お シッコ 臭い。 庭の犬のおしっこ臭を消せる!驚くほど簡単で持続する方法とは

尿からいつもと違う臭いにおいがしたのですが尿が臭くなる病気は...

お シッコ 臭い

井手ゆきえ [医学ライター] 医学ライター。 NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。 証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。 ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。 一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。 生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。 カラダご医見番 ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。 ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。 痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。 そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。 英国医師会誌は毎年、クリスマス号にユーモラスな研究を掲載する。 2016年の文献を紹介しよう。 お題は「アスパラガス問題」である。 日本人にはピンとこないが、アスパラガスを食べた後は尿の臭いが強烈な悪臭に変わるらしい。 ところが、その悪臭を感じる人と感じない人がいる。 それどころか、フランスの作家、マルセル・プルーストはアスパラガスについて「おとぎ話のように、私の粗末な尿瓶を香水瓶に変える」と書いている。 マドレーヌ効果ならぬアスパラガス効果で、尿の臭いが香水のように変化する、というのだ。 さて、このアスパラガス問題、「臭い」「臭くない」と1890年代から議論が続いていたが、21世紀に入りようやく結論がでた。 米ハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームは、6909人の成人男女に対し「アスパラガスを食べた後の自分の尿は、独特な臭いがするか」と質問。 「とてもそう思う」と回答した人を「アスパラガス尿を嗅ぎ分けられる人」に、その他の回答者は全て「アスパラガス嗅覚障害」と分類した。 当然だが、「私はアスパラガスを食べない」という人は、最初から除外している。 その結果、男性の58%と女性の61. 5%が「アスパラガス嗅覚障害」の持ち主だと判明した。 およそ5人に3人はこの嗅覚障害を持っている計算になる。 プルースト氏は世にもまれな変異の持ち主、ということになるだろう。 この多数派の遺伝子変異を探索した結果、臭いを感知する細胞の遺伝子に871カ所の小さな変異が発見された。 身もふたもないが、アスパラガス問題の結論は「遺伝的に臭いを感知できない人がいる」というわけ。 アスパラガスは昔から好まれた食材で、ローマ時代の料理書「アピシウス」にレシピが残っている。 ただし「勝負デート」を目論んでいる方は、お相手がプルースト氏ではない限り、止したほうがよさそうではある。 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)•

次の

尿からいつもと違う臭いにおいがしたのですが尿が臭くなる病気は...

お シッコ 臭い

アスパラガスを食べると尿が臭くなる ハンク・グリーン氏:皆さんの中で、スカンクのおならの臭いを嗅いでみて、あのかぐわしい香りを自分の体液で再現したい、と思う人は恐らくいないでしょうね。 しかし、人類のうち40パーセントは、実はそれができるのです。 やることは簡単です。 ただアスパラガスを食べて少々待ち、外敵におしっこをひっかけてやればよいのです。 アスパラガスは、奇妙な野菜です。 単子葉植物といって、子葉は1本であり、タマネギやニンニクの仲間です。 花はヒトにとって有毒ですが、茎部はビタミンKやビタンミンCなどの栄養分を豊富に含んでいます。 研究者たちは1890年代から、アスパラガスがヒトの尿の臭いを悪臭に変えるのはなぜかを調べてきました。 もちろん、コーヒーやニンニクなど他の食品も尿の化学的性質を変えますが、それはちゃんと原因がわかっています。 食品の中には、体内で完全には消化できない強い臭気を放つ化合物を含むものがあり、それが体外に排出されるためです。 この場合は、尿として排泄されるわけです。 アスパラガスは、他では見られない独特の臭気を放つ化合物を含有しています。 アスパラガス酸と呼ばれるもので、消化の際にメタンチオールやジメチルスルフィドなどの硫黄化合物を生成します。 硫黄はスカンクのオナラや腐った卵のような独特の異臭で有名ですね。 アスパラガスを食べても尿が臭くならない人もいる 奇妙な点は、多くの人は、アスパラガスをたくさん食べても排泄物に影響が表れず、臭いは変わりません。 研究者たちがその原因を調査し始めたところ、2通りの説明ができる可能性に気がつきました。 1つは、臭くない尿を排泄した人たちは、単に臭いのある排泄をしなかった可能性があります。 つまり、臭気を発する化合物を含有する尿を生成しない人たちだったわけです。 もう1つは、化合物を生成はしますが、本人たちがその臭いを感知できなかった可能性です。 1956年、真相を解明するために、オクスフォードの2人の生物学者が実験を行ないました。 115名の被験者にアスパラガスを食べてもらって、その尿を分析したのです。

次の

シンク下が臭い?流し台から下水の臭いがするときの原因や解消法は?

