格安 スマホ おすすめ 機種 2019。 SIMフリースマホのおすすめ比較ランキング 11機種を解説

【2019年最新版】中学生・高校生におすすめのスマホ(端末・機種)3選|初心者おすすめ格安スマホ

格安 スマホ おすすめ 機種 2019

もくじ• 格安スマホとは? 格安スマホとは、大手のキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信設備を借りて提供されている、『格安で通信サービスが使えるスマホ』です。 簡単に言うと大手に比べ、 毎月携帯代として払っている金額が大幅に安くなるスマホの総称です。 通信設備の維持の必要がないことや実店舗を持たないこと、最低限のサポートサービスに抑えることにより、大手キャリアのスマホよりも非常に安い料金で使用することを可能にしています。 ユーザーによっては 年間6万円以上の節約になることもあります。 格安スマホの選び方 いざ格安スマホを買おうとしても、『自分が使いたい機能を満たしていて、かつお得なプラン』がどれなのかわかりにくいですよね。 あなたにぴったりの格安スマホはどれなのか絞り込めるようなおすすめの選び方をお伝えします。 参考にしながら選ぶと非常に簡単にぴったりのプランが見つかります。 『音声通話付きプラン』か『データ通信専用プラン』か決める 様々なプランがある格安スマホですが、まずは音声通話 電話番号を使った電話 をするかしないかを選択しましょう。 データ通信プランは2台目用だとおすすめですが、 9割の人は音声通話付きプランを選択した方が良いです。 日本ではまだまだ電話番号を使う機会が非常に多いため、万が一の際に電話番号がなくて 「引っ越しの手続きができなかった」 「ショートメールで認証番号が送られて来るのに、どうしようもできない…」 といった事故を防ぎましょう。 月間の使用データ量はどのくらいかで選ぶ 今現在使用しているスマホのデータ使用量を目安に、ご自身の普段使っているデータ使用量、もしくは使いたい使用量に合わせてプランを選びましょう。 電話番号を使用して通話することはほぼ無くなるはずなので、LINEやその他SNSを使用すれば問題なく電話はできるはずです。 少々通話料が高くても、確実にデータ量を賄えるプランがおすすめです。 月額料金が安いプランを選ぶ 先ほど触れたように、月額料金が安い格安スマホのプランを選びましょう。 同じデータ量であれば、安い方が良いです。 電波強度よりも通信速度の安定性を確認 最後に通信速度の安定性が重要です。 最大スピードよりも安定性の方が重要。 今回紹介する格安スマホはどれも安定してスピードが出ます。 安心して選びましょう。 店舗ではなくWebから申し込む 格安スマホはなぜ安いかと言うと、実店舗を持たなかったりスマホの設定の仕方などのサービスが基本的にないため、人件費や維持費を削減して安く提供しています。 Webからの申し込みを優遇し、非常にお得なキャンペーンをやっていることが多いです。 ぜひWebから申し込んで格安スマホをGETしましょう。 比較表を見ると、が、コンパクトな3Gの場合で最安値。 かつ、 UQmobileは他の格安スマホに比べて同程度の料金でも多くのギガが使えるというメリットがあります。 そのためUQmobileをおすすめしたいと思います。 格安スマホおすすめランキング10選 それでは200社を比較した結果わかった、最もおすすめできる格安スマホを紹介していきます。 第1位: 通話もネットもコミコミで安い!データ通信の安定感に定評のあるブランド 第1位はUQモバイル(UQmobile)です。 スマホ料金安くおさえた• 通信速度は落としたくない(キャリアと同じくらいの速度を保ちたい)• 子どもに安全なスマホを持たせたい• せっかくなら申込時にキャッシュバックなどが欲しい 「おうちまるごとUQだぞ」のコピーでおなじみのUQモバイル。 データ通信に定評のある会社で、 他者に比べて同程度の月額料金で多くのギガが使えるのが特徴です。 お使いのスマホだけをUQモバイルに乗り換えてもお得ですが、Wifi環境も合わせて乗り換えるといっそうお得です。 とにかくデータ通信に強いUQモバイル UQモバイルの最大のウリは、 通信速度がとにかく速いこと。 そもそも UQモバイルは、ポケットWiFiやルーターを提供していたUQブランドが立ち上げた格安スマホです。 実際に使ってみると、格安スマホとは思えないスピード感に驚くでしょう。 また、もう一つのウリは、 SNSでのデータ消費がゼロということ。 最近のスマホ需要は、通話よりもデータ通信に傾いているため、スマホ料金=データ通信料と言っても過言ではなく、とくに若い年代はSNSをするためにスマホ契約をしている人も多いのでは。 UQモバイルは「節約モード」での使用で、SNS、音楽鑑賞などをどれだけ使ってもデータ消費はゼロ。 UQモバイルなら、日々のデータ消費の大部分を占めるSNSのデータ消費をゼロに抑えられるため、基本料金も安く抑えることができるのです。 「節約モード」設定時は、送受信は最大300Kbps、MP3のビットレート128Kbpsという制限付きではありますが、 通常のSNSのやり取りや端末に保存済みの音楽を聴くだけなら充分な通信量です。 また、動画再生やビデオ通話、高速インターネット検索などを使用したい場合、 ワンタッチでモードを切り替えることが可能です。 消費データに合わせて賢く使い分けできるから、データ通信にムダがありません。 自分にあった通話プランとデータプランが選べる ビジネスでの使用の場合、電話を多く使用することも想定されます。 また、電話番号も090や080で始まるものが好ましいでしょう。 UQモバイルはそんな方も自分に合った通話プランやデータプランが選べるのが特徴です。 とくにおすすめなのが 「おしゃべりプラン」。 これは、1回5分以内の国内通話なら、何回かけても無料というプラン。 一説によると携帯電話での1回の平均通話時間は2:39分(2016年度)。 一般的な通話スタイルの方であれば5分あれば充分まかなえます。 ときどき長時間話すこともあるという方は 「ぴったりプラン」を選べば、 無料通話が最大3時間分付くので安心です。 