あさひサイクルポーター。 あさひ サイクルポーター(CYCLE PORTER)

自転車修理をインターネットで簡単予約。ご自宅まで、無料※1で引取り・お届け!サイクルベースあさひ、自転車の出張修理サービス※2を開始「あさひサイクルポーター」3月1日より本

あさひサイクルポーター

パンク修理が1300円(あさひは1000円) BB交換が4000円(アサヒは3500円) ブレーキ本体交換が2000円(アサヒは1700円) ホイール振れ取りが2000円(あさひは1000円) プロショップに比べると全体的に工賃が安いことが分かります。 自転車チェーン店ならではの安さなのか、プロショップが高すぎるのか。 スポンサードリンク サイクルベースあさひとは技術が違う こういうことを言うとだいたいプロショップ関係者は「 サイクルベースあさひとの店員とは腕が違うから、技術料としてメンテナンス料が高い」と言います。 「いやいや、ぼったくってるんだろ?」 このように言いたくなる方もいるでしょうが プロショップの店員さんは給料が安いと言うか…生活が苦しいって方がけっこういます。 私も以前は自転車店を経営してる人はウハウハだと思ってたのですが、個人で営業してる自転車店は思った以上に儲かってないようです。 年収ベースで250~400万くらいの人が多い印象ですし。 なのでロードバイクの整備代をぼったくってると言うより、 技術料を価格に上乗せしないとやっていけないのでしょう。 販売価格の3割が利益と言うのが相場なので、1万円のママチャリを売ったら3000円の利益率。 ロードバイクも代理店によるけど3~4割くらいだろうから、100万とかの高級車が売れたら美味しいけど数が出なさそうです。 整備にくる人数はあさひ、普通のママチャリ店が多いでしょうから、そのあたりの利益も考えるとプロショップより儲かるのかな… このあたりは自転車店で働いてる人に聞くのが早いですが。 どちらで整備するべきか? ママチャリ・クロスバイクだったら、サイクルベースあさひで良いんじゃないかと。 ロードバイク・MTBの場合はお金がない場合ない袖はふれませんし、ネット通販・他店などで購入した場合はプロショップは、整備お断りという店も多いので、それならあさひしかありません。 プロショップで購入したロードバイクを工賃を浮かせるためにあさひに持って行く。 こういうことをやってる人はあまり聞かないですが、言いにくいだけでコッソリとやってる人もいるでしょうね、 一つのメンテナンスが数千円単位で変わるなら、お小遣が少ないお父さんには大きいですから。 プロショップでも整備が下手な人はいるでしょうし、サイクルベースあさひでも整備が上手な人はいるでしょう。 素人目では差がわからないと言うのもあるでしょうし。 このあたりは心の持ちようと言うか、どこにお金を落としたいかじゃないかな~と思います。 ロードバイクを購入したプロショップに愛着があるなら、買った店に持っていけば良いですし。 購入した後にムカつく対応があって、プロショップ店員の顔も見たくないなら、サイクルベースあさひに持っていけば良いです。 遅かれ早かれ自分でメンテナンスを覚えていくので、 難しい整備以外は自分でも出来ますからね。 一つ言えることはプロショップの店長さんに「あさひに比べて高くないですか?」とは言わないことです ご機嫌ななめになること必死ですので 笑.

次の

自転車修理をインターネットで簡単予約。ご自宅まで、無料※1で引取り&お届け自転車の出張修理引取り・お届けサービス「あさひ サイクルポーター」2月21日より全店舗にサービスを

