ハマオカモト父。 オカモトショウは英語がペラペラ!ドラマーだった?父はスコットハミルトン!

ハマオカモトは実力派ベーシスト!名前の由来は?親子の仲や結婚は?

ハマオカモト父

ベーシストとして活躍しているハマオカモトさんは数々の有名アーティストのレコーディングに参加していることでも知られている、日本有数の 実力派ベーシストです。 そんなハマオカモトさんの、あまり知られていない 経歴と学歴、そして父親との関係について徹底リサーチしてみました! ハマオカモトの両親は!?父親は浜田雅功…? ハマオカモトさん…誰かに似ていると思いませんか? 日本でこの顔は二人といません。 他人の空似なワケはありません。 そうです、ハマオカモトさんの 父親は、 ダウンタウンの浜田さん、母親は小川菜摘さんです。 ハマオカモトさんは長男として誕生し、4歳年下に弟がいるそうですが、現在は心理学を学ぶため、留学中なんだとか。 ハマオカモトさんは芸能人のサラブレッドだったんですね! ハマオカモトさんと父親である浜田さんの仲は良好なようで、2013年に ラジオ番組で初共演を果たしています。 普通、二世タレントは、父親や母親との共演を嫌がる人が多いと言われていますが、ハマオカモトさんに関しては、父親の浜田さんとの共演を楽しんでいるようにも見えますね。 ハマオカモトさんは幼少期、母親である小川菜摘さんによく叱られて育ったそうで、浜田さんに怒られた記憶はあまりないのだとか。 しかし、ここぞという時に出てくるのは父親である浜田さんで、音楽活動にふけっていたハマオカモトさんを見て、浜田さんが 「音楽でメシ食っていこうと思ってんの?」 と聞くと、ハマオカモトさんは、 「そんなに甘くねえよ」 と答え、意外な答えに浜田さんもびっくりしたのだとか。 ハマオカモトさんはとてもしっかりしたお子さんだったんですね! 父親である浜田さんの教育方針で、 ハマオカモトさんは標準語で育ったそうなので、大阪弁は話さないそうです。 あの父親そっくりのハマオカモトさんのお顔で標準語とは…なんだかとても違和感を感じますが、標準語で育てるという教育方針も浜田さんの子供への愛情の現れなんでしょうね。 ハマオカモトさんと父親である浜田さんは現在共に芸能のお仕事をしている中でもとてもいい親子関係を築けているようです。 ハマオカモトの学歴は!?同級生にあの人…? 両親が有名人のもとに生まれたハマオカモトさんはどんな学歴をもっているのでしょうか? ハマオカモトさんはやはり普通の公立学校には通っていなかったようですね。 ハマオカモトさんは両親の教育方針から 和光幼稚園へ入学します。 和光幼稚園は高校まで一貫校で、ハマオカモトさんは高校まで同じ学園で過ごすこととなります。 和光幼稚園は、とても変わったカリキュラムを行うことで知られていて、体験を重視したカリキュラムを組んでいます。 劇の会、歌の会、小学生になると食の研究、平和学習などさまざまな体験や学習をするそうで、そういった豊かな経験をしたことが、現在のハマオカモトさんのマルチな才能に繋がっているのかもしれませんね。 また、ハマオカモトさんは幼稚園から高校まで、渡辺徹さんと榊原郁恵さんの息子であり現在芸能界でも活躍している 渡辺裕太さんと同じだったそうです。 和光学園は、芸能人のお子さんが通うことも多いようですね。 ハマオカモトさんにとって、渡辺裕太さんという幼馴染の存在は楽しい学園生活を送るなかで欠かせない存在だったようです。 また、ハマオカモトさんは 和光高等学校の卒業式では、生徒会長として答辞を呼んだのだとか。 ハマオカモトさん、優秀な生徒さんだったんですね! ベーシストのイメージはなんだかチャラチャラした印象が強いですが、ハマオカモトさんは 真面目でユーモアのある正統派のベーシストであることが分かりました! ハマオカモトのマルチな経歴とは!? ハマオカモトさんは実力派のベーシストとして知られています。 ハマオカモトさん自身もバンドを組んでいたこともあるそうですが、 現在は解散し、有名アーティストのレコーディングに参加することが主な仕事となっているようです。 中にはRIP SLYME、ももいろクローバーZのレコーディングにもハマオカモトさんは参加されていて、その実力は折り紙付きです。 また、アーティストのプロデュースも行っているみたいですね!素晴らしいです! また、ハマオカモトさんの活動は音楽活動だけに留まっていません。 ハマオカモトさんは父親譲りのトーク力で ラジオのパーソナリティを務めるなどマルチな才能を見せています。 過去の実績としてラジオ番組「RADIPEDIA」 J-WACE で2年間パーソナリティを務めるなど、その才能は業界でも認められています。 現在は、女優の二階堂ふみさんと共にパーソナリティを務めていることでも話題となっています。 ハマオカモトさんは マルチな才能の持ち主であることが分かりました! マルチな才能を持っているハマオカモトさんがお父様である浜田さんと同じようにゴールデン番組のMCを務める日はやってくるのでしょうか…? さまざまな才能を秘めたハマオカモトさんは次にどんなことを仕掛けてきてくれるのか… 今後の活動が楽しみです!.