お シッコ 臭い

このページの目次• 健康的な尿とは? トイレで尿をするたびに、自分の尿の色や臭い、量などを確認していますか?いつも何色の尿がでていますか? よく、「透明な感じなら健康」と考えている方がいらっしゃいますが、無色透明である尿は健康的な尿ではありません。 健康的な尿の色は、淡い黄色です。 起きて初めに出る尿はかなり黄色が濃く出ている方がほとんどですが、これは病気ではありません。 就寝中も体から水分が奪われていくので、奪われた分を補給することで、また健康的な尿の色に変わります。 起床時でなくても、 黄色が強めの尿がでる場合があるかもしれません。 これは水分不足を体が教えてくれている サインですので、しっかり水分補給するようにしましょう。 次に健康的な尿の臭いですが、 基本的にアンモニア臭です。 このアンモニア臭がきついことがあります。 そんな時は、トイレに行く前に、どんなものを食べたか、飲んだかなどを思い出してみてください。 ニンニクやカレー、コーヒーなどの臭いが特徴てきで強いものなら、それのせいですので、安心してください。 何度か尿を出せば、次第に元に戻っていきます。 日頃から尿を出した後は、色を確認するようにしてください。 尿の色からわかる病気 腎臓は体にとって不要な老廃物を尿として排出する働きをしており、尿の色で健康状態を把握することが出来るのです。 健康的な尿の色は前述したとおりですが、以下のような色の場合は注意しなくてはいけません。 赤色 尿に血液が混じって血尿になっている状態です。 膀胱炎になるとこの状態になることがあります。 他にも腎臓の病気の可能性もあるので 1度きりなのか続くのか様子を見ましょう。 血尿が長く続く場合は、膀胱や腎臓などに悪性腫瘍がある可能性があり、放っておくと危険です。 また、血尿が出ているのに痛みがない場合も危険なので受診して下さい。 褐色 脱水症状や高熱の時、また肝臓に異常がある場合に褐色の尿が出ることがあります。 肝臓に問題がある場合は、尿だけでなく目や皮膚が黄色くなる黄疸が出る場合があります。 オレンジ色 飲み薬の影響で尿の色が変わることもあります。 特にビタミン系のものはそのままの色が尿となって出てきますので知っておきましょう。 濁っている 膀胱炎など細菌が混じっていると尿の色が濁っていることがあり、排尿時に痛みを感じる時もあります。 緑色っぽい 抗うつ薬や漢方薬の中には尿の色が緑色になるものもあるので、服用している方は確認しておきましょう。 また、膀胱炎の原因となる緑膿菌が影響する可能性もあるので、膀胱炎の症状が出た際はしっかり受診して、原因を見つけるのが大事です。 無色 大量に水分を取ったりすると色がほとんどない状態がありますが、糖尿病の場合も無色になる場合があります。 色だけでなく臭いも注意しましょう。 糖尿病になると血液中の糖分が多くなるため、体は水分を集めようという働きが強くなります。 その結果、喉が渇くため水分をたくさんとってしまい尿の色が透明な色になってしまうのです。 広告 尿臭からわかる病気 尿の臭いから様々な病気をみつけることができます。 ・糖尿病 甘い臭いは糖尿病のサインです。 この甘い臭いがきつければきついほど、糖尿病は進行していると考えてもいいでしょう。 ただ、飲酒後に尿を出した時に、甘い臭いがすることもありますので、見極めが少し難しいかもしれません。 ただ、糖尿病なら、このような甘い尿が続きますので、速やかない病院を受診してください。 また、排尿した後に尿が泡立ったり、泡が消えずに残っているのもサインの1つです。 ・膀胱炎 かなりきついアンモニア臭は膀胱炎のサインです。 女性がなりやすく膀胱炎は慢性化すると、とてもやっかいな病気です。 血尿でないかどうか、色もしっかりと確認しておいてください。 少しでもおかしいと感じたら早めに受診することをおすすめします。 ・肝炎 腎臓・尿管・膀胱・尿道・尿路のどこかで感染症が起こっていることが考えられます。 