あさひサイクルポーター

サイクルベースあさひはクレジットカードが使える? サイクルベースあさひは、全国に450店舗以上を展開する大手の自転車専門店ですが、サイクルベースあさひは現金払いの他に、各種クレジットカードを利用することができます。 サイクルベースあさひで使えるクレジットカードブランドは、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドを利用することができます。 また、クレジットカード払いでは、一括払いの他に3回、5回、10回の分割払いにも対応していますので、サイクルベースあさひは非常に便利にクレジットカードを利用することができる自転車ショップとなります。 サイクルベースあさひは電子マネーで支払いできる? サイクルベースあさひは、現金払いの他に各種クレジットカード払いを利用することができますが、サイクルベースあさひは電子マネーには対応していませんので、サイクルベースあさひで電子マネーを使うことはできません。 ただ、サイクルベースあさひは、代金引換やコンビニ決済、ペイジー、デビットカードに対応していますので、希望する支払い方法を利用することができます。 また、サイクルベースあさひは、クレジットカード系の商品券を利用することができますので、サイクルベースあさひは様々な支払い方法に対応している自転車専門店と言えます。 サイクルベースあさひで使える電子マネー なし サイクルベースあさひの代金引換 1回の注文に付き、代金引換手数料として430円(税込)が必要です。 代金引換ではクレジットカードやデビットカードは利用できません。 サイクルベースあさひのコンビニ払い セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクスで支払いができます。 1回の注文に付き、振込手数料として430円(税込)が必要です。 注文の上限は30万円までです。 サイクルベースあさひのペイジー 1回の注文に付き、振込手数料として200円(税込)が必要です。 注文の上限は100万円までです。 サイクルベースあさひで使える商品券 JCBギフト券やクレジットカード系の各種商品券を利用することができます。 サイクルベースあさひはクレジットカード払いがお得! サイクルベースあさひは、現金払いの他にクレジットカード払いや代金引換、コンビニ払いやペイジーなど、様々な支払い方法が用意されている自転車ショップですが、サイクルベースあさひはクレジットカード払いが最もお得な支払い方法となります。 逆に、代金引換やコンビニ払い、ペイジーを利用してしまうと所定の振込手数料がかかるようになりますので、手数料分を損してしまうことになります。 また、クレジットカードは利用金額に応じてポイントを獲得することができますので、ポイント還元率が高いクレジットカードを利用することで、より多くのポイントが付与されるようになります。 JCB CARD Wはいつでもポイントが2倍 は年会費が無料で、いつでもポイントが2倍になるお得なクレジットカードです。 サイクルベースあさひで買い物をする際には、JCB CARD WやJCB CARD Rのようにポイント還元率が高いクレジットカードを利用することで、今まで以上にお得に買い物をすることができるようになります。

次の

あさひ、自転車の出張修理引取り・配達サービス「あさひ サイクルポーター」をサイクルベースあさひ全店舗で導入 :日本経済新聞

あさひサイクルポーター

「あさひサイクルポーター」は、自転車が故障し走行不能になった場合に、お客様のご自宅まで引取りに伺い、修理をした上でご自宅までお届けする自転車の出張修理サービスです。 本サービスは、パソコンやスマートフォンから希望日を入力するだけで簡単に予約することができ、また、あさひの自転車総合保証サービス「サイクルメイト」にご加入いただいている場合には、自宅への引取り・お届けは無料にさせて頂きます。 サイクルメイト未加入の自転車でもサービスをご利用いただけますが引取り・お届けは有償です。 その場での修理対応はいたしません。 サイクルポーターがご自宅までお伺いして自転車をお引取りします。 修理が完了したら通知いたしますので、お届け日時をご予約ください。 お客様のお手を煩わせる事なく、ご自宅まで自転車をお届けします。 【2】自転車総合保証サービス「サイクルメイト」にご加入の自転車は、引取り・お届けが無料! サイクルメイトにご加入いただいている自転車は、無料で引取り・お届けします。 引取りの際に、加入者証をご提示ください。 【3】あさひ以外で購入した自転車にも対応 便利なサイクルポーターを利用したいという方のために、あさひ以外で購入された自転車でもサービスをご利用いただけます。 ただし、引取り・お届けは有償となります。 自転車ご購入時に加入頂けます。 jp TEL:0120-177-319 FAX:06-6922-1798.

次の