ギガホ アマプラ。 (5Gプラン対応)ドコモ新プラン ギガホ/ギガライトへ月の途中で変えても良い?遡り/日割り/二重課金

ドコモの「ギガホ」を契約すると「Amazonプライム」が1年間無料 12月から

ギガホ アマプラ

アマゾンのプライム会員になると、普段からアマゾン通販を使う場合のメリット(会員限定のクーポン値引き、先行セール、配送特典など)だけではなく、 ・「prime video」が無料で見放題(PCでもスマホでも視聴可能) ・「prime music」が無料で聴き放題(PCでもスマホでも視聴可能) ・「prime reading」で対象電子書籍が読み放題 ・「Amazon Photos」で写真をオンライン保存 といった、誰でもタダで気軽に楽しめるコンテンツもありますので、ドコモの特典対象者は登録しなければ絶対に損です。 アマゾンプライム会員特典の対象条件 2019年12月から始まった 「ドコモ Amazonプライムが1年ついてくる!」キャンペーンは、以下の条件を満たしていれば特典を適用できます。 2年契約(定期契約)の有無も関係なく、 最低利用期間のない契約プランでも対象です。 続いて、 「Amazonプライム特典を登録」をタップします(アマゾンのサイトへ移動します)。 手順5:アマゾンのサイトに移動すると「12ヶ月のPrime会員資格を取得」と手続きの内容が表示されます。 ドコモの無料特典を適用したいアマゾンのアカウントであることを確認し、画面右下の 「会員資格を延長する」をタップします(新規登録の画面も同じようなもののはずです)。 手順6:正しく無料特典が適用されると「ギフトコードがアカウントに適用されました」と表示されます。 すでにプライム会員である場合は、すでに会費を支払い済みの日程から1年延長分の更新日が表示されているはずです。 これで手続きは終了です。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 192• 164• 132• 132• 1,053• 318• 260• 117• 2 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

