ジャンムー カシミール。 カシミール

中国がインドに攻め入っていった場所はもともとチベット地域で水や油, 天然ガス資源が宝庫【有本香】

ジャンムー カシミール

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

ジャンムー・カシュミール藩王国

ジャンムー カシミール

[スリナガル 27日] - イスラム教徒が住民の多数を占め、ヒマラヤ山脈を望むカシミール地方は、1947年にイギリス領だったインドとパキスタンが分離独立を果たして以降、両国が領有権を争う対立の舞台となってきた。 2月14日、インドの支配地域で同国治安部隊を乗せたバスを狙った自爆攻撃が発生し、隊員少なくとも40人が死亡。 パキスタンを拠点とする過激派組織ジェイシモハメドが犯行声明を出すと、インドは過激派の訓練施設とする拠点を26日に空爆した。 さらにパキスタンがインド空軍機を撃墜、地上軍も10カ所以上で交戦し、緊張が急速に高まっている。 風光明媚な山岳地帯のこの地域は、人口が多いカシミール渓谷沿いやジャンムーの街周辺のインド実効支配地域と、西側のパキスタン支配地域、そして中国が支配する北部の人口が少ない高地とに分割されている。 イスラム教を国教とするパキスタン、ヒンズー教徒が多数を占めるインド。 両国が核実験に成功した1998年以降、世界で最も危険な発火点の1つとなったカシミール地方の問題を整理した。 <歴史> インドとパキスタンが分離独立を果たした1947年8月の時点では、イスラム教徒が多数を占める他の地域と同様、カシミール地方もパキスタンに帰属することになると考えられていた。 だがヒンズー教徒だった当時のカシミール藩王は独立を希望。 しかし、パキスタンからイスラム教徒の部族が侵攻してきたため、同年10月にインドへの帰属を表明し、それと引き換えにインドに侵略者への対応を求めた。 <紛争> 1947年の分離独立後、インドとパキスタンは3度戦争をしているが、そのうち2度はカシミール地方の帰属を巡るものだった。 2度目の戦争は1965年に起きている。 3度目は、のちにバングラデシュとなった地域を巡り、1971年に勃発した。 <分割> 1972年に国連が監督する「管理ライン(LOC)」を境界とする停戦ラインが合意された。 このLOCにより、カシミール地方はインド実効支配側とパキスタン実効支配側に分割されている。 両軍はその後数十年にわたり、LOCをまたいでにらみ合いを続けてきた。 1999年にはLOC沿いに両軍が交戦し、これを「宣戦布告なき戦争」と呼ぶアナリストもいる。 両軍は頻繁に銃弾を浴びせ合ってきたが、2003年の合意以降、停戦はおおむね守られてきた。 <反乱> インドが実効支配するカシミール地域に住むイスラム教徒の多くは、インド政府の支配が高圧的だとして長年反発してきた。 1989年には、イスラム教徒の武装勢力による分離抗争が始まった。 パキスタンへの帰属を求める勢力もいれば、カシミール独立を訴える勢力もいた。 インドはこれに軍を派遣して対応。 また、パキスタンがカシミールの自国支配側で分離派に武器や訓練を提供し、インド支配地域に送り込むなどして支援していると非難した。 パキスタンは、カシミールの住民には政治的支援をしているだけだとして、これを否定した。 2月27日、イスラム教徒が住民の多数を占め、ヒマラヤ山脈を望むカシミール地方は、1947年にイギリス領だったインドとパキスタンが分離独立を果たして以降、両国が領有権を争う対立の舞台となってきた。 インド政府は、1947年に藩王がインドへの帰属に合意したことを根拠に、同州の全域がインドの不可分の領土だとしている。 <パキスタン実効支配地域> アザド(自由)・カシミール地域と、1947年の分離独立前からカシミールの一部だった北部地域からなる。 パキスタンは、帰属問題を解決するために国連の委任による住民投票を行うべきだと主張している。 カシミールの住人の多数が、パキスタンへの帰属を選ぶと計算してのことだ。 <中国の存在> 歴史的にはラダック地方の一部であるアクサイチンを実効支配している。 インドは、中国が3万8000平方キロの地域を占領したことを契機に、1962年にアクサイチンの帰属を巡って中国と戦争している。 <地理> 森に覆われた山々、渓谷を流れる青々とした川、ヤナギの木が生い茂る湖など、カシミールには目を見張るほど美しい地域がある。 西側のヒマラヤ山脈に連なる部分はパキスタンに接し、北西はアフガニスタン、北東は中国、南はインドにぞれそれ接している。 <人口> インド実効支配地域は1000万人、パキスタン支配地域は300万人以上いる。 約7割がイスラム教徒で、残りはヒンズー教徒、シーク教徒、仏教徒である。 <面積> 約22万平方キロで、米国のユタ州よりやや大きく、英国とほぼ同じ大きさ。 インドが南部と東部(全体の45%)を支配し、パキスタンが北部と西部(同約3分の1)、残りを中国が実効支配している。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