次の

浜野謙太はハマオカモトに激似で父親は浜田雅功!?もしかして在日なの?

ハマオカモト父

ハマ・オカモトさんが2020年6月25日配信のの中で金田淳子さんの『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』を紹介していました。 (ハマ・オカモト)この間、Base Ball Bearの小出祐介くんとZOOMで会話を……まあ、それも仕事でしたけどね。 していて。 仕事が終わって、そのまま夜中までそのZOOMを繋いだままでおしゃべりしてたんですよ。 なんかそういうのも久しぶりだったんですが。 そこであの漫画の『刃牙』の話になりましてね。 ご存じない方もいると思うんですけど『グラップラー刃牙』という作品が一番最初で。 『グラップラー刃牙』『バキ』『範馬刃牙』『刃牙道』『バキ道』っていう風に、もうこうやって言うとどこが何なのかわかっらないですけどもね。 まあ、シリーズがずっと続いてまして。 まだ絶賛連載中の漫画なんですけども。 僕はその小出くんのことを「コイちゃん」と呼んでいるんですけども。 コイちゃんのことをいわゆるカルチャーであるとか、そういうものの歩く人間辞典みたいなもんだと思っていましてね。 とても尊敬してるんですけども。 これがまた意外でね。 コイちゃんは『刃牙』シリーズを読んだことがなかったということで。 このコロナの自粛期間中にコイちゃんは『刃牙』バージンを失うということでね、読んだらしいです。 で、それを僕インスタグラムで見てたんで。 コイちゃんが『刃牙』を読んでるのをね。 それで「どうでした?」みたいな話をしたら、まあもうそこかだから1時間半ぐらいね、ゲラゲラ笑いながら『刃牙』の話をし続けてたんですけど。 そこでね、コイちゃんに教えていただいた本があって。 僕は『刃牙』、漫画はもちろん読んでるんですけども。 教えてもらったのが漫画ではなくて、いわゆるエッセイなんですよ。 エッセイもまたこれ面白くてね。 連載していたんじゃなくてnoteっていうサイトがあるでしょう? ブログサイトというか、まあ好きに使えるですよ。 僕も「オカモトーク」っていうものが始まる前にはnote、使ってたんですけど。 noteでその『刃牙』について書かれたものが書籍化された本で。 金田淳子さんという方がそのnoteで綴っていたものを本にして出版されたんですよ。 去年の11月に初版が出てるので、比較的新しいんですけど。 それが何の本かっていうと、こういう本で。 タイトルがですね、『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』というもので。 要はあのボーイズラブですよ。 BLっていうのはね。 男と男の恋愛模様。 そういうまジャンルというか、文化がありまして。 こと漫画であるとかライトノベルとかね、そういうのではだいぶ、きちんと歴史もあるしね、支持層も多いんですけども。 僕は全くそのBLに関しては、ちなみにもどんな作品もほぼ触れたことがないんですよ。 で、コイちゃんも同じくだったらしいんですけど。 「とにかく『刃牙』を読んだことがあるんだったら面白いから読んだ方がいい」って言われて、その場でインターネットで買ったんですけど。 