マクロ ゴール 軟膏。 テラジアパスタ軟膏(スルファジアジン)の効果と副作用

医薬品用ポリエチレングリコール

マクロ ゴール 軟膏

褥瘡治療には主に外用薬が使われます。 褥瘡の創部に壊死組織が付着していた場合、そのままでは肉芽形成が進みません。 壊死組織は感染の原因にもなったりしますので、まずは壊死組織を取り除くことが大切です。 それぞれの時期で使用される薬剤が異なってきます。 有効成分だけでなく、基剤に吸水性があるかどうかなどの 「基剤の特性」も考慮して薬剤を選択しなければいけません。 この記事では黒色期・黄色期で使用される褥瘡治療薬について解説します。 褥瘡の時期についての説明はこちらに記載しています。 赤色期・白色期の褥瘡治療薬はこちらにまとめています。 黒色期の状態と治療薬一覧 黒色期の状態 黒色の硬い壊死組織が付着しています。 壊死組織を放置したままにしておくと感染のリスクが高くなるため、早めに取り除く必要があります。 黒色期の治療 医師による外科的デブリードマン(壊死組織をハサミやメスなどで取り除くこと)が主な治療となります。 壊死組織が薄く柔らかい状態であれば薬剤を使うこともあります。 黒色期の治療薬 壊死組織を取り除く薬剤として、ゲーベンクリームやブロメライン軟膏などがあります。 ゲーベンクリーム(スルファジアジン銀) 銀含有成分であり、抗菌作用が期待できます。 滲出液があまり多い創に使用すると、水分過多になり悪化することがあるため注意が必要です。 ブロメライン軟膏(ブロメライン) 吸水性のマクロゴール軟膏が基剤になっているため、滲出液が少ない創では効果が期待できません。 有効成分は 蛋白分解酵素のため、強い壊死組織除去効果を持っています。 酵素の作用で正常皮膚を傷つけてしまうことがあるため、周囲の皮膚にワセリンを塗るなどして保護することも大切です。 黄色期の状態と治療薬一覧 黄色期の状態 黄色の壊死組織が創面に残っている状態です。 黄色壊死組織は、硬いものと柔らかいものがあります。 壊死組織のため、黒色期と同様に創の感染に注意が必要です。 黄色期の治療 滲出液の量をコントロールして、適切な湿潤環境を保ちながら壊死組織を除去します。 壊死組織を除去しながら肉芽形成へと促していきます。 黄色期の治療薬 黒色期と同様に、ゲーベンクリーム、ブロメライン軟膏、ユーパスタなどが使われます。 ゲーベンクリーム、ブロメライン軟膏は黒色期を参考にしてください。 ユーパスタ(白糖・ポビドンヨード配合) マクロゴール基剤のため吸水作用があり、肉芽が浮腫をおこしていたりする場合に適しています。 また、主剤の ポビドンヨードによる 抗菌作用があるため感染を制御したい場合に使われます。 ただ、滲出液の吸水力が強いため、 乾燥している創には不適です。 もちろん 肉芽形成促進作用があります。 ユーパスタにはイソジンシュガーパスタやネグミンシュガーなど様々な後発品がありますが、吸水力はどれも同じというわけではありません。 吸水力が一番高いのはユーパスタであるとのデータが出ています。 カデックス軟膏(カデキソマー・ヨウ素) カデックスとは 吸水性ポリマービーズである カデキソマーに ヨウ素を配合したものです。 カデックスと基剤のマクロゴールが1対1で配合されたペーストです。 殺菌消毒作用があり、カデキソマーとヨウ素で膿、細菌などを吸収します。 カデキソマーは吸水性ポリマービーズであり、基剤が吸水力のあるマクロゴール軟膏のため、ある程度は滲出液を吸収してくれますが、ビーズ内に保持された水分により湿潤保持にも働くため、 滲出液が多い場合には避けた方がよいです。 また、洗浄の際には創内にビーズが残らないようにしっかりと洗浄することがとても大切です。 まとめ 壊死組織は細胞の増殖を妨げ、感染の原因となります。 黒色期・黄色期はともに 壊死組織除去を大きな治療目標とします。 黒色壊死組織は 外科的デブリードマン(壊死組織をハサミやメスなどで取り除くこと)、黄色壊死組織は薬剤による 化学的デブリードマン(壊死組織を薬剤などで取り除くこと)が主な方針となります。 壊死組織の状態や、滲出液の量に応じて薬剤を選択することが大切です。 褥瘡の関連記事 参考文献• 早くきれいに褥瘡を治す「外用薬」の使い方 古田勝経• 日本褥瘡学会 褥瘡局所治療ガイドライン• 白糖・ポビドンヨード配合軟膏の製剤特性の比較について 高山幸三 医と医学2000• 処方改良ユーパスタコーワの類薬と製剤特性の比較 高山幸三 医と医学2005.