なお、 国内通話料は、20円/30秒となっています。 通話もデータ通信もたっぷり。 おしゃべりプラン……1回5分以内の国内通話が何回でも無料• ぴったりプラン……無料通話が毎月最大3時間(180分)付与される 子どもにも安心なUQモバイル!スマホデビューにもぴったり 子どもが危険に巻き込まれたりしないかなど、子どものスマホデビューに悩む親御さんも多いと思います。 そんな方にもピッタリなのがUQモバイル。 料金が安く通信速度も速いのはもちろんですが、 危険なサイトや通信から守る、「あんしんフィルター」を月額無料でつけられます。 さらに見守りアプリと、お子さんのSNSの見守りができる 「家族みまもりパック」のオプションが月額380円で追加できます。 この「家族みまもりパック」はUQモバイルの契約と同時加入で 最大2か月間無料になりますので、まずは試してみるというのもいいですね。 UQモバイルはお子さんのスマホデビューにピッタリと言えそうです。 あんしんフィルターが無料……危険なサイトや通信から守る機能• 家族みまもりパック……位置情報アプリとSNS見守り機能が使える 新規も機種編も!データ容量7G増量+オプション無料!家族割ならさらにおとく UQモバイルでは、 新規契約者、機種変更契約者ともに、データ容量を毎月7Gプラス、オプション料金(月額500円)が最大25か月無料になるキャンペーン中。 キャンペーン適応中は、例えばプランS(3GB)に「おしゃべりプラン」で申し込んだ場合、 毎月10GBまでのデータ通信ができ、さらに月額使用料は500円OFFされます。 つまり、 毎月10GBの通信+5分以内の通話回数無制限のプランが、1,480円になるんです! また、家族割が充実しているのもUQモバイルの特徴。 ご家族がすでにUQモバイルの場合、 2代目、3台目は割引価格の対象に。 つまり、 家族で3台持った場合でも、たったの4,980円に抑えられるのです。 さらに今、下記のサイトから申し込むとさらに今、 下記のサイトから申し込むと5,000円キャッシュバックのお得なキャンペーン中です。 他社のスマホをお使いでも、SIMの差し替えで端末はそのまま、乗り換えも簡単。 スマホの使用料金を少しでも安く抑えたい方はこの機会にUQモバイルを検討してみてはいかがでしょう。 第2位:『OCNモバイルone』・・・月額料金が安くNTT系列なので通信速度が安定! 第1位は『OCNモバイルone』です。 月額の利用料をとにかく安くしたい人• 大手キャリアスマホと同じ通信・通話品質が欲しい人• スマホの機種が豊富な中から選びたい人• 『OCNモバイルone』は大手キャリアと同じ通話品質・通信品質! 『OCNモバイルone』は大手のNTT系列が運営する格安スマホのため、万が一の保証や回線速度の安定など様々なメリットがある格安スマホの会社です。 特徴としては、NTTの系列なので、 高速通信や電話の音質が非常に優れていることがあげられます。 高速データ通信プランが特に人気でおすすめです。 今だけ!最低利用期間6ヶ月のまま2年間ずっと320円割引のキャンペーン中! プラン 最低利用期間 違約金 データ専用SIM 1ヶ月 なし 音声通話+SIM 6ヶ月 8,000円 データ専用SIMは初月の料金を支払ったらいつ解約しても問題ありません。 音声通話+SIMのプランは最低利用期間6ヶ月ですが、大手キャリアの2年縛りに比べると非常に緩いのと、最低利用期間なので更新月が決まっているわけではないです。 仮に2月に契約した場合8月以降であればいつ解約しても解約違約金が発生しないため、 6ヶ月さえ経ってしまえば好きなときに解約可能です。 格安SIMの中でもかなり優しい条件なので、初めて格安スマホを手にする人にも非常にオススメできます。 最低利用期間が非常に短いので、もし仮に不便を感じた場合でもすぐに乗り換えられるのでもしものときにすぐ乗り換えられるのも高ポイント。 2019年2月1日〜2019年3月31日までのお申し込みで、今だけどの格安SIMよりも月額利用料を安く抑えられるので、この機会にぜひ申し込むことをオススメします。 通信速度が安定しているところが良い人• スマホとセットで安く買いたい人• よく通話する人 格安スマホ業界では、比較的高いシェア率を誇っている『IIJmio(みおふぉん)』。 ドコモ・auの通信回線を利用する2つのプランから選択可能です。 低価格プランから大容量のプランまで幅広く提供されているので、とにかく月々の使用量を抑えたいという方から、通信料をお得に大容量で利用したい方まで、幅広いユーザーに対応しています。 音声通話SIMを契約すれば、だれでも利用することができる「みおふぉんダイアル」は、通話料金が半額になります。 音声通話プランに対して1年間の利用制限があることが注意点です。 『IIJmio(みおふぉん)』の料金一覧 プラン SIM種別 月額料金 通信量 ミニマムスタートプラン データ通信SIM 900円 3GB ミニマムスタートプラン SMS機能付きSIM 1,040円 3GB ミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM 1,600円 3GB ライトスタートプラン データ通信SIM 1,520円 6GB ライトスタートプラン SMS機能付きSIM 1,660円 6GB ライトスタートプラン 音声通話機能付きSIM 2,220円 6GB ファミリーシェアプラン データ通信SIM 2,560円 10GB ファミリーシェアプラン SMS機能付きSIM 2,700円 10GB ファミリーシェアプラン 音声通話機能付きSIM 3,260円 10GB 大手の通信回線を使えるのに非常に安くてお得な料金設定となっています。 『IIJmio(みおふぉん)』の解約違約金について 『IIJmio(みおふぉん)』の解約はシンプルで、音声通話SIMの場合12ヶ月、データSIMの場合は2ヶ月利用すれば以降は違約金がかかりません。 大手キャリアに比べて非常に縛りが短いですね。 第4位:『DMMモバイル』・・・ほとんどの月額料金プランが業界最安値! 第3位は『DMMモバイル』です。 