まあタイトル通り、『刃牙』っていうのは改めて説明すると格闘漫画なんですよ。 ものすごいざっくり言うとね。 もうゴリゴリの格闘漫画。 みんな筋骨隆々でやれ空手、やれ中国拳法……もういろんなジャンルの格闘技が出てきて。 それと主人公の刃牙っていうのを中心に置いた親子サーガなんですけどね。 お父さんとの確執があるんで。 だからまあ、普通に読んでる分には面白い格闘漫画兼、ちょっと行き過ぎた過剰な表現が多いんで思わず笑ってしまうようなところがいっぱいあるっていう。 で、男子はやっぱりそういうのが好きで読むんですけど。 それをね、その金田さんは 「もうこれはどう考えてもBLだ!」っていう考察をずっと書いてるんですけど。 それで僕、まだ読んでいる途中ではあるんですけどね。 そのね、なんていうか『刃牙』を読む目線ですよね。 その、「言われてみれば、そうだな」っていうことばっかりで。 だからその原作が好きな我々からしても、「そんなこと書くなよ」とか「そんなんじゃねえよ」みたいな次元を超えた、もう本当に感心してしまうほどので解説で。 特にそのBL、ボーイズラブに関して何の知識もないような人に対しても、分かりやすく注釈がたくさんある作りになってるんで。 「ああ、なるほど。 ボーイズラブにおいてこういう名作の漫画があるんだな」とか、そういうのも分かりやすく書いてあるんですよね。 なんかね、もう感心しちゃって。 コイちゃんは「とにかく話も面白いんだけど、文章が本当に面白いから読んでみな」って言われて。 それで読んでみたんですけどもね。 なるほど、こういう文章は本当、僕にはもう思いつかないっていうか、書けないし。 もう、すごい。 感心しながら読んじゃっているんですよ。 だから今、この「AFTER THE TRAD」を聞いてる『刃牙』を読んだことがある人はもう、たぶんそのままこれに入門してもらえれば、そのまま面白いと思うんですけど。 どちらも読んだことないという方はぜひ、電子書籍とかもありますし。 ちょっと『刃牙』を読んでみてもらって……全部は読まなくてもいいけど、ちょっと読んでもらって。 で、この『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』をね、ぜひちょっと読んでほしいな。 で、別に読んでいて何の違和感もないんですけども。 金田さんはそのシーンを見て「ああ、これはもうBL漫画だ」っていう、もうその一番最初のところで「これは間違いなく、そういう漫画なんだ」っていう風に思ったという。 で、そこからなんでそういう風に思ったのか、みたいなことをね、書いていくんですけど。 まあ本当にものすごく面白いんでね。 ちょっと……ぜひ僕もまだ未開のジャンルというか、あまり足を踏み入れたことがないんですけど。 BLは。 なんかこんな角度でまさか知れると思わず。 まあこれで知った気になるなっていうボーイズラブ好きな人もいるでしょうから、あまり言わないけど。 ちょっとなんか、こういった形で入れて嬉しいな、なんて思っておりますよ。 お勧めです。 <書き起こしおわり>.

次の

ハマ・オカモトと星野源の関係暴露。「恋」(ライブマイク)。身長とベースの腕前(うまい?)

