エアシップボイジャー 航路。 『FF14』サブマリンボイジャー制作に向けて、地下工房やカンパニークラフトについて確認しておこう!

ミーアキャットが取れる潜水艦パーツと素材まとめ

エアシップボイジャー 航路

はい、こんにちは。 パッチ5. 05が来て、秘伝書だの新式だの零式だの宝の地図だので大忙しですが、サブマリンボイジャーにも新展開がありました。 ハウスに帰宅してみると、こんなお知らせが。 では、帰還していた潜水艦を見てみましょう おお、「 AD 古の宝物庫」に行かせていた艦が、新たな航海図「 灰海」とその中の目的地「 A ゾーゾーナン島南端」を発見しました! ゾーゾーナンって地球の地名にもあるのかな?と調べたら、なんと十二神守護聖人の一人、聖ゾーゾーナンから由来しているようです。 聖コイナクとか聖ダナフェンとかと同列ですね。 ウルダハには聖ゾーゾーナン修道会という組織もあったようで。 潜水艦もレベルアップしています。 パッチ5. 05からは、レベルアップと共にステータスアップもするようですね。 航海図が2枚になりました。 切り替えをどうやるのかわからずに、地図をめくろうとしていた私w 単純に上の航海図リストをクリックすれば良かったのね。 新たな目的地は、バレルを6使いますが、戻ってくる時間は意外と早いですね。 さて、何を持って帰って来るのかな? お宝はあるかなー。 新たな 潜水艦設計図:第6集も実装されました。 この ココボロ材というのを、おそらく新海域で持ち帰るのでしょう。 1で増えるかな? またいろいろ分かったらお知らせします。

次の

カンパニークラフト・ボイジャードロップ一覧

エアシップボイジャー 航路

解説 今更感がありますが、サブマリンボイジャーでレアアイテムを狙うためのパーツの構成を考えてみます。 サブマリンボイジャーではマテリアなど様々なアイテムが入手できますが、マテリアは現在マテリダまでしか入手できないため、どちらかと言うと換金アイテムとして使うような状態となっています。 そのため、稼ぐにはサブマリンボイジャーでしか入手できないアイテムを狙う必要があるため、以下のようなアイテムを集めるパーツ構成を考えてみます。 紅蓮珊瑚 舞海月 巨像の欠片 沈没船シリーズ まずは各パーツの性能を見てみます。 潜水艦 パーツ性能 一覧 ・ウンキウ級は潜水艦のランクが15以上で装着可能になります 部位 コスト 探査 収集 巡航 航続 運 シャーク級艦体 5 -10 +30 +20 +40 +20 シャーク級艦尾 5 -30 +20 +60 +30 +15 シャーク級艦首 5 +50 +40 +10 -20 +15 シャーク級艦橋 5 +20 +20 +20 +20 +20 ウンキウ級艦体 9 +15 +10 0 +60 +15 ウンキウ級艦尾 9 +15 0 +30 +40 +25 ウンキウ級艦首 9 +60 +20 +20 -15 +10 ウンキウ級艦橋 9 +25 +5 +25 +30 +30 シャーク級構成 20 30 110 110 70 70 ウンキウ級構成 36 115 35 75 115 80 必要素材 シャーク級 ウンキウ級 パーツ構成 これらのアイテムを狙うためにはパーツを高性能なものに変える必要があります。 以前のギャザクラ本にはエアシップボイジャーの入手アイテムが載っていましたが、今回のギャザクラ本にはサブマリンボイジャーの現時点での入手アイテムが載っています。 こちらを参考にすると、実はシャーク級で構成された潜水艦ではこれらのアイテムを入手することはできません。 各アイテムには入手可能になる性能のラインがあり、シャーク級の構成ではこの基準を満たしていないので、まずは潜水艦のランクを19以上にまで上げてウンキウ級のパーツを装着できるようにしなければいけないのです。 まだコストには余裕がありますし、現時点では全パーツをウンキウ級にするのがいいというわけですね。 どのアイテムを狙うか 基本は舞海月・巨像の欠片・沈没船シリーズの3つを狙うことになります。 紅蓮珊瑚はこの中では比較的入手しやすいだけでなく、これで作れる調度品も特に人気があるというわけではないので、他のアイテムを狙った方がいいと思います。 ただ、舞海月もサーバーによってはだいぶ値段が下がっています。 沈没船シリーズは沈没船の高級首飾りなど高級なものを引き当てれば3万ギル程度で売却することができるので、舞海月の値段次第ではこちらを狙った方がいいかもしれません。 そして、この中で最も高額なのが巨像の欠片です。 数十万ギルで取引されているほどのアイテムなので、最も稼ごうと考えるなら、このアイテムだけを狙うのもありですね。 入手先 紅蓮珊瑚・・・・・・黒の海盆、リミララ海溝南端 舞海月・・・・・・・沈没海03、アンブレラ海峡 巨像の欠片・・・・・石人島 沈没船シリーズ・・・名も無き沈没船 サブマリンボイジャーはエアシップボイジャーと比べてアイテムから入手先を推理しやすいのがいいですね。 後は探索時間を考慮しながら、どのルートにするか決めていけばいいと思います。

