チ ょ ん へ いん。 市民吹奏楽団 チバウィンド

新潟のワイナリー カーブドッチ・ワイナリー

チ ょ ん へ いん

また、鼻汁を出しやすくします。 作用 痰や膿の粘りをとり、排出しやすくします。 また、荒れた副鼻腔粘膜や気管支粘膜の線毛細胞を修復して、粘膜の抵抗力を高めます。 カゼを含め、上気道炎、気管支炎、喘息などの去痰に、また副鼻腔炎の排膿に用います。 シロップは、滲出性中耳炎の排液にも使われます。 内科や耳鼻咽喉科、小児科などで広く処方されています。 特徴 粘液修復薬に分類される代表的な去痰薬です。 喀痰中のシアル酸とフコースの構成比を正常化します。 注意 【診察で】 持病のある人は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 肝臓の悪い人は、定期的に肝機能検査をおこなうなど慎重に用います。 【使用にあたり】 症状や製剤により用法用量が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 【食生活】 痰の出の悪いときは、水分を十分にとるとよいでしょう。 次の疾患の去痰//上気道炎 咽頭炎、喉頭炎 、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核• 慢性副鼻腔炎の排膿• 滲出性中耳炎の排液(小児) 用法 【一般】 カルボシステインとして、通常成人1回500mgを1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 錠250mg..1回2錠、1日3回服用• 錠500mg..1回1錠、1日3回服用• 0g)を用時懸濁し、1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 <小児> 通常、幼・小児にカルボシステインとして体重kg当たり1回10mg(本剤0. 02g)を用時懸濁し、1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 6mL を3回に分割して経口服用する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。 重い副作用はまずありませんが、肝障害の報告があります。 長期服用時は、念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。 【その他】• 食欲不振、下痢• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

番組表|チバテレ

チ ょ ん へ いん

また、鼻汁を出しやすくします。 作用 痰や膿の粘りをとり、排出しやすくします。 また、荒れた副鼻腔粘膜や気管支粘膜の線毛細胞を修復して、粘膜の抵抗力を高めます。 カゼを含め、上気道炎、気管支炎、喘息などの去痰に、また副鼻腔炎の排膿に用います。 シロップは、滲出性中耳炎の排液にも使われます。 内科や耳鼻咽喉科、小児科などで広く処方されています。 特徴 粘液修復薬に分類される代表的な去痰薬です。 喀痰中のシアル酸とフコースの構成比を正常化します。 注意 【診察で】 持病のある人は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 肝臓の悪い人は、定期的に肝機能検査をおこなうなど慎重に用います。 【使用にあたり】 症状や製剤により用法用量が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 【食生活】 痰の出の悪いときは、水分を十分にとるとよいでしょう。 次の疾患の去痰//上気道炎 咽頭炎、喉頭炎 、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核• 慢性副鼻腔炎の排膿• 滲出性中耳炎の排液(小児) 用法 【一般】 カルボシステインとして、通常成人1回500mgを1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 錠250mg..1回2錠、1日3回服用• 錠500mg..1回1錠、1日3回服用• 0g)を用時懸濁し、1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 <小児> 通常、幼・小児にカルボシステインとして体重kg当たり1回10mg(本剤0. 02g)を用時懸濁し、1日3回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 6mL を3回に分割して経口服用する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。 重い副作用はまずありませんが、肝障害の報告があります。 長期服用時は、念のため注意してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。 【その他】• 食欲不振、下痢• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

「チバニアン」って何?千葉県市原市「地球磁場逆転期の地層」はこんなとこ!

チ ょ ん へ いん

自動翻訳サービス利用時のご注意 当サイトは、Googleが提供する自動翻訳サービスを使用しています。 自動翻訳システムによる機械的な翻訳のため、必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。 場合によっては、不正確または意図しない翻訳となる可能性があります。 翻訳サービスを利用した結果について、一切を保証することはできません。 翻訳サービスを利用される場合は、自動翻訳が100%正確ではないことを理解の上で利用してください。 Attention This website is using the automatic translation service offered by Google. For mechanical translation by automatic translation system, I do not necessarily always be the exact translation. There may be cases of inaccurate or unintended translation. No responsibility whatsoever is taken concerning the results of using this translation service. 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください•

次の