ハマオカモト父

tsite. オカモトショウさんのプロフィールはこちら! 名前:飯村翔(いいむら しょう) 生年月日:1990年10月19日(27歳) 生まれ:アメリカ ニューヨーク オカモトショウさんは中学時代に同級生だった オカモトコウキさん、 オカモトレイジさん、 オカモトマサルさん、 ハマ・オカモトさんと友達になります。 実は、最初はオカモトコウキさんと二人だけが 「ジャムセッション研究同好会」に入部をして、 オカモトショウさんはドラムを演奏されていたのです。 そのうち、他の3人も入部し、 音楽にのめり込んでいったようですね 笑 このときにオカモトショウさんたちが 演奏をしていたのは、 1960年代〜70年代の ロック、 「ローリングストーンズ」 「ビートルズ」 「レッド・ツェッペリン」 「クリーム」 が挙げられています。 このときに、ドラムを演奏していたのですが、 英語がしゃべれるという理由で ドラムからヴォーカルへ転身しています。 そのライブを見ていた先輩にとても気に入られ、 ライブハウスを紹介され、 高校2年生の時、 初めてライブハウスに出演して以降、 ライブハウスで活動するようになったようです。 2008年の高校3年生の夏には、インディーズとして 初めてレコーディングをしています。 しかし、高校3年生にもなると、 大学受験をするメンバーがいたことから 9月、10月、11月の3ヶ月の間、 ライブ活動を休止しました。 オカモトショウさんは、オカモトレイジさんや、 もともと音楽仲間だった、 ハマ・オカモトさん、ラキタさんとともに、 「ズットズレテルズ」と いうバンド名で 一度きりのつもりで ライブをしています。 そして、後には、呂布さん、 ドカット・カット(故・草刈雄士)さんが 加入し、「ズットズレテルズ」を再結成し、 ラキタさんの、 「優勝したら100万円貰える大会があるんだけど出ようよ!」 の一声がきっかけとなり、 再度、一度限りで解散するつもりで、 ティーンネイジャー向けのロックフェス 「閃光ライオット」にエントリーしたところ、 2009年8月には、ファイナリストとなりました。 残念ながら優勝は逃し、予定どおり ステージ上で解散を発表…。 そんなすごい経歴の持ち主なんです!! なんだか、ケタ違いですね 笑 オカモトショウさんの両親もケタ違い? オカモトショウさんは アメリカ人である父親と 日本人の母親の間に生を受けます。 そんなオカモトショウさんのお父さんは、 世界的に有名なテナー・サックス奏者、 スコット・ハミルトンさんです。 母親の情報はないことから、 普通に一般人の可能性が高いですね〜。 父親である、スコット・ハミルトンさんは 10代の後半からプロとして活動を始めており、 モダンジャズが全盛の時代にも、 オーソドックスなスタイルを守り続け、 一躍、テナーサックス界の寵児となったすごい人なのです!! 血は争えませんねぇ〜! オカモトショウさんの生まれは アメリカですが、 国籍がきになりますよね! 本名の苗字が飯村なので、おそらくこれはお母さん側の苗字。 5歳に日本にやってきて普通に日本の小学校にも通い、 英語も話せて普通に日本語も話せるインターナショナルな生活を送っていました。 苗字が日本の苗字を選択したあたりにも 何かしらの理由が両親にありそうな気もします! オカモトショウさんの大学は? 前述したように 受験を控えたメンバーがいるため、 活動を休止したということから、 大学には 進学されていません。 メンバーの中で唯一大学を卒業しているのはオカモトコウキさん だけのようです。 気になるオカモトショウさんの彼女や結婚は、 今のところは何の情報はありませんでした 笑 最近では臼田あさ美さんが妊娠8カ月を 発表されましたよね! オカモトショウさんはいつでしょうか? 笑 特に今までスキャンダルもないですし、 彼女の噂も全くない。 もしかして外国人とか??ありえそうです^^ まとめ ムジカピッコリーノに出演するオカモトショウさんについて まとめてみました! 前回までのアリーナとかまたキャラも声も、ついでに性別も 違うので、番組の雰囲気をガラッと一新したような感じですね。 オカモトショウさんの歌は 決してうまいとは言い難いのですが、 パッションを感じるそんな歌い方なのです。 虜になるかたは虜になる。 オカモトショウさんも情熱的なのかも しれませんね〜。 ムジカピッコリーノ関連記事: スポンサードリンク.

次の