次の

【FF14】【飛空艇】探索 エアシップボイジャー 入手アイテム

エアシップボイジャー 航路

解説 今更感がありますが、サブマリンボイジャーでレアアイテムを狙うためのパーツの構成を考えてみます。 サブマリンボイジャーではマテリアなど様々なアイテムが入手できますが、マテリアは現在マテリダまでしか入手できないため、どちらかと言うと換金アイテムとして使うような状態となっています。 そのため、稼ぐにはサブマリンボイジャーでしか入手できないアイテムを狙う必要があるため、以下のようなアイテムを集めるパーツ構成を考えてみます。 紅蓮珊瑚 舞海月 巨像の欠片 沈没船シリーズ まずは各パーツの性能を見てみます。 潜水艦 パーツ性能 一覧 ・ウンキウ級は潜水艦のランクが15以上で装着可能になります 部位 コスト 探査 収集 巡航 航続 運 シャーク級艦体 5 -10 +30 +20 +40 +20 シャーク級艦尾 5 -30 +20 +60 +30 +15 シャーク級艦首 5 +50 +40 +10 -20 +15 シャーク級艦橋 5 +20 +20 +20 +20 +20 ウンキウ級艦体 9 +15 +10 0 +60 +15 ウンキウ級艦尾 9 +15 0 +30 +40 +25 ウンキウ級艦首 9 +60 +20 +20 -15 +10 ウンキウ級艦橋 9 +25 +5 +25 +30 +30 シャーク級構成 20 30 110 110 70 70 ウンキウ級構成 36 115 35 75 115 80 必要素材 シャーク級 ウンキウ級 パーツ構成 これらのアイテムを狙うためにはパーツを高性能なものに変える必要があります。 以前のギャザクラ本にはエアシップボイジャーの入手アイテムが載っていましたが、今回のギャザクラ本にはサブマリンボイジャーの現時点での入手アイテムが載っています。 こちらを参考にすると、実はシャーク級で構成された潜水艦ではこれらのアイテムを入手することはできません。 各アイテムには入手可能になる性能のラインがあり、シャーク級の構成ではこの基準を満たしていないので、まずは潜水艦のランクを19以上にまで上げてウンキウ級のパーツを装着できるようにしなければいけないのです。 まだコストには余裕がありますし、現時点では全パーツをウンキウ級にするのがいいというわけですね。 どのアイテムを狙うか 基本は舞海月・巨像の欠片・沈没船シリーズの3つを狙うことになります。 紅蓮珊瑚はこの中では比較的入手しやすいだけでなく、これで作れる調度品も特に人気があるというわけではないので、他のアイテムを狙った方がいいと思います。 ただ、舞海月もサーバーによってはだいぶ値段が下がっています。 沈没船シリーズは沈没船の高級首飾りなど高級なものを引き当てれば3万ギル程度で売却することができるので、舞海月の値段次第ではこちらを狙った方がいいかもしれません。 そして、この中で最も高額なのが巨像の欠片です。 数十万ギルで取引されているほどのアイテムなので、最も稼ごうと考えるなら、このアイテムだけを狙うのもありですね。 入手先 紅蓮珊瑚・・・・・・黒の海盆、リミララ海溝南端 舞海月・・・・・・・沈没海03、アンブレラ海峡 巨像の欠片・・・・・石人島 沈没船シリーズ・・・名も無き沈没船 サブマリンボイジャーはエアシップボイジャーと比べてアイテムから入手先を推理しやすいのがいいですね。 後は探索時間を考慮しながら、どのルートにするか決めていけばいいと思います。

次の