アマゾンプライムの通信量はどれくらい? ダウンロードでギガ節約せよ

ギガホ アマプラ

自信満々の笑顔で紹介された「ギガホ」と「ギガライト」が気になってる方も多いでしょう。 でもドコモの新プランは、4割値下げに見えるだけ。 わたしたちユーザーの負担がへるような、優しい仕組みではありません。 SoftBankで用意されてる端末分離プランとほとんど変わり映えのしない、ドコモのギガホとギガライト。 機種代金の割引きがなくなるので、トータルの支払いでは多くなる人もいるでしょう。 見た目だけの通信料金を値下げさせることで、消費税増税への不満を和らげようとする政府のニヤケ顔が見えてくるのはわたしだけでしょうか? 今回は、 しっかりと確認しないと損をするドコモ新プランの問題点。 ギガホとギガライトの注意点も合わせてお伝えします。 通話代金もかかるしね! そうなんです。 今まで話放題プランを使っていた人は、長電話すると大変なことに。 発表された料金は通話時間に合わせて課金されるプランの料金。 「 4割引を達成するために話放題プランから、通話料のかかるプランに変更されたんです」 またスマホを分割契約すると毎月の料金を割引する月々サポートがあったドコモの旧プラン。 ギガホやギガライトでは割引がなくなったので、気軽に機種変更もできなくなりました。 4割値下げに見える仕組みとからくり ドコモ発表の4割値下げの条件は、家族全員のスマートフォンがドコモ。 3人家族以上で新プランに移行すれば4割程度の値下げに。 家族合わせて3回線以上使っていれば、みんなドコモ割で4割引の組み合わせもでてくるってことなんです。 実質4割くらい割引に。 もちろん家族にドコモユーザーが、一人もいなければ割引0。 SoftBankの家族割と同じ仕組みになりました。 でも、安くなるのは料金だけ。 機種代金や割引の月々サポートは終了。 現在機種代金の割引をうけてる方が、ギガホやギガライトに変更すると損をすることもあるでしょう。 割り引かれる以上に損をすることも また家族のなかで誰か一人でも、機種代金の支払いが終わってない場合。 ギガホやギガライトへ変更するべきではありません。 今の割引が全部なくなるんだ! ギガホやギガライトへ変更すると月々サポートは無効に。 結果的に料金が高くなることも。 家族みんなのプラン変更を同じ時期に合わせないと意味がないんです。 シンプルな料金プランと発表されたドコモ「ギガホ」と「ギガライト」今までうけられてた割引が消えるので、移行時期によっては通信料金が4割下がるどころか今よりも高くなることも。 あなたが損をしないように、ドコモの4割値引きの条件をもう一度確認してみましょう。 3回線以上ドコモを契約しているユーザー• 2回線以上で1GBしか使えないギガライトへ 今まで料金の組み合わせが多くて、わかりづらかったドコモのプラン。 シンプルでお得になるはずの新プランが、 端末代金の分離でせいで余計にわかりづらくなったと感じるのはわたしだけでしょうか? ダマされるな!ギガホとギガライトの落とし穴! 機種代金を別の支払いにしたら安く見えるからね! ドコモの新プランギガホとギガライトは通信料金が安くなるだけ。 今まで料金に組み込まれてた機種代金の割引はなくなってしまうんです。 2019年の秋から通信料金と機種代金が分離されるドコモ。 新規契約やMNPで機種代金0円などがなくなり、お得に使えてたスマートフォンの支払いが増えることもあるでしょう。 4割値下げされるのに、合計の通信費は上がってしまう。 なぜこんなことになるのか、 ドコモ新プランの落とし穴を確認してみましょう。 わかりづらいドコモの新プラン ドコモの新プラン全てで4割引になるわけではありません。 機種代金を支払い終わってない場合。 ギガホやギガライトに変更しても、わたしたちの負担は変わらないんです。 今後でてくる新機種が全く割引されないとさらに負担が増え、大幅な値上げになることも考えられるんです。 実質の値上げってことだね! 4割引きになるのは、スマホを買い換える予定のない人だけ。 しかも家族みんなでドコモの新プランギガホやギガライトへ乗り換えないとダメ。 「複雑なプランついでに機種代金の割引サポートも無くしてシンプルに値上げされた」 これがドコモの考えるユーザーのための4割引なのでしょう。 新プランの機種代金はどうなる? ドコモでiPhoneXsを購入した場合160,056円。 ここから月々サポートで最大58,968円引きされるので、101,088円に。 ギガホやギガライトでは機種代金の割引がなくなるので、 機種変更すると今までより58,968円も無駄に支払わなくてはいけません。 2年毎に機種変更してたなら毎月2,457円• みんなドコモ割を使わなければ、今まで月々サポートでうけれたぶん以上の割引をうけられません。 月々サポートがなければ機種変更にも高額な支払いが。 結果的にわたしたちの支払いが大幅に増えてしまうんです。 今回ドコモが発表した端末分離型のプランは見せかけの料金が安くなるだけ。 機種変更や故障のときに負担が大きくなってしまう点は大きな問題点と言えるでしょう。 ギガホやギガライトの契約期間はどうなる? 機種変更の割引がなくなるドコモの新プラン。 でも、2年縛りは結局そのまま。 新しい機種へ変更するための負担は大きくふえたのに、わたしたちの不都合な制度はそのままなんです。 SoftBankと同じように料金が上がるかもね! ドコモのギガホとギガライトは2年毎に契約更新されるプラン。 2年後の料金は表示されてないので、 SoftBankのように割引の切れる2年後には値上がりするかもしれません。 また新プランでは、これまでうけられてた機種変更の実質の補助 月々サポート がなくなりました。 58,968円引きされてたiPhoneXsでも、定価で購入しないとダメ。 古いスマホを我慢して使い続けたり。 故障しても買い替えを我慢したりする必要もでてくるでしょう。 これが本当に4割引と言えるのでしょうか? ギガホとギガライトのまとめ 政府のお偉いさんのせいで、4割値下げに踏み切ったドコモ。 ギガを1GBしか使わない• 家族3人以上がドコモユーザー• 機種代金の割引がなくなる この厳しい条件を達成して4割引になったと喜ぶ人がいるのでしょうか?見せかけだけ安くなるのがドコモのギガホとギガライトなんです。 「ドコモユーザーにわかりやすい料金設定を」 なんて発表されたのに、ギガホとギガライトを選ぶと損をする可能性があることは伝えられてません。 スマホのプランって本当に複雑だと思いませんか? 本当にドコモのスマホ新プランはお得なのか。 ギガホやギガライトを選んでも後悔しないのかしっかりと確認してくださいね!.

