おすすめ 作り置き。 産後の食事作り置き、おすすめメニューは?皆どうやって乗り切ってる?

ママ管理栄養士おすすめ作り置きそぼろ!15分で作れるアレンジレシピ3選

おすすめ 作り置き

夏は作り置ける期間が短めになる• 作り置き料理に時間がかかる• 献立がマンネリになる• 残ってしまうことがある• いつの間にかなくなっている 夏は冷蔵庫に入れておいてもあまり日持ちがしないので、 作り置き料理を作る頻度が増えて大変になります。 しかも量があるので、 暑いときに火を使う料理を作るとなると結構な負担です。 作り置きできる料理の種類も限りがあるので、 献立を考えるのに悩まされますね。 計画的に食べているつもりでも、いつのまにか無くなっていたり残ったりして困ることがあります。 何事にもメリット・デメリットはあります。 自分の生活環境など考えながら、 作り置きをしてできるだけ楽をしてくださいね。 いろんな食材を冷凍するたびにネットで調べるのも大変だから、キッチンに一冊あると便利だよ。 無理しない頑張らない 出産は、事故に遭った衝撃と同じくらいと言われています。 事故に遭ったら入院して、退院してもしばらくは安静ですよね。 まだまだ、妊娠は病気じゃないと言う人もいますが、そんな事はありません。 世の中のママたちは、 適度に力を抜いて頑張り過ぎないように心がけています。 既製品でも冷凍食品でも、ちゃんと何が入っているかを確かめた上で利用するなら、健康にも良いものが一杯ありますよ。 手作りの作り置きをするのは素晴らしいですが、できる範囲で無理はせず赤ちゃんとの時間を大切にしましょう。 ちょっと育児に疲れてきたらこちらの記事を読んでくださいね。 もう一度だけ! ——— まとめ• 産後作り置きのメニューは、栄養も摂れるものがおすすめ• 作り置きのメリット・デメリットを把握しておく• 産後の食事準備を乗り切るには、宅配サービスや冷凍庫を利用する• 何をするにも無理をしないで頑張らない 産後といっても毎日生活をしていかないといけないので、しっかりと休むことができません。 作り置きをすることで、少しだけ食事の心配をなくすことができます。 もちろん、体力的にも楽になりますが「食事を作らなきゃ!」という負担から解放されますね。 ママが無理をして頑張りすぎた結果、体調を崩してしまったら育児もままならなくなります。 それは赤ちゃんにとってイイコトとは言えませんね。 くれぐれも無理はしないでください。 また、産後に無理をすると更年期がひどくなるとも言われています。 若いうちは体力があって乗り切れますが歳を重ねると、そうもいかなくなります。 将来のことも考えて、気持ちに余裕をもって産後の毎日を過ごしましょう。

次の

ママ管理栄養士おすすめ鮭の和風マリネ15分レシピ!作り置きできてさっぱりおいしい

おすすめ 作り置き

玉ねぎはみじん切りにする。 耐熱ボウルに(1)を入れ、ラップをせずに電子レンジで2分加熱する。 (2)にAを加えてよく混ぜ、さらにひき肉を加えて混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジで4分加熱する。 一度取り出してよく混ぜ、さらに3~4分電子レンジで加熱する。 器にごはんを盛り、(4)をのせて温泉卵・お好みでせん切りにした大葉をのせていただく。 <時短ポイント> ・火を使わずにボウル1つでできるので、ほかの調理をしながらでも簡単に作れます。 ・冷蔵庫で3~4日程度保存可能なので、土日に作っても忙しい日の献立にできます。 <栄養ポイント> 鶏ひき肉ではなく、豚ひき肉と玉ねぎのそぼろにすることで、疲労回復効果のあるそぼろになります。 豚肉に含まれているビタミンB1は糖質の代謝を促して疲労物質を体内に溜まるのを防ぐ作用があります。 また玉ねぎに多く含まれる辛み成分の硫化アリルは豚肉のビタミンB1の吸収を助けます。 続いて子供向けのアレンジレシピを2品ご紹介します。 じゃがいもは皮ごとよく洗ってラップに包み、電子レンジで5~6分加熱する。 熱いうちに皮をむいてフォークで潰し、Aを加えてよく混ぜ合わせる。 耐熱容器に(1)を入れ、上にミックスチーズ・そぼろ・パン粉の順にのせ、オリーブオイルを回しかける。 トースターで5~7分加熱する。 <アレンジのポイント> ・朝に耐熱容器に入れて作っておけば、帰ってからトースターで焼くだけの簡単料理です。 ・チーズを間に入れることで、子供も喜ぶ味になります。 ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせる。 卵焼き器にサラダ油を熱し、(1)を入れて押し付けるように焼く。 焼き色がついたら返して両面焼く。 好みのサイズに切っていただく。 <アレンジポイント> ・手づかみ食べする時期に子供におすすめです。 ・そぼろはポロポロしやすいので、小さい子供は食べこぼしやすいですが、ごはんオムレツにすることで食べやすくお弁当に入れやすいです。 遅く帰ってきたパパには、ヘルシーおつまみとしてもアレンジ可能です。 長芋のそぼろチーズ焼き 長芋は5mm厚さの半月切りにし、耐熱容器に入れて塩・こしょう・甘辛そぼろ・ミックスチーズをかけてトースターで10分程度加熱します。 お好みで細ねぎを散らします。 長芋は消化酵素が含まれているので、胃腸にやさしいのが特徴です。 夜遅くに食べても安心です。 坦々温奴 豆腐にそぼろ・角切りきゅうり・すりごま・食べるラー油をかけて電子レンジで加熱していただきます。 ヘルシーな豆腐に、甘辛そぼろとにんにくの効いたピリ辛ラー油、歯ごたえのいいきゅうりの組み合わせで、満足感のある1品になります。 暑い時期はそぼろだけ温めて、冷ややっこにかけて食べるのもおすすめです。 まとめ そぼろはどの家庭でも作る簡単で子供にも人気の料理です。 休校などでおうちにいる時間が多く、大変な日々を過ごしているワーママもたくさんいらっしゃると思います。 今回ご紹介したレシピは、作り置きして盛り付けておけばレンジでチンして食べられるので、ぜひ試してみてください。