月額利用料を安く済ませたい• comが提供する格安スマホサービスがDMMモバイルです。 格安スマホ業界では、月額料金が圧倒的に安く、料金プランも豊富で、100MBから容量を追加していくこともできます。 また、通信速度が安定していること、DMMトークという通話アプリを使用することで、通話料金を半額におさえることができるのも特徴です。 また、低速になっている時も、最初の3秒だけは高速で通信できるバーストモードを使用することでストレスなく使用することができます。 しかし、2019年2月現在『OCNモバイルone』のキャンペーンでさらに安く、しかも回線も安定しているため、今 2019年2月時点で 格安スマホに乗り換えたいと考えているのであれば『OCNモバイルone』をおすすめします。 DMMモバイルの料金一覧 第5位:『mineo マイネオ 』・・・大手3キャリアの回線を使用可能! mineoはドコモとau、どちらのネットワークにも対応した、日本初のマルチキャリアサービスを提供する格安スマホ会社です。 関西電力が設立した通信事業会社が経営しており、業界最安値の大容量プランを実現しています。 ドコモ・auどちらの回線を選ぶかにより、SMSやテザリングなどのオプションが無料で利用できるのか、それとも有料となるのか異なってきます。 気になる通信速度も、他社と比べて遅いということはありません。 また、特筆すべきはサポート体制の充実でしょう。 格安スマホではあまり見られないチャットでのサポートを実施しているほか、端末安心保障サービスに加入しておくと月額399円でもしもの故障に備えることができます。 の料金一覧• 月額料金の安さにこだわりたい人• シンプルで分かりやすい料金プランがいい人 『nuro mobile』は月額900円~契約できる! ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する新サービス『nuro mobile』。 ドコモ・au・ソフトバンク トリプルキャリア対応記念キャンペーンとして、 1年間900円から音声通話付で契約できるキャンペーンを開催中です。 音声通話付きのSプラン・Mプラン・Lプランのいずれかに、新規または他社からの乗り換え MNP で申し込み、適応期間中に申込みプラン・容量を変更をせず、nuroモバイルサービスを継続することが条件です。 13か月間もキャンペーン価格が継続するのはうれしいですね! さらに、 利用開始月はキャンペーン内容に関わらず月額基本料金も無料に! データ通信をあまり使わず0. 2GBのお試しプランから契約する人だと、 最安300円で契約OK!徹底的に安さにこだわっているので、値段重視の人は満足できるでしょう。 nuro mobileの料金一覧 『nuro mobile』の料金プランは大きく分けて4種類と非常にシンプル。 4種類の要領から選べるのでライフスタイルによって選択OK! キャリアごとの金額は以下の通りです。 1年以内に解約する場合は、最大12,000円の違約金が発生するので覚えておきましょう。 端末を買いなおす金額よりも安く交換できるから安心ですね。 プラン データ通信料 月額料金 データSIMプラン データSIM 1~50GB 480円~10,300円 音声SIMプラン 通話SIM 0. 5~50GB 1,130円~10,800円 シェアプラン、通話SIM1枚+データSIM2枚 4~50GB 1,780円~11,100円 大手イオンが格安スマホに参入! 大手流通会社のイオンが独自に展開する格安スマホサービスのイオンモバイルは、イオンモールやスーパーセンターに販売コーナーがあります。 スタッフと直接話しをして購入することができ、購入後もプランについての相談や操作していてわからない点を聞けることが大きなメリットです。 また、他社と比べ、30GB以上の大容量が安くなっています。 欠点は、 料金の支払いがクレジットカードでしかできないことです。 イオンモバイルの解約について 契約期間の縛りもなく、解約金はかかりません。 安心して使えますね。 ただし、月の途中解約の場合、日割り計算は行わない点だけ気をつけてくださいね。 第9位:『Y! mobile(ワイモバイル 』・・・9GBプランが安い 第8位は『Y! mobile(ワイモバイル 』です。 mobileはソフトバンク系列のヤフー!が経営する格安スマホ会社で、数少ないソフトバンク系列の格安スマホ会社なので、ソフトバンクのサービスも利用することができます。 通話メインならやっぱり安い! Y! mobileの特徴は大きく2点あります。 1つ目は全国各地に店舗を展開しているのでスマホ初心者にも安心ということ。 2つ目はプランによっては何回でも10分以内の無料通話ができることです。 そのため、短時間の通話を頻繁に利用する方におすすめです。 さらに、2年契約の場合対象端末を安価に運用できる「アシストパック」と、2年ごと自動更新契約「スマホまる得プラン」についてはそれぞれ契約解除料が掛かります。 スマホまる得プランは2年以内に解約した場合6,000円かかるので気をつけましょう。 またアシストパックの契約解除料は機種や契約状況によって異なるので都度BIGLOBEモバイル公式サイトを確認するようにしてください。 格安スマホおすすめは『OCNモバイルone』! 格安スマホに乗り換えることで、キャリアと比較すると大幅に携帯の使用料金をおさえられることはもちろんですが、MVNO各社それぞれに特徴があるので、ぴったりの格安スマホが見つかるはずです。 料金プラン、通信の速度や制限、利用期間の縛りや違約金、会員限定のサービスオプションなど、キャリアとは違った注目すべき点がたくさんあるのでチェックしたうえで格安スマホに乗りかえることをおすすめします。 様々な格安スマホを紹介してきましたが、最もおすすめできるのは『OCNモバイル』です。 今だけのキャンペーンで月額料金が2年間業界最安値で、しかも通信速度も大手キャリアと全く変わらないので、今現在大手のキャリアのスマホを使っている方も全く変わらない使用感で利用できます。 ぜひこの記事を参考に、格安スマホに乗り換えましょう!.