次の

(5Gプラン対応)ドコモ新プラン ギガホ/ギガライトへ月の途中で変えても良い?遡り/日割り/二重課金

ギガホ アマプラ

NTTドコモの吉澤和弘社長(=左)、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長(=右) 受付開始日は12月1日。 終了時期は未定。 新規・既存を問わず、「dポイントクラブ」の会員であり、特設サイトからエントリーした全てのギガホユーザーに適用する。 既にプライム会員であるユーザーには、会員資格の有効期間を無料で1年間延長する。 無料期間の終了後、プライム会員の資格は自動更新され、年会費はユーザーの自己負担に切り替わる。 自動更新を希望しないユーザーは、手動で会員登録をキャンセルできる。 「ギガライト」契約者向けのキャンペーンも実施 ドコモは同サービスと並行し、ライトユーザー向けプラン「ギガライト」の契約者もプライム会費が1年間無料になるキャンペーンを実施する。 ギガホユーザー向けの施策を正式サービス、ギガライトユーザー向けの施策をキャンペーンとしている理由は、通信容量の上限が高いギガホの方が「Prime Video」「Prime Music」といったサービスの利用に適しているためという。 サービスの概要 この他、両施策に申し込んだユーザーが、Amazon. jpでd払いで決済した場合に、「dポイント」の還元率を通常の1%から5%に引き上げるキャンペーンも行う。 実施期間は12月〜2020年3月。 キャンペーン利用によるポイント獲得の上限は1カ月当たり3000ポイントで、有効期間は3カ月。 魅力的なサービスで料金プランを磨く ドコモの吉澤和弘社長は、10月に改正電気通信事業法が施行され、端末代金の値引き額の上限が2万円までに制限されたことを踏まえ、「今後は端末値引きという競争ではなく、魅力的なサービスによって料金プランを磨き上げる必要があると判断した」と説明。 「サービスと料金を融合させる取り組みは、5Gが実用化し、スマホで映像や動画をどんどん見られるようになった場合により広がるだろう」と語った。 アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「今後もAmazonプライムに投資し、お互いの顧客に良い価値を提供していきたい」と意気込んだ。 関連記事• NTTドコモが「FOMA」「iモード」を2026年3月31日に終了すると発表。 3Gの黎明期に爆発的な人気を誇ったが、近年は契約数が減少していた。 今後は5Gに経営資源を集中する。 企業では現在、認証サービスにクラウド型の認証基盤「IDaaS」(Identity as a Service)を利用する取り組みが活発化している。 NTTドコモは、IDaaSベンダーの米Auth0に出資し、同社のサービスを「docomo sky」の認証基盤に採り入れている。 その裏側で開発担当者は、「認証の仕組みは簡単」「自社開発できるでしょ?」と説く上司を説得していたという。 決済サービス「d払い」がAmazon. jpで12月1日から利用可能になる。 買い物で「dポイント」がたまる他、支払いにポイントを使える。 KDDIがNetflixの日本法人と業務提携する。 Netflixの利用料とスマートフォンの通話料をセットにした料金プランを2018年夏以降に提供する。 月額5500円から。 関連リンク•

次の