次の

手軽でおいしく作れる!作り置きレシピ本おすすめランキングTOP16

おすすめ 作り置き

料理スキルが低い。 ご飯を食べるのは大好きなのだが、特別料理がうまいというわけではない。 一般的(?)とされるようなことはできるけれど、「これがめちゃくちゃ美味しく作れるの」だとか「段取りに長けているぜ」というスキルは一切ない。 というのも、もともと献立を考えて、食材を買って、段取りよく調理して、盛り付けて…という工程が恐ろしく苦手なのである。 ただでさえ考えることが多い毎日なのに、3食毎日何を作るか思考し判断するのが私にとってつらい。 (同じような人いたら嬉しいな…) しかも苦手なうえ、調理をすることに対してもあんまり興味がわかず、一時期は外食ばかりしていた。 栄養士や調理師免許を持っている母や姉からすると、その辺りがあんまり理解できないそうで、彼女たちの「え?料理するの楽しいよ!」という声を聞く度に、私は根本的にそういったスキルが壊滅しているなあ…と空を見つめてしまう。 いつか「胃袋を掴む」という表現を使ってみたいと思うけれど、大概掴まされてしまう。 困ったものである。 * とはいえ、インスタ映えする料理写真をアップしているアカウントを眺めては、「こんな風にサラッと素敵な料理を作れる人間になりたいなあ」と常々思う。 健康のことを考えて自炊を始めてはいるものの、「なんでこんなに彩り悪いんだろう」「レパートリー少なすぎない…?」と驚愕する日々。 まあ、自分が美味しく食べられたらそれでいいんだけどさ、少しでもレベルアップしたい。 そんなこんなでお家時間が増える今、レパートリーを増やすことと、料理にもっと慣れるため台所に立つようにしている。 すごい変化だよ私! 前置きがスーパー長くなったけれど、今日は料理スキルに自信がない人へ送る、私の超簡単作り置きをご紹介。 * かぼちゃ・さつまいもを蒸す 最近リピートしまっくっているのがかぼちゃとさつまいもを蒸すこと。 適当な大きさに切ってシリコンスチーマーに入れてレンジでチン。 あっというまに出来上がり。 朝食やおやつにいつも食べている。 カットしたものを冷凍しておけば食べたいときにレンチンできるのでおすすめ。 ね?超簡単だけど立派な副菜になるよ。 ピクルス パプリカ、きゅうり、大根など好きな野菜を適当にカット。 ジップロックに入れる。 (材料によって塩もみとかしてね) お酢、砂糖、塩、胡椒、オリーブオイルとお水を少し入れたピクルス液を作って、ジップロックに入れて漬け込むだけ。 (分量などはレシピサイトを見てください) こんな感じで超適当だけど、箸休めが作れるのでとっても便利! 肉を焼く 細切れのお肉をとりあえず焼こう。 味付けはなんでもいい。 塩でも焼肉のタレでも、ポン酢でさっぱりでも、なんでもOK。 焼いただけなのに、日々のおかずが一気にレベルアップするからおすすめ。 具材は冷蔵庫に余っている野菜や練り物、乾物などなんでもOK。 大きめにカットしてお鍋へIN。 味噌ベースでもいいし、キムチベースでもいいし、中華、豆乳、トマト…いろんなアレンジができるので飽きもこない。 具沢山のスープとご飯だけがあれば、十分に満足できるよ。 * こんな感じでゆ〜るく料理生活を始めている。 超簡単すぎて恐縮なのだけど、自分のできる範囲で少しずつ料理のスキルを広げていくのは楽しい。 母や姉が言っていた「料理は楽しいよ」という気持ちが、今少しずつ分かってきたように思う。 料理をしていると気持ちが没頭して、いい気分転換になるのも大きな発見だった。 料理工程が苦手な人は、私のようにまずはめちゃくちゃ簡単なものから始めてみてはどうだろう。 電子レンジ調理、ボウルひとつ、味付けはこれ1本だとか、そうところから手を出せばいい。 まだまだおしゃれな領域にはほど遠いけれど、楽しく続けたいな。

次の