次の

【2020年】格安スマホおすすめ5社を比較!料金の安い会社と人気端末はどれ?

格安 スマホ おすすめ 機種 2019

先着300万人、ギガ使い放題のRakuten UN-LIMITが1年間無料 楽天モバイルでは先着300万人対象、ギガ使い放題で24時間話し放題のRakuten UN-LIMITが1年間無料で使えるキャンペーンを行っています。 2年目以降は月2980円です。 1人1回線1度のみ適用できます。 開通日を起点に12カ月後マイナス1日までが無料。 例えば、2020年4月8日に開通した場合、2021年4月7日まで無料が無料。 2021年4月8日以降は日割りです。 それ以外のパートナーエリアは月5GBまで 使い切っても速度は1Mbps。 対象プラン Rakuetn UN-LIMIT キャンペーン期間 先着300万人まで、先着数は増減の可能性があります。 対象プランの詳細は下記を参考にしてみてください。 楽天モバイルのキャンペーンや料金の詳細は楽天モバイルの公式サイトをご確認ください。 2020年6月30日に100万人突破! 4月8日に正式スタートして、3ヶ月弱で楽天モバイルUNLIMITのユーザ数が100万人になりました。 この調子で行くと、300万人達成は2020年11月〜2021年1月ごろになりそうです。 キャンペーン期間:終了日未定 楽天リンクを利用した月の翌々月末日までに、楽天ポイントが付与されます。 付与される楽天ポイントの有効期間は6カ月です。 スマホや固定電話の電話番号に発信するとカウントされます。 キャンペーン期間:終了日未定 楽天リンクを利用した月の翌々月末日までに、楽天ポイントが付与されます。 付与される楽天ポイントの有効期間は6カ月です。 キャンペーン期間:終了日未定 最大2万ポイントの還元対象製品 楽天ポイント 20,000ポイント ・AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020 楽天ポイント 15,000ポイント ・Galaxy S10、Galaxy A7、Xperia Ace 楽天ポイント 10,000ポイント ・Galaxy Note10+、AQUOS sense3 plus、arrows RX、HUAWEI nova 5T、OPPO Reno A 128GB 楽天ポイントは、開通完了月 Rakuten UN-LIMITでデータ通信をした日 の翌々月の末日までに付与されます。 有効期間は6カ月です。 3回必要とかではないです。 楽天回線対応製品以外のスマホでRakuten UN-LIMITを使うと、無料で電話かけ放題になるRakuten Linkが使えなかったり、フリーダイヤルや緊急通報ができない場合があります。 楽天回線対応製品以外のスマホやiPhoneでも使える機種がありますが、複雑です。 できるだけ今使っているスマホやiPhoneを使いたい場合は、下記を参考にしてください。 よくわからない場合や、リスクを避けたい場合は、楽天モバイルで楽天回線対応の格安スマホを買うのがおすすめです。 後日に楽天回線対象製品を購入しても最大2万ポイントの還元対象だけど、8月5日に新たな条件が追加 とりあえず今のスマホで試して、ダメそうだったら楽天回線対応製品を購入したい・・・。 そんな場合でも最大2万ポイントは適用されます。 注:翌月末までに特典対象製品の購入が必須になった 2020年7月30日までは端末の購入期限がありませんでしたが、8月5日に公式サイトで新たな条件が追記されていました。 楽天カードなら分割手数料はかかりませんが、楽天カード以外で分割払いにすると、結構高い分割手数料がかかります。 楽天カード以外で支払う場合は一括払いにした方が良いです。 48回払いに注意! 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITでは、Androidスマホを48回払いにして、見た目を安くしているので注意してください。 の性能から考えて妥当な本体価格はせいぜい3万円です。 リスクを避けるために、楽天回線エリアだとDSDV対応機種がおすすめ まだ楽天回線の電波はあまり良くない場所があります。 楽天回線エリアでも電波が悪くなったり、切れたりする場合があります。 そんな場合におすすめなのがDSDV機種です。 DSDV機種を使えば、Rakuten UN-LIMITを使いながら、他社のデータSIMや通話SIMが使えます。 電波が悪かったら、他社の格安SIMを使えば、Rakuten UN-LIMITのデメリットを回避できます。 パートナーエリアならDSDV対応機種は必須ではない パートナーエリアだとauのローミングが使えるので、楽天回線エリアのように電波が悪くなることはほとんどないので、SIMカードが2枚使えるDSDV機種を選ぶ必要性は少なめです。 高速データ通信は月5GBですが、使い切った場合でも1Mbpsの速度が出ます。 1Mbpsなら結構普通に使えます。 おすすめ No. 1:DSDV対応、OPPO A5 2020、低解像度だけど電池持ち化け物 OPPO A5 2020の楽天モバイル価格:2万18円 税込2万2020円 楽天ポイント:20,000ポイント 性能:6. 5インチ 低解像度 、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、4眼カメラ1200万画素 F値1. 5000mAhの超大容量の電池を搭載していて、CPUは比較的高性能で省エネ性能も高いSDM665です。 電池持ちが超良いです。 DSDVにも対応しています。 大画面で低解像度なのでゲームの画質が少し悪くなるのが欠点です。 かかる費用は本体代の税込2万2020円と事務手数料3300円です。 今なら楽天ポイントが合計2万6300ポイントもらえるので、 実質マイナス980円 税込 でOPPO A5 2020が手に入ります。 つまり楽天から980円もらえる計算です OPPO A5 2020ならDSDVに対応しているので、なんとなく不安な場合は、とりあえずSIMカードが2枚使えるOPPO A5 2020を選ぶのが無難です。 