次の

マクロゴール「400」と「4000」

マクロ ゴール 軟膏

BZM軟膏 ふくろう堂薬局のBZM軟膏 【薬局製剤】 【効能又は効果】 湿疹、虫さされ、皮膚そう痒症、じんましん、小児ストロフルス 【用法及び用量】 適宜、患部に塗布します。 【成 分】 (100g中) 日本薬局方 ジフェンヒドラミン 1,0g 日本薬局方 酸化亜鉛 5,0g 日本薬局方 マクロゴール軟膏 適 量 <用法・用量に関連する注意> (1)用法・用量を厳守してください. (2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください. (3)目に入らないよう注意してください. 万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください. なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください. (4)外用にのみ使用してください. 相談すること 1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください (1)医師の治療を受けている人. (2)本人又は家族がアレルギー体質の人. (3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人. (4)湿疹やただれのひどい人. 2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください (1)使用後,次の症状があらわれた場合 皮ふに発疹・発赤,かゆみがあらわれる (2)5〜6日間使用しても症状がよくならない場合 解 説 B・Z・M軟膏は,抗ヒスタミン作用を持つジフェンヒドラミンと収れん・保護作用を持つ酸化亜鉛をマクロゴール軟膏に練合した,湿疹,皮膚のかゆみや虫さされ等に用いる外皮用薬です. ジフェンヒドラミン ;かゆみを起こす原因物質の作用をおさえます. 酸化亜鉛 ; 収れん,保護作用を発揮します. マクロゴール軟膏 ; 軟膏基剤です。 蚊やダニ等の虫さされからアレルギー性のじんましんや湿疹まで、患部の かゆみ止めに効きます。 ステロイド(副腎皮質ホルモン)はいっさい含まれていません。 幼児から高齢者まで使用できます。 水溶性軟膏なのでベトつかず、メンソールなど含みませんので患部にしみる事もありません。 尚、原料のジフェンヒドラミンは特異な強い臭気(生臭い魚のような、又はくさやの様なにおいです)を持つ為、製品の軟膏にも若干そのニオイが残ります。 しかしこれは正常な状態で、軟膏が痛んでいるわけではないので安心してお使い下さい。 保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください. (2)小児の手の届かない所に保管してください. (3)他の容器に入れ替えないでください.(誤用の原因になったり品質が変わります.) BZM軟膏は2012年8月より増量となり、軟膏壺入りの商品は63gとなります。 価格は据え置き1つ1,650円です。 (商品番号na15)(本体価格¥1,500) 使用期限は包装に記載がございます。 送料について 通信販売の場合は商品代金と別に送料がかかります。 通常はヤマト宅急便代引で手配します。 送料については以下の通りです。 通販は日本国内のみとなります。 (海外発送はできません) 代引手数料は当店で負担致しますので別途必要ありません。 別に銀行口座にあらかじめ振込いただく方法も選択可能ですが、お届けは入金確認後となるので代引より少し時間がかかる場合がございます。 ・商品のご利用金額が五千円未満の場合 本州・四国地区;¥800、 北海道・九州・沖縄地区;¥900 ・商品のご利用金額が五千円以上1万円未満の場合 本州・四国地区;¥400、 北海道・九州・沖縄地区;¥500 ・商品1万円以上お買い上げの場合 送料無料(全国共通) 一部の離島では別途送料のかかる場合がございます。 なお、BZM軟膏を少数(63g包装で2つ以内)ご利用いただく場合は送料の安い郵便でお送りする事もできます。 郵便の場合は配達に2〜3日かかりますが、送料・手数料が軟膏1つなら¥300、2つなら¥350で手配できます。 商品に郵便振込み用紙を同封致しますので、後日郵便局からご入金いただく形となります。 たとえば、BZM軟膏(63g ¥1,650)を2箱ご利用の場合は、商品合計¥3,300に送料・手数料が¥350となり、合計¥3,650でご利用いただけます。 また、サンホワイトP-1とBZM軟膏を各1箱ずつで合計2箱という場合も、同様に郵便での送付が可能です。 郵便での送付をご希望の方はご注文の際、配達方法を選択する所で郵便をお選び下さい。 ただし郵便の場合荷物はポストにお届けする形となりますので、お支払い方法で代引はご利用いただけません。 お支払いは銀行振り込みの後払いも可能です。 メールのお問い合わせはこちらからもできます。 ふくろう堂薬局 ||.

