目が奪われがちなFH-9400DVSだが、パイオニアらしく「音」についてもかなりこだわっている。 「タイムアライメント」機能を使って、音楽を聴く機会の多い娘のために助手席重視でセッティングしてみた。 リスニングポジションは、写真の「フロントL」のほか、「フロントR」「フロント」「ALL」の4つからセレクトできる 「グラフィックイコライザー」を使って、細かな音の調整が可能だ。 タイムアライメントは、ドライバーとスピーカーの距離の差による音場を最適化できる機能だ。 カロッツェリアのサイバーナビなどには、専用マイクを使って簡単に理想の音響空間を構築できる「オートタイムアライメント&オートイコライザー」と呼ばれる機能があるが、FH-9400DVSに搭載されているタイムアライメントはそこまでの機能ではない。 だが、調整すると音の定位などはかなり変化するし、前方定位を目指して自分好みの音場に調整していくのもおもしろいと感じた。 アプリの進化は、イコール機能向上に繋がる。 筆者は、現在もCarPlayを中心に日々カーナビアプリを切り替えながら使っているが、そもそもカーナビアプリ自体のアップデートのスピードが半端なく早い。 また、FH-9400DVSに接続している間はスマホが同時に充電される。 当たり前のことではあるが、いちいち電池残量で悩んだりすることが減る点もありがたいところだ。 comを見ると、FH-9400DVSの最安価格(2019年6月26日時点)は37,000円台。 FH-9400DVSに必要なパーツ(筆者の場合は約7,000円ほど)をプラスしても、コスパは抜群と言っていいだろう。 また2019年4月には、廉価版の「FH-8500DVS」も発売されたが、現状では実勢価格はFH-9400DVSとほぼ同じだ。 FH-8500DVSはディスプレイが6. 8型とやや小さい点が気になるので、それを考慮すると、いまFH-9400DVSは買いのタイミングと言える。 アプリのチカラとは言え、常に最新のテレマティクス体験ができる「進化するディスプレイオーディオ」、それがFH-9400DVSの魅力だ。

次の

【楽天市場】トヨタ ディスプレイオーディオ対応テレビナビキット > アルファード・ヴェルファイア(ハイブリッド含む) > AGH30W・35W/GGH30W・35W/AYH30W R2.2〜:通信プラザ

ディスプレイ オーディオ テレビ

yahoo. まず5Pコネクターではなく24Pコネクターで接続されています。 5Pと20Pに分ける分配コネクターが販売されていますが本件の場合、買っても意味がないです。 純正ナビの場合、パーキングとテスト信号をアースというのがセオリーらしいのですがライズの場合これが通用しないようです。 どこかの書き込みには空いてるピンの?番と?番の2ピンとパーキングをアースしたら走行中テレビが見れたけど他で不具合が出たとありました。 TVキャンセラーを販売しているメーカーH. Pではどこもライズは調査中とかになってます。 唯一「Bullcon CTN-102 テレナビング オートタイプ ライズ、タント、ロッキー テレビキャンセラー(CAN通信対応)」が出ています。 楽天あたりで18,700円 税込 とかまで値下がりしましたが高いですね。 DIYで"ほかの機能に不具合が出ることなく"やろうとするとCAN通信の勉強から始めないと無理なのかもしれません。 なので私はDIYはあきらめ、TVキャンセラーがもう少し安くなるか他メーカーから安いのが出るまで待つことにしました。

次の

『トヨタ ライズの9インチディスプレイオーディオを走行中...』 トヨタ ライズ のみんなの質問

ディスプレイ オーディオ テレビ

既存モデルはバージョンアップで対応 現在は純正・市販を問わず、カーナビやディスプレイオーディオとのスマホ連携が当たり前になっています。 トヨタのディスプレイオーディオが「Apple CarPlay」「Android Auto」も標準対応になる 今回、トヨタはディスプレイオーディオのオプションサービスである「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準装備化し、6月発売の新型車よりスマホとの連携機能を強化するとアナウンスしました。 なお、T-Connect通信によるバージョンアップは、コネクティッドカーの特性を活かし、車載通信機DCMを介して通信にて機能をアップデート(追加)する機能で、T-Connect契約が必要になります。 ユーザーには、リモートメンテナンスメールなどで個別に通知する予定。 カローラのディスプレイオーディオ トヨタのディスプレイオーディオのサービスはLINEカーナビは無料で対応していました。 これまで「Apple CarPlay」「Android Auto」はTV視聴とセットオプションでしたが、今回新たに同アプリが標準対応することになります。 従来、標準サービスとして提供されている「SmartDeviceLink」に加え、新たに「Apple CarPlay」「Android Auto」を標準化することで、より多くのユーザーにコネクティッドサービスを提供。 共に税抜価格)。 手持ちのスマホをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをディスプレイオーディオ上で、気軽に利用可能。 運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作により安全性、利便性を向上させます。 (塚田勝弘) by カテゴリー : , , , タグ : ,.

次の