おすすめ No. 2:DSDV非対応、AQUOS sense3 lite、電池持ちが超良く比較的コンパクトな防水・おサイフケータイ対応スマホ AQUOS sense3 liteの楽天モバイル価格:2万3618円 税込2万5980円 楽天ポイント:20,000ポイント 性能:5. 5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素 F値2. 0 、重さ166グラム、電池容量4000mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証 前面 AQUOS sense3 liteは2019年10月1日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホです。 AQUOS sense2は普通に使える格安スマホとして大ヒットしましたが、後継機のAQUOS sense3 liteは普通にたくさん使える格安スマホとして大ヒットしています。 かかる費用は本体代の税込2万5980円と事務手数料3300円ですが、今なら楽天ポイントが合計2万6300ポイントもらえるので、 実質2980円 税込 でAQUOS sense3 liteが手に入ります。 コンパクトさを重視するならAQUOS sense3 liteです。 大きい画面でネットをしたい場合はOPPO A5 2020がおすすめです。 おすすめ No. 7 +深度測定用500万画素 F値2. 2 +超広角800万画素 F値2. 4 、重さ168グラム、電池容量3400mAh、ナノSIM、指紋認証 側面 、microUSB Galaxy A7は2019年10月1日に発売された、比較的高性能でカメラ性能も良い格安スマホです。 6インチの有機ELでディスプレイの画質がキレイです。 F値1. 7の明るいレンズで夜景にも強く、超広角カメラで広い範囲の写真も撮ることができます。 CPU Exynos 7885 は、AQUOS sense3 liteやXperia Aceよりも1. 2倍くらい高性能です。 安さを重視しつつカメラ性能もある程度重視したい場合は、Galaxy A7がおすすめです。 かかる費用は本体代の税込1万8700円と事務手数料3300円です。 楽天ポイントが合計2万1300ポイントの楽天ポイントがもらえるので、 実質700円 税込 でGalaxy A7が手に入ります。 おすすめ No. 4:DSDV対応、OPPO Reno A、高性能でコスパが良い防水・おサイフケータイ対応スマホ OPPO Reno Aの楽天モバイル価格:3万5273円 楽天ポイント:10,000ポイント 性能:6. 4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM128GB、デュアルレンズカメラ1600万画素 F値1. 7 +深度測定用200万画素 F値2. 4 、重さ169グラム、電池容量3600mAh、デュアルSIM ナノSIMx2、DSDV対応、DSDV利用時はマイクロSDカード利用不可 、防水、おサイフケータイ対応、ディスプレイ指紋認証 OPPO Reno Aは2019年10月1日に発売された、比較的高性能でコスパが良い防水・おサイフケータイ対応スマホです。 AQUOS sense3 liteよりも価格が高くなりますが、CPUの処理能力が約1. 3倍、RAM6GBにアップ、ROM128GBに倍増、カメラスペックも結構アップします。 OPPO Reno AならSIMカードを2枚使えるDSDVにも対応しているので、Rakuten UN-LIMITを使いながら、他社の格安SIMを使うことができます。 性能的にはAQUOS sense3 plusと似ていますが、OPPO Reno Aの方が少しだけより高性能で、少し安く買えます。 AQUOSにこだわりがなければ、基本的にはOPPO Reno Aを選ぶことをオススメします。 おすすめ No. 5:DSDV対応、OPPO Reno3 A、防水・おサイフケータイ対応の本命 OPPO Reno3 Aの楽天モバイル価格:3万6182円 性能:6. 44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素 F値1. 7 +超広角800万画素 F値2. 2 +ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、デュアルSIM ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応 、WiFiのac対応、Type C対応、防水、おサイフケータイ対応 OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホです。 OPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。 同じような価格なら、OPPO Reno3 Aのほうがオススメですが、OPPO Reno3 Aだと楽天ポイントがもらえません。 OPPO Reno Aなら10,000ポイントです。 楽天モバイルで買う場合は、OPPO Reno Aのほうがオススメです。 楽天ポイントよりも、カメラ性能と電池持ちを重視する場合に、OPP Reno3 Aを検討してみてください。 おすすめ No. 6:DSDV対応、nova 5T、コスパの良いカメラ性能特化スマホ nova 5Tの楽天モバイル価格:5万4364円 楽天ポイント:10,000ポイント 性能:6. カメラ性能に定評のあるファーウェイのハイエンドモデルです。 高性能なCPU、Kirin980を搭載してRAMは超大容量の8GBです。 高品質な4眼レンズでスマホの中でもトップクラスのカメラ性能です。 おすすめ No. 7:DSDV非対応、AQUOS R5G、動画ズームが便利な超高性能スマホ AQUOS R5Gの楽天モバイル価格:11万7091円 性能:6. 