次の

褥瘡治療薬一覧~黒色期・黄色期~【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

マクロ ゴール 軟膏

褥瘡治療には主に外用薬が使われます。 褥瘡の創部に壊死組織が付着していた場合、そのままでは肉芽形成が進みません。 壊死組織は感染の原因にもなったりしますので、まずは壊死組織を取り除くことが大切です。 それぞれの時期で使用される薬剤が異なってきます。 有効成分だけでなく、基剤に吸水性があるかどうかなどの 「基剤の特性」も考慮して薬剤を選択しなければいけません。 この記事では黒色期・黄色期で使用される褥瘡治療薬について解説します。 褥瘡の時期についての説明はこちらに記載しています。 赤色期・白色期の褥瘡治療薬はこちらにまとめています。 黒色期の状態と治療薬一覧 黒色期の状態 黒色の硬い壊死組織が付着しています。 壊死組織を放置したままにしておくと感染のリスクが高くなるため、早めに取り除く必要があります。 黒色期の治療 医師による外科的デブリードマン(壊死組織をハサミやメスなどで取り除くこと)が主な治療となります。 壊死組織が薄く柔らかい状態であれば薬剤を使うこともあります。 黒色期の治療薬 壊死組織を取り除く薬剤として、ゲーベンクリームやブロメライン軟膏などがあります。 ゲーベンクリーム(スルファジアジン銀) 銀含有成分であり、抗菌作用が期待できます。 滲出液があまり多い創に使用すると、水分過多になり悪化することがあるため注意が必要です。 ブロメライン軟膏(ブロメライン) 吸水性のマクロゴール軟膏が基剤になっているため、滲出液が少ない創では効果が期待できません。 有効成分は 蛋白分解酵素のため、強い壊死組織除去効果を持っています。 酵素の作用で正常皮膚を傷つけてしまうことがあるため、周囲の皮膚にワセリンを塗るなどして保護することも大切です。 黄色期の状態と治療薬一覧 黄色期の状態 黄色の壊死組織が創面に残っている状態です。 黄色壊死組織は、硬いものと柔らかいものがあります。 壊死組織のため、黒色期と同様に創の感染に注意が必要です。 黄色期の治療 滲出液の量をコントロールして、適切な湿潤環境を保ちながら壊死組織を除去します。 壊死組織を除去しながら肉芽形成へと促していきます。 黄色期の治療薬 黒色期と同様に、ゲーベンクリーム、ブロメライン軟膏、ユーパスタなどが使われます。 ゲーベンクリーム、ブロメライン軟膏は黒色期を参考にしてください。 ユーパスタ(白糖・ポビドンヨード配合) マクロゴール基剤のため吸水作用があり、肉芽が浮腫をおこしていたりする場合に適しています。 また、主剤の ポビドンヨードによる 抗菌作用があるため感染を制御したい場合に使われます。 ただ、滲出液の吸水力が強いため、 乾燥している創には不適です。 もちろん 肉芽形成促進作用があります。 ユーパスタにはイソジンシュガーパスタやネグミンシュガーなど様々な後発品がありますが、吸水力はどれも同じというわけではありません。 吸水力が一番高いのはユーパスタであるとのデータが出ています。 カデックス軟膏(カデキソマー・ヨウ素) カデックスとは 吸水性ポリマービーズである カデキソマーに ヨウ素を配合したものです。 カデックスと基剤のマクロゴールが1対1で配合されたペーストです。 殺菌消毒作用があり、カデキソマーとヨウ素で膿、細菌などを吸収します。 カデキソマーは吸水性ポリマービーズであり、基剤が吸水力のあるマクロゴール軟膏のため、ある程度は滲出液を吸収してくれますが、ビーズ内に保持された水分により湿潤保持にも働くため、 滲出液が多い場合には避けた方がよいです。 また、洗浄の際には創内にビーズが残らないようにしっかりと洗浄することがとても大切です。 まとめ 壊死組織は細胞の増殖を妨げ、感染の原因となります。 黒色期・黄色期はともに 壊死組織除去を大きな治療目標とします。 黒色壊死組織は 外科的デブリードマン(壊死組織をハサミやメスなどで取り除くこと)、黄色壊死組織は薬剤による 化学的デブリードマン(壊死組織を薬剤などで取り除くこと)が主な方針となります。 壊死組織の状態や、滲出液の量に応じて薬剤を選択することが大切です。 褥瘡の関連記事 参考文献• 早くきれいに褥瘡を治す「外用薬」の使い方 古田勝経• 日本褥瘡学会 褥瘡局所治療ガイドライン• 白糖・ポビドンヨード配合軟膏の製剤特性の比較について 高山幸三 医と医学2000• 処方改良ユーパスタコーワの類薬と製剤特性の比較 高山幸三 医と医学2005.

次の