ジャンムー・カシミール連邦直轄領

ジャンムー カシミール

背景 [ ] 地域は紛争地帯であり、との両国がそれぞれ実効支配を行ってきている。 1980年代後半、インドの実効支配地域で反乱が増加し始めた。 反乱の原因の1つは、 1987年の州議会選挙における談合であり 、パキスタンは反乱に物資面での支援を提供した。 1989年以降、これらの反乱とインドによる弾圧で約70,000人が殺された。 2015年以降、パキスタンに拠点を置くカシミールの過激派組織は、自爆テロ行為を活発化させた。 2015年7月、3人の武装集団がグルダースプルの警察署を攻撃。 2016年1月、4〜6人の武装集団がパタンコート空軍基地を襲撃した。 2016年9月には、武装集団4人がウリにあるの宿営地を襲撃し 、19人の兵士が死亡した。 攻撃 [ ] 2019年2月14日、 からに2,500人を超える中央警察予備隊() の人員を輸送するための78台の車両が国道44号線を走行していた。 輸送船団は現地時間3:30頃にジャンムーを出発したが、2日前に高速道路が閉鎖されたために交通量が多かった。 輸送船団は日没前に目的地に到着するように予定であった。 現地時間15:15頃、アワンティポラに近いレアポラで 、保安警察が乗るバスに爆発物を乗せた車が突撃し、爆発を引き起こした。 第76大隊に所属する40人保安警察隊員が死亡し、他多数の隊員が負傷した。 負傷者はスリナガルの陸軍基地病院に移されました。 パキスタンに本拠を置く過激派組織のによって、犯行声明が出された。 同組織は22歳で1年前に組織に加わった襲撃者であるアディル・アフマド・ダールのビデオも公開した。 パキスタンは関与を否定したが、ジャイシュ=エ=ムハンマドの指導者であるマスード・アズハルは同国で活動していることが知られている。 事件後、インド空軍が報復として48年ぶりに実効支配線を超えてパキスタン国内で空爆を行った。 The Economic Times. 2019年3月16日閲覧。 Time. 2019年2月18日時点のよりアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 62—63, 73. International Security 21 2 : 103. ABC News 2019年2月15日. 2019年2月26日時点のよりアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 2015年7月28日. 2019年8月20日閲覧。 Ankit Panda 2016年9月19日. The Diplomat. 2018年11月16日時点のよりアーカイブ。 2019年8月20日閲覧。 2016年1月2日. 2019年8月20日閲覧。 2016年9月18日. 2019年8月20日閲覧。 Rajeswari Pillai Rajagopalan, 16 February 2019 at the. , The Diplomat, 15 February 2019• The Times of India 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 BBC News. 2019年2月14日. の2019年3月1日時点におけるアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 BBC 2019年2月16日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 Sharma 2019年2月15日. 2019年2月15日時点のよりアーカイブ。 2019年2月15日閲覧。 2019年2月15日. 2019年2月16日時点のよりアーカイブ。 2019年2月16日閲覧。 Dutt, Barkha. English. の2019年2月17日時点におけるアーカイブ。 2019年2月17日閲覧. "Two decades later, Masood Azhar has not been brought to justice. 2019年2月26日. 2019年10月13日閲覧。

次の