5インチ、CPU SDM865、RAM12GB、ROM256GB、メインカメラ1200万画素 F値1. 7 +超広角4800万画素 F値2. 9 +望遠1220万画素 F値2. 7 +ToFカメラ、重さ189グラム、電池容量3730mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証 前面 AQUOS R5Gは楽天モバイルで2020年6月18日に発売された超高性能なスマホです。 最新最速のCPUのSDM865 5Gを搭載しています。 8Kで動画を撮影することができて、フォーカス撮影で動画のズームが簡単にキレイにできます。 AQUOS R5Gは動画をズームでキレイに簡単に撮りたい場合に、おすすめのスマホです。 おすすめ No. 7:DSDV非対応、Galaxy S10、カメラ性能最高の超高性能スマホ Galaxy S10の楽天モバイル価格:9万728円 楽天ポイント:15,000ポイント 性能:6. 1インチ、CPU SDM855、RAM8GB、ROM128GB、トリプルレンズ標準1200万画素 F値1. 4 +光学2倍望遠1200万画素 F値2. 4 +超広角1600万画素 F値2. 2 、重さ157グラム、電池容量3300mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、ディスプレイ指紋認証 Galaxy S10は2019年6月前後にauとドコモから発売されたスマホですが、楽天モバイルでは2019年12月1日に発売しました。 カメラ性能に定評があるGalaxyの最新モデルです。 F値が変わるので、明るい場所でも暗い場所でも綺麗に撮ることができます。 光学2倍ズームに対応。 カメラ性能を最重視する場合は、Galaxyがオススメです。 超高性能なSDM855のCPUを搭載、ディスプレイ指紋認証も対応しています。 おすすめ No. 7:Rakuten Mini、DSDV非対応、ちっこいスマホで防滴おサイフケータイ対応 Rakuten Miniの楽天モバイル価格:1万7000円 性能:3. 6インチ、CPU SDM439、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ79グラム、電池容量1250mAh、eSIM、防滴、おサイフケータイ対応、指紋認証非対応 顔認証対応 Rakuten Miniは2020年1月23日に発売された、世界最小・最軽量 79グラム! のおサイフケータイ対応スマホです。 DSDVには非対応です。 Rakuten Miniは物理SIMではなくeSIMです。 Rakuten Miniはスマホをあまり使わない場合や、2台目のスマホとして使う場合、あとはテザリング用やおサイフケータイ専用として使うなどが良い感じです。 おすすめではない:DSDV非対応、AQUOS sense3 plus AQUOS sense3 plusの楽天モバイル価格:4万2864円 楽天ポイント:10,000ポイント 性能:6インチ、CPU SDM636、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1220万画素 F値1. 4 、重さ175グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM ナノSIMx2、マイクロSDカードの同時利用は不可、楽天版はDSDV非対応 、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証 前面 AQUOS sense3 plusは2019年12月13日発売の比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。 AQUOS sense3 liteと比べて各種性能がアップしますが、価格がAQUOS sense3 liteより1万5000円近くも高くなって、性能的に考えて楽天のAQUOS sense3 plusは割高です。 加えて、楽天モバイルで販売しているAQUOS sense3 plusはDSDVに対応していないので、Rakuten UN-LIMITで使う機種としてはあまりおすすめではなりません。 8インチ、CPU SDM855、RAM12GB、ROM256GB、トリプルレンズ標準1200万画素 F値1. 4 +光学2倍望遠1200万画素 F値2. 1 +超広角1600万画素 F値2. スタイラスペン対応で、内臓のスタイラスペンでメモが取れます。 カメラ性能は定評があるGalaxyの最高モデルです。 F値が変わるので、明るい場所でも暗い場所でも綺麗に撮ることができます。 F値2. 1の光学2倍ズームに対応。 超高性能なSDM855のCPUを搭載、ディスプレイ指紋認証も対応しています。 おすすめではない:DSDV非対応、Xperia Ace Xperia Aceの楽天モバイル価格:4万9819円 楽天ポイント:15,000ポイント 性能:5インチ、CPU Snapdragon 630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素 F値1. 8 、重さ155グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、防水、おサイフケータイ対応、指紋認証 側面 Xperia Aceは2019年6月1日にドコモから発売され、10月1日に楽天モバイルからも発売された、比較的コンパクトな防水・おサイフケータイ対応スマホです。 性能的にはAQUOS sense3 liteと似ていますが、電池持ちが劣ります。 そしてXperia Aceの方が値段が2万円くらい高くなります・・。 割高感が強すぎます。 DSDVにも対応していないので選ぶ価値は少ないです。 