その時は必ず尿の色も確認しておいてください。 黄褐色の場合、肝炎が考えられます。 ・ケトアシドーシス 甘酸っぱい臭いがしたら、ケトアシドーシスが疑われます。 聞き慣れない病名ですが、ケトン体と呼ばれる脂肪酸が増えることによって血液が酸化してしまう病気です。 糖尿病になってしまうと、インスリンという血糖のコントロールをしてくれるホルモンが正常に働いてくれません。 本来エネルギーとして使われるはずの糖が使えないと判断し、代わりに脂質をエネルギーとして使おうとするためケトン体が大量に増えてしまいます。 その結果、とても喉が渇いたと感じるようになり、水分を多くとるので尿の量も増えていきます。 ケトアシドーシスは、 糖尿病と一緒に併発してしまうことが多いのです。 ・メープルシロップ尿症 メープルシロップのような甘い臭いがしたら、メープルシロップ尿症の可能性があります。 生まれた頃から代謝に問題がある病気で、日本では50万人に1人が発症するとされ難病に指定されています。。 ・フェニルケトン尿症 こちらも難病に指定されており、 7万人に1人の割合で発症するとされている先天性代謝疾患です。 そのため、現在では赤ちゃんが生まれると入院中に血液検査をしています。 (新生児マススクリーニングと呼ばれている検査です) アミノ酸の一種であるフェニルアラニンを体内で正常に代謝出来ない病気です。 血液中にフェニルアラニンが増えてしまうと、尿の臭いはネズミの尿のようだと言われており、この病気の症状はけいれんや発達障害などが出てしまいます。 広告 病気ではなかった場合の対処法 尿の臭いの原因が、病気ではなかった場合、どういった対処をすればいいのでしょうか? 尿が濃い黄色で、アンモニア臭がある場合は、脱水症状を起こしている可能性があります。 軽いものであれば、 自分でしっかりと水分を補給して様子をみれば大丈夫です。 また、尿の色や臭いは、食べたり飲んだりしたものにも影響を受けます。 刺激の強い物を食べると、肝臓に負担がかかりますので、尿の臭いがきつくなったりすることがあります。 時間の経過とともに回復していきますので、水分を取って、様子を見ましょう。 ストレスや疲れから膀胱炎になるケースもありますので、 体をしっかり休める時間を作ることも大切です。 正直自分では中々分からないこともたくさんあるかと思いますが、自分の体のためにも 年に1回は必ず健康診断を受けて、異常がないかしっかり確認をしましょう。 尿の量にも注意 1日に何回トイレで尿をしたかを数えていますか? 成人は1日に1. 5~2L程度の尿を出します。 これを 回数してみると6~8回程度です。 あくまで目安の回数です。 その日の摂取した水分量や体調によっても、変わってきます。 水分が不足しているな、あまり摂っていなかったなという日に、尿の量がいつもより多いと感じる時は少し注意するようにしてください。 腎臓の病気や糖尿病になってしまった場合、尿の量や回数も増えていきます。 また、膀胱炎になってしまった場合は尿の量が少ないのにすぐにトイレに行きたくなりますよね。 仕事や日常生活に支障が出る前に医師の指示を仰ぎましょう。 カフェインやアルコールは利尿作用があるため、尿に違和感があったら原因が分かるまでは控えるようにしましょう。 関連記事: まとめ 尿の臭いについてご紹介させていただきましたが、尿がいろんな病気のサインを発してくれていることがお分かりになりましたでしょうか。 毎回おトイレに入った時に、自分の尿を確認するなんて、ちょっと恥ずかしいという方もいるかもしれません。 ですが、 尿の色や臭い、回数は健康のバロメーターと言っても過言ではありません。 どんな病気でも、早期発見することが大切です。 いつまでも健康で元気でいたいなら、尿が発してくれているサインを見逃さないようにしましょう!少しでも気になったり、不安なことがあるなら、早々に病院を受診するようにしてください。

次の