メバル アクアパッツァ。 ガヤのアクアパッツァが美味しい件

アクアパッツァ 神保 佳永シェフのレシピ

メバル アクアパッツァ

今日はメバル飯の紹介 これまで、釣ったメバルを色々と料理しましたが、その中でも奥が深いのが 「メバル飯」 魚が淡白な為、出汁や醤油が強すぎるとただの醤油飯になってしまう。 かといって出汁を抑えすぎると魚が臭さがでてしまう。 目指したのは、釣った魚の旨味を残したまま、酒や生姜を使用せずに臭みを除去した子供が喜んで食べるメバル飯。 ある程度完成形が見えてきたので紹介します。 まずメバル飯を作る前日の夜に材料確保サイズの良い奴を4、5匹持ち帰ります。 持ち帰る魚は、エラからナイフを入れ、首筋の骨を切断しバケツに入れてしっかり血抜きをします。 血抜きが終わるとエラに指をかけ、エラと胃袋を引き抜きます。 この時胃袋の中を調べると次の釣果のヒントになるかもしれません。 処理が終わった魚は真っ直な状態でジップロックなどの袋に入れて持ち帰り冷蔵庫の中へ入れて材料確保終了 翌朝、前日に釣ったメバルを3枚におろします おろしたメバルは皮を剥がし、キッチンペーパーで包み、冷蔵庫に戻します。 身を取った後の中骨も一緒に炊くので残しておきます。 次はいよいよメバル飯本番 夜まで寝かせたメバルを冷蔵庫から取り出し、軽く洗います。 メバルは、腹骨を包丁で丸め取ります。 又、身の中央にも細い骨があるので、これも取り除き、刺身にする様に切ります。 御飯として炊くので、食感を壊す骨は全て取り除くのがポイント 別に取っておいた中骨は湯通しし、 米 2号 みりん 大さじ2 だし醤油 大さじ1 ごぼう 人参 エリンギ 塩 小さじ 半分 かつお出汁の元 小さじ1 昆布 ひとかけら メバルの身 メバルの骨 の順で炊飯器に入れ、普通の水分量よりほんの少し多めで炊きます。 少し手間がかかりますが、食べやすいメバル飯になると思います。

次の

黒鯛(チヌ)のアクアパッツァ

メバル アクアパッツァ

Point! まるまる1尾のメバルがなければ、切り身でもおいしく作ることができます。 大きめの切り身を選んで使ってください。 また、薄口しょうゆが無い場合は、普段使っている濃口しょうゆを使ってください。 メバルとアサリの下処理 アサリの砂抜きをして、メバルに塩を振る ボウルに水500ccと塩大さじ1(分量外)を混ぜてしっかり塩を溶かし、アサリを入れます。 新聞紙などをかぶせて、1時間以上置きます。 メバルは両面に軽く塩を振って15分ほど置き、出てきた水分をキッチンペーパーや晒(さらし)でていねいに拭きます。 余計な水分を取ることでメバルの身が少し締まるので、煮崩れしにくくなります。 生ぐさみを取ることもできます。 メバルのアクアパッツァの作り方 1、具材を切る ショウガは輪切り、シイタケは食べやすい大きさ(今回は二等分)する。 2、ショウガで油に香りを付ける フライパンにごま油とサラダ油を入れ、ショウガを入れて中火にかけます。 ショウガの端がきつね色になって、香ばしい香りがするまで焼いて取り出してください。

次の

【レシピ】失敗しない!春告魚「メバルのアクアパッツァ」の調理ポイントを丁寧に解説【献立】

メバル アクアパッツァ

クセが無く美味しい白味魚である黒鯛(チヌ)の切り身を使って、簡単に本格的イタリアンのアクアパッツァを作ってみましょう! 意外と 簡単で驚くほど 美味しいアクアパッツァ、是非ともお試しください。 材料(2~4人前)• 黒鯛の切り身 魚体サイズによって、以下を目安としてください。 オリーブオイル 大さじ3~4杯(切り身全部に十分絡む量が目安)• ニンニク 2片• イタリアンパセリ 適量(3本程度。 普通のパセリでもOK)• 白ワイン 1カップ(200ml• 塩 1つまみ• アサリ 1パック• プチトマト 8個• バター 15~20g• 塩・胡椒 適量 作り方手順• チヌを3枚に下ろし、その半身の腹骨を削ぎ取ります。 <関連記事> アラも食べる• 半身の中央にある硬い小骨を骨抜きなどで全て抜きます。 指の腹で触ると骨の位置がよく分かります。 頭側の断面にもありますので注意してください。 半身を適当な大きさの切り身にし必要量用意します。 タッパまたは皿などにオリーブオイル・下ろしニンニク・みじん切りにしたイタリアンパセリ、そして黒鯛の切り身を入れ、混ぜ合わせます。 この状態で10-30分漬け置きます。 中火でフライパンを熱し、あまり熱くならないうちに、上記4の中身を全て投入します。 切り身は、最初に皮面、そして次に裏面を焼きます。 ここで火を通し過ぎると後の煮る行程で身が崩れやすくなりますので、 両面共に、5mm程度火が通ればOKです(身の色の変化で分かります)。 皮が縮むので丸く身が膨らむ感じになります。 これにより立体的なボリューム感が出ます。 両面が焼けたら、白ワイン・アサリ・プチトマトを全て投入し、一つまみの塩を振ります。 そして、フタをして煮込みます。 アサリが開いたら、火を弱火にして、バターを投入します。 アサリの身が付いている方が汁面に浸かるよう手直ししながら、バターの濃い部分の汁を全体に回し掛けていきます。 プチトマトが崩れ、味が馴染んだら、味見して塩加減を調整します。 最後に胡椒を適量振り掛けて、出来上がりです! フライパンのまま小皿に取って食べてもいいし、大き目の皿に盛り付けてもOK。 絶品のアクアパッツァを楽しんでください。 残った汁は白飯に掛けて食べても美味しいです。

次の