おすすめではない:DSDV非対応、arrows RX arrows RXの楽天モバイル価格:2万9819円 楽天ポイント:10,000ポイント 性能:5. 84インチ、CPU SDM450、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1310万画素+深度測定用500万画素、重さ166グラム、電池容量2880mAh、ナノSIM、指紋認証 背面 arrows RXは2019年10月1日に発売された、壊れにくい普通性能の防水・おサイフケータイ対応スマホです。 耐衝撃構造になっていて、落下にも強いですが、性能が全般的に1年前の機種で定価は3万円で割高なのでおすすめではありません。 DSDVにも対応していません。 スマホ交換保証プラスは本体価格が5万円以上なら検討する 楽天モバイルで端末購入時に月650円のスマホ交換保証プラスに加入すると、スマホが壊れても6000円で同一機種に6000円で交換してくれます。 本体価格が5万円以上なら加入を検討してみてください。 本体価格が5万円未満なら、壊れたら諦めて自分で新しい機種を買った方が経済的です。 楽天モバイルでは「スマホ利用者約3人に1人が故障経験あり」と不安を煽っていますが、故障原因の7割は電池の消耗、ディスプレイの破損、水没です。 電池の消耗は保証対象外です。 スマホに保護ケースを付けておけば、落としてもディスプレイが破損することは相当程度低くなります。 水没を心配するなら、防水対応のスマホを買えばいいだけです。 ただし、5万円以上するスマホだと低確率でも金銭的ダメージもそれなりに大きくなるので、スマホ交換保証プラスの加入を検討することをオススメします。 アイフォンの一部が使えるようになったとのことですが、でかいダマシガあるようですので、念のため報告を。 『楽天リンクを使って、1回(10秒以上?)の通話と1回のSMS送信』というのが、今回のキャンペーンで事務手数料分の3300円を、後日ポイントにてバックの要件。 』ということだと理解したので、以前のようにアクティベートの必要が無い分だけ、アイフォンユーザーの取り込みには優しいなぁと思ったのですが。 『各種機能 : 一部ご利用いただけません。 SMS(パートナー回線)』とかって、楽天エリアに入らなければ無理な要件です。 これがトップページの見易いところではなく、『お客様サポート』ページの、直リンク無しのページに小さい文字で記載とかって、作為的としか思えない引っ掛けです。 頼むからA7をもらって下さい、という謙虚な依頼。 という裏読みが必要でしょうか?(笑) 4月にアクティベートしたのに事務手数料3300ポイントがまだ貰えてないんですがチャットで聞いてもチャットでは「通話記録しか調べられないので通話記録があれば多分アクティベート出来ているんじゃないか?」と言われ自分は新規で予備の番号だったので一度ワン切りしてそのあと使っていなかったので「4月に通話記録がなくアクティベートされているかは分かりません、チャットではアクティベートされた日じたいは確認出来ませんが7月に通話記録があるので7月がアクティベートになっているかも9月まで待ってもらえますか」と言われじゃあ何処に問い合わせればいいのですか?と聞くと「ありません」と言われました。 アクティベートするだけで貰えるはずだと思うのですが通話した日がアクティベートの日なんておかしいですよね。 なぜ確認が出来ないのでしょうか?管理人さんは事務手数料3300ポイントは付いていましたか? 私の4月SIMのみ契約は、6月30日に事務手数料3300ポイントが入っていました。 4月に何回か楽天リンクで電話をしていました。 条件は楽天リンクのSMS認証なので、通話履歴は関係ないはずです。 調べる方法はあるはずですが、そうじゃないと適用条件のSMS認証をいつしたのか分からないですし。。 確認できない原因は、カスタマーサポートの対応がクソなのか、それとも楽天モバイル本体と連携 利用者の利用状況の確認など がほとんど取れていないとかだと思います。。

次の

auのおすすめスマホ 10機種人気比較ランキング【2020年8月】

格安 スマホ おすすめ 機種 2019

2万円台で買える• おサイフケータイ対応 AQUOS senseシリーズは、 2019年格安SIMで最も売れたとも言われる大人気シリーズです。 AQUOS sense3、AQUOS sense3 liteと2モデルあり、AQUOS sense3 liteは、楽天モバイルオリジナルモデルとなっています。 スペックはどちらもほぼ同じですが、sense3はシングルカメラ、sense3 liteはデュアルカメラです。 特徴はなんといってもバッテリー容量です。 4,000mAhの大容量バッテリーと省電力ディスプレイで、「サクサク使えて電池持ち1週間」と言われています。 もちろん、国産スマホに必須の防水・防塵・おサイフケータイ対応です。 価格も2万円台と、国産スマホの中では格安で購入できます。 を行っています。 映画のスクリーンと同じ比率なので、迫力のある視聴を楽しみたい方に最適です。 動画の視聴以外にも、地図アプリを使用する場合に広い範囲を1度に閲覧することが可能であったり、「マルチウィンドゥモード」を使用する際にもとても見やすいのが特徴です。 2つのオンラインショップを同時に開いて比較をしたり、地図アプリを閲覧しながらLINEでやりとりをするなど、ライフスタイルに合わせて使用することが可能です。 こちらの記事では、を解説しています。 2 mm 画面サイズ 約6. 美しい映像を映し出す有機ELディスプレイは、21:9のアスペクト比となっています。 これは 映画館のスクリーンと同じ比率となっており、スマホで映画を楽しむ際に上下に黒い帯が出てこないようになっています。 このディスプレイ比により、ユーザーはより映像に没入することが可能となっています。 さらに、この独特のアスペクト比を活かしていわゆる「2窓」、マルチウィンドウが可能となっています。 ディスプレイに2つのウィンドウを表示させることでマルチタスクが快適に行えます。 購入は全てのキャリアから可能なので、機種変更・乗り換えキャンペーン等を確認しお得に購入しましょう。 5インチ Quad HD+/Pro IGZO TFT カメラ アウトカメラ 約1220万画素/約4800万画素/約1220万画素/ToFカメラ インカメラ 約1640万画素 重量 約189g 特徴 防水防塵 8K動画撮影が可能 カラー ブラックレイ オーロラホワイト 名前の通り、5G対応機種です。 「標準レンズ」「望遠レンズ」「超広角レンズ」「ToFレンズ」の4つのレンズを使用した、 「クアッドカメラ」を搭載しています。 このカメラを使用することで、端末本体を動かさずに遠くのものや広い範囲の撮影をしたり、背景にぼかしを加えたりすることなどが可能です。 簡単にきれいな写真を簡単に撮りたい方におすすめです。 また、8Kでの動画撮影が可能になったことで、4Kの場合と比べて動画も高画質で楽しめる仕様です。 SHARPの液晶テレビの技術により 10憶色の再現が可能なディスプレイなので、より鮮やかで美しい色で動画などを楽しめます。 ゲームプレイに特化• 残像を抑える4倍速描画 AQUOS zero2は、 「ゲーミングスマホ」として人気を集めているモデルです。 AQUOS senseシリーズと比べてスペックが高く、ゲームプレイに特化しています。 最新の3DCG技術を活用するゲームは、それをプレイするスマホに非常に優れた処理能力を求めます。 処理能力の低いスマホでプレイすると、映像がきれいに表現されないばかりか、ゲーム自体が止まったりアプリが落ちてしまったりします。 そのため、ゲーミングスマホには高いスペックが要求されるのです。 AQUOS zero2は、最新のSnapdragon 855という高性能なCPUを採用しました。 加えてRAMを6GBから8GBへ、ROMを128GBから256GBへと強化しています。 これにより、リフレッシュレート(倍速表示)が60Hzから120Hzへ高速化、最大で240Hz(4倍速)へと向上しました。 動きの速いゲームでも残像を抑えて滑らかに表示可能になった、ということです。 また、6. 4インチという大画面でありながら重さは143gという、 大画面スマホにしてはかなり軽量となっています。 ゲームをする時には長時間スマホを持ち続けるので、とても楽になるでしょう。 AQUOS zero2の高性能ぶりは、もちろんゲームをしない人にとっても大きなメリットがあります。 ネットに動画、ゲームと幅広くスマホを活用している人にはぜひ使って欲しい1台です。 4mm 画面サイズ 約5. 他の端末と比較するとスマホの外縁部のリムが非常に太いほか、角が丸くなっており衝撃を逃がす設計となっています。 強化ガラスを重ねたディスプレイに加え、カメラスクリーンガラスにも強化ガラスが用いられています。 耐水性能も高いほか、気圧が異なる作業場の出入りなどもお手のもの。 まさにアウトドアを楽しむ方向けのスマホです。 購入はauオンラインストアから可能となっています。 Google アシスタントを使うための「アシスタントキー」が付いているほか、キッチンなどでも安心して使える防水・防塵・耐衝撃対応の設計、おサイフケータイ機能の搭載など非常にユーザーフレンドリーなスマホとなっています。 ディスプレイも5. 8インチと今回ご紹介しているスマホの中でも大きく、美しい映像が楽しめるでしょう。 「ポートレートモード」も使えるので、カメラ性能もばっちりです。 「スマホの健康診断」「使いこなし動画」など、スマホを初めて使う方向けの機能が充実しているほか、「救急あんしん情報」などシニア向けの機能が多く搭載されています。 カラーはゴールドが用意されています。 また、2020年2月以降、BASIO3の後継機である「BASIO4」も発売される予定となっています。 BASIO3はで取り扱われています。 なんと端末代込みで月額1,530円~使用することができるので、ぜひお申し込みください。 ので、チェックしてお得に申し込むのが良いでしょう。 今回は詳しくご紹介しませんでしたが、スマホ選びにはスペックが重要です。 こちらの記事では、スマホのスペック・性能の見方をわかりやすく解説しています。 機種変更の前にぜひ一度ご確認ください!• 「国内ならではの安心のサポート体制」• 「キャリア端末も使用可能」• 「丈夫で壊れにくくハイスペック」 純日本製の格安スマホには上記のようなメリットが存在しています。 それぞれ、どんな内容なのか見ていきましょう。 国内ならではの安心のサポート体制 たとえば海外製の格安スマホは、いわゆる3大キャリア(au,ドコモ、ソフトバンク)との契約がないため、サポートが少ないケースが多いです。 もちろん、各通信事業者が用意しているプランなどを契約すればサポートを受けることができます。 そして、純日本製のスマホではさらにメーカー保証などが付いているものが多いです。 その上、説明書も日本語などで分かりやすさもあります。 海外製のスマホも日本語で訳されていますが、やはり分かりやすい方が良いという人におすすめです。 格安スマホでキャリア端末も使用可能 純国産の格安スマホでも、3大キャリアのスマホに比べると質が低いのではないかと考えている人も多いと思います。 しかし、実際には、格安スマホでも3大キャリアと同じスマホを使うことができるのです。 そのため、3大キャリアから各通信事業者が提供する格安スマホへの乗り換えを考えている方にとっては、スムーズに移行できます。 丈夫で壊れにくくハイスペック やはり日本製の強みといえば丈夫な作りです。 格安スマホといえど、端末料金は発生するのでなるべく長く使いたいですよね。 そして、キャリアに比べて保証プランに加入しなければ保証されないので丈夫という点は選ぶ際には重要だと思われます。 日本製の格安スマホは海外製に比べると幾分丈夫に作られています。 さらに、前述した通り3大キャリアと共通した格安スマホも用意されているので、スペックに関しても安心できます。 乗り換えたいけどスペックについて不満があるという人は、